みどなさんの映画レビュー・感想・評価

みどな

みどな

  • List view
  • Grid view

MINAMATAーミナマター(2020年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

実話ドラマ。
1970年代、水銀中毒(水俣病)が熊本県水俣市の市民に及ぼす影響を記録した写真家ユージン・スミスを描く。

水俣病とは…メチル水銀化合物(有機水銀)による中毒性中枢神経系疾患のうち、化学
>>続きを読む

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ドキュメンタリー。

「すばらしき映画音楽たち」では「劇伴」について触れ、
今作では映画を彩る「音」全てに幅を広げている。
※2作品の関連性はない。

オーケストラのポジションになぞらえて
制作側の「
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ドラマ。

トリーチャー・コリンズ症候群のオギー(ジェイコブ・トレンブレイ)が
初めての学校で「友達」との学校生活の中で
「人間の内面の価値には外見で推し量れないものがある」と
「みんな」で学んでいく
>>続きを読む

レミニセンス(2021年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

サスペンス。

記憶を追体験して謎を追う。
答えは全て過去にある。気づかないだけで、そこにある。
それを第三者の目で確認することで「見えて」くる。

メビウスの輪のように、他人の記憶を巡り、繰り返す。
>>続きを読む

ザ・プロム(2020年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ミュージカル。

自身の名声を取り戻すための下心から始めた、
マイノリティ差別の残るインディアナ州の田舎で
LGBTQの女の子を支援するミュージカルスターたち。

世間に認められたいわけではなく、
>>続きを読む

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

アメコミ。
MCU25作品目。
「エンドゲーム」のその後。

善は「赤」、悪は「青」。
「赤」は中国において縁起の良い色。
妹のシャーリン(メンガー・チャン)の衣装が「白」は縁起の悪い色。
「悪役」だ
>>続きを読む

ヒックとドラゴン 聖地への冒険(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ファンタジー・3作目。
日本公開なし

今までドラゴンを助けるという「良い行い」を行なっていたが、
限界を迎えたバーク島。

村の「長」として人間を守りつつ、ドラゴンと平和に暮らせるのか。
どちらを優
>>続きを読む

パッセンジャーズ(2008年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

サスペンス・スリラー。

飛行機墜落事故の生存者とセラピストによる真相追及と心のケアを行う。

「物語の終わりが始まり」。
現実の時間軸は飛行機墜落事故からそう「経っていない」。
登場人物たちは全員「
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ドラマ。
「101匹わんちゃん」の悪役、クルエラ・ド・ヴィルを主役にした作品。

アニメ版では「毛皮マニア」として犬の毛皮を欲しがる彼女だが、
今作では「駆け出しデザイナー」から「天才デザイナー」へ変
>>続きを読む

ワイルド・スピード/ジェットブレイク(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

カーアクション。
ファスト・サーガ10作品目。

ファスト・サーガの三代要素「ファミリー・スピード・裏切り」。

平穏に暮らしていた「ファミリー」たち。
その平穏を曇らせたのはドミニク(ヴィン・ディー
>>続きを読む

SKIN 短編(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

社会派。
人種差別について描く。

「20分」という短い時間の中で、ふんだんに「恐怖」を描いている。
親から当たり前に受ける「愛」と同様に、「思想」も
子どもは受け継ぐ。
「差別」は悪いことと知ってい
>>続きを読む

ムーラン(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ディズニーアニメ「ムーラン」の実写化。

アニメーションとは違い、
“忠”(忠義)、“勇”(勇気)、“真”(真実)をテーマに描く。
また、ミュージカル要素はなく、
ファ家の守り神がドラゴン(ムーシュー
>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

アメコミ。
DCエクステンデッド・ユニバース10作品目。

「スターフィッシュ計画」の実験を行っている
研究所ヨトゥンヘイムの破壊任務を担う。

今作に「ヒーロー」は出演しない。
誰が「正義の味方」な
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

サスペンス。

冒頭に実話を基にしている旨のテロップが映るが、これも演出の一つで、
実際には完全なフィクションである。(Wikipediaより)

…普通に信じました。(Wikipedia読むまで気づ
>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

アメコミ。
MCU24作品目。

時系列は「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」のあと。

ナターシャ(スカーレット・ヨハンソン)にとって
血の繋がっていないたった3年間の「偽装家族」。
その時の温
>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

怪獣パニック。
「モンスターバース」4作品目。

キングコングsideとゴジラsideの両面から描かれる。
その人間たちが奮闘するも両者出会わないのは面白い。
最後まで「他人」。
お互いの信じる「神」
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

実話。
FOXニュースの創立者、元CEOのロジャー・エイルズの
セクシャル・ハラスメントに対する女性職員の告発。

「セクシャル・ハラスメント」が生々しく「行われていた」事実に、
男性社会に挑んだFO
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ホラー。

スウェーデンの奥地の村で行われる90年に一度の夏至祭。
見えない恐怖を描くのがホラーの鉄則だが、
これは真夜中の真昼という「白夜」の中で「何かわからない恐怖」が襲ってくる。

太陽の沈まな
>>続きを読む

近距離恋愛(2008年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ラブコメ。

お互いが一番の「親友」で、一生変わらないと思っていたが、
彼女の「好き」の上に胡座をかくだけじゃだめだと気づくダメンズの物語。

「男女の友情は成立するか」を恋愛の延長線に置いたような話
>>続きを読む

ジュディ 虹の彼方に(2019年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

伝記。

1939年「オズの魔法使」でドロシーを演じた
「ジュディ・ガーランド」の晩年を描く。

16歳の青春真っ只中、
MGMのプロデューサー ルイス・B・メイヤー(リチャード・コーデリー)から徹底
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

伝記・犯罪。
実話を元にしたフィクション。
原作者ロン・ストールワースの回顧録を脚色した本作。

1972年。
白人至上主義団体KKKへ「2人一役」で潜入する
ロン(ジョン・デヴィット・ワシントン)と
>>続きを読む

キャスト・アウェイ(2000年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

アドベンチャー。
キャスト・アウェイ:漂流者、世間から見捨てられた人

飛行機事故によって遭難。
4年の月日を太平洋の無人島で生きる。
同じく漂流物であるバレーボールの「ウィルソン」や
天使の羽が描か
>>続きを読む

それでも恋するバルセロナ(2008年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ロマンス。

「愛」とは。
様々な愛の形が描かれている。
燃えるような求め合う愛、
理性的な愛、
歪で壊れそうな愛、
自己愛。

スペインの美しい街並みと陽気の中で
考え悩み、時にはぶつかり、離れる。
>>続きを読む

センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島(2012年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

アドベンチャー。
2作目。

地球の中心には行きません。(邦画タイトルミス)
「神秘の島」すなわち「アトランティス」。
今回は叔父ではなく、義父と冒険へ出かける。

前作に比べ、コメディー要素多々。
>>続きを読む

センター・オブ・ジ・アース(2008年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

アドベンチャー。
原作:ジュール・ヴェルヌ「地底旅行」

TokyoDisneySea ミステリアスアイランド内にあるアトラクション
「センター・オブ・ジ・アース」を思い出して視聴。
…アトラクション
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

シリーズ第4作品目。

「おもちゃ」としての幸せは何か。

ウッディーは「アンディ」のおもちゃであり、
「アンディの1番のお気に入り」という「アイデンティティー」を
「ボニー」の下にいても捨てられない
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ドラマ。

ノマド…遊牧民。また、定住地を持たず移動しながら暮らす人。
時間と場所にとらわれずに働く人、もしくはそういった働き方も指す。

ドキュメンタリーを見ているような
とても静かで力強い作品。
>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

ドラマ。

ミナリ…韓国語で「セリ」。
たくましく地に根を張り、2度目の旬が最もおいしいことから、子供世代の幸せのために、親の世代が懸命に生きるという意味が込められている。
(公式サイトより)

父親
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

実話脚色。

1960年代。
ル・マン24時間レースで王者フェラーリを相手に
アメリカのフォード車が戦いを挑む。

表向きは王者フェラーリを打ち負かすフォードの話。
見ている側はレースの現場やマシンの
>>続きを読む

アジャストメント(2011年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

SF。

「運命」とは。
己が切り開くものなのか、決められたものなのか。
その葛藤をデヴィッド(マット・デイモン)を通して見る。

複雑な回路のような運命のつながり、接触点。
「調整」と言われる行為に
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

アメコミ。
DCエクステンデッド・ユニバース8作品目。

ジョーカーと別れたハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)と
女性陣によるアクションもの。

男と別れたし、厄介な男にひっかかったから
女同志で
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

コメディ。

book smartとは…「学識があり、高い教育を受けているが常識が欠けている」ことを意味し、日本語の「ガリ勉」に近い。(wikipediaより)

卒業前夜にハメを外す彼女達の話。
>>続きを読む

300 スリーハンドレッド 帝国の進撃(2014年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

ファンタジー・アクション。

300の続編。
ペルシア戦争の英雄テミストクレス(サリバン・ステイプルトン)が
ギリシアのためにペルシアの大群と戦う。

前作はレオニダス王(ジェラルド・バトラー)の英雄
>>続きを読む

ソング・トゥ・ソング(2017年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

ロマンス・ミュージック

とても難解な、詩的な映画。
憧れ、誘惑、裏切り、もがき、望み、
複雑な感情と人々の絡み合い。

映像はとても美しいが、どこかちぐはぐで
とても細かいパズルのピースを至近距離で
>>続きを読む

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

コメディ・ドラマ。

裕福層の女性が貧困層の生活へ落ちていく。
「可哀想な未亡人」が過去にすがって再びセレブに返り咲くのかとおもいきや
物語を追うにつれ、「自業自得」「無知」など
目も当てられない様に
>>続きを読む

>|