きのしたさんの映画レビュー・感想・評価 - 5ページ目

きのした

きのした

ベストムービーは好きな映画の中から繰り返し観ているものです。
いろいろな場所のいろいろな人にスポットを当てている映画が好きです。

映画(335)
ドラマ(0)

リリーのすべて(2015年製作の映画)

5.0

抜け出せなくて耽込んだ顔で歩いてる。
自分の心と身体が一致しない苦しさがどれほどのものか感じることはできないけど、胸が苦しい程美しくて悲しいエディレッドメインに感動した。

バチカンで逢いましょう(2012年製作の映画)

3.4

オマ、娘、孫が3人並んで浮気された孫を慰めるシーンがよかった。

3世代のガールズトークしてみたいと思った。

ブラザー・ベア(2003年製作の映画)

4.6

ディズニーの中でも特に好きな作品。
ストーリー、音楽、舞台設定、すべてが完成度高くて見ごたえがあると思う。

妹と一緒に歩いていると「僕は旅をしてる〜」って歌ってしまうほど何回も見てる。

キャロル(2015年製作の映画)

4.6

一貫してクラシカルなのが素敵、惹かれる。キャロルとテレーズの視線の交わりを映画館で見れてよかった。ドキドキした。

「人が大勢いる空間で特別な2人だけに流れる時間。私はそれを信じてる」フランシス・ハで
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

3.1

くっついたり別れたりするラブストーリーが好きじゃないから、期待していたより内容に薄さを感じた。

ただどんなに愛し合っても、長く一緒にいてもそれが分からなくなったり忘れちゃったりするのは悲しいなと思っ
>>続きを読む

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2012年製作の映画)

4.0

冒頭は宗教的側面に注目して考えながら見たけど、映像の美しさに頭が考えることを忘れた。

海や光や星が幻想的で神秘的だった。

主人公がキリスト、ヒンドゥー、イスラム教を同時に信仰しようとしたり家族が自
>>続きを読む

八日目の蝉(2011年製作の映画)

-

いつかみた。
最初の方で井上真央と劇団ひとりが(°_°)ってなった記憶。

ペーパー・ムーン(1973年製作の映画)

3.9

アディーの切りっぱなしみたいな髪型が可愛い。やけに大人っぽくて、頭の回転が速くて、口調も可愛げがないアディーだけど、美人で女っぽいママに憧れているところにキュンとする。


ジャケットがすてき。