mikacoさんの映画レビュー・感想・評価

mikaco

mikaco

映画(276)
ドラマ(10)

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

-

久しぶりに鑑賞

目を背け、劇場から逃げ出したくなる感覚に何度も陥った事を思い出した。
具合が悪くなり、それから数日は引きずるくらいのトラウマ。

私にとっても美しいピアノの音色だけが唯一の心の拠り所
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.8

口の悪いキャップ(クリエヴァ)を観たくて鑑賞

少々わかりやすすぎる違和感や伏線もあるけど、キャスト陣の掛け合いのおもしろさ、クスっと笑えるポイントがたくさんあって普通に面白かった!

my hous
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

ヒトラーのカリスマ性、民衆の熱狂・心酔をThe Beatlesのそれに被らせて始まるオープニング。
希望を感じさせる二人の姿にリンクするDavid BowieのHeroes。
音楽の使い方が秀逸!
>>続きを読む

失くした体(2019年製作の映画)

3.7

切断された右手が動き出しどこかへ向かうところから始まり、右手の旅を通して持ち主とその人生を知る。

体から切り離された右手にこれほどの感情を感じるなんて不思議。右手の記憶、かつて触れたもの、その感触の
>>続きを読む

エセルとアーネスト ふたりの物語(2016年製作の映画)

3.8

絵本が動いてる!

世界が大きく変化していったあの時代を生きたとある夫婦の人生の悲喜こもごもを一緒に味わう、そんな作品。
エセルの価値観や振る舞いに祖母を重ね、老いていく二人に両親を重ね・・・
観終わ
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.7

どう捉えるか、自分の考えをまとめるのに少し時間が必要かな。
思っていたのと違う展開、最終的にどこに着地させるのかわからなかった。

ソン・ガンホはやはり良い俳優です。

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

4.5

ずっと気になっていたこの映画!

冒頭のカフェのシーンで気持ちがわかり過ぎて泣いた

自己嫌悪になったり、心が折れたり、ちょっとした優しさに救われたり、色んな国籍の人と学ぶEnglish class、
>>続きを読む

2人のローマ教皇(2019年製作の映画)

-

映像は美しいし、対話のカット、言葉や眼差しが素敵だったりはするのですが…
ここ数年ISやテロ、宗教による紛争、貧困などショックな映画も多く観たせいか、荘厳なバチカンやカトリック教会に少々複雑な気持ちに
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.5

すごく良かった
胸が熱くなった

あの映画、あのファンファーレ、あのフレーズ、あのアーティスト

良い映画は必ず音楽が良いと言っていい程重要な要素だと思う

あの映画もこの映画もこの人が作っていたのか
>>続きを読む

星を追う子ども(2011年製作の映画)

1.0

ことごとく合わない新海監督
もう観ることはないと思ってたのに深夜放送してたので

・・・ジブリかな?

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

-

映画館でこのファンファーレを聴くのも最後かなと、しっかりと噛みしめてきました

懐かしいキャラクター、好きなキャラクターにまた会えて嬉しかった
内容については何も言いません

子供の頃から追っかけてき
>>続きを読む

バハールの涙(2018年製作の映画)

-

【今年の映画、今年の内に】
こんな事が現実にも起こっているなんて考えたくもないし、観ているものが映画であってもあまりの悲惨さに目を背けたくなる

人って、命って、信念って何

バハールの以前の生活が私
>>続きを読む

人生、ただいま修行中(2018年製作の映画)

3.6

看護実習生達の奮闘ドキュメンタリー

映画館でなくても良かったかなとも思ったけど、すごく良かった
講義の内容も、メンタルケアがしっかりしているところも素晴らしいな

ドキュメンタリーあるあるで、後ろと
>>続きを読む

おしえて!ドクター・ルース(2019年製作の映画)

3.7

よく知らずに観たから、下ネタのオンパレード、Dr.ルースのマシンガントークに最初かなり戸惑った(笑)

みんなノーマル
全ての人に敬意をという彼女の考え方や、
あらゆる性の悩みに明るく正面から向き合う
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.3

色んな感情が入り乱れてまとまらない
辛くもあり、素晴らしくもあり

主演の二人がすごく良かった

どちらが悪いとか、どちらか一方にだけ肩入れしてしまうといった事のない描き方も良かったな
冒頭のシーンが
>>続きを読む

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

4.0

このシリーズ好き
期待を裏切らないおもしろさ
オープニングから笑った

アマンダと僕(2018年製作の映画)

4.2

過剰な部分もなく、ただ彼らの日常をとても静かに、暖かく丁寧に映していて、
それが夏の日差し美しいパリの街並みと相まってすごく良かった

人や日常を愛おしく感じられるような映画がやっぱり好きです

フラ
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.3

続くんかい!!!!


知らずに観た私が悪いんですけども
あとこれは劇場でIMAX辺りで観るのが正解だった気がします
色々間違えました

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

3.2

どこにでもいそうなありふれた少女の
ありふれた葛藤と悩み
よくある通過儀礼のようなエピソード
それ故に全体的に薄い

このリアルさが評価されてるのかな?

ボーダー 二つの世界(2018年製作の映画)

3.7

今年一インパクトがあった作品かも
なかなか強烈

美しさを感じさせないどころか違和感や嫌悪感を煽ってくる
得体の知れない物を見せつけられているようで観終わる頃には酷い疲労感でぐったり

とはいえ低いス
>>続きを読む

孤独なふりした世界で(2018年製作の映画)

3.7

光の使い方が素晴らしく、誰もいなくなった静寂の世界が美しく感じられる

全体的に映像も雰囲気も好みだった

ストーリーはやや意外な展開

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.5

美しくなって(本人の錯覚)から次第に傲慢になっていくのがなんだかな

ビキニ大会は気持ち良かったし
スピーチも良かった

見た目ではなく人の本質を見るエイヴリーが素敵

シャイニング(1980年製作の映画)

-

何も起こっていない序盤から終始音楽が不穏

これがかの有名な(あのシーン)?!とちょっとワクワクしてしまったし、顔芸がおもしろすぎてホラー苦手でも意外とイケました

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.8

今となっては豪華なキャスト
まさかのビル・マーレイご本人登場!
かなり笑えるし面白かった

このウディ・ハレルソン好き(笑)

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.0

いつまで続くのかも生きて出られるのかもわからぬ恐怖と緊張と絶望の極限状態

やっと息をつけた時に出た涙は安堵からなのか恐怖からなのか
終わっても尚震えが残る

宗教こそ人類最大の負の遺産なのではなどと
>>続きを読む

希望の灯り(2018年製作の映画)

4.0

静かで余白の多い作品
表情も言葉数も少ない

でもその中にほんのりと灯る従業員たちの気づかいや温かさ、交流、日々の事

音楽と映像がすごく良い

(主人公のとある行動にはドン引き)

アナと雪の女王(2013年製作の映画)

-

地上波でやってたので

強力なパワーを持つプリンセス
そして真実の愛

新しい時代だね

マレフィセント2(2019年製作の映画)

3.7

well, well

ディズニーにご都合主義とか理想主義なんて言うのは野暮ですね
最終的には安定のディズニーなんだけど、如何にも人間らしい醜さや罪のない無垢な存在に対する残虐なシーンもあり(蘇らない
>>続きを読む

ウォーム・ボディーズ(2013年製作の映画)

3.5

優しい世界(笑)

ゾンビとは・・・
という疑念はさて置き、ゾンビのバディ感含め結構好き

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

ホラー苦手でずっと避けていたけど、地上波はグロシーン等大幅カットと聞いて


ペニーワイズ、可愛いな・・・
踊りながら近づいてくる所とかお茶目過ぎるでしょう

ところで、物理的な攻撃って効くの?

ジョーカー(2019年製作の映画)

-

階段でのダンスシーンの圧倒的な美しさ

ラストカットの余韻

ホアキン・フェニックスがとにかく凄まじい

音楽にアートワークに、単なるジョーカー誕生物語ではなく思っていた以上に『映画』だった

スコア
>>続きを読む

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

3.8

GFがなかなか強烈!笑

あなたの名前〜に続き、インド映画のイメージが変わりつつある

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

-

この作品は結構良かったと聞いたので再び新海チャレンジ

もどかしさとか、きっとこの人と結ばれるに違いないと思っていたのにすれ違い、膨大な時間の中で気付けばもう戻ることもこの先交錯することもない所まで来
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

5.0

大好き
最高
好き

エンドロールをあんなに満面の笑みで幸せな気持ちで観れる作品ってそうそうない

突っ込みどころとか、そんなことはええんです

他にも存在しなくなったバンド に “そうきたか”ってな
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.3

公開中の『ジョーカー』が気になってバットマン入門

何これ!
何故今まで観なかったの!

母がバットマン好きな理由がわかった
ジョーカーが根強い人気のヴィランな理由がわかった🃏

Dark Night
>>続きを読む

>|