はいさんの映画レビュー・感想・評価

はい

はい

道草(2018年製作の映画)

-

ホームページから千円で買えます!
被写体に「映画を作る」ことについてどれくらい説明し、了承を得てるのかが気になった。中盤、被写体のひとりが撮影を辞めるよう撮影者に頼み、撮影者もすぐに止めていたので信頼
>>続きを読む

暮れる(2022年製作の映画)

-

犬やアツシや祖母は突然居なくなるし突然現れる=現象。それにより主人公がただ「在る」ということが浮かび上がってくる。

男はつらいよ 寅次郎純情詩集(1976年製作の映画)

-

寅ペーソス度 4.3
京マチ子が砂糖こぼして爆笑するところ泣いちゃう 生きる悲しみ

雨を告げる漂流団地(2022年製作の映画)

-

絵が動く楽しさははよ!と思って我慢してたけど楽しくなかった 

ザ・ビートルズ:Get Back(2021年製作の映画)

-

オノヨーコずっと幽霊みたいにいる。ガムを渡すところがすごかった。

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

-

人がごめん映画。
エメラルドがジージャンをとらえて、うちらには誰も勝てねー!みたいなことを言ったあとに白人記者たちの声がしてきて虚しくなった。

きさらぎ駅(2022年製作の映画)

-

デトロイトビカムヒューマンだったから、プレイヤーが選択するたびに「信頼↓」とかが見えてきます。
NPCになっちゃった本田さんを救うゲーム。音が破綻してて最高だった!

(2005年製作の映画)

-

登場人物、変なことばっかりしてるのに感情がずっとわかる。グランプリってこういうことだよなと思った!空気を変えるスイッチなんて要らなかった2人
準グランプリだった

遠くへ,もっと遠くへ(2022年製作の映画)

4.0

人間の解放を動物的に描くってのがマジで無理で動物なめんな?とか思うんだけど、この映画はなんか違った。うまく説明できない放棄。
不動産屋の内見をして、空っぽの部屋をみる。重層的な人の生活。その示唆的なモ
>>続きを読む

私ときどきレッサーパンダ(2022年製作の映画)

4.5

吹き替えのアビーのモブモブ!!!!が好きすぎてそこだけ10回以上再生した。
4town、4つの街から来た4人の移民のことを指してるんだね。移民の歴史的な葛藤を普遍的なものとして描ききっていてすごい。ま
>>続きを読む

>|