mimitakoyakiさんの映画レビュー・感想・評価

mimitakoyaki

mimitakoyaki

映画(1221)
ドラマ(102)
アニメ(0)

ベイビー・ブローカー(2022年製作の映画)

4.5

大好きな是枝監督が、韓国で!この超豪華キャストで!作った作品なんて、楽しみすぎるじゃないですか!
1日目は息子と、2日目は夫と見てきました。

【以下、ネタバレ気味です】



CJエンタテインメント
>>続きを読む

アジアの天使(2021年製作の映画)

3.7

日韓どん詰まり家族のロードムービー。

テーマはすごく良いなと思うんです。
互いに嫌い合う険悪な国同士の関係があっても、人と人とは分かり合える。
言葉や国籍やいろんな違いを超えてつながり合える。
そう
>>続きを読む

茲山魚譜 チャサンオボ(2019年製作の映画)

4.0

私の大好きアジョシであるソルギョングと、さらに「ミセン」が最高だったピョンヨハンが主演。
1800年代に、キリスト教徒だという事で島流しにあった学者のヤクチョンと、貧しい島で漁師を営む青年チャンデの師
>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

2.8

息子がマーヴェリックの予習として見てたので、全く興味はなかったけど、懐かしくて一緒に観ました。
30年以上ぶりかも。
そう言えば、むかしカセットテープだかMDだかでサントラを持ってたなー。

ストーリ
>>続きを読む

ただ悪より救いたまえ(2019年製作の映画)

3.9

ストーリーはめちゃくちゃシンプルで、殺し屋おじさんvs殺し屋おじさんに兄を殺されたため復讐しようとするサイコおじさんの対決を猛烈な勢いで描いた作品です。

ファンジョンミンが良い感じに歳をとっててシブ
>>続きを読む

アイ・キャン・スピーク(2017年製作の映画)

3.8

大好きなイジェフンやヨムヘランが出てる作品。
前半は地元のクレーマーお婆さんと区役所職員のスッタモンダが軽快に描かれていますが、後半は従軍慰安婦であった辛い過去についてのお話になっていき、トーンが変わ
>>続きを読む

1秒先の彼女(2020年製作の映画)

3.9

いつも人より1テンポ早く、せっかちで落ち着きのない女性シャオチーと、逆に人より1テンポ遅い不器用な男性の話です。

はじめは郵便局で働き忙しなく動き回るシャオチー視点で描かれ、七夕のバレンタインに奇妙
>>続きを読む

白頭山大噴火(2019年製作の映画)

3.8

久しぶりのハジョンウ氏〜♡
やっぱり好きやわー。
仕事柄コロナをめちゃくちゃ警戒してて、休みの日も家にこもりっきりで映画館からすっかり遠ざかってしまい、この作品も気になりながらも見に行けずでした。
>>続きを読む

モラルセンス ~君はご主人様~(2022年製作の映画)

3.6

職場で複数のコロナ陽性が出て、しばらく職場は閉鎖され自宅待機になりましたので、家で映画やドラマをいっぱい見るぞ!と意気込んでおります。

Netflixの新作映画で上がってきてたので見てみたら、DSと
>>続きを読む

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

4.1

半年近くぶりの映画館でした。
コロナ下で仕事以外は外出せずに、休みの日もほとんど家にこもりっきりで、Netflixやアマプラに大変お世話になっております。

この作品、映画館で観て本当に良かったです。
>>続きを読む

偽りの隣人 ある諜報員の告白(2020年製作の映画)

3.8

あまりよく知らずにサスペンスのつもりで見てみたらコメディでした。
時代は1985年の韓国、民主化を目指す大統領候補を拉致して自宅に軟禁し、隣家で諜報機関が監視・盗聴するのですが、毎日大統領候補と家族や
>>続きを読む

高地戦(2011年製作の映画)

4.0

久しぶりに戦争映画を見たのですが、ほんとに、何と戦ってるの?何のために?って戦争の惨たらしさや不条理さを感じました。

1950年に勃発した朝鮮戦争。
停戦間近かと言われてからの2年半で50万人が戦死
>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

3.2

息子が、スパイダーマンの新作を見に行こうと言うのですが、スパイダーマンを1作も見た事ないし、正直その手のヒーローものへの興味もないので、楽しめるかどうか心配なまま、とりあえず本作を観賞しました。

>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.0

スケボー少年たちを映したドキュメンタリー「行き止まりの世界に生まれて」とすごく似た内容の作品でした。

思春期の少年の鬱屈した思いや、認められたい、強くなりたい、仲間のイケてるお兄さんみたいになりたい
>>続きを読む

パリのランデブー(1994年製作の映画)

4.3

アマプラ見れるってことに今日気付いて、どんなんあるんか眺めてたら、ロメールがあって感激!
他にもホンサンスとかカウリスマキ とか、わたしの好きな作品があって、Netflixにはその系が少ないから、めち
>>続きを読む

ドント・ルック・アップ(2021年製作の映画)

4.1

巨大彗星が半年後に地球に激突し、地球破壊、人類滅亡の危機が迫っている事を発見した天文学者と学生が、その衝撃の事実を発表するも、誰も聞く耳を持たず、現実から目を背けたり、欲望を剥き出しにしたりする人間の>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.5

タイムループもの。
目が覚めたらいつも同じ日の朝になって抜けられなくなった男女のラブコメです。

最近見たのでは「隔たる世界の2人」の同じ朝に戻って繰り返すタイムループものでしたが、何度も理不尽に黒人
>>続きを読む

王の願い ハングルの始まり(2019年製作の映画)

3.8

韓国語に興味あってちょっとかじってるわたしには、このハングル誕生にまつわる話はかなり興味深く面白かったです。

朝鮮では、朝鮮語を話していても表記は漢字しかなく、文字数の多さや朝鮮語を発音通りに表記し
>>続きを読む

わたしの叔父さん(2019年製作の映画)

3.9

ぶっきらぼうで淡々とした中にも、葛藤や優しさ、温かみといった心の機微や、関係性をじんわりと浮かび上がらせるように描かれた北欧らしい作品です。

年老いて体も不自由な叔父と若い姪は、昔ながらのスタイルで
>>続きを読む

おもかげ(2019年製作の映画)

3.5

幼い息子が別れた夫と旅行中に行方不明になる、その冒頭のスリリングさに釘付けになります。
10年後、浜辺で息子の面影を感じる少年と出会い、友達でもない、恋人でも親子でもない、なんとも言えない間柄になって
>>続きを読む

行き止まりの世界に生まれて(2018年製作の映画)

4.4

監督が地元のスケボー仲間を12年間撮り続け、それぞれの抱える問題や葛藤とその背景にある心の傷に迫り、そこから見えてくる小さな光を映したドキュメンタリー作品。

監督自身も、スケボー仲間のザックとキアー
>>続きを読む

スパイの妻(2020年製作の映画)

3.8

ヴェネチアで賞を受賞して話題になってましたが、めちゃくちゃ出遅れてようやく見ました。

黒沢清監督の作品は「クリーピー」や「岸辺の旅」あたりを見たくらいですが、独特の作風があるのを感じたし、本作でも作
>>続きを読む

MINAMATAーミナマター(2020年製作の映画)

4.3

コロナですっかり映画館から遠ざかってしまってるのですが、久しぶりに近くの映画館へ。

ジョニーデップが自ら製作を手がけた水俣病を題材にした作品という事で、どんなんだろうかと興味がわき、私自身、恥ずかし
>>続きを読む

KCIA 南山の部長たち(2018年製作の映画)

4.0

遅ればせながらようやく観ました!
まるでマフィア映画を見てるかのような、朴正煕大統領暗殺事件をめぐる硬派な政治サスペンスです。
いやー、韓国の歴史はほんとにドラマチックでおもしろいですね。
これが19
>>続きを読む

藁にもすがる獣たち(2018年製作の映画)

4.0

すごく楽しみにしてたし、キャストも豪華だし、面白かったのにレビュー書きそびれたやつ。

45

SEOBOK/ソボク(2021年製作の映画)

3.3

コンユとパクボゴムってことで楽しみにしてたのですが、なんかあまりピンとこなかったかな…。

設定やストーリーがあまり胸に落ちなくて、終わってみればボヤけた印象で、あまり心に残らんかったです。

一番印
>>続きを読む

チャンシルさんには福が多いね(2019年製作の映画)

4.0

すごくホンサンスっぽい映像や雰囲気で、好きなタイプの作品でした。

映画のプロデューサーとして仕事一筋で生きてきたチャンシルですが、監督が亡くなると同時に仕事も失い、お金もなく、街から離れたへんぴなと
>>続きを読む

少年の君(2019年製作の映画)

4.1

恋愛青春モノとしては少女漫画のような展開ではありますが、そこにイジメや学歴社会、格差社会、受験戦争といった社会問題がテーマになっているし、演技や映像が素晴らしいんです。
だから安っぽさやベタさはなく、
>>続きを読む

>|