Mihoさんの映画レビュー・感想・評価

Miho

Miho

映画(181)
ドラマ(0)
  • 181Marks
  • 41Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.5

主演の力、、迫力すごかったー
けどまた観たいと思う作品じゃない

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.5

すごく良かった。久しぶりに邦画ですごい好きだったかも。大賀さんがすごい良い味でてる、、

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.8

この映画を観たタイミングもあると思うけど、すごく良かった。涙出るなんて思ってなかったけど、こんなにも好きを貫けたら最高だなあー

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

3.8

未来が過去を変えることもある。
とても良い意味でずっしりと心に響いた。

個人的に考え事をしながら観てしまったけれど、色々と重なって、今の私に大きく影響する映画になった。

過去を振り返った時に自分に
>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

3.8

ほんわか心が温かくなるような映画。
原作を読んだのはもう5年も前。内容もあまり思い出せないまま、鑑賞。
前半は、三浦春馬の東北の大学生っぽさから、こんなにも髪型で人の印象変わるもんなんだなとか考えなが
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

3.5

緊張感のある映画、自然と手を強く握りしめてしまうのは久しぶり。
これがたった10年前に起きたということが信じがたい。
観終わった後は、宗教について、世界情勢について、もう少しアンテナ高く持っていたいと
>>続きを読む

クーパー家の晩餐会(2015年製作の映画)

3.0

もう一回は見なくていいかな、。
かもなく不可もなく。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.5

評価が高いので期待して視聴。
んー良かった。
けれども切なさが強い。

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

3.7

よかった。
最初の別れの切り出し方と受け止め方、これぞ男女の代表的な行動パターンだと思ったし思い当たる節あり。男女の考え感覚の違いというかなんというか。
ララランド好きの私にとっては最高のキャストでよ
>>続きを読む

きみがぼくを見つけた日(2009年製作の映画)

3.7

自然と涙ぽろぽろな作品
でも非現実的な話だから、自分に置き換えて考えたりしようとは思えず。
よかったーでおわり。

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

歴史的な人種差別を扱いながらも、ユーモラスもあり、暖かな映画だった。落とし込みどころが違うと思うけれど、今の私には、どんな人にも栄光の影には悩んでることがあるし、誰もが悩みをもってるんだよな、生きづら>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.5

元気になれる映画だなあー
キューバサンド食べたい!音楽もいい!

リリーのすべて(2015年製作の映画)

3.3

つい奥さんの立場で見てしまった。
フューチャーされるのはリリーだが、
辛いのは奥さんが一番では、。

パッセンジャーズ(2008年製作の映画)

2.6

ビックリな展開すぎたけど、引き込まれて観た。だけに残念感もあり、。

幸せのポートレート(2005年製作の映画)

2.5

クリスマス特集にあった映画
ジェシカを観るために観ただけに終わった、。。特別見返すこともないかなー

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.7

よかったけど期待しすぎたかな
でもクイーンの曲を前よりも楽しめるようになったと思う

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.5

母親の愛の重さを自分と重ねて、苦しくなった。好評を聞いてみたけど、大きくずば抜けた何かを感じることはなかった。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.0

機内で鑑賞。
松岡さんが最高に可愛い。。
映画は特別好きではなかった💦

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

3.0

結婚の考え方が変わると言われ見た映画。

上記助言や出演者もあり、期待していたので、なーんとなく終わってしまった映画に物足りなさを感じてしまった。

とりあえず、ジョージクルーニーがかっこいいし、女優
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.0

原作本は読んでいたけど、
不意にロードショーでやっていたので鑑賞。
キラキラとした青春時代が眩しくて、こういった類の映画を久しぶりに見たので、心の底から胸きゅん(笑)

とっても号泣したし、悲しい面も
>>続きを読む

フジコ・ヘミングの時間(2017年製作の映画)

3.5

クラシックとは別世界に身を置く私ですが、何か惹かれるものがあり鑑賞。

観る前はとても自由奔放で孤高な、これぞ生きたいように生きている人という類の方かと思いきや、底知れぬ努力の裏で常に孤独を抱えている
>>続きを読む

世界の果ての通学路(2012年製作の映画)

4.0

夢のために勉強する。
生活ってシンプルでいいんだと思った。
なんか見失った時、原点回帰の意味で見直したい映画。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

好きな映画のひとつになった!
なんとなく心にあったもやもやが自然と涙こぼれて一緒に流れてくれた。

>|