racoさんの映画レビュー・感想・評価

raco

raco

2018 3月~ 19歳 

映画(268)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

ゲームが好きな人は特に魅了される作品のひとつだと思います。かっこいい。

バーチャル空間での死が主にストーリーに関係してくるためか、現実での死はあっけなく感じました。いつか感覚がそうなるのなら、悲しい
>>続きを読む

モーターサイクル・ダイアリーズ(2003年製作の映画)

3.5

旅をしたくなる映画
数キロメートルの距離で習慣、貧富、価値観などが変わることを実感する

死を地獄へ追い返すために闘い続ける
という言葉が琴線に触れ、ジーンときました

ロシュフォールの恋人たち(1966年製作の映画)

4.3

伏線の回収していき方がおしゃれ!
色もカラフルでポップ、そして美男美女ぞろいで目が潤います

LIFE!(2013年製作の映画)

4.0

景色が美しい。想像から行動へと変化していく主人公を見て勇気がもらえる
そしてLIFE社の標語や仕事がかっこいい

写真家のキャラクターが個人的に好きなので、最後にでもまた主人公との交流が欲しかった

コロニー5(2013年製作の映画)

2.2

近い内にそういうことが起こるのかもしれないと、例をみた気がする
ホラーを普段観ないので音や血が多く怖かった

FRANK ーフランクー(2014年製作の映画)

2.8

難しい、それぞれが可哀想だった
一人一人ボスほどのキャラクターの説明がほしい

イルカと少年(2011年製作の映画)

4.3

NG集の収録から現場の和気あいあいとした雰囲気が伝わってきて良かった

母が息子のやりたいことに寄り添って、潤滑剤となっていることも良い

そしてとにかく、イルカがかわいい~!

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

-

鬱は伝染することもある。でもこの作品では周りの人が伝染せずに余裕があって、優しい人たちなので安心できた。
喜怒哀楽が激しいもののほっこりしていた

わたしたち(2016年製作の映画)

4.0

小道具に変化が表されていて良かった
生の子供らしさが隠すことなくそのまま描写されている

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

-

新鮮!一人一人が頼れる人物で、祖母のエピソードも良い
こういう伝え方もあるんだなぁ

ブレイブ ストーリー(2006年製作の映画)

3.0

世界観がとても素敵だけどトントン拍子で進みすぎて長編がみたい

>|