mihoさんの映画レビュー・感想・評価

miho

miho

映画(153)
ドラマ(0)
アニメ(0)

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

3.8

はじめに蜷川実花の写真についてこう思っています。
「10枚に1枚良いのがあれば良い方」今まで見た映画も「ふーん」でした。

今回は原作を先に読んでいました。小難しい所が省かれ、窪田正孝と藤原竜也さんの
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

2.0

精神的にクる映画か衝撃的な映画なのかと思いきや、ほーう( ˙ㅿ˙ )といった感じでした。
サイコパスが普通にサイコパスなだけで、登場人物の設定があまり生かされてない。
ただ演者さん達は素晴らしいという
>>続きを読む

烏 カラス(2007年製作の映画)

2.7

これだけは言わせて!
これだけは言いたいの!

ヒッチコックより好きwww

兄友(2018年製作の映画)

-

「あっ、はい…。」って映画でした。
ファンが見ても喜ぶとは…( ˟ᯅ˟ )

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

1.3

私自身、躁鬱病等の精神疾患の障害持ちなので気になってみてみました。

お二人とも演技が自然でよかったです。

鬱は完治するのはなかなか難しいので、全体的に波のない穏やかな運びで「そうだよね(ホロリ)」
>>続きを読む

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

1.6

あの内容をうまくまとめて入りやすくしているのは良かったけど、ちょいちょい日曜日の朝の子供向け番組みたいなニオイがした。
世界観からして日本でやるのも無理があるとは思うけど期待はするよね(^_^;)嬉し
>>続きを読む

しんぼる(2009年製作の映画)

5.0

人には其々の「神様像」があるかと思うんだけども。
松本人志の中の神様が垣間見られる作品でファンとしては「だからか!」的な腑に落ちる映画でした。
ラストには口を開けたまま絶句した。

どうにか記念にグッ
>>続きを読む

TITANE/チタン(2021年製作の映画)

-

フライヤーが良くて思い描き過ぎたパターンでした。

物理を超えられる人と超えたくない人で価値が全然違う映画だと思います。

私は超えない人なので「せめてでてくんのはミニカーやろ」と思いつつチタン栄養素
>>続きを読む

こどもつかい(2017年製作の映画)

1.2

タッキーと麦ちゃんの温度差があり過ぎた。子供もやはり子供なりの演技だし、唯一怖いのは喋らない役の子どもたちくらいかなぁ。

きちんと最後には話が解けるので、木曜の怪談に毛が生えたと思って頂けると良いか
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.8

思いの外、気持ちよく感じてしまった。。。(ナメてた分負けた感じがしました)

それ(ヒートアップ)までは我慢です。最後が読めてても我慢です!

モービウス(2022年製作の映画)

3.5

気を抜くとバッドマンを見てるのかと思ってしまう程のコウモリでした。

解り易く且つスムーズな進行で、エフェクトが派手なのでお子ちゃんから大人まで楽しめると思います/|\^._.^/|\ バサッ

>>続きを読む

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

1.9

貞椰子の誕生である。

安藤政信のキャラが良かった❤ので是非スピンオフでしかもシリーズ化して欲しい(*ノ´O`*)ノ<タノム---

来る来る感はあるけどグロくはないのでホラー苦手でも友達と楽しく観る
>>続きを読む

ねじ式(1998年製作の映画)

-

唯一、シュールとネジである事だけ理解できた。

MEGA SPIDER メガ・スパイダー(2013年製作の映画)

2.9

町内規模のMIB

ほんま

ただ、わしゃ好っきゃねん。
正味、ええっ♡と思うねん。

格好は付けるもんじゃない、付くものなんだ!こいつぁ原石さ!続編のGも頑張ってwwwwwwwww

スリープレス それは、眠ると憑いてくる。(2017年製作の映画)

1.0

着眼点はいいけど、内容がないよう
༼;´༎ຶ ސު ༎ຶ༽言わすな!

惜しい!
昔の資料から睡魔という悪魔を探そうとしたり、寝ながらちょいホラーしてみたり…。

だからって映画になるわけじゃなかった
>>続きを読む

惡の華(2019年製作の映画)

2.1

漫画未読だからかクソムシが何なのか分からなかった(笑)が、ぐちゃぐちゃながらも爽快感がある青春映画だった。

最後まで見ないと🤔ねぇ…感で序盤を見てましたが、弾けた瞬間180度(2人の)世界が変わって
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

1.0

暇だったんだ(言い訳)フライヤー見かけた時にどんな話だろう?って思ったんだよね(言い訳)ちょうどGyaOでやってたんだー(言い訳)

いやぁ致しまくってたよ。みんな。

普通にエロいの観て、普通に造り
>>続きを読む

リアル鬼ごっこ(2015年製作の映画)

1.0

可愛いJKの制服のブラウスやパンチラより、綺麗なウエディングドレス姿での戦闘より、斎藤工の歯とブリーフの白さには勝てない。

原作者と監督のクオリティが一致しててなんか良かったと思う。

カクテル(1988年製作の映画)

3.8

観ても観なくても何も変わらないかもしれないけど、映画ってこのくらいで良かったんだよなーって思った。
誰があーでこーでそーでした、おわり。くだらない痴話喧嘩や男の見栄やロマン、お酒とお金と若さ。それでえ
>>続きを読む

ゲーム(1997年製作の映画)

5.0

どれだけの人々が沢山「つまらない」「ないわー」と言っても私はスコアを変えない。

人間関係もそこそこに中年男性が仕事をこなしていく。疎かになる事もいくつかあるだろう。それでも自分を奮い立たせる社会の駒
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

5.0

街がクリスマスを盛り上げていく頃が観頃です。

誰だって幸せになっていい。
誰だって幸せになれる。

教えてくれるのは歳もとってない赤ちゃん。

みっともない大人たち子供じゃない子供たち、幸せが降って
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

4.6

観る前は謎だらけの映画。
観た後は観たままの映画。

ゴタゴタしてる話はあえてココには綴りませんが、怖く感じる内容なのかと思いきや私には日常とそう変わらない世界観でした。

色んなものを乗せて地球は当
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

1.3

何か腑に落ちない。
大好きな堤監督なのに特別な感じがしなかった🤔何でだ?

面倒だったのかなぁ?
想像以上に何かを伝えようとしている作品だったのかも。それにしても、ラストはほぼ読めたし😶
推理の部分も
>>続きを読む

呪怨(2002年製作の映画)

3.0

はじめに出てくる社名の文字のフォントがもうホラー。
一度目に観た時の伊東美咲さんのシーンには衝撃を受けましたな。でもオフトゥンは大好き(ㅅ´ ˘ `)
この映画が怖いと思うのは幽霊ではなく、空間。
>>続きを読む

マリグナント 狂暴な悪夢(2021年製作の映画)

3.4

やっぱり作品は作品自体を観るべきだった。

何で今ジェームズ・ワンがホラーを?と、そればっかりを探しながら見てしまい映画自体を観れていたかどうか(´∀`;)

それなりのレビューになるけど、もう少し凝
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

2.2

まぁまぁ面白い設定だし、まぁまぁ卒のない進行だったので寝た。

分かりやすくする為の時間がもう少し短かったら寝なかったかも!
かもですが!

最後もちろん知らないんですが2パターン思い浮かんだ。多分絶
>>続きを読む

ヒミズ(2011年製作の映画)

1.2

抽象的なのか?リアルなのか?え?マジ?何で?何この子?って思ってみてた。

役者陣の演技力が素晴らしいことはわかるんですが、それ以外は分かりませんでした。

解りたくて一生懸命「どうして?何で?」って
>>続きを読む

サイコ・ゴアマン(2020年製作の映画)

4.7

フライヤーなどを見ると「( •ө• )洋風円谷かな?」と思ったけども、お誘い頂いて鑑賞したのち「つ」の字も出てこなかった。
センスがズバ抜けている。しかも多分どちらかというと日本人向けの笑いの趣向
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.7

お仕置き程度の仕打ちじゃ済まなかったのにスッキリしない人が多いだろうなと思うが、私はジワジワくる感じで良き(๑•̀ㅂ•́)و✧

映画が終わった後に彼女がやっと笑えたような顔が想像できた。

想像とい
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

1.3

ビジュアルのみでキングギドラが好きになった。風水的に良さそう(青龍的な…笑)

UMAとか超信じてるけど、あんなにはちょっとエグいわぁ。って思いながら「おぉ…」「わぁ…」とか口にしながら観終わりました
>>続きを読む

プラットフォーム(2019年製作の映画)

5.0

色んな説明不足をふっ飛ばすくらいの衝撃が残った。

エンドロールの後も暫らくまだ映画を観てた。反芻とも違うような。それは私自身が今まで見て来た綺麗なモノと汚いモノをぐちゃぐちゃに丸めて口の中に無理矢理
>>続きを読む