みーみーさんの映画レビュー・感想・評価

みーみー

みーみー

3.0 可もなく不可もなく
3.5 まあまあ
4.0 結構楽しめた
4.5 かなり楽しめた
5.0 最高

映画(595)
ドラマ(0)

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

3.5

発想はすごく面白かったけど、細かいところは結構投げやりで、ふわっとしてたという感じ。

なんでソウルなの?とか、なんであの場所であのタイミングであのきっかけが起きたのかとか、さすがにそれは説明してくれ
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

3.5

結構期待値高めだったこともあるとは思うけど、こんなもんかというのが正直なところ。

題材としては面白いし、かなり事実を忠実に再現しているようではあるものの、パンチが足りなかった。もっとガツンとくる何か
>>続きを読む

ヘロイン×ヒロイン(2017年製作の映画)

3.5

40分くらいの短編だから軽い感じで観れるけど、内容は重い、みたいな。

こんな小さい街で毎日あれだけオーバードーズしてる人がいるって、ちょっとどうかしてるだろうっていう。アメリカと一口には言えないくら
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

もはや映画を観てるのかゲームをプレイしているのかよく分からなくなるような不思議な映画体験が出来る作品。

とにかく映像がやばすぎる。CGをがっつり使った作品を観る度に、技術の進歩はすごいと思うけど、笑
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.5

評判は耳に入ってきていたし、アカデミー賞も取ってるだけのことはあって、ホントに面白かったし、よく出来てる作品だった。速攻で2回目観た作品はこれまでになかなかないし、久しぶりだと思う。

序盤から中盤に
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.5

概念を奪うという設定自体は面白いとは思ったけど、気になるところも結構あってイマイチ乗り切れなかった。長谷川博己サイドの話がロードムービーっぽい展開になるのもよかったんだけど。

病院に殺到してたけど、
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

2.0

つまらないとかではなく、悲惨すぎて観てるのがしんどくなる作品っていうのもそうそうあるものではないけど、この作品に関しては、本当に途中から観ているのが嫌になってきた。ジェニファー・ローレンスかわいそうす>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

4.0

正直、あんまり期待せずに観たら、これが結構普通に面白くて、なんとなく得した気分。

「アメリカをはめた男」なのかはさておき、なかなかイケイケなヤツというか、はたまたバカなのか、って感じにトム・クルーズ
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.5

もはや美しさすら感じるアクションシーンは確かにネクストレベル。そして柔術・投げ技使えるってめちゃくちゃ強いんだなと妙に感心してしまった。

鉛筆を使った殺し方もめっちゃフレッシュでよかった。鉛筆で刺す
>>続きを読む

イカロス(2017年製作の映画)

4.5

まさかの逆スノーデンな展開にびっくり。しかも、当初はそんなつもりではなかったのにっていうのがまたすごい。もっと言うと、そもそもの試み自体がめちゃくちゃなんだけど。

そして、ロシアってこんなにヤバい国
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

一応ジャンル的にはホラーになるんだろうけど、ただ観てる者を怖がらせるとか驚かせる作品ではなく、ストーリーもしっかりしてるし、B級感も全くなくて、ホラー好きじゃなくても普通に楽しめる作品だった。

とは
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

2.0

これまでのリブート2作は普通に面白かったんだけど、今作は本当に合わなかった。正直、退屈でしょうがなかった。

とにかく話の進みが遅すぎてイライラしてくるし、ずっと暗くて重たいし、人間側(大佐)も結局何
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.0

正直、ストーリーがややこしくてついていくのに精一杯だったし、終始なんとなくしか分からないまま最後までいってしまった。冒頭から登場人物の名前がたくさん出てくるし、名前もドイツ人とかロシア人とか、頭に入っ>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.0

なんとも複雑な気持ちになる作品。別にマックに行くことなんて年に数えるくらいしかないけど、今後はフラットな気持ちで行けなくなってしまいそう。

それもこれも、どちらが正しいとか間違ってるとか一概に言えな
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

4.0

予告編から想像していたストーリーとはだいぶ違ってびっくりした。面白いというよりは、とにかく「すごい」という感じ。全然単純な復讐劇じゃない。

普段自分が普通とか、常識とか思っていることは、知らず知らず
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

5.0

普段恋愛モノはそもそも観ることが少ないし、あんまり好きじゃないんだけど、そんな人間でもはっきりと傑作と言える素晴らしい作品だった。

すごく好きな作品だったり、面白いと思う作品でも、比較的ちょっとだる
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

3.5

1よりも2の方が面白かった。父バーフバリのカリスマ性に比べると息子バーフバリはまだまだかなって感じで、親父の偉大さがしっかりと描かれていたのがよかった。

それにしても、バーフバリが国に帰ってくるあた
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

派手さはないけど、全てのクオリティが高くてスマートな作品だった。女性差別、黒人差別というテーマを扱っているにも関わらず、過度に嫌な気持ちにさせたり、重し苦しさだったりを感じさせずに、むしろ爽やかさすら>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

4.0

実話を元にした話だけど、無知ゆえに結末を知らなかったことが幸いして、終始ハラハラしながら観ることが出来た。

BGMはほとんどないし、銃撃戦の音もすごいし、とにかく緊張感がハンパなかった。役者も知らな
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.5

先の読めない展開であっという間にエンドロールを迎えていた。実話をベースに、とかではない作品でこれだけ練られたストーリーは久しぶりに観た気がする。

多少は観客の予想を裏切るための展開と思えなくもない部
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.5

所謂ゾンビ映画かと思いきや、ストーリーがめちゃくちゃしっかりしててびっくりした。まさか泣くことになるなんて予想だにしなかった。B級映画なんじゃないのとか思ってたら、普通に面白いじゃねえか。

ラストも
>>続きを読む

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

4.0

タランティーノの本当に挑戦的で、自分の好きなものややりたいことに誠実なところがかっこいい。この規模で、こんな映画作っちゃう、作れてしまう監督はなかなかいないし、これが映画監督というものなのかと思う。>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

4.0

映像がすごいとか色々あるけど、単純に映画として面白いし楽しい。何か考えさせられるとか、奮い立たされるとか、それも映画の大事な魅力ではあるものの、単純に面白いというものを作ることの難しさはそれはそれであ>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

4.0

「予想を裏切る展開」という常套句があるけど、ここまで予想を裏切られることもなかなかないんじゃないかという、後半の強烈な展開には度肝を抜かれた。

前半から中盤はシュールでヨーロッパ映画っぽい、いわゆる
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

決してつまらないわけではないんだけど、期待もしていたぶんがっかり感はそれなりに大きかった。

前作と比較して新しいと感じる部分がなく、レベルを落として同じことやってるだけという感じ。一番大きい違いであ
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

2.5

ちょっと設定がよく分からないところが多すぎて全然世界に入っていけなかった。

まず、ダイアナはどうなったら死ぬのか分からない、というか全く死ぬ雰囲気がないから、クライマックスの戦いとかまるで緊張感がな
>>続きを読む

WE ARE X(2016年製作の映画)

3.5

Xっていうか、YOSHIKIの自伝に近い感じだった。Xについてはめちゃくちゃ詳しいわけではないけど、それなりには知ってることもあるから、驚きの連続みたいなことはなかったけどなかなか面白かった。

むし
>>続きを読む

>|