mimuさんの映画レビュー・感想・評価

mimu

mimu

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

3.4

なるほどね。完全にジャスティスリーグ観る前に観るべきだったけど後々いろいろ繋がるのもまた楽しい。戦闘シーン長っ。ギャグ要素はほぼゼロで、そこはやっぱりMARVELのが好みかなー。クロウがまだ痩せてるし>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.0

ベテランと人気俳優を主役に従えてのB級映画って感じ。親近感はわいたけど、内容は大したことなかったな。流し見してしまったくらい(笑)ギャグセンスもぼちぼちやったし。子役の子が可愛かったって事は間違いない>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

現代版黒人売買か。ちょっと『ジャンゴ』に通じるものもあるような。
終始漂う不気味さの演出は秀悦で、一般的なホラーとはまた違う恐怖を味わえる。 節々に監督の黒人差別に対するメッセージが散りばめられていて
>>続きを読む

THE NET 網に囚われた男(2016年製作の映画)

4.1

うおー...なんとも重厚で、そしてなんともタイムリーな時に観てしまった。
こんな残酷な結末って。。南北問題のタブーを見事に、リアルに描き、訴えた監督に拍手を送りたい。目を閉じたまま街を彷徨う姿がなんと
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.3

うーん、嫌いじゃないけどちょっと期待し過ぎた。。もうちょい山場と見せ場が欲しかった、かな。役者が良かったから最期まで観れた感否めず。特に何も残らなかったけど、なんか走り出したい気分にはなったり。音楽も>>続きを読む

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

2.5

???
なんのこっちゃ!気づけば睡魔と闘ってただけの100分あまり。都市開発うんぬんは何処へ?!あのタクシードライバーと仲間たちの思わせぶりな展開は何処へ〜〜。
評価低いの知っていながら観たの
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.8

楽しかった!全て予測可能な裏切らない(いい意味で!)展開も良かったし、ラストのラストの当たりのおまけにニヤニヤ◎ Flash はTVシリーズよりキャラ立ちしてて個人的にはこちらのが好き。というかエズレ>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.1

素晴らしい!そりゃ世界中が絶賛するわけだ。この監督、本当に音楽好きなんだね。音楽愛がひしひしと伝わってきた。序盤の恋のはじまりのワクワク感と、ゴズリングのバンド姿が劇的にダサ可愛くて◎
あー本当に映
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.5

いやー濃厚だった。あらゆる面で。脚本も良くできてる。全てが繋がる最後には不思議と爽快感も。あの詐欺師にも、最期には"若干"の愛が芽生えたんだろう。変態ジジイは最初から最後までただの変態なだけだったな。>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

3.5

繰り返される地雷の撤去シーンはやっぱり直視できなかったけど、思ってたより残酷なシーンは無かった。って、この事実の存在が何よりも残酷か。ラストは脚色されてるのかな?あのラストに軍曹の心情全てが詰まってた>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

4.1

SF映画でこんなに泣いたの初めてかもってくらい、感情揺さぶられた。。
人間の本性と本能が上手に描かれてたし、主演の2人の熱演とチャーミングさのバランスが堪らなくステキ◎
きっとあのバーテンダーには感情
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.0

うわーなんだ、超面白かったぞ!
実写?絵画?いやアニメーションか?
もうそんなんどうでもよくなるくらい魅入ってしまった。ストーリー展開もちゃんと確立されてて◎
吹替だからあまり期待してなかったけど、日
>>続きを読む

灼熱/灼熱の太陽(2015年製作の映画)

3.6

クロアチア バルカン半島で勃発した紛争を軸に変動していく3つの時代を10年ごとに描いた物語。どんなに時代が変わっても紛争で負った人々の傷は鋭く、根深い。
って事を改めて思い知らされた。自分の悩みなんて
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.8

ニュージャージー州 パターソンに暮らすある夫婦の日常を淡々と、でも丁寧に綴った7日間の物語。
自由奔放な妻を無償にも似た愛で包む夫をアダム・ドライバーが好演。あんないい夫ほんとに実在するんかいな!
>>続きを読む

華麗なるリベンジ(2015年製作の映画)

3.7

タイトルまんまの痛快復讐劇!
韓国映画って単純明快なのに薄っぺらくないとこが良いよね。
途中からファン・ジョンミンが『コクソン』の霊媒師だったって事に今更気づいて、演技の幅にあっぱれ!ドンウォンもハマ
>>続きを読む

イレブン・ミニッツ(2015年製作の映画)

3.0

ふーむふむふむ。嫌いぢゃないけど、まあ〜なんも残らない。
伏線拾いすぎた疲労感のおかげで、ラストの始まりすでに思い出せないよ(笑)ラストの最後はけっこう好き◎
音楽と映像美に救われたり〜〜な一本か。

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

3.8

ビバ80's!! 下ネタ満載なのに観終わった後は何故か不思議と清々しい気持ちになれる。なんも考えないで何回も観たくなるような一本。
みんな根はいいヤツだし、TPOでちゃんと着替えてるとこが可愛かった。
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.3

うーん、劇場だったらもっと臨場感あったのかな、、こたつに潜って観てる時点で臨場感もへったくれもないか、、笑
リアリティは置いといて、地球上唯一の被爆国としてのメッセージは伝わったんじゃないかと思う。
>>続きを読む

ゲート・トゥ・ヘヴン(2003年製作の映画)

3.2

なんとなく、ハッピーエンドな映画が観たくて手にした一本。
不法入国というアングラなテーマでありながらちょいちょいボリウッド調を挟んだり、摩訶不思議な映画だったけど嫌いじゃない。 いろんな意味で想像越
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.6

長い、、、。からなのか、途中から論点見失って何がテーマなんかわからんくなってしまった。
とは言いつつ、やっぱりただのSF映画には収まらないシナリオは秀作だと思う。出てくる建物や小物もいちいちクールで◎
>>続きを読む

東京物語(1953年製作の映画)

3.9

う〜何て優しい映画なんだろう。
結局、血の繋がらない他人の方が優しくできるんだよね。だけども、切っても切れない憎くも愛おしくもなれる特別な存在、それを家族ってゆうんだなー。
老夫婦の会話が終始愛くるし
>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

3.4

ラブストーリーって得意ぢゃないけど、これくらいなら観れるかも的一本。
ウィーンの街をブラつきながらひたすら語り合う2人の会話が途中から少々退屈。。端折れる部分あったのでは?
けど、電話の件と二人から一
>>続きを読む

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

4.0

やっと観れた!面白い。テンポも◎
こういう1シチュエーションで物語が進んでく系、めっちゃ好き。
12人の陪審員が一人の少年にかけられた罪を裁き、判決を出すまでの一部始終。
まるで心理戦のような育ちも身
>>続きを読む

プールサイド・デイズ(2013年製作の映画)

4.1

最高。一人一人のキャラ立ちも流石だし、とにかくオーウェンが最高にいいヤツ!
コメディ色強いかと思ってたら、まさかの大号泣。笑って泣ける、至福の一本。

ポップンロッ———— ク!!!
って叫びたい。

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.3

続編が観たいが為の予習。ゴリゴリのSFモノかと思いきや繊細なヒューマンドラマだった。ハリソン・フォードが超人的に強いわけでもないのにちょい笑けた。
間延び感否めないけどラストの感じは好き。期待度はわか
>>続きを読む

ある子供(2005年製作の映画)

3.3

ただひたすらに堕ちていく人間の様がリアルで引き込まれてしまった。こどもが子供つくっちゃいけないよ。
感情移入こそ遠かったけど映画全体の雰囲気はだいぶ好み。
ダルデンヌ兄弟、これからもっと掘り下げてこ。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

いい音楽と美男美女。終始胸打つビート感。 良くでき過ぎ感否めないけど、それもまた映画の魅力。おじいちゃんの件泣いてしまった。。
ジェイミー・フォックスのヤバイ奴加減が最高だった!みんなハマり役だったと
>>続きを読む

シアター・プノンペン(2014年製作の映画)

3.5

たった40年ほど前に起きた悲惨で残虐な出来事。その時代に生きていた人、まだ産まれてなかった人、そして傷つけた者と負った者。それぞれの目線で「映画」というツールを通して生々しく描かれている。
元クメール
>>続きを読む

ラビング 愛という名前のふたり(2016年製作の映画)

3.8

国にも法にもひれ伏す事なく、家族を守るため愛を貫いた2人の姿はただただ美しかった。
主演二人の演技も本当に素晴らしくて、絶妙な距離感で見つめ合うラストシーンはたまらなく愛おしい気持ちになった。
シャノ
>>続きを読む

人魚姫(2016年製作の映画)

3.5

わかりやすくコンパクトに喜怒哀楽がしっかり盛り込めれてて純粋に楽しめた。
グロい場面も映像美のおかげでさほど不快でなかった。急に歌い踊り出すとことか、インド映画を彷彿させたのは気のせいか否か。笑いのツ
>>続きを読む

トッド・ソロンズの子犬物語(2015年製作の映画)

2.8

もうジャンルもなにも飛び越えてぶっ飛んでる。ブラックジョークとはなんぞやを知りたくて観たけど、やっぱりさっぱりむずかしい。。。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.7

現実なのか妄想なのか、観る側に上手に委ねる感じがすごく是枝監督っぽいな、と。
観終わった後も頭ん中で?マーク駆け回ってたけど、一緒に観た父と帰りの車内でああだこうだ言い合えたのがまた楽しかった。題名の
>>続きを読む

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

4.2

名作で傑作!何度観てもこんなにワクワクできる映画ってほんとにすごい。数少ない貴重な一本だと思う。

いやあ〜映画ってほんとにいいものですねえ〜
って言わずにはいられなかった。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.0

こんなにも清々しいほどくだらなく愛おしいバカ映画は初めて観た。
紛れもない、この作品はポール・ダノとハリーポッターの金字塔だ!
音楽と物語がリンクして展開する感じも好みだった。映画館で観れて幸せ。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.9

非普遍家族、マイクロバス、ロードムービー、好きな要素てんこ盛り!
思想、宗教色強めのリトル・ミス・サンシャインとも言える。
正解のないテーマだから頭空っぽにして観て良いと思う。子供達の演技、音楽、映像
>>続きを読む

太陽のめざめ(2015年製作の映画)

3.3

ダラダラ感否めないけど、良作だとは思う。結局子供は親を選べないから恨むこともできないんだよね。最初から最後まで最低だった母親はずっと腹立たしかったけど。子から親への無償の愛に涙。
なんだかすごく「Sh
>>続きを読む

>|