minさんの映画レビュー・感想・評価

min

min

ミステリー、サスペンスが好きです。
音楽ものは大好きです。

昼顔(2017年製作の映画)

3.6

結局不倫は不倫なんだな。
モヤモヤが残りました。
これはこれで普通に終わってほしかったから結末が悪すぎて後半は見ていて辛かった。

しかし、女性は強い。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.6

キレッキレのアクション。
何人殺すのかというのと警察はいないのかって…愚問か。
殺し屋の数がヤバイ。
銃の裁き方がカッコイイ。
一見、年をとったなと思ったけどキアヌまだまだいけますね。

セールスマン(2016年製作の映画)

3.4

重い。
描写が丁寧なのと主演の俳優さんが上手なのもあり、なおさら重い。

フィアー・インク(2016年製作の映画)

3.1

出だしからB級感バッチリ。
思ってたのとは違ったけどつまらなくもない。
最初はイラっとくる主人公がだんだんマジになってくるあたりがおもしろかった。
現実なのかなんなのかチョイチョイ考えさせられる。

グッド・タイム(2017年製作の映画)

2.3

ここの評価を見て借りたがなぜこの評価?ってくらい自分には合わなかった。
最後にどんでん返しがあるのかと思ってみていたが何もなし。
ラストの弟の施設のシーンもよくわからず。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.2

2018年1作品目。

今後につながる要素が所々でてきて今までのことを色々考えながら、思い出しながら見たのであと数回はみたい。
かなり長いです。
昔の作品への思い入れが強いのでフォースの覚醒のときは少
>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

3.2

意外と面白かったというレビューが目につきましたが、うーん、、。
普通のホラーとはちょっと違う感じ。
結局バイバイマンの目的は何だったんだろって。
まぁ、流れはよかったので最後まであっという間だったけど
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.7

生命体おそるべし。
でも、いくら賢いといえどまるで人間であるかのようにどんどんクルー側の弱みをついてくるあたりがリアルじゃなかった。
それにしても海ドラで何度かみましたが真田広之さん、活躍してますね。
>>続きを読む

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

3.6

ブラック企業に勤める青山が自殺をはかろうとしていた時に山本という男に出会い、救われ、人生がかわっていく話。
福士蒼汰演じるアロハシャツの山本が意外にもなんかよかった。しかし、現実こんなに酷い仕打ちを受
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.9

記憶に新しい爆弾テロの実話。
思ったより犯人の気持ちが見えてこなかった。若いから?後先考えず気持ちだけで行動したようにしかみえなかった。

無差別殺人なんてありえないと思うがそれは平和な日本で生まれ育
>>続きを読む

ヒトラーへの285枚の葉書(2016年製作の映画)

2.8

子をなくした親の気持ちが辛い。
最期に手紙をばらまいた警部が一番まともに思えた。

帝一の國(2017年製作の映画)

3.8

ジャケからもっとふざけた学園映画かと思ってたら意外と内容もしっかりしていて人気があるのもわかった。
俳優陣のキャラ設定がはまっていた。とくに大鷹弾が竹内涼真のイメージまんま。

海底47m(2017年製作の映画)

2.5

海底に落ちてパニックになり助かるか助からないかみたいな話。
この手のはとりあえず目が離せなくて何となく見終わったけどキャストに感情移入できなかった。

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

2.8

普通なようで普通じゃないような2人。
淡々としてるけどつまらくはない。
でも好みとは違ったかな。

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.1

ストーリーを知ってるだけにどうなんだろうと思いながらみた。

ベルがエマ・ワトソンということは否が応でも耳に入ってきてしまったが、基本情報をいれないでみるタイプなのでそれ以外誰が出るのか楽しみに鑑賞。
>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・ダーカー(2017年製作の映画)

3.5

評価は様々であるが嫌いじゃない。
まぁ、内容は薄めだけど。
ダコタ・ジョンソン目当て。さらに可愛くなってたし。
次作への思わせぶりなラストのふりが…
内容的にはこのまま終わりでよかったのにでもきっとみ
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.7

暗〜いからはじまりいつの間にかケイシー・アフレックの演技に魅了され、、エンディング。
演技と言っていいのかというくらい自然な感情の描写にこの役をこんなふうに演じられるのは彼以外いないとさえ思った。
>>続きを読む

アイム・ノット・シリアルキラー(2016年製作の映画)

3.3

サスペンスではなくホラーなのかな。
まさかのオチ。
嫌いじゃないけど。
マックス・レコーズのお陰で思ったより楽しめた。

しゃぼん玉(2016年製作の映画)

4.0

市原悦子さんこういう役ピッタリ。
イズミの荒んだ心までも溶かしてしまうのがわかる。
若者がいない田舎、犯罪を犯していたイズミ、いつまでも親に頼っている豊昭、と色々問題はあるけどなぜかそれほど大変なこと
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.2

メル・ギブソン監督の話題作ということでそれ以外の情報なしで鑑賞。
第2次世界大戦を日本を敵に見た角度でとられているのはなんとも複雑だったけど、結局敵だろうが味方だろうがどんな人にもその人を取り巻く環境
>>続きを読む

静かなる叫び(2009年製作の映画)

3.5

実際の事件を基に映画化。
、、、とは思いたくないほど残虐。
白黒でよかったのかも。
辛いしやりきれない。
後味の悪さなんともいえず。

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.4

リアル感はないけど普通に楽しめた。小日向さんと深津絵里のふたりがこういう夫婦いるよな〜って感じでよかった。

確かに実際この状況になったらいろんな問題が勃発するでしょーって感じだったけど。

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

登場人物少なっっ!
でも美男美女の2人だったから楽しめた。
結局ジムが目覚めなければ崩壊して90年後に到着しなかったのに…。
あの後はご想像にお任せします的な感じだったけどラストはちょっと切なすぎる。
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.3

前半は怖くてよかったけどラストが物足りなかった。
で、結局何も解決せずみたいな。録画してたカメラがうつったから解明とかするのかと思ったらなにもない。
もしかして続編あり?ってにおわせる終わり方だったけ
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

子供が当たり前のようにホームレスとなっている状況が辛かった。

幼少時代にひどい生活環境で過ごしていたにもかかわらず真っ直ぐに育ったサルーは2人の母の愛情に恵まれたんだと思う。
25年かかって故郷を見
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.9

タイトルからして好きなジャンル。
藤原竜也はこういう役ピッタリ。
最初にガウンを脱いだら傷だらけだったのは何?ってしばらく謎だったけどそういうことだったのね。
でも時効がなくなる前日の犯罪ってたまたま
>>続きを読む

潜入者(2015年製作の映画)

3.9

ブレイキング・バッド以来久々に見たブライアン・クランストン。
役柄は違えどまた麻薬なのね笑
どことなく人間味あふれる感じで悪者も信じて疑わないのがわかる気がする。
潜入捜査ものだが、バレたら死というハ
>>続きを読む

ダーク・プレイス(2015年製作の映画)

3.9

好きなタイプのサスペンス。

殺人クラブのくだりは微妙だけどこの手の映画で久々にスッキリ見終わった気がする。
お兄ちゃんは子供の頃からさえない感じだったけど結局一番いい人。

昨今のニュースのせいもあ
>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.5

明るい作品が見たくて手にとっただけの割にはまずまずでした。
でも、無の状態から全米制覇までをこの尺におさめるにはちょっと無理があるかな。
実話だけにかなりの努力があっただろうけどその描写が微妙だった。
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.2

うーん、、期待値が高かったせいか思ったよりというのが正直なところ。
アカデミー賞の基準もよくわからず。
でも、静かに感情が交錯していくところはこの俳優さんの素晴らしさだと思う。
難しいテーマ。
次は明
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.0

生田斗真くんが女性にしかみえない。
桐谷健太とのバランスがよくて2人とも素晴らしかった。
難しい役どころを自然に上手に演じていて、悲しくなるとこも多々あったけど優しい気持ちになる作品。
切なかったけど
>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.8

実際に起こった事故をリアルに感じられた。 爆発と火の勢いが凄い。

こんな大きな現場でも経費削減、調査を怠るってことがあるなんて…。
大事故だったにもかかわらず助かった人が思ったより多くてよかった。だ
>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

3.3

愚行録そのまま。
ずっと嫌な感じ。いいところが1つもなくてずっと…。
辛くて重い。
どこかで多少の善人がいてほしくなった。

光子の話し方が嫌い。
それだけ満島ひかりが凄い演者なんでしょう。
小出恵
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.8

よくあるティーンエイジャーものかと思ったけどテンポよく楽しめた。
コメディと思いきや思春期の微妙な心が丁寧に描写されてて、ここまで捻くれてるのものかとなかなかいないでしょと思わせながらも共感できる部分
>>続きを読む

暗黒女子(2017年製作の映画)

2.6

ジャケの『驚愕の、、』に惹かれて観ましたがそんなでもなかった。
この手の邦画は合わないと思いながらもキャスト次第では面白いかもという期待をしてしまった。

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

4.0

地雷の除去を少年兵にやらせる大人たち。酷いという言葉では片付けられない惨い作品だった。

最初は軍曹最低だなと思ったけど最低野郎はその上司。
ヒトラーの忘れ物って…もう少しまともな邦題はなかったものか
>>続きを読む

>|