momokaさんの映画レビュー・感想・評価

momoka

momoka

映画(331)
ドラマ(408)

レナードの朝(1990年製作の映画)

4.1

心が浄化される優しい作品。涙した。

30年もの間、惰眠性脳炎により半昏睡状態であったレナードが新薬によって夢物語のように意識を取り戻し、患者とは思えない程に回復していく。同様の患者たちも次々と同じよ
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

4.5

ホラーがとてつもなく苦手で一度もそうしたジャンルを鑑賞したことない自分だが、かなり勇気を振り絞って本作を観てみた…!
意外と予想していた以上の怖さはなく、ホラー好きな人からすればどうなのか分からないが
>>続きを読む

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(1964年製作の映画)

3.9

大切な人にオススメされた、初めてのキューブリック監督作品📽

結構あくが強めなブラック・コメディ。原子爆弾や”皆殺し装置”などが登場する戦争ものの作品だが、かなり独特な世界観で描かれている。嫌いじゃな
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.4

昨日に引き続き続編を鑑賞。
面白かった〜〜〜。続編でつまらなくなる作品も多い中で本作は更にパワーアップして帰ってきたなと。

冒頭からアクションの激しさがフルスロットルで息付く暇もなかった。きたきた‼
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.4

『Mission:Impossible』シリーズは全作観る程に好きなのに、何故か同じスパイものの本作は観る機会を逃してきた。やはりアクション映画は久しぶりに観たけれど、とても痛快で気持ちいい⚡️

>>続きを読む

アダムス・ファミリー(2019年製作の映画)

3.8

『Tenet』はノーラン監督の他作品を一度味わってみてから鑑賞したい、『鬼滅の刃』は漫画派だし…ということで、予備知識バッチリの本作を観てみることに。

アニメ版だとつまらなくなってしまうかなと不安に
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.1

初めてのウェス・アンダーソン監督作品📽
徹底的な程に左右対称なシーンが多く、色彩もカラフルで美しいお洒落な映画だった。自らも全盛期のグランド・ブダペスト・ホテルに宿泊してみたくなる。

ユーモアでコメ
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.6

昨年公開された『Joker』が話題になった際に、似ているような作品を紹介するというサイトで名前が挙がっていた本作。確かにこちらを鑑賞してから『Joker』を観ていたら近いものを感じていたに違いない。>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

4.7

あまりSFは観ないタイプの自分でも本作はとても面白かった。90年代にこれだけのクオリティの作品が作られていたのかと思うと凄い。全く色褪せていないので、今観ても充分に楽しめる。

遺伝子で全てが決定され
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.5

緊急通報指令室という枠組みの中でここまでのストーリーを作り上げることができるのは単純にすごいなと思った。声と音のみで鑑賞者に全ての想像を委ねるというのは新しい試みな気がする。
ラストも思ってもみなかっ
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.4

初めてのタイ映画🇹🇭
単なる青春物語でないところが、面白い!!
カンニングがもはやビジネスのように行なわれていく巧みさを緊張感溢れるタッチで描いていた。終始ハラハラドキドキして惹き込まれる。

富に恵
>>続きを読む

旅立ちの時(1988年製作の映画)

4.7

両親がFBIによる指名手配犯だったら…。
ダニーは物心ついた時にはもう嘘だらけの生活を送らなければならなかったのかと思うと、想像もつかないくらいのつらさを感じる。

自分たちのせいで子供たちを不自由に
>>続きを読む

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

4.0

「子供への愛情と知能は全く関係ない」
まさにこの言葉が本作の最たるものであった。

知的障害を抱えていようと、サムの深い愛情はとても尊いもので素晴らしいと感じた。自分の父親がどうしようもない人で愛情を
>>続きを読む

デッドマン・ウォーキング(1995年製作の映画)

3.7

尼僧のヘレンと死刑囚のマシューとの関わり合いが主な物語の軸となっている本作。加害者側と被害者側の心情がしっかりと描かれており、死刑制度についても改めて考えさせられた。

加害者側と被害者側の狭間でヘレ
>>続きを読む

ボビー・フィッシャーを探して(1993年製作の映画)

4.0

チェスというと自分の中で勝手に優雅なゲームというイメージがあった。しかしながら、「一生をかけるものにとっては学問だ」という本作中の言葉がまさにチェスの真髄を捉えてると、作品を観終わり感慨に浸った。>>続きを読む

情婦(1957年製作の映画)

4.8

フォロワーさんのレビューを見て、鑑賞を決めたこの作品。予想以上にとっても面白かった。さすが、アガサ・クリスティ原作✍🏻
しかしながら、原作が良くても実写化で大失敗する作品も多々あるので、これはとても良
>>続きを読む

マイ・フレンド・フォーエバー(1995年製作の映画)

4.2

エリックとデクスターの強い絆で結ばれた友情が本当に美しい。お互いを想い合い、どんな時でも大切にする。友情のあるべき姿を見せてもらえた。

2人のやり取りにはホッコリしたり、笑ってしまったり、思わず涙し
>>続きを読む

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

4.3

まさに時勢を捉えている作品だと思った。
黒人だからという理由のみで死刑囚にされるなんて本当に不条理で胸糞悪い。

不利な状況の中でも、強い信念と希望を持ち、戦い続けるブライアンは死刑囚たちにとってどれ
>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

5.0

第二次世界大戦下のドイツというと、どうしてもナチスによるホロコーストに注目しがちだ。しかしながら、本作はドイツ降伏後の戦争捕虜に焦点を当てており、今まで知らなかった現実を目の当たりにしてとても勉強にな>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

4.0

かなり重厚感があり、目が離せなくなる作品。一度観ただけでは、しっかりと物語を消化しきれていないような気がした。詳しい解説を読んでみたところ、キリスト教的な暗喩がかなり散りばめられているらしい。情けない>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.7

作品を観終わったあとも余韻に浸ってしまい、しばらく涙が止まらなかった。

社会の枠組みや制度からはじかれてしまう人々に上手く焦点を当てていたように思う。
役所の手続きって融通が利かなかったり、時間がか
>>続きを読む

レインマン(1988年製作の映画)

4.3

最初は名目上の兄としてしかレイモンドを見ておらず、父親の遺産目的に兄を車に乗せて連れ去ったチャーリー。

しかしながら、2人の間に次第に兄弟としての絆が生まれていく。お風呂場で、レイモンドが決して弟の
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

5.0

今まで幾度となくタイトル名を耳にしてきた本作。怖かったらと思い観るのをためらってきたが、とても面白かった。作品に惹き込まれて、あっという間に時間が過ぎていった。

知性があり、芯の強い勇敢なクラリス。
>>続きを読む

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

4.6

陽性者である方も含めACT UPがエイズへの偏見に立ち向かう姿は素晴らしい。愛や生きることへの切望、迫り来る死への恐怖について143分という時間に丁寧に濃密に描かれていた。また、改めて性感性症やエイズ>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

3.8

独特で不思議な世界観。
オープニングの映像がキュートで可愛い。
また、アメリが仕掛ける優しいプレゼントには思わず笑みが溢れる。八百屋さん?の主人への結構なイタズラにはビックリさせられたけど、爽快ではあ
>>続きを読む

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

5.0

素晴らしい作品だった。大号泣。

炭鉱に生きることを選択せずに、自らの夢を追い続けることがどれだけ勇気ある行動だったか。そんな彼らの熱い想いが周りの人々にも伝染するように届いていく。

ロケット開発に
>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.5

閉塞感が漂う寂れた田舎町。
そんな場所で自らが望むものを考える余裕もない程に、家族というしがらみに囚われながら生きる、ギルバート。

そのような生活を送る中で、ベッキーという女性に出会い、彼の心の中に
>>続きを読む

アダムス・ファミリー2(1993年製作の映画)

4.1

Part2も変わらず面白かった🗣

前作に比べて、コメディ寄りになったと感じるとともに、アダムス一家の奇妙さや面白さが更に加速していた。

新しく一家に加わった赤ちゃんは、身体が不気味な程真っ白で、何
>>続きを読む

アダムス・ファミリー(1991年製作の映画)

4.0

子供向けの作品なのかと思っていたが、全然そんなことはなく、むしろ大人の方が楽しめるのではないかと感じた。

世界観がとても良く、面白かった◎
それぞれが本当に個性豊かで笑ってしまう。

特に、ナイフで
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.1

オープニングのアニメーションがとっても好き。
これからどんなストーリーが始まるのだろうかってワクワクさせてくれる。思ったよりも明るい作品ではなかったが、これが実話なのかと思うとびっくり。

生き延びる
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.3

コメディとは言われているが、下手なホラー映画よりもある意味恐ろしかった。

『トゥルーマン・ショー』を作り上げた監督やスタッフ、出演者、そして彼らから享受されるものに対して何の疑問も抱かずにいるテレビ
>>続きを読む

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

5.0

祝 300本目🎊

大好きなサイモン・ペッグ主演 !!
とっても面白かった、大満足。
ダニーもナイスな相棒だし、終盤に向かって警察官の仲間たちとの結束を深めていく様子も良い。

思っていたよりも、サン
>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

3.9

性別に関係なく様々な人にぜひ観てほしい映画だと感じた。

ラクシュミのように女性たちの健康をいちばんに願い、行動を起こせる人ってなかなかいないと思う。さらに、雇用の機会まで女性たちに与えた彼には本当に
>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

4.3

いくら元となる実話があったとは言えども、空港内という限られた場所の中で色とりどりの物語を作り出せることが素晴らしい。

ナボルスキーの真面目で真っ直ぐな優しさがあったからこそ、それがみんなにも伝わって
>>続きを読む

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

4.6

盲目の退役軍人と名門校の苦学生という組み合わせが珍しくて面白かった。

スレード中佐はチャーリーに救われ、チャーリーはスレード中佐に救われた。人生、どこで誰と出逢うか分からない。そして、その出逢いが思
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

3.8

穏やかで温かな愛を丁寧に描いた作品。
不器用ながらも献身的に妻を支えたエヴェレット、そんな彼を心から愛し信頼を寄せていたモリス。2人の心情が静かに流れるように表現されていた。

「命の輝きがひとつのフ
>>続きを読む

>|