にしにっぽりさんの映画レビュー・感想・評価

にしにっぽり

にしにっぽり

映画(319)
ドラマ(1)
アニメ(0)

キングスマン:ファースト・エージェント(2020年製作の映画)

3.5

スパイアクション映画というよりかは戦争映画という感じでした。私は世界史の知識が非常に乏しいのですが、聞いたことがある人物や事件もいくつかあったので楽しむことができました。

シャザム!~神々の怒り〜(2023年製作の映画)

3.3

コメディとアクションが両立しているヒーロー映画でした。個人的にmarvel映画で少し退屈していたので楽しむことが出来ました。

アルマゲドン(1998年製作の映画)

3.5

金ローにて久しぶりに観賞。豪華キャストによるテンポ感の良いヒューマンドラマ作品。ラストシーンには涙してしまうこと間違いなしですね。

プリティ・プリンセス(2001年製作の映画)

3.3

アン・ハサウェイがとにかく可愛すぎる映画。ストーリーは淡々としていましたが、クスッと笑えるシーンも所々あったので楽しめました。

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

3.2

キャリー・フィッシャーが繰り出す火炎放射や、マシンガンの乱射には驚きました笑。ストーリーはゆっくりと進んでいたので少し退屈しましたが、キャストたちによる歌唱シーンが多々あったので最後まで観ることができ>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.7

すっかりロンドンっ子になったパディントンの続編。前作よりもさらにスケールが大きい世界観でした。この作品の注目ポイントはヒュー・グラントではないでしょうか?彼のいじられているところや演技にも大注目ですが>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.4

5年前くらいですかね?飛行機で初めて鑑賞しました。当時は日本語吹き替えで視聴しましたが、字幕にするとガラッと変わりますね。パディントンの紳士的な印象が字幕の方が強いですね。ストーリーはシンプルなものの>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.8

ホアキン・フェニックスの演技が素晴らしい。感情表現が難しいジョーカーをとても上手に演じていたと思います。その他ストーリー展開や、音楽も良かったです。ジョーカーがどのようにしてカリスマ犯罪者になっていく>>続きを読む

ドラゴンボール EVOLUTION(2009年製作の映画)

2.9

友達とノリで観賞しました。どんな酷い作品だろうとワクワクしながら見ましたが、良い意味でも悪い意味でも期待を裏切られました。結論を言うと、思いの外面白かったです。しかし、「ドラゴンボール」と名前を名乗っ>>続きを読む

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

3.1

豪華キャストによるシンプルなアドベンチャー作品。面白かったです。

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊(2021年製作の映画)

3.3

個人的にはあまりハマりませんでした。監督も世界観もキャストも好きなのですが、内容が薄く感じられました。

BLUE GIANT(2023年製作の映画)

4.2

素晴らしい。本当に素晴らしい作品でした。2時間、とアニメーション映画にしては長めではありますが決して退屈しませんでした。一つ一つのシーンに無駄が一切なく、一瞬も目が離せません。もちろん原作の漫画も高貴>>続きを読む

悪魔はいつもそこに(2020年製作の映画)

3.1

キャストがとにかく豪華。宗教を絡めた暗い話でした。

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.9

大きな評価を受けた理由がよく分かりました。この作品は面白さ、美しさ、サスペンス要素のバランスが均衡に保たれていると感じました。ウェス・アンダーソン監督による独特な世界観が好きという方も多いのではないで>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.9

思わずもう一度最初から見直したくなる作品。ラスト30分くらいからでしょうか?どんでん返しがとにかく激しいです。途中疑問を抱くシーンや、個人的に目を瞑りたくなるシーンも多々ありましたが、最後まで観賞する>>続きを読む

ウォール街(1987年製作の映画)

3.1

マイケル・ダグラスがカッコいいですね。株を用いた作品はあまり見たことがなかったので新鮮で面白かったです。

コンフィデンスマンJP 英雄編(2022年製作の映画)

3.4

大好きなシリーズ。悲しい報道の後に作られた作品ですが、相変わらずダーコに騙されました。前作よりもスケールが更に大きくなっています。ぜひご覧になってみてくださいね。

劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海(うみ)の王子マナフィ(2006年製作の映画)

3.1

サトシのアクアジェットシーン大好き。サトシがハルカとピカチュウとマナフィを脱出ポットに入るよう促すシーンも好きですねぇ。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.7

シリアスな結末を迎えると思っていましたが違いました。とても見応えのある作品でした。恋愛模様が美しく描かれていますね。そしてなんと言ってもカーチェイスシーン、前のめりになって観賞してしまいました。

劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者 ルカリオ(2005年製作の映画)

3.7

親子初登場。「波動は我にあり!」カッコ良すぎますね。昔のポケモン映画音楽もいい声優といいストーリーといい全てにおいて高貴に作られていますね。

劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス(2002年製作の映画)

3.8

ストーリー、音楽、世界観全てにおいて素晴らしい。そして何よりほんの1時間半でこんなにも爆発的な感動を作り上げているのだから、初めて見た時はとても驚いた。ベネチアがモデルになっている本作、サトシたちの冒>>続きを読む

リトル・マーメイド(1989年製作の映画)

3.7

上映時間が1時間半にもかかわらず、ストーリーの充実度が素晴らしいですね。アリエルをはじめとした各キャラクターもとっても可愛らしいです。そしてなんと言っても今でも歌われている名曲たち。来春公開される実写>>続きを読む

アントマン&ワスプ:クアントマニア(2023年製作の映画)

3.5

もう少しシリアスな展開かと思いましたが違ったようです。量子世界が舞台のこの作品、スケールはものすごく大きかったのですがストーリーは正直イマイチでした。戦闘シーンにおいて、ギャグが少し多い気がします。で>>続きを読む

タイタニック:ジェームズ・キャメロン25周年3Dリマスター(2023年製作の映画)

4.1

何度も見返した作品。ストーリーも全てわかっていましたが、やはり感涙してしまいました。私は劇場で観たことがなく、今回初めて大きなスクリーンで観賞する事が出来て非常に嬉しかったです。氷山に激突するシーン、>>続きを読む

ルーキー・ハウス・ガール(2011年製作の映画)

3.2

フェリシティ・ジョーンズがとても可愛らしい。内容は普通ですね。

ラストベガス(2013年製作の映画)

3.6

超大御所キャストによるドラマコメディ映画、作品自体は短めですが、思わずクスッと笑ってしまうシーンが沢山ありました。

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

3.4

デミ・ムーアが可愛過ぎますね。ストーリーなどは至ってシンプルですが、大物キャストたちの演技が素晴らしかったです。なんと言ってもラストシーン、サムが天使たちと天国れ向かうシーンには思わず涙してしまいます>>続きを読む

バビロン(2021年製作の映画)

3.9

「ラ・ラ・ランド」、「セッション」などを手かげたデイミアン・チャゼル監督による作品。バイオレンスでエロティックなシーンが満載でしたが、決して薄っぺらいわけではなく奥が深い作品でした。また、デイミアン・>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

2.9

噂には聞いていたがなかなかエグい内容ですね笑。Fワード満載なのはもちろん、薬物、性表現もやばいです。ですので以上の過激な表現によって少しストーリーが薄く感じました。ストレスが溜まっている時にはいいかも>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.1

大好きな作品。正直ラストに詰め込み過ぎているような気がしなくはないが、シンプルで温かみがある物語が素晴らしい。ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイといった豪華キャストによる演技も見どころです。

クルーレス(1995年製作の映画)

3.5

100分を超えない作品ですが、とてもボリューミーな内容でした。アメリカのスクール系の作品はやはり面白いですね。しかし今回はそのほかのスクール系作品とは異なっていると感じました。テンポ感の良いスクールコ>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.3

流石スピルバーグ監督ですね。何もかもがぶっ飛んでる映画でした。様々なゲーム、キャラクター、音楽、そして映画が作品の中に散りばめられていて思わず前のめりになって観賞してしまいました。「現実だけが本当にリ>>続きを読む

エンドロールのつづき(2021年製作の映画)

3.6

「ニュー・シネマ・パラダイス」に似ているようで少し違う作品。もちろん「ニュー・シネマ・パラダイス」を思い出す瞬間が何度もありました。この作品からは強いメッセージ性を感じました。「エンドロールの続き」、>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003年製作の映画)

3.7

後味がとても良い作品ですね。ジョニー・デップはもちろん、オーランド・ブルームも物凄くかっこいいです。音楽、世界観、衣装、演技など何をとってもパイレーツ・オブ・カリビアンシリーズは異彩を放っていると感じ>>続きを読む

>|