赤星権蔵さんの映画レビュー・感想・評価

赤星権蔵

赤星権蔵

映画(189)
ドラマ(0)

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

コミカルで痛快なキャラクター達と構成。最高にグリーン。

丁度GHOST IN THE SHELLを観た後だったのはラッキーでした。落下シーンに呑まれる。

ラストシーンが美しい映画は素晴らしい。ブル
>>続きを読む

劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明(2020年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

原作からのファンです。封切り劇場版→4DXで2度目。

視聴後に改めて原作を読み返しても、一切変わらず、寧ろ視聴前より漫画を楽しめる素晴らしいアニメでした。

アニメを観ることで、深く掘りこまれた衣装
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

iPodClassicで車の音楽を聴いてる身には嬉しい映画。

アクションとストーリーの展開の緩急が丁度良く、後半の張り詰めていく空気がかなり良い。中弛み一切無し。拾い忘れも無し。

サントラを流しな
>>続きを読む

恋する惑星(1994年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

雑居した夜の雑踏と昼の市場の雑踏の色と動き。
痩せた石鹸とガーフィールド。
サラダとフライ。踊るように音楽と動き続ける彼女。
雨のゴミから拾い直した封筒入りのチケット。
家の二重扉と店のシャッター。動
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ブランデーをガバガバ飲みながら。

製作者が影響を受けた作品への愛が存分に詰まっている作品だった。沢山の作品の断片で生きている人の映画だなあ、と。最高。

2つ目の鍵のシーン。自分では成就することが出
>>続きを読む

雲の中で散歩(1995年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

戦争帰りの男がワイン園の娘と出会う話。

霜の日に火を焚いて風を送る二人、ブドウの足踏み、ベッドで残されて一人泣く。四肢の動きが美しく見入ってしまった。

メキシコ訛りや音楽も非常に楽しめた。
ブラン
>>続きを読む

ソナチネ(1993年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

静図でも動体でもこうも美しい画面。
色と構図と。人と町、海と砂浜、丘と道路、服の色、木と花。音楽。

沖縄行き前後での車を絡めた画面に衝撃。美しい構図と、それを外す動き、ライトと暗さ。

海に行ってか
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

インドとパキスタンの風景を堪能。
話と映像が目まぐるしく、見飽きることなく観ることが出来ました。

隣の国でも、同じ国でさえ、文化の違いには驚くもので。知らない土地へ旅に行きたくなりました。

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

遠くから流れてくる音楽が延々とフラッシュバックする。

死んだ魚と模造の魚。
車のライトとカメラのフラッシュ。
アイドルと女優とモデルと、テイク2。
笑った顔。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

冒頭からたて続く音楽を中心に話が進み、ただひたすら前に前にと呑み込んでくれる映画。

テントの外の現実を忘れてしまう、足元が浮世離れして息を呑んでしまう、心の底から手を叩いて笑顔になれる、正にサーカス
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ワンカット撮影の低予算インディーズ映画だという事前情報で視聴。

煽り文の「この映画は二度はじまる。」を知らずに観れたので、構成の妙を楽しむことが出来たのはラッキーでした。
ワンカット撮影で低予算とい
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

スタートから始まる見栄切りがしっかりと効いていて良かった。

全てが収まった大団円の映画かと言われると、そうでは無いと思う。しかし、クボを主人公とした御伽話としては、隙が無かったのでは無いだろうか。
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

キアヌ・リーブスの髭面を満喫しました。重くなくサラッと娯楽で観れる復讐物。

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

みぞれの眼を通した希美の姿を映す視野が、現実離れをした、どこか遠いとこから観るような画面構成だったのが印象的。

髪を触れる癖。二人のスカートの動きの違い。足音。

瞳の煌めき。涙を流した後の腫らした
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

『星を追う子ども』が「行ってきます」で終わる物語で、『天気の子』は「大丈夫」で終わる物語。
勿論、この最後の台詞があった上で、その先も続いていくわけだけども。

監督の作品は思い入れが強過ぎて点数は付
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

グレンラガンが好きで好きで堪らなくて、そのせいでTRIGGERのアニメーションにどこか不完全燃焼を起こしてしまっていた気持ちを完全に燃やし尽くしてくれました。

お家芸もしっかり捉えて楽しませてくれつ
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

アニメーションの映像表現の遊び心が山盛り詰め込まれた作品でした。

平行世界のキャラクター達が登場するお祭り作品でありつつ、しっかり王道の少年成長譚を絡め、飽きることのないアニメーション表現が怒涛に押
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

ライブエイド、一曲一曲を聴きながら「ああ、本当にこの曲が好きだなあ」と噛み締めつつ身を震わせつつ視聴。

ドロリとした苦悩や葛藤を歪ませた表現と混ぜて、悪い夢のような、直視出来ないような形にしつつ、ピ
>>続きを読む

レオン 完全版(1994年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

酔いの回ってきた頃に視聴。
EDまでを一綴りに楽しめた。
二人の関係性と対比を中心に、映像的にも印象に強く残る画面が多かった。

背伸びをして、「私はもう大人よ」と言ってみせた彼女に、彼は「俺はまだ大
>>続きを読む

人生、ブラボー!(2011年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

印象的だったのは、色々な境遇の子供に会いに行くシーン。何人目かの子供の時に、レポートを見て顔を曇らせ、会うことが出来ずに引き返そうとする。促されなんとか会って、最後に「立派だったわ」と言われる。真摯に>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

1から2になると映像とシナリオの荒々しさが抜けてしまうのは、キック・アスの時と同じ感覚(資金源は潤沢になった感じも同じく)

一番の見所は蝶のフラッシュバックだったかな...

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ひなびた漁港と音楽とダンスと海と魚と人魚。

パパが娘の声に飛び出して走るシーンは呑みこまれてしまった。グッと来ながらも、息を呑む。
爺さんとタコ婆、幸せな再会を良かった。どうか幸せに。
ルーとカイも
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

インドのラム酒を飲みながらバーフバリ王の神話を学ぶ。
インド映画っぽいチープさとシュールとCGと唐突な展開を、「いやこれ神話だから」と薙ぎ払う壮大さ。娯楽として最高、尚且つ惚れる。
バーフバリ!バーフ
>>続きを読む

>|