mikazuki44さんの映画レビュー・感想・評価

mikazuki44

mikazuki44

  • List view
  • Grid view

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

モモア様とガドット様だけでも観れるぜ映画。
激弱バットマンと最強〇〇が笑える。
フラッシュのコミュ障ユーモアとか強がりアクアマンくだりもかわゆいぞ。

正直話はどうでもいいぞ

密偵(2016年製作の映画)

3.3

コンユとソンガンホと鶴見辰吾が好きなら140分退屈しない。

何気ないセリフも自然でいい共演だった

キムジウンが監督って事で期待してたらそれほどでもなかったかな、
良くも悪くも韓国映画。
以上でも以
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.0

タイカワイティティが監督ってことで、マイティソーなのに期待して行ったらあらまあ面白い☻

個人的にはアメコミはこーゆーのでいい。
特別な心の闇とかヒーローとしての目覚めとか要らないタイプやから、このノ
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.0

もう一回観たいかというとちょっとそれは…。と思ったりもするけどきっともう一回観れてしまう不思議。

不快感、苛立ち、過去の気付いてなかった罪、今ある不幸せ

人は欲しいものに手を伸ばすと要らなくなるこ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

もう一回観たらきっと評価が変わるような2度鑑賞推奨タイプ映画。

人に説明しにくいけどなんとなくある不快感、違和感、気まずい感、
全部がうまい

音楽と効果音とカメラワークも好き

色んな意味でゲット
>>続きを読む

レインボウ(2017年製作の映画)

3.2

東京国際映画祭2017

恋する男が戦時中にファシストに狙われながらも個人的な事に奮闘するなんて、ある意味ファンタジー。

よくよく考えたら、その場にいない愛する女性のためにあそこまで右往左往するの、
>>続きを読む

詩人の恋(2017年製作の映画)

3.4

東京国際映画祭2017

思ってた展開と違って、
そっちに進むのかー!て思ったけど、
結構面白かった
奥さんかっこいいぞ

こんなはずじゃなかった!(2017年製作の映画)

3.5

東京国際映画祭2017

チョウドンユイも金城のたけちゃんも犬の社長もみんなかわいい。とにかくかわいい。
そう、とにかくかわいい。

グッドランド(2017年製作の映画)

3.5

東京国際映画祭2017

嫌いじゃない。
解釈は色々かもしれないけど大体は予測がいく終わり方。
映画祭で一本はある、田舎の田園には気をつけろ映画。

Have a Nice Day(2017年製作の映画)

3.2

東京国際映画祭2017

ヘタウマな絵がちょっとくせになる。
女がみんなブスでいい。(ブスなのに露出も高い)
無機質で嫌いじゃないけどここからもう一歩欲しい。

迫り来る嵐(2017年製作の映画)

3.8

東京国際映画祭2017

工場萌えする映画。
90年代後半の時代背景と田舎の工場地帯、
ぬかるんだ道、止まない雨

主人公の暴走と共に雨が降りしきる感じ。

イスマエルの亡霊たち(2017年製作の映画)

3.3

東京国際映画祭

良くも悪くもデプレシャン
マチューも年取ったなぁ。

ガーディアンズ(2017年製作の映画)

3.6

東京国際映画祭2017

結構好き。主役の孤児の子が魅力的で、
農場で女だけで家を守ると大変だなーて。
でもあんな仕打ちはないよね。

レット・ザ・サンシャイン・イン(2017年製作の映画)

3.5

東京国際映画祭2017にて

おっさんとおばさんの色恋模様を90分観てるだけのラブコメ
会話劇としてほんなに面白い台詞はないけど、いつまでも何歳になっても恋の話題になる文化ってすげえなって思う。

>>続きを読む

マリリンヌ(2017年製作の映画)

3.5

東京国際映画祭2017にて

ラストシーンが全て。
全部がそこまでの伏線て感じの映画。
不器用で、言葉がうまくなくて、と言うのはわかるけど、努力という問題でマリリンヌに感情移入できない。

周りに支え
>>続きを読む

怪怪怪怪物!(2017年製作の映画)

3.3

東京国際映画祭2017

恐ろしく不快になる映画なんやけど、まあそれが狙いってのもあるけど、ホラー要素が薄すぎるなぁ。

負の青春映画の部分はいいけど、そのあとは不快なやつらをばっさばっさと殺して欲し
>>続きを読む

ポーカーの果てに(2017年製作の映画)

3.0

東京国際映画祭2017にて

トルコ産密室会話劇

題材も展開もポーカーってのも良かったけど、行ききらない会話劇だった
会話劇でどんどん立場やポジションが変わっていって
思想や価値観もズレていくのが定
>>続きを読む

アリフ、ザ・プリン(セ)ス(2017年製作の映画)

3.4

東京国際映画祭2017にて

LGBTの話やったけど、親と子の話だった。
結構群像劇で、場面転換が急なもんで最初?てしたけど、どれもこれも無国籍で無人種で無性別な話で、良かった。
彼らの淡々とした日常
>>続きを読む

MR.LONG/ミスター・ロン(2017年製作の映画)

3.7

東京国際映画祭2017にて

とにかく出演陣がチャンチェンを可愛がって可愛がって可愛さ丸めて飲み込んだら、ラストシーンでチャンチェンが最高の演技だったって話。終始可愛くって台湾牛肉麺屋台姿も包丁さばく
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.4

うまく最後に持って行った感じ。殺し方が斬新だった初期に比べたら(花火以外は)結構普通だったけど、なんだから話よりも重鎮俳優たちの老いに、最終章ってそこの最終章じゃねないの?と終始老いにドキドキした。あ>>続きを読む

記憶の中の殺人者(2017年製作の映画)

3.8

中国映画週間にて

思ってたより面白い。
ツッコミどころはあるけど無礼講!な感じで気にならない作り。
ちょっと伏線は回収されきれてないけど、

自分の記憶を一部消したいところを取り出して保管することが
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.6

クストリッツァ節が全開なんやけど、
いつもよりストレートにつらい。
寓話的でちょっぴり宗教的で、動物と共存してるのは変わらないけど、
いつもより、ストレートに、痛い。

ベルッチは何歳になっても、女神
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.7

はせひろ様は何やってもかっこええし
龍平は目がなんでこんなに小さいのなかわいさ
結局は愛の話だけど、あいも変わらず不穏な効果音と不穏なキャラクターを作るのはうまい。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

2.6

原作未読やけど女性が書いてそうな話
どれくらい忠実なのかはわかんないけど、
映像ではえらく陳腐な感じ
因果応報やし、オチも陳腐
ヤクザのくだりもなんだかなぁ
松山ケンイチの一昔前の役ってもう定着でいい
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

2.6

疲れてたのもあってウトウトしちゃったから余計わけわからん
ズラトヴスキの前のとかは好きだったけどなぁ
よくわからない映画だったなぁ

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.6

脇役もいい味出してて
ワンダーウーマンはどんなに暴れてもしっかりメイクで素晴らしー
女の活躍と女の悪役、女の監督、
だけど男たちのかっこよさもあって良い

スキップ・トレース(2015年製作の映画)

3.0

香港舞台なのに北京語?みたいに聞こえたけどどうなんだろー。
とにかくジャッキーの活躍とジョニーノックスビルの絡みが観たかったから良し!
あとはエリックツァンとリチャードンも観れて目の保養ビンビン様まで
>>続きを読む

消えたアイリス(2016年製作の映画)

2.8

ロマンデュリス老けたなぁ…。
あとはちょいエロなありがちサスペンス

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.6

ストレートに何のひねりもないところがいい
猫目線の動きも依存症の克服も
ただ選ばれて 出会って
惹かれて 一緒に生きていく二人に乾杯

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.4

IMAXにて。
IMAXでないと画角40%カットだと勿体無いというか描きたいものが話伝わりにくい。
めちゃくちゃ好きなやつ。
台詞要らない音さえあれば人はこの状況を理解できる、言葉がわからなくても。
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.2

可もなく不可もなく
失楽園の時ばりのボサボサ真ん中分けの役所広司に乾杯

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.1

ゾンビの巻き込まれ事故
妊婦のたくましさ
ダンナの強さ優しさ安心感
コンユよりもマドンソクの映画だった

>|