mine2choさんの映画レビュー・感想・評価

mine2cho

mine2cho

映画(428)
ドラマ(6)

マディソン郡の橋(1995年製作の映画)

3.9

一線を超えた恋の映画。

この場合の一線とは、浮気ではなく、愛の深さという意味。


ラストの雨の中立ちすくむイーストウッド。

大きな声で叫ぶわけでも、取り乱すわけでもなく、少しだけ微笑む。

彼女
>>続きを読む

ハーフネルソン(2006年製作の映画)

3.3

女の子の演技が見事。

元々そうゆ顔してるだけなのかもしれないけど、もしそうであればキャスティングが見事。

はじめは哲学的でアーティスティックな授業に魅了されたが、本質は何一つ達成できないヤク漬けの
>>続きを読む

レッド・ファミリー(2013年製作の映画)

3.8

この映画は韓国にしか作れないだろう。

北朝鮮を非難してるようで、国民に罪は無いと許してる。

共産主義と資本主義。
結局どちらも

サリュート7(2017年製作の映画)

1.3

アポロ13の方がぜんぜん面白い。

音楽使い方ダサいし、ブルーの光見えたのとか話の軸と関係ないし要らないし。

出来事としてはドラマ性あって面白いのに、映画にする技術が足りてないと言わざるをえない。

アフガン・レポート(2014年製作の映画)

3.8

非常に生々しい地雷原の恐怖。

実際には血や爆発物の匂い、砂埃や容赦のない日差しを彼らは感じてたんだろうな。

特に敵を殺すでもなく、銃も使用せず、
見えない恐怖に囲まれて、ひたすら救助を待ち続ける。
>>続きを読む

ナイロビの蜂(2005年製作の映画)

4.1

フィクションなんだろうけど、アフリカのダークサイドがリアルに描かれている。

ストーリーも見事で、事前活動オタクの妻が流産をきっかけに活動にのめり込む。

観てるコチラも、夫そっちのけの彼女に苛立ちを
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

1.9

スノーデン事件の民間&フィクション版とでも言おうか。

それにしてもラストがひどい。

いやラストだけじゃないか!

トムハンクスのみならず、スターウォーズのフィン、6才のボク〜のメイソンなど、名俳優
>>続きを読む

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.5

クドカンワールド全開でおもしろい。

WIGPの長瀬くんもいいんだけど、神木くんが世界観にハマってていい味だしてる。

ラストがもっと馬鹿みたいなハッピーエンドでも良かった気がする。

6才のボクが、大人になるまで。(2014年製作の映画)

4.2

久々に面白い映画に出会った。

この映画の企画自体はさほどユニークではないけど、観ているとノンフィクションの成長記録を観てる感覚になる。

脚本も素晴らしく、イーサン・ホークのキャラや、終盤の元配管工
>>続きを読む

ギリシャに消えた嘘(2014年製作の映画)

2.5

面白い話のはずなんだけど、なかなか感情移入できない。

3人の主役俳優達はそれぞれ魅力的なんだけど、誰が主人公なのか?誰が自分と重なるのか?人それぞれ違うんだろうけど、誰であろうともイライラする映画。
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

1.5

なんか全然ドキドキしないと思ったら、ジョーズみたいな音楽がないからだと思った

FLU 運命の36時間(2013年製作の映画)

3.3

子役が可愛いわ。

内容としてはよくあるパンデミック映画。
韓米の社会風刺や、国民性、恋愛、親子愛を韓国テイストで仕上げてます。

特にコロナ渦の今観ると、怖さが倍増。
あくまでフィクションだけど、あ
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

3.0

イニャリトゥ監督のファンだが、この作品は難解すぎて、正直ちょっとよく分かんない。

話として面白いとかつまんないじゃなくて、監督の世界観についていけない。

これぞ凡人に評価できない作品である。

>>続きを読む

天然コケッコー(2007年製作の映画)

3.5

方言が下手だけど、主役の2人がとてもかわいい。

恋愛というよりは成長ストーリー。

あんな田舎で育ったことないし、埼玉育ちだから東京も身近。

クラスには30人、ひと学年で100人以上の生徒がいた。
>>続きを読む

突入せよ!「あさま山荘」事件(2002年製作の映画)

3.7

シンゴジラの元ネタここにあったか!

総括のシーンとかあるのかなぁ〜って心して観たけど全然ねぇ。

ドラマではあるが半分はコメディ。

日本検察の組織体制を面白おかしく批判してる。

これも一つの日本
>>続きを読む

ハンター(2011年製作の映画)

3.8

デフォーの燻し銀ムービー。

観ている側が色々な想像をすることの出来る映画。

・当初の目的を果たさない
・森で町の輩に追われそうで追われない
・お父さんは生きてない
・奥さんに恋しそうで恋しない
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.5

続編として違和感なく受け入れられる良作。

前作同様、アクションやハイテクじゃなくストーリーに焦点が合ってる感じがいい。

1作目もそうだけど、未来が日本かぶれしてるのが面白い。

>|