Minakoさんの映画レビュー・感想・評価

Minako

Minako

映画(132)
ドラマ(0)

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.0

女は別れた男のこときれいな想い出の箱になんざしまわねーんだよ、バーカ。

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.8

優等生のためのアウトローの映画という印象。ファレリー兄弟の映画はもっと笑えたしもっと毒があったし、その部分がわたしは好きだった。
ヴィゴ・モーテンセン、イタリアンのチンピラにしか見えない。いつも感じる
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

4.5

ペラいマイホームの崩壊から団地のまつり、松たか子無双まで気分ソーカイでした。子役もかわいくなくてよかった。なんどでも思い出して生きる糧にします。

ミスミソウ(2017年製作の映画)

5.0

原作も読んでます。わたしは大好きです。血まみれスカッとした。女子高生版「切腹」。
どっちかっていうと映画のほうがすき。
映画のほうがすきなとこは、金、白、赤の組み合わせ。理想。そうそうそれですよ。
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

本日はフレディの亡くなった日なのです。なのでってわけじゃないけどボヘミアンラプソディー観てきました。

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

3.0

いまいちしっくり来なかった。
上手くいってるときのぎゃー楽しい!みたいなドライヴ感が足りなくて、調子を失ったときとのコントラストがうすい。こういう映画って、あの中に入ってめちゃくちゃやりたい!そのあと
>>続きを読む

7月22日(2018年製作の映画)

4.1

ノルウェーでじっさいにあった話。ストーリーにものすごい力があるし、冒頭からずっと不吉に美しい景色でそれも好きだと思いました。

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.8

やっと見れたー❤︎❤︎おもしろかったなあ。おもしろかったなあ。実話がベースということなのですが、ゆるせねー!ってなるところもあれば、単純にワクワクしたり、きれいな景色にボンヤリしたり。映画のいいとこい>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.6

これまでの是枝監督の作品の中でいちばん、じぶんの居場所を見つけやすい作品でした。
「家族」ということばには、ネガティブな印象しかない。作中でてくる、「絆」ということばにも。ただ、この映画で語られる関係
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

5.0

この世界にズブズブと嵌ってもう抜け出したくない、こんな映画に一生一回でも会えたら幸せだなーって作品を連発している白石和彌監督、サイコーです!

ものの2秒でさあ今からええもん始まりまっせが伝わってきて
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.5

何作にひとつかこれはわたしの物語!ってつきささる映画があって、これはひさしぶりにとてもそう感じました。
自分のこと尊重してくれない人間にも世界にも早々に見切りつけて蹴っ飛ばしてやれ!って思うんだけどそ
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.4

あいつのあの顔!あの顔だけでうわーもう絶望だーって思わせるあの。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.3

気づくとこの映画のことを考えてる。登場人物すべてがいつのまにか愛おしくなっていた。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

犬を殺したらあかん。あかん物語。止むを得ず殺すならエルトンジョン。
大好きな俳優さんたくさん出てるのに至極残念でした。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.3

顔のツルッとした男なんかあかんで!陣治やで!

わたしが映画で見たいと思ってるものがひとつもなかったけどおえつを漏らさないようにするのが難しかった。白石監督は、この間観た『牝猫たち』でも今作品でも、い
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

4.4

好きでした!
どんな人にも愛情ってあるよね、いびつでも歪んでも、人を愛さず生きてる人っていないのかもね、だから世の中すばらしいなんて、口が裂けても言えないけどね!
この、登場人物たちの肉感。となりに立
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

2.5

仕事場の近くが米軍兵のスラムみたいになってて、たまにお弁当食べたりお祭りがあったりする公園で女の子が乱暴されてた。
これは、冒涜だとおもいました。
じぶんの知った景色が汚された、というプライベートなも
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.6

はじめから最後まで心地いい居心地の悪さがつづく。ものすごくおもしろいコメディでありながら、キャア!とさけんで逃げ出したいホラー。
今まで見てきた映画とはちょっと毛色の違うフレッシュさをかんじました。ク
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

2.9

頭の先からつま先までめっちゃビシッと決めてるのに靴下だけ変な色、といういつものノーランが今回はちゃんと靴下もコーディネートしてきたよ、でもまだ変なトランクス履いてるね。

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.7

主人公以下全員欲に忠実過ぎ。もうちょっと我慢して。

>|