mihoさんの映画レビュー・感想・評価

miho

miho

映画(99)
ドラマ(0)

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

4.0

シャイニングの続編なので、シャイニングを観てから劇場へ!

こ れ は 観 る べ き 
          で し ょ う !

なぜシャイニングと呼ばれているのか
なぜドクタースリープというタイト
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

1.5

ん?は?え?…う、うん。て、映画(ㆁωㆁ*)

お父さんの末路に大爆笑した私。
ただ、これは傑作映画の序章に過ぎなかったのだ……!!

SPOON
シャイニング座談会(ネタバレあり)
https://
>>続きを読む

アナベル 死霊博物館(2019年製作の映画)

3.3

ちょっとした、お化け屋敷感覚でご覧頂けるかと思います🙇

自分の手は汚さないと言うアナベル姐さん。
そこんとこ、イキっていこーぜ?と少し思う。
周りが頑張ってくれてるんだから…なんなら一つ一つの品のス
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.0

イライラする!(Y字ポーズで)

「フォーキーお前!!」と何回思わされたことか!
このゴミが!←悪口にならない!!

トイ・ストーリーは毎回『生き方』という物を考えさせられるのであるが、今回ばかりは答
>>続きを読む

ハロウィン(2018年製作の映画)

2.5

いやぁね?実際いたらマジやべぇけんど、ちょっとマヌケに見えました。あの仮面の人。笑

おばあちゃんはカッコよくて好きだけど、絶対あれ最後やっつけきれてないんじゃないかと疑わしくてならない。今でも私は「
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

3.5

スピンオフということだけれど、何も知らない私も楽しめました!

バンブルビーと言う存在の尊いこと(*n´ω`n*)

内容的にはちょっと子供っぽく、特に男の子が好きそうな感じ。いや、もう大興奮だろうな
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

2.1

成長したチャッキーを愛でる為だけに鑑賞。
が、可愛さの欠片もねぇ!!

昔はあんな可愛かったのに(´;ω;`)

今回は昔のシリーズとは別物として見られる仕様ですね。
ホラーの代名詞ですが、そんなに怖
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

4.1

何でなんだ!?何でパンフレットがないんだ!?

1に引き続きブッ飛んだ主人公が好きw
ただ「ちょっと2をグレードアップして作ってみたよ。どう?」みたいな威圧感が嫌。
SFっぽく醸したり…。

2を作っ
>>続きを読む

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

4.7

見た直後は4.9と思ってたけど、1日たって冷静に考えて0.2下がりました。
ちょっとビル・マーレイに熱くなってしまったみたいだ。最後までマーレていたよ。。。

最初5にならなかったのは、リトルロックが
>>続きを読む

ゾンビランド(2009年製作の映画)

4.2

ゾンビ映画の中で、かなりツボな作品(◍ ´꒳` ◍)
キャラクター皆が濃いのに、ピタッとハマる。
カメラワークや文字の出し方、選曲からタイミング🎵倒し方のアイディアやブラックファックユーモアが最高(笑
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.4

LOSERSの一員でもないのに懐かしかった。

1の方でキャラクターを丁寧にクローズアップしてるのと同様に、今回もキャラクターに愛着をもたせるのが上手だった。いや、それもあるが…違う。受け継いでくれて
>>続きを読む

Re:DIAL リダイアル(2005年製作の映画)

2.7

出来心で見ました。

でもチープな雰囲気が透けた乳首と相まって、ホラー感がひしひし伝わりました(?)
ほら、画像が悪いと怖いじゃない?
日常を切り取った感じが出ていました。

序盤でラストが読めてしま
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

すびばぜん!個人的な事をここで1つ!

【私の初恋の男の子がビルにそっくりなんです】

(´,,• ω •,,)しゅき♡


いやいや、それだけでこんなスコア上げませんよ?
やはりホラー色よりも青春が
>>続きを読む

IT/イット(1990年製作の映画)

4.2

みんなITはホラーだと思ってるでしょ?
ちゃうねん!そんなんちゃう!!
青春映画だ。友情物語だよ。

すっっっごく長いんだけど、長く感じなかったのは
多分ムダなシーンが1ミリもなかったから。

キャラ
>>続きを読む

THAT/ザット(2016年製作の映画)

1.8

こ の タ イ ト ル な の は 何 故
/(^o^)\!?

嫌いじゃなけどな?

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.3

ここに無いモノに感謝をしたことはありますか?

私が一番に思った事は
「主人公が冴えてなくてよかった」

何も持ってなくて
才能なくって
見た目もよろしくない方
努力も見失って
大切な人の大切さを見返
>>続きを読む

ナイト ミュージアム エジプト王の秘密(2014年製作の映画)

3.0

夏はジュマンジ
冬はコレ!…みたいな(*´ω`*)

ワクワクするから、子供っぽいけど見ちゃう!
映画でもやっぱり「さようなら」は寂しい。

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.5

「クロール」の半分は精神論で出来ています。

っつーのも、主人公のお父ちゃんの無茶振りが過ぎる🤣!
それに応る娘は何?も〜、洗脳の域に達したと思うね。

ワニがリアル(全部CGだとか…)だし、冒頭から
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.3

みんなアーサーが可哀想だと思う?

私は心理的な荷重において「こんくらいはどこにでも居るんじゃね?」と思う。
ただ、ピエロ・階段・DCという象徴的なモノが多すぎて心を掠め取るのだと思う。

「放出」し
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.7

見応えがある。

と言うのも、余計な演説が一切ない。
影響力のある人はどんな環境に置かれても、得てして本気がチャーミングに成り代わってしまうのである。(コメディと言う意味ではありません)

その言葉と
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

2.5

太陽の真下に少女が居た。
下には影が少し見える。少しだ。
だって太陽は上にあるのだから。

そのまま少女は大人になる。

ある日、雨が降った。偶然か必然か、自然に。
下を見る。水たまりに女が映っている
>>続きを読む

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

4.2

少しハメを外したノリの延長で名探偵コナンばりの薬によって脳が100%働き出す始末。ここまでなるかね?なんて…観てる間は思わせない映像の勢いです(*ᴖωᴖ*)

私はあまり違和感を感じなかった。と言うの
>>続きを読む

ロスト5(2010年製作の映画)

1.1

脚本の発想が良い。
むしろ、発想しか良くない。

でも怒らない。
これがB級の対処の仕方である。

ザ・インターネット(1995年製作の映画)

3.8

幼心にドキドキハラハラのストーリーでした。
機械音痴でもわかりやすい設定です。
むしろ分からない人の方が、見ていて憧れてしまうかもしれない(๑´∀`๑)ははは

何度も見たけど、やっぱ女の人って強いわ
>>続きを読む

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

1.0

え?(•́ω•̀;≡;•́ω•̀)え?
本当に湊かなえ?え?え?

電車男(2005年製作の映画)

3.5

とにかく中谷美紀が美しひほ(∗❛ั∀❛ั∗)✧*。

私は言いたいことを言うし、やり放題だったりする。でも足りないものは主人公と同じで沢山あって、完璧って果てしないなぁって思う。
そんな時、見守ってく
>>続きを読む

名探偵コナン 業火の向日葵(2015年製作の映画)

2.3

・無理やり登場のキッド様

・何かと都合のいい仕掛け

・そろそろ黒の組織戦え

感染家族(2018年製作の映画)

3.4

中々の退屈映画( ´ー`)フゥー…とか思っていたら

怒 涛 の 一 撃 !
ド ッ カ ン バ ト ル (?)

ですた(ㆁωㆁ*)

詳しい事は言いたくないが、私の胸のうちを詳しく語ろう…ハッとし
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール【S】(2019年製作の映画)

1.0

うん。ダメ🙅やり直し。

ファーストインパクトはまずまずかと思ったのに、松田翔太が面白すぎた。訂正、(変態で候)必死すぎた。

笑えたから良かったっちゃー良かったんだども…何を魅せたかったのか😅?
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.9

すごく良かったと思う。
大幅にCGなもんだから、映画館で観て正解!

窪田正孝と蒼井優の役の掴み方は天性のものかと思われる。声のボリュームや質感がゾクゾクする。
癖の強い大泉洋や、細々と生きる親子が…
>>続きを読む

Kids Return キッズ・リターン(1996年製作の映画)

4.5

超偏った想いで好きな作品😘♡

バトルロイヤルで安藤政信に打ちのめされてからというもの、安藤政信の映画を見漁っていた。
その中で出会った1本!

北野映画は見るのに体力がいるのよね(;´Д`)ハァハァ
>>続きを読む

耳をすませば(1995年製作の映画)

1.9

幼い頃、この原作の漫画が大好きで大好きで、親戚のお姉ちゃんの部屋の本棚にある本を何度も読み返してた。
映画になると知って…ショックだった。
今思えば珍しくなんてないのに、なんであんなにショックだったの
>>続きを読む

時をかける少女(2006年製作の映画)

3.8

THE・夏!ですね〜
青空に入道雲、自転車に制服やプール…青っ春っ(カイっカンっのイントネーションで読んでください)
てか、何?夏ってタイムループしやすいの?笑
女の子が一生懸命ドタバタしてるのが可愛
>>続きを読む

アンフレンデッド:ダークウェブ(2018年製作の映画)

3.1

フライヤーほど怖いわけではありませんが、題材が興味深いです。
あまり書くとダークウェブの住人に消されてしまうので、おくちミッフィー( ・x・` )<…。

この時代だからこそ「やけにリアルだよね〜」
>>続きを読む

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

1.0

目に見えない怖さ…あるよね?
テリトリーを荒らされる怖さ…あるよね?
開けてはいけない扉が開いた怖さ…まぁまぁあるよね?

と、無数のささやかな「あるよね」な怖さが出てくる映画だと思うが「コレ」という
>>続きを読む

戦慄病棟(2015年製作の映画)

2.0

自ら入院してしまった人達の話。
そして、なかなか退院が難しい様だ(笑)

手先とモバイルだけで何もかも自由に動かしてる若者が厄介なモノに手を出した。お薬のお時間である。

ん?これはなんつーバイオレン
>>続きを読む

>|