RainbowRisingさんの映画レビュー・感想・評価

RainbowRising

RainbowRising

  • 69Marks
  • 214Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

復讐者たち(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ナチスに妻子を殺されたユダヤ人の復讐の話。

この映画だけではないがナチスに関連する映画を英語で演じられるのは違和感がある。やはりドイツ語でやってほしい。

水道に毒をまくことで大量虐殺を図りドイツ人
>>続きを読む

グリード ファストファッション帝国の真実(2019年製作の映画)

3.0

様々な汚い手を使って億万長者に成り上がった富豪の話。ところどころに散りばめられているブラックユーモアや発展途上国の搾取されている人の上に先進国の生活が成り立っているなどの社会風刺が描かれているけどイン>>続きを読む

シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち(2019年製作の映画)

3.5

FILMARKSのオンライン試写会で鑑賞。水泳選手がゲイに対する差別発言をしたためにゲイの水球チームのコーチをすることになる。コーチとゲイの選手たちが衝突しながらもまとまっていくというありきたりなスト>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

4.5

トーキング・ヘッズのデイヴィッド・バーンのライヴを記録した映画だがスパイク・リーの撮影(特にアングル)も素晴らしい。

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

3.5

海外版で見た。
あんなに可愛かったキャリー・マリガンはすっかり老けてしまったけど女優としては成長している。ストーリーは女に酒飲ませて泥酔させてレイプした男に復讐するという内容。途中で最後どうなるかはだ
>>続きを読む

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

3.5

試写会で鑑賞。12歳と偽って登録した女性にSNS上で卑猥な言葉を投げかけまくるおっさん連中が気色悪すぎる。最後、凸られて言い訳オンパレードのおっさんがリアルでは子供と接する仕事をしてるとか闇が深い。

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.5

ゴールデングローブ賞など各地で絶賛されているので見た。家を持たずキャンピングカーで各地を渡り歩きAmazonの配送センターなど期間工のような仕事を転々としながら生活する女性を追った映画。実際にこのよう>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.0

FILMARKSのオンライン試写会で鑑賞。タイムループもの。主役の2人の男女のやり取りが楽しい。タイムループから抜け出す方法については安易すぎる設定だしツッコミどころ満載だけど90分でサクッと楽しめる>>続きを読む

ヒットマンズ・レクイエム(2008年製作の映画)

4.0

ベルギーの古都ブルージュを舞台に殺し屋の悲哀を描く。コメディータッチのところがあるが最後はシリアスに終わる。でもブルージュは地獄だってのはないでしょ(笑)。

ウィズネイルと僕(1988年製作の映画)

3.0

60年代末のロンドンのカムデンの薄汚い部屋に住む売れない役者2人の話。ストーリーらしいストーリーはない映画だがたわいもない会話にクスッと笑えるブリティッシュジョークが散りばめられていてイギリス好きなら>>続きを読む

LIFE!(2013年製作の映画)

4.0

雑誌編集部で写真のネガを管理する仕事をしている冴えない男が表紙のネガを探すために海外に飛んで大冒険をする奇想天外なストーリー。ラストでそのネガに何が写っているのか明らかになるけどそれがいい写真だった。

トゥルー・ロマンス(1993年製作の映画)

4.0

初期のタランティーノが脚本を担当した作品。すでにタランティーノ節と言えるセリフ回しが随所に見られる。

イントゥ・ザ・ワイルド(2007年製作の映画)

3.0

ロードムービーについて語る時に必ずと言っていいほど取り上げられる映画。主人公が全てを捨てて放浪の旅に出たことについてあまり共感できない。両親に問題はあったかもしれないが大学まで出してもらって親にこの仕>>続きを読む

ビバリウム(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

若いカップルが家を見学に行ったらそこから出られなくなるという話。子供の悲鳴が不快すぎる。結局2人とも死んでしまうというオチだが何を言いたかったのかよく分からない。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

アメリカの閉鎖的な田舎でのドロドロした人間関係の話。主人公の女性と仲が悪かった大火傷を負わされた元警官がドライブする最後のシーンが何とも言えない。主人公の女性は警察署に火炎瓶を投げて放火し大火傷を負わ>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.5

オスカーの主演男優賞、脚本賞を取った映画だけどねそれほど面白いとは思わなかった。

サンドラの小さな家(2020年製作の映画)

3.5

FansVoiceJPのオンライン試写会で鑑賞。DV夫から娘2人と逃げようとしている女性があるきっかけで自分で家を建てることになる話。ご都合主義で進んでいく映画だが最後は素直にめでたしめでたしにならず>>続きを読む

バクラウ 地図から消された村(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

オバマ元米大統領が2020年のお気に入りの映画のひとつに挙げていた映画。ブラジル版七人の侍という感じの映画。ブラジルのバクラウという集落を襲おうとする白人が逆に返り討ちにあうという内容。

旅立つ息子へ(2020年製作の映画)

2.0

オンライン試写会で鑑賞。自閉症スペクトラムの息子と父の話。息子が施設に入れられることになりそれを拒否するために父子の逃避行が始まる。子離れできない父親が身勝手すぎて共感できない。父親はずっと生きていら>>続きを読む

DAU. ナターシャ(2020年製作の映画)

3.0

見るのに体力がいる作品。何とも評価が難しい映画。終演後に監督がオンラインで登場。

ミアとホワイトライオン 奇跡の1300⽇(2018年製作の映画)

3.5

シネマカフェ主催のオンライン試写会で鑑賞。CGを使わずに3年もかけてライオンと一緒に撮影したというのは驚かされるがストーリーはご都合主義すぎる。主人公の少女が暴走しすぎ。

南アのいわゆる缶詰ハンティ
>>続きを読む

ザ・プレイス 運命の交差点(2017年製作の映画)

3.0

WOWOWで鑑賞。THE PLACEというカフェの中の会話だけで成り立つ会話劇。登場人物の行動が徐々に絡み合っていくのは面白かったが場面転換が唐突すぎて分かりづらいのが難点。いいアイデアを生かせてない>>続きを読む

地球で最も安全な場所を探して(2013年製作の映画)

1.0

東京新聞主催のオンライン試写会で鑑賞。反原発主義者のプロパガンダ映画。金払って見る価値なし。上映後に小泉元首相が出ていたが現職の総理の時に声を上げずに引退後に反原発に転じるとか行動が汚い。東京新聞の宣>>続きを読む

砕け散るところを見せてあげる(2021年製作の映画)

2.0

オンライン試写会で鑑賞。
前半は学園の恋愛ものって感じなのが後半はホラーな展開になる。ひとつひとつのシーンが冗長でダラダラ長いので見ていて疲れる。とくに後半の演出が下手すぎる。オンライン試写会でタダな
>>続きを読む

ロード・オブ・カオス(2018年製作の映画)

3.5

メタルファンなら知ってるノルウェーのブラックメタルバンドのMayhem、Burzumのメンバーの教会放火事件、殺人事件についての話の映画。グロテスクなシーンが多いので苦手な人は無理かも。バンドあるある>>続きを読む

ブレスラウの凶禍(2018年製作の映画)

4.0

セブンに似ている猟奇的な連続殺人事件のポーランド映画。主人公の変な髪型の女性刑事が終始陰鬱な感じで愛想のかけらもないというのが斬新。ハリウッド映画だともっと魅力的なオネーチャンにするのだろうけどやはり>>続きを読む

ダニエル(2019年製作の映画)

3.0

ティム・ロビンス、アーノルド・シュワルツェネッガーの息子たちが共演。2人とも親の七光りとか関係なく将来有望な俳優だな。

主人公のルークには子供のころから空想の友達ダニエルがいた。ダニエルの命令で母親
>>続きを読む

ガンズ・アキンボ(2019年製作の映画)

3.0

海外ではだいぶ前に公開されていてすでにDVD化もされているけどある方法でただで入手して日本語字幕で鑑賞。

ダニエル・ラドクリフはB級映画ばっかり出てるね。若くして一生分のギャラをすでに手にしてるので
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

4.0

日本にはこのような気骨のあるジャーナリストはいないだろうな。それにしてもカトリックは腐ってる。

心と体と(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

同じ夢を見ていることで惹かれ合う大人の男女の話を繊細なタッチで描いている。主演女優が美しい。ただ最後に女が手首切って自殺を図るとかそのへんの行動がよく分からない。

ヘイター(2020年製作の映画)

4.0

聖なる犯罪者を見たのでヤン・コマサ監督の他の作品も気になったのでNETFLIXで鑑賞。

法学部を退学になった冴えない青年がSNSを駆使して市長候補者を炎上させていくがリアルで大惨事を招くという話。今
>>続きを読む

聖なる犯罪者(2019年製作の映画)

4.0

ポーランド映画。

殺人を犯して少年院にいた主人公がふとしたことから田舎の教会の神父に成りすますという話。

殺人を犯して酒、煙草、女、ドラックをやりまくるが神父として言っている内容、行動はまともな方
>>続きを読む

どん底作家の人生に幸あれ!(2019年製作の映画)

4.0

Filmarksのオンライン試写会で鑑賞。

原作はディケインズのデイヴィッド・コパフィールドだが邦題良くないなあ。ディケインズの名前は入れておかないと。

原作は長い小説なので2時間に凝縮して詰め込
>>続きを読む

>|