mimo7391さんの映画レビュー・感想・評価 - 4ページ目

mimo7391

mimo7391

過去から現在の鑑賞記録。

映画(2608)
ドラマ(259)

無限の住人(2017年製作の映画)

2.8

残念ながら途中早送りしながら観てしまった。。

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.7

ラストのふたりの表情はお互いへの恋しさなのか、自分の人生を後悔しているのかいろんな意味にとれる終わり方だった。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.0

思いきり壊れまくってやっと自分の感情に気付くなんて、なんて不器用な人なんだろう。子供のような純粋さもあった。

エド・ウッド(1994年製作の映画)

3.9

映画に全てを捧げた情熱的なひと。コメディながらも悲しい映画でした。

パターソン(2016年製作の映画)

4.2

穏やかな気持ちになるとても素敵な映画でした。毎日のちょっとしたことを楽しんで生きているパターソン。私もそんな人生を送りたいと思いました。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.3

常識に囚われない自然の生活。愛情深い家族。普通ってなんなんだろうって考えてしまった。とても良い映画でした。

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

毎回ながら、笑えるシーンもあってアクションも存分に楽しめたけど。エレナはつくづく不幸。

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命(2016年製作の映画)

3.3

ナタリー・ポートマンの美しさばかりが目立ってしまい内容はそこまで。。ジャクリーンは冷静で戦略家なイメージがあったけど、この映画で深い人間味を感じた。

マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり(2015年製作の映画)

3.7

女々しいけど素直なジャックと皮肉屋だけど優しいナンシー。楽しい気持ちで観れる映画でした。

おとなのワケあり恋愛講座(2014年製作の映画)

3.5

題名がただのラブコメディっぽかったので軽い気持ちで観ていたら、たまに深い台詞もありつつたまに感動もあってけっこう楽しめました。

ハングリー・ハーツ(2014年製作の映画)

3.4

2人の母親が異常で怖い。ミナが精神的に崩壊していったのはジュードの身勝手さからなのかも。自分の思い通りにならない状況にストレスを感じて子供に執着していく姿が切なくて怖い。暗くてイヤな気持ちになる映画で>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.4

どのぐらい怖いのかなって期待しすぎて観てしまった分ちょっと期待外れだった。いじめっ子は一生いじめっ子のまま。

ワン・ナイト/10イヤーズ(2011年製作の映画)

3.3

同窓会ってこんな感じ。過去の自分と現在の自分の立場が逆転してる人は多いのかも。

コンゴ(1995年製作の映画)

3.3

内容はそれほどでもないけれど、ゴリラのエイミーがとにかく可愛かった。ゴリラに助けられた感じですね。

パーフェクト・ゲッタウェイ(2009年製作の映画)

3.2

途中までドキドキしてたけど結局そんな感じかぁと思ってしまった。ミラさんは強い女性のイメージしかないから、この役はイマイチ違うような。

夜に生きる(2015年製作の映画)

3.8

罪は自分に返ってくるというラスト。時代的にファッションは最高に良かった。シエナミラーの美しさはどこへというぐらい落ちた娼婦ぶりが似合ってました。

パージ:大統領令(2016年製作の映画)

3.8

あのチョコバーガールはさすがに殺してやりたいと思った。この人見たことあるけど名前が・・・っていう俳優ばかりなのもまたいい。

探偵ミタライの事件簿 星籠の海(2016年製作の映画)

3.2

スペシャルドラマのときはけっこう面白かったのになぁ。映画になると面白くないわけではないけどなんとなく楽しめなかった。

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.1

ネイディーンの感情の起伏を皮肉まじりながらも理解してあげる先生が素敵。理解してくれる大人が身近にいるのは大事。最後は自分の居場所を見つけられて良かった。

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

3.6

途中まで面白かった。内容的には重かったけどもう少しコメディ感が出ていたらスリの天才という設定も面白く感じたのかな。

グレートウォール(2016年製作の映画)

2.9

面白くなくて驚いた💦ただただ長く感じた。。予告は面白そうだったのに。

バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート(2015年製作の映画)

3.6

アナ・ケンドリックがちょっとムリして演じてる感じがしたけど、単純で面白かった☺︎

最高の人生のつくり方/最高の人生の描き方(2014年製作の映画)

3.6

ダイアン・キートンの朗らかな笑顔を、観るだけでいつも幸せな気持ちになる。この映画の彼女もまたステキな女性でした。

クリミナル 2人の記憶を持つ男(2015年製作の映画)

3.5

ケヴィン・コスナー相変わらず渋いなあ。元々の悪人部分が薄くて、記憶が変わっていい人間になった感じのギャップをそれ程感じられなかったのが。。。

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.8

不器用な人たちが苦しむ姿をずっと見続ける息苦しさがありつつ、家族っていったい何?って考えてしまう作品。

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

3.3

恋愛も仕事も、なんとなく中途半端に進んでいく。でも、とにかく生きていく喜びをみつけたらしいラスト。

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.9

色気ある2人の荒れっぷりがいい。ストーリーも意外とちゃんとしてて、笑えるシーンもたくさんあって。面白かった。

AMY エイミー(2015年製作の映画)

3.8

彼女に愛情を持ってた人は周りにひとりでもいたのかな。悲しい人生。繊細すぎてドラッグなしではもっと短い人生だったのかも。

シークレット・アイズ(2015年製作の映画)

3.6

大切な人を奪われたら、犯人を殺すなんて簡単なことでは気持ちの整理はつかない。その気持ちがよくわかるラストでした。

トリプルX:再起動(2017年製作の映画)

3.2

前作はもうちょっとストーリーもちゃんとしていて、面白かったような気がするけど。

リチャードの秘密(2012年製作の映画)

3.1

うーん。観ている間ザワザワするような感覚もなく、恐怖を感じるもなく。実際に身近に起きたらもう少し大きく変わるものが何かあると思うんだけど。

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.4

生き物全部大きい。ジュラシックワールド観てるような気分でした。

続・深夜食堂(2016年製作の映画)

4.5

いつも心温まるストーリー。すてきな店主小林薫さん。大好きです。

ブルースチール(1990年製作の映画)

3.6

キャスリン・ピグロー監督が若い頃撮った映画。ジェイミー・リー・カーティスの男勝りな感じがカッコいい。