みなとさんの映画レビュー・感想・評価

みなと

みなと

  • 79Marks
  • 75Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ミッドサマー ディレクターズカット版(2019年製作の映画)

3.0

ネットで話題になっていたので鑑賞。
ディレクターズカット版でR18。
正直良くわからない作品だった。
こういう常人には理解できない風習でも、そこに土着している人々には日常であり、意味のある儀式であり、
>>続きを読む

ソロモンの偽証 後篇・裁判(2015年製作の映画)

3.5

【前後編感想】
原作未読。
1人の男子中学生(柏木)の変死と変死に対する告発状を切っ掛けに、これは他殺か事故か自殺か…を推理するミステリと共に人間の本質を炙り出したヒューマンドラマであった。兎に角、重
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

原作未読。
元受刑者が過疎化した町に移住してくる話。死体が見つかったことから、犯人は移住していた元受刑者たちなのか?とミステリ仕立てに元受刑者たちにスポットをあてながら描くも、結局この作品何を描きたか
>>続きを読む

科捜研の女 -劇場版-(2021年製作の映画)

3.0

過去シリーズキャスト勢揃いな劇場版ならではの豪華さ。過去シリーズを知っていればニヤニヤできるし、知らなくても純粋にミステリとして楽しめる。シーズン1の1話とシーズン13のスペシャル見ていればより楽しめ>>続きを読む

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

3.2

全力疾走、恋心と書いてライバルと読む…そんな、映画制作を通して学生時代にしか味わえない青い春な作品だった。眩しかったー。
ハダシ、ビート板、ブルーハワイ、3人とも可愛かったなぁ。昭和生まれとしては、3
>>続きを読む

先生、私の隣に座っていただけませんか?(2021年製作の映画)

3.6

ダブルミーニングなタイトル。
前半の導入部からの、中盤の俊夫が翻弄されるコミカルさ、そして後半の半ばホラーミステリ仕立て。
中々のジャットコースター作品だった。
視聴者をミスリードさせながら、作品の本
>>続きを読む

デイアンドナイト(2019年製作の映画)

3.0

善悪とは?がテーマ。
時代、立場、護る対象によって善悪は変わるだろうが、どんなに正しくても、法を逸脱する行為はダメだなと私は思う。

友罪(2017年製作の映画)

3.0

色々な形の加害者の生き方を描きつつ、罪を犯した人は幸せになってはいけないのか?…がテーマ。
そもそも罪を償うとはどういうことなのか?重い作品だった。
瑛太の芝居で、底知れない不気味さと
時たま人間らし
>>続きを読む

鳩の撃退法(2021年製作の映画)

2.8

原作未読。
1人の男との出会いによって
元作家がその男の言動から行間を
作り上げてゆく作品。
どこまでが事実で、どこからか虚構なのか。
事実は小説より奇なり…。
そんな話だった。

カバーだが、ED井
>>続きを読む

猿楽町で会いましょう(2019年製作の映画)

3.3

ユカのやってることって最低で共感できないのだが、ユカの根底にある心情って分かる部分も多く、イタイと思いつつ何かが刺さった。
自分を曝け出して、誰かを愛し
誰かに愛して貰うのって難しい。

カメラワーク
>>続きを読む

君が世界のはじまり(2020年製作の映画)

2.9

高校生達の気が狂いそうになる程退屈な日常だったり恋愛だったり家庭環境だったりを描いた青春群像劇映画。

あまり共感できるところがなく、作品に入り込めなかった。ただ「ちゃんと傷つけ」という台詞にはハッと
>>続きを読む

ナラタージュ(2017年製作の映画)

2.8

原作未読。
多分この作品は、映像より活字で浴びた方が楽しめるような気がする。
葉山と工藤、お互いの存在がお互いに救済をもたらすという話。
兎に角、葉山がメンヘラすぎて見ていられなかった。自分に居場所を
>>続きを読む

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

3.0

トランスジェンダーをテーマにした社会派ヒューマンドラマかと思いきや全然違っていた。
自分ではどうしようもならないことを抱えて生きていかなくてはならない凪沙(草彅剛)と一果(服部樹咲)の心の触れ合いと絆
>>続きを読む

羊とオオカミの恋と殺人(2019年製作の映画)

2.8

シリアス話かと思いきや、
狂っている2人のラブコメ話だった。
倫理を考えちゃダメな作品。
冒頭で自殺しようとしていた黒須が
最終的に殺されるかもしれないけど
あんなにも活き活きに生きてる。
まあお互い
>>続きを読む

わたしに××しなさい!(2018年製作の映画)

3.0

原作未読。ドラマ版未視聴。
マンガが原作であると伺える
ある種振り切った演出だった為、
疑似恋愛をして、それをネタに
小説を書き、やがて本当に恋を
するっていう構造が
寒くならず、ラブコメ作品
として
>>続きを読む

着信アリFinal(2006年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

最早ホラーじゃない。
ただのパニックサイコスリラー
ラブロマンスだった。
恐怖が伝播しパニックになる様は
登場人物がクズすぎるが故にただただ滑稽。
シリーズファイナルになっているが
美々子の呪いにする
>>続きを読む

着信アリ2(2005年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

実は美々子より先に
死んでいた人物がいた…と
事象を遡って起因を探る
構成は面白かったが、
だんだんホラーから
遠ざかって感はある。

今回は魔女狩りされた
リーリーの事案と
美々子の事案が関わってい
>>続きを読む

着信アリ(2004年製作の映画)

2.8

ホラーはやはり見せ方が重要ね。
不気味な着信音といい、
それなりに怖かった。
ストーリーはそこまで魅力を感じないが、
呪いを回避しようと奔走する、呪いを受けた女と、それを救済しようと一緒に行動する男と
>>続きを読む

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

3.0

原作未読。アニメも未視聴。
全く知らない状態で鑑賞。
ヒロインの死を回避する為に、
タイムリープし、過去を改変するSF作品。
それと同時に謝るばかりの人生な主人公の
成長も描かれている。

話の構造は
>>続きを読む

シライサン(2020年製作の映画)

2.0

民間伝承が発端の、呪いのホラー作品。
見せ方が下手なのか、怖くなかった。
ホラーメイクも怖さを感じない。
結局何を描きたかったのか…?
ただただ長い印象。
忍成修吾が珍しく普通の役だ、と思いきや、いつ
>>続きを読む

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(2021年製作の映画)

3.5

【4DXで鑑賞】
過去ガンダムシリーズ未履修。
設定等、予習せず全く知らない状態で鑑賞。
全3部作というのも鑑賞時は知らなかった。
なので、ストーリーは全くよく分かってはいないのだが、作画、レイアウト
>>続きを読む

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

2.8

人間、自分の都合の良いようにしか
物事を認識しないということ。
同じエピソードを共有しても
受け取った側分の
事実が存在するということ。
そんな人間の欺瞞や愚かしさを
1つの殺人事件を通して
描いてい
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

2.5

香川照之が不気味で怖すぎる
サイコパス作品。
精神的支配というか…
どの登場人物も狂っていて不気味。
結局なんでこんな事をしたのかは
分からずじまい。
サイコパスだから特に理由は
無いということなのか
>>続きを読む

劇場版ポルノグラファー プレイバック(2021年製作の映画)

2.8

原作未読。テレビ版未視聴。
ポスターと予告に惹かれて鑑賞。
冒頭で今までのハイライトがあるので、全く知らなくても何となく話の把握は可能。

木島先生、面倒くさいなぁ…。
でも、将来がある若者が相手じゃ
>>続きを読む

太陽は動かない(2020年製作の映画)

2.8

原作未読。
予告観て気になったので鑑賞。
アクション映画なのに眠気との戦いだった。
要するに私には合わなかった。
この映画は和製ミッション・インポッシブルを目指しているのだろうか?
設定は面白かったが
>>続きを読む

ライアー×ライアー(2021年製作の映画)

3.8

原作未読。
原作の絵柄がフラットな為か実写化しても違和感なく、ツッコミ所はあるものも(隣室で電話してたらバレるだろ…など)作品の世界観に没入できた。
序盤から透の本心は予想できたものの、透の一挙一動に
>>続きを読む

闇金ドッグス6(2017年製作の映画)

3.0

安藤の過去が垣間見れる話。切ない話だった。そもそも安藤は何故893になったのか気になる所。
須藤はホストに戻った方が良いと思う。取り立て向いてないよ。
押し貸し、人間の総額や債権斡旋と物騒すぎる内容で
>>続きを読む

闇金ドッグス5(2016年製作の映画)

3.0

めっちゃ後味悪い結末だった。
本当に困っている人が救済されないのは辛いな。それと老老介護。社会的弱者であっても、行政サービスをしっかり調べ、他人の(とりわけ怪しげな団体の)甘言に乗ってはいけないね。
>>続きを読む

闇金ドッグス4(2016年製作の映画)

3.0

闇に片脚突っ込んじゃうと、カタギであろうと負の連鎖で元の生活に戻るのは難しい。893もカタギで生きるは難しい。本人の意思とは関係なく何と不条理な世界。まぁ最初から全うに生きろって話ですが…。
AV会議
>>続きを読む

闇金ドッグス3(2016年製作の映画)

3.0

シリーズ1作目に登場した地下アイドルと芸能事務所社長の話。
いくら夢の為とはいえ、借金しようと(しかも闇金に)いう発想は理解できないが、この作品、悪徳からお金を取り戻すという構成でスカッとする。
安藤
>>続きを読む

闇金ドッグス2(2016年製作の映画)

3.0

愛する者であっても大金を贈るのはよく考えましょう的な話でもあったな。
債権者が債務者からお金を返してもらうだけの話だし、クズばかりしか出てこないのに、どこかスカッとする話。結末は悲惨だったけど。
元組
>>続きを読む

ゾディアック(2006年製作の映画)

2.8

実際にあった未解決事件・ゾディアック事件をベースにしたミステリ映画。
事件に対する執念と、それ故に人生が狂わされてゆく当事者達。
面白かったが、長く感じた。
未解決事件だからしょうがないけど、
スッキ
>>続きを読む

闇金ドッグス(2015年製作の映画)

3.0

闇金の債権者と債務者の物語。
クズばかりしか出てこないが、アイドルとファンの関係性と闇や、金貸しの仕組みなど興味深い物語だった。
山田裕貴のスーツ姿とタバコを吸っている姿が格好良かった。
てか山田裕貴
>>続きを読む

トモダチゲーム 劇場版FINAL(2017年製作の映画)

3.0

友達がテーマなので、あの結末には納得ではあるのだが…個人的には最後助けず見捨てて欲しかったかな。
友達だろうが、友達としても人としても許容範囲を逸脱しすぎだろう。
見捨てるのも友達としての1つの選択で
>>続きを読む

トモダチゲーム 劇場版(2017年製作の映画)

3.2

原作未読。ドラマ未視聴。
前情報なしで本作鑑賞。
既視感あるストーリーで目新しさは無かったが、それなりに楽しめた。
劇場で観る程ではないが、レンタル/配信サービスで鑑賞する分には面白い作品かと。

>>続きを読む

>|