mikioさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

mikio

mikio

暇なときは基本映画見てます

映画(489)
ドラマ(0)

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.5

大女優8人がみんな光ってて、楽しいに決まってた

階段降りるときにみんな似合ったドレス着てるけど、全部ブランドから提供されてる超一級品とのこと、キラキラしすぎ

サンドラブロック演じるデビーは前作主人
>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.7

ファンタジーとグロテスクの両色を持ってる

このパターンは中々珍しい気がする
さすがギレルモ監督といった感じ

辛い世界から目を背けるための少女の幻想なんて、気づきたくなかった、、

ダグジョーンズさ
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

2.8

ペンタゴンペーパーズはタイムズ紙
こっちはグローブ紙
アメリカは新聞の持つ力って大きいんだなあと改めて感じる

少しずつ真実に近づいていくドキュメンタリー調でした

超人ハルクが真面目な記者してます笑

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

3.8

改めてランチョーの言葉はいいものが多いなと思う

好きなことができる時代になってきてるからこそ、なに選ぶかは難しいんだけどね

インドの社会問題も学べて◎

ほんと180分を感じさせない〜

ダンボ(1941年製作の映画)

2.9

ピンクの象が狂気じみてる、子どもにいいのかこれ?笑

あとはお母さんとの再会シーンも黒カラスのお助けシーンも良い

もちろん新作ダンボの予習です

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

3.6

ティムロビンスの希望への執念は今を生きる私たちも見習わなくてはいけないものと感じた

アレングリーンは監督の古くからの友達だったんね、納得

最後の太平洋をバックにしたシーン最高過ぎるー

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.2

好みは分かれそうだけど、俺は勉強になったから好き
映画を楽しみながら、学べるっていいよね

なかなか一歩を踏み出さなくてもどかしい笑

アポロ13見ててよかった〜

パディントン(2014年製作の映画)

3.0

子供とかと一緒に楽しめる映画
次作も面白いようなので、また見ようと思う

ただ同じクマ映画だと、テッドのがのりが好き笑

アポロ13(1995年製作の映画)

3.0

a successful failureとは上手くいったものだなあ

安定のトムハンクス、x-menのケヴィン・ベーコンでアポロ13の良い勉強になりました

ファーストマン見ないと、、

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.4

小ネタが前回よりパワーアップしてて、クスっと笑える場面が多かった

こういう突き抜けた映画も大切!

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.1

お父さんの相手より大きな人になれっていい言葉だなと感じた
外見に劣等感があるとなかなかそうはいかないかもしれないけど

家族のあり方を見習いたいですね

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

2.5

実際の恋愛なんてこんなもんだよなあ笑

はじまりのうたの試作品みたいな感じ

おんなのこきらい(2014年製作の映画)

2.5

かわいいだけじゃだめなんだけど、かわいいも大切

森川葵って人初めて見ましたが、弱々しい役に合ってます

アマデウス(1984年製作の映画)

2.4

モーツァルトについてよくわかる伝記的な作品でした

モーツァルトの才能を理解できるからこそサリエルは自分の凡庸さを恨む

サリエルも向上心あって、人間臭くていいと思うんだけどねえ笑

3時間と長いけど
>>続きを読む

パイレーツ・ロック(2009年製作の映画)

2.5

Wouldn't It Be Nice流れてたー
ひだまりの彼女以来ー

気楽に見れるロックンロールコメディ

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.0

なにげにイーヨーが一番面白い

まったり休日ならいいけど

忙しない出張中に見るもんじゃない

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

2.6

ジャックブラック最近魔法系の映画多いね
ファンタビもそうだし

あんまり魔法の描写には力入れてないから、そこは期待しちゃだめかと

機内で最後まで見れなかったけど、まあ見直しはしなくていいかな

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.0

なんでお父さん3人になってしまったのか。1の話の詳細説明って感じ。

こんな自由気ままに恋とかするのがいいのかなー
音楽は1のがいいかなー

シンガポール出張の機内で鑑賞

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

3.2

いい話やったー

宗教を乗り越えた実話を元にしたラブストーリー、じんわり来る系

犬ヶ島(2018年製作の映画)

2.7

外国人が日本に抱いてるイメージをかなり美化した作品だと思う

ストーリーもだけど、所々流れる音楽がすごいしんみりする

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

2.5

観た人も評価も高いので、外れはないだろうと思ったけど、普通でした

うまく説明できないのが残念だけど、もう少し伸び代があると思う

キャプテンアメリカはぐーたらな生き方しててもかっこいいね

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

2.8

1のが戦い方に工夫があって面白かった!!

キティちゃんのフリスクを投げるのが印象かなあ

早くアベンジャーズでみたい

機内で鑑賞

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.3

ネットの世界をうまく構成してて、感心しました

あとはプリンセスたくさん、スターウォーズ、マーベルキャラも出てて版権の乱用がすごい

感動させ方はイマイチかな

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

2.7

シリーズ最高傑作ではないけど、まあ面白い

前作、前々作が面白すぎたのかも

ゲーム(1997年製作の映画)

2.5

ドッキリ最高峰でした

モラルある人が殺人にまで追い込まれるって手が込みすぎ

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

続きが気になって仕方がないので、続きもんは苦手です

ただ世界観がすごいなあと毎回感心させられる、これぞ洋画の醍醐味

以下、備忘録
クリーデンスはアルバス・ダンブルドアの兄、アウレリウス・ダンブルド
>>続きを読む

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

2.9

ジョージとヴェラがうまく結ばれて、シンプルな生き方に華を添える結末が欲しかった

あんまり女性に裏切られるのは好きじゃない

あとマイルもそこまで必死になって貯めるもんでもない

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

2.5

ペット溺愛の人にとってはたまらない作品なのだろうけど、実家でペット飼わない僕にはそこまで来るものなかったなあ

作られた話って感じがして気怠かった

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.0

ジャックジャックが可愛過ぎる

終わり方が案外あっさりしてたけど、問題なく面白い

ウォーム・ボディーズ(2013年製作の映画)

2.5

トワイライト的な感じかと思ったら、全然コメディ寄りだった

設定は面白いんだけど、ラブストーリーとしては無理があるかなあ

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

2.0

ミステリーとしては見るに耐えない

ツイッターの書き込みがすごい嫌、、

オチもまあなんか嫌

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.5

個人的に、ハバナに思い入れがあるので懐かしかった

今回は氷上で潜水艦と戦う回

ジェイソンステイサムがじわりとファミリーになろうとしてるのと、ドムの息子の名前がブライアンなのを次作まで忘れないように
>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

3.7

一作目からの成長具合が半端ない
最高のエンターテイメントをありがとう

一作目から見てるからこそ、ポールがいなくなったことへの悲しみがすごい

全作品を通しての泣かせる伏線かと思いました

ワイルド・スピード EURO MISSION(2013年製作の映画)

3.2

カーアクションの多いダイハードみたいになってる

飛行機巻き込むと壮大になるよね

ハンの彼女、ジゼルが亡くなったのは残念で、最後のジェイソンステイサムはびっくり

ワイルド・スピード MEGA MAX(2011年製作の映画)

2.9

ブラジルでマフィアから金巻き上げる会

2のローマンでてきてシンプルに嬉しかった😄

ちっちゃいワルじゃなくて、信念で行動するメンバーすき

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

2.5

ほとんどエヴァのヤマト作戦でした

ただ日本でしかうけない作品だと思った

国の中身について、勉強にはなりましたが期待してた分、退屈してしまった