みどりさんの映画レビュー・感想・評価

みどり

みどり

恋する惑星 4Kレストア版(1994年製作の映画)

4.0


失恋したからとやけ食いしながらも
街ですれ違っては今日もまた誰かに出会う

制服が似合うなと思ったら私服も素敵に見えて
好きなのばればれなくらい目で追ってしまう
ひょんなことから手に入れた鍵を使って
>>続きを読む

ザ・メニュー(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

シネマ5

何を食べるかは自分で決める


なかなか予約の取れない孤島のレストランへやってきた人々たち

食べるのではなく、味わってくださいと
言っていたようにシェフの意図があって組み込まれたひとつひ
>>続きを読む

エゴイスト(2023年製作の映画)

-


母を亡くし、ゲイであることを含めて田舎町で自分を押し殺して生きてきた浩輔
今は仕事も順調で自由気ままな生活をしている。
ブランドに身を包み、いい服は鎧だからと言う姿に、強くあろうとしていたのだと感じ
>>続きを読む

窓辺にて(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます


フリーライターの茂巳は妻の浮気に気づいているが伝えることができず、また自分のある感情に戸惑う

光の指輪を探すみたいに
見えている部分と見えていない部分ってたくさんあるってことなのかなと思った

>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

3.9


みんなきっといろんな方向に辛くて大変。
…だけどこの映画はギルバートの辛さに焦点を当てている
知的障害の弟、過食症の母を筆頭にするかのようにふたりの妹もどこか疲れている

みんなを養わなくてはいけな
>>続きを読む

セイント・フランシス(2019年製作の映画)

4.3


今の人生を生きるなら生まれることを選んでた?

親友が子供の話ばかりすること
年齢や誇れるような仕事ではないことの焦り。
私って、このままでいいのだろうか…
同世代の状況を知ってはため息をつく日々に
>>続きを読む

ショーシャンクの空に 4Kデジタルリマスター版(1994年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます


ここではみんな無罪だって言う

…なんて言っていたけれど
本当に無実の罪で入所したアンディーにとっては
刑務所での生活はとても長く苦しい時間だったと思う

元銀行員で頭がいい彼は
はじめはとても大人
>>続きを読む

RRR(2022年製作の映画)

4.3


少女を救うため立ち向かうビーム
国のためすべてをおいて警察となったラーマ

考えずともふたりの出会いは必然だったと思う
すぐ打ち解けて兄弟のような存在になって。

「同じ道を歩いているのに見ている景
>>続きを読む

恋人はアンバー(2020年製作の映画)

4.0


誰も自分のことを知らないところへ行きたくない?

女の子に興味を持てず、自分の性的指向を認められずにいるエディ
いつもレズビアンだと蔑ろにされ、ひとりぼっちのアンバー
彼女がいない、そういう経験がな
>>続きを読む

MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない(2022年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます


ハトです!ハト!

憧れの職場へ転職するため、まずはこの仕事を。
毎日毎日休みなく働く日々に余裕なんてない。
プライベートもうまくいかない…

繰り返されるオープニングからもわかるように
ある日後輩
>>続きを読む

ケイコ 目を澄ませて(2022年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます


生まれつき両耳が聞こえないケイコは
長年続く小さなボクシングジムで日々鍛錬を重ねている

嘘がつけなくて真っ直ぐだから
まわりからは悩みがないように思われて
強い人のように見られてしまう。
決して自
>>続きを読む

わたしは最悪。(2021年製作の映画)

3.5


その場その場で何を選択するか
つくづく、人生はそんな場面ばかり。
30歳を迎えるユリアの心は動いている

年上の恋人、アクセルは自分の得意な分野で成功した人
そろそろ身を固めたい彼から結婚や子供の話
>>続きを読む

ドント・ウォーリー・ダーリン(2022年製作の映画)

3.5


優しくて大好きで、完璧な夫
何不自由ない生活
でも時々頭をよぎる不思議な感覚
幸せな生活だと信じてやまない日々が少しずつ変化していく

閉じ込められていた気持ちを自覚し、
危険人物だと拘束されるのを
>>続きを読む

女は女である(1961年製作の映画)

3.7


喜劇なのか悲劇なのか

子供がほしい、そのためにあの手この手で奮闘するアンジェラを演じるアンナカリーナがかわいい。
今が楽しければいいエミールは結婚することも子供を作ることにも乗り気ではなく、他の人
>>続きを読む

タバコは咳の原因になる(2022年製作の映画)

3.5


喫煙はよくないぞと子供に教える優しい(?)タバコ戦隊のメンバー
けれど戦うとなればタバコの有害物質を放ち、怪獣をこてんぱんにやっつける矛盾さがおかしい
他にもボスが羊毛フェルトで作られたようなねずみ
>>続きを読む

セカンド・チャンス(2022年製作の映画)

3.8


ピザ屋から防弾チョッキの開発へと転向し、会社まで立ち上げたリチャード
彼の防弾チョッキに救われた人は数知れず、また、命を落とした人もいる

自身を192回も撃ったという時点でもっと気軽に見れるコメデ
>>続きを読む

秘密の森の、その向こう(2021年製作の映画)

3.7


後部座席からおかしを食べさせてジュースを少々
そのあとぎゅっとハグをするネリーのやさしさ

祖母の死をきっかけに
ふと出て行ってしまった母
娘のネリーはおばあちゃんにちゃんと言えなかった
「さよなら
>>続きを読む

プアン/友だちと呼ばせて(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます


久しぶりに連絡がきたかと思えば
友人から余命宣告を受けたことを明かされる。 
病気のことは告げず
元カノたちにかりていたものを返す旅
そして当時の思い出に浸る

きちんと会って話ができる人もいれば、
>>続きを読む

もっと超越した所へ。(2022年製作の映画)

3.5

シネマ2

女の子たちがハマったのはクズ男の沼

突然転がりこんできたり、プライドが高かったり。
謎の自信家や甘えて育ったお坊ちゃん…と難癖のある4人にズブズブ。

私が苦しさを感じたのは
俳優と元子
>>続きを読む

マルモイ ことばあつめ(2018年製作の映画)

3.7


言葉はすなわち精神

知識の輪が広がれば世界も変えられると父に倣い
人が集まるところに言葉がある

話の構成としてはタクシー運転手と同じ。
日本語を強要させ、思うままに支配していた日本人の酷さに、自
>>続きを読む

こちらあみ子(2022年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます


ほくろが気になる
話の内容なんてそっちのけで

今日もクッキーがおいしくて
チョコの部分だけずっとなめてた

襟は折れ曲がったまま

みんなは変だ、と言う
病院へ行けばなにかと病名をつけられるのだろ
>>続きを読む

天使の涙 4Kレストア版(1995年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます


長い間パートナーなのに近すぎれば興味がなくなってしまうからと顔を合わせなかった殺し屋とエージェント
恋をしてないといられない女、期限切れのパインを食べて口がきけなくなった男だとか
癖が強すぎる男女の
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん オタケべ!カスカベ野生王国(2009年製作の映画)

-


環境問題を織り交ぜながら親子、夫婦に焦点を当てた話
動物になった途端、今までのこと忘れちゃうの?と不安になったけど姿は変わっても変わらない家族のつながりにほっとした
みさえからしんちゃんへの愛がおお
>>続きを読む

ブエノスアイレス 4Kレストア版(1997年製作の映画)

3.8


何度も別れようとしたけれど
"やり直そう"という言葉に弱くて
結局断ち切れずにいる

目的地にたどり着くことができずに道に迷ってしまったのはふたりが向かう方向に迷っていたからなのかも。

巡り合わせ
>>続きを読む

みんなのヴァカンス(2020年製作の映画)

4.5

シネマ1

セーヌ川のほとりでフェリックスはアルマに恋をする
サプライズも込めて
そして、一夜限りの恋にしたくなくて。
彼に道連れにされるかのように
親友のシェリフは祖母が死んだのだと嘘をつき長いおや
>>続きを読む

WANDA/ワンダ(1970年製作の映画)

3.7


妻としていること、母としていること
それが当たり前のようにされている世の中で
私はだめなの。できない。と夫から離れ、子を置いて。持っていたお金はぜんぶ盗まれて。
ビールを奢ってくれる人やタバコをくれ
>>続きを読む

よだかの片想い(2022年製作の映画)

3.7


(not)HEROINE movies第二弾
女子大生アイコの顔のアザを通して見えてくる他者の視線

特に気にしていなかった
みんなが私の顔を見て笑うことも。
ある時先生が可哀想でしょ、って庇うから
>>続きを読む

サバカン SABAKAN(2022年製作の映画)

4.0

シネマ4

舞台は80年代の長崎
私が生まれるすこし前のお話。

夫婦喧嘩は多いが愛情深い
世界一恐ろしい母に頭があがらない久田と
家が貧しく、クラスメイトからは避けられいつも笑いものにされている竹本
>>続きを読む

(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます


握ってくれた手
頭を撫でてくれた手
抱きしめてくれた手

…それでも手は嘘をつく

父との関係に悩み、家でも居場所がなかったさわ子がおじさんに惹かれる理由は必然だったのかもしれないし、何かと若いね。
>>続きを読む

劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEスターリッシュツアーズ(2022年製作の映画)

-

シネマ10

前回家で見て大変後悔したので今回こそはと!

曲、ステージ構成、カメラワーク、衣装と好きな部分がばらばらなので一概に私の好きな子最高!と言えない。
毎度恒例の悩み

なっちゃんのボナぺテ
>>続きを読む

最強殺し屋伝説国岡 外伝 国岡ツアーズ大阪編 蘇る金のドラゴン なにわアサシンの逆襲(2022年製作の映画)

4.0


監督と役者陣が作ったグリーンバレットの後日談
母親に殺し屋をやっていることがバレたため報告しにいくことに。
とはいえ、ほぼ食べ歩き

カメラアシスタントの大坂くんは相変わらず腹立たしい
国岡さんに憧
>>続きを読む

グリーンバレット(2022年製作の映画)

3.8


シネマ1
殺し一瞬、後処理一生。

最強殺し屋伝説国岡の続編
国岡さんが殺し屋合宿のインストラクターを務める本作はミスマガジンの子たちとの企画ではあるけれど日常生活に殺しが存在しているのは前作と同じ
>>続きを読む

LOVE LIFE(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

シネマ3

息子の死により、幸せな生活が一変する

徐々に紐解かれていく妙子や夫の過去
息子のいない世界に慣れはじめるまわりと置いてけぼりにされていく自分との差

あの日の飾りを片付け、何事もなかった
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017年製作の映画)

3.8


1980年、韓国光州事件を元にした話

タクシーにお客さんを乗せる、それだけだと思っていたのに
言葉もいまいち通じなかったピーターと心を通わせていく様子やさまざまな人と言葉を交わすたびに知らなかった
>>続きを読む

幕が上がる(2015年製作の映画)

3.8


負けたくない。でもどうしたらいいのかわからず悩む日々に新任の吉岡先生が言った

私はみんなと一緒に全国行きたいです。
行こうよ、全国!

弱小演劇部がまだ見たこともない宇宙のように遠い場所を目指し始
>>続きを読む

なまず(2018年製作の映画)

-


99%の信じる気持ちと1%の疑い

恥ずかしいレントゲン写真が流出する
自分たちのものではないのに胸が痛い
なにかと決めつける副院長のことも
身に覚えがあるのか仕事を休む職員たちのことも
なまずは静
>>続きを読む

>|