mine2choさんの映画レビュー・感想・評価

mine2cho

mine2cho

沢山の映画を観ても相当なインパクトが無ければ忘れてしまう事がある。

それが勿体無いのでAPPを利用しはじめました。

読書感想文であらすじ書いちゃうみたいなダサい事はしたくないし、超主観的評価とレビューを書く事にこだわります。

若い頃はトンがった映画を観ることがカッコいいと思ってたし、大衆ウケはダサいとすら思ってたけど、最近はそんな自分が若かったのだと微笑む余裕が出てきた30代後半です。

映画(220)
ドラマ(0)

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

2.5

終わり方が微妙。

設定はすごくいいし、アジアのマフィアに追われる感じとか斬新なんだけど、いかんせんラストが微妙。

「至る所にいる」

ほお、なるほど!とはならない。

段階を踏んで覚醒していったり
>>続きを読む

七人のおたく cult seven(1992年製作の映画)

2.5

完全にキャストでもってる映画ですね。

ウッチャンナンチャン
江口洋介
山口智子
武田信治
そして悪役の中尾彬

平成初頭、まだネットが普及してない時代。TV局は予算があってこうゆう映画が作れたんだろ
>>続きを読む

デンジャラス・ラン(2012年製作の映画)

2.5

デンゼルさんの目的がよくわかんなかったな。

全体的にゴール見えないマラソン感が強い。
主人公の二人がナゼそこまでするのか?
ナゼ互いを認め合うのか?
グリップがゆるゆるなのがもったいない。

格闘シ
>>続きを読む

ぼくらの七日間戦争(1988年製作の映画)

2.5

体罰や異常な校則に縛られていた学生時代を思い出します。

結局、力では抑えきれないって事を、この数十年間で学びましたね。

未だに昭和からの進化が伺えない教育現場ですが、この当時よりはマシになっている
>>続きを読む

シャイラク(原題)(2015年製作の映画)

3.9

スパイクリー2連発。

非常にメッセージ性の強い作品。

カッコイイギャング映画作って、最後にテロップで統計データを流すような類じゃない。

セックス=愛。愛と争い、どっちが価値があるのか?
非常に独
>>続きを読む

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989年製作の映画)

3.8

こんな映画は初めてだ。

なんと胸糞の悪い終わり方なんだろう。

パステルカラーのジャケからは想像も出来ないエンディング。
ラストまでの陽気な雰囲気はどこに行ったんだろう。

こんなにも人種差別の混沌
>>続きを読む

人生、ブラボー!(2011年製作の映画)

3.5

息子を愛する、お父さんのセリフと優しい目、笑顔が素敵です。

なかなか難しいテーマだけど、面白おかしく、でもしっかり感動できるヒューマンドラマに仕上がっています。

家族というよりかは、父と子。そして
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.5

前日に3を鑑賞してか映画館へ。

今作は前作に増して大人向けですね。
ギャグシーンも多く、大人が笑ってしまうような場面が多かったです。

フォーキー、ダッキー&バニー、デューク・カブーン。
それぞれ個
>>続きを読む

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

4.1

5歳の娘が急に「バズ観たい(トイストーリー4 )」と言い出したので、その予習として鑑賞。

1はVHSを持っていたし、2も何度か観たことあったけど、3はちゃんと観たことなかった。

通しで見るのは初め
>>続きを読む

フード・インク(2008年製作の映画)

4.0

大量生産大量消費の食品業界裏側がよくまとめられていて、恐ろしくも日々の食に直結している内容だった為、飽きずに鑑賞。

単純に良いドキュメントだと思う。

こういった方面に意識高い系の方にとっては、すで
>>続きを読む

マン・ダウン 戦士の約束(2015年製作の映画)

3.7

これも現実。
それを伝えたかった映画ですね。

とても悲しい。

戦争なんて、なんもいい事ないね。

この映画の場合、親友と妻の裏切りが引き金だけど、それもまた実際にあるだろうし。。。

誰が何のため
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.3

通勤中にスマホで鑑賞。

終盤では思わずスマホを持つ手に力入って変な体勢で観てたわ。

個人的にはラストも凄く気持ちいい終わり方がと思う。

誰が監督?!?って思って調べたら、ご本人出演されてたんです
>>続きを読む

オンリー・ゴッド(2013年製作の映画)

2.0

このバッドエンドは気分悪いな。

ボコボコにやられて、腕落とされて、家族殺されて、いい男がいい所一つもないヘンテコなストーリー。

振り返ってみると、バイオレンス・タイ・コップは悪いやつしか殺していな
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.5

友達と家でゴロゴロ鑑賞。

何気ない風を装ってたけど、3、4回泣きそうだった。

我が家には実際、兄妹の子がいるわけで、お兄ちゃんは実際あんな感じで妹が自分よりも特別扱いされていると思ってるし、そうや
>>続きを読む

トレジャー・プラネット(2002年製作の映画)

2.5

2回目の鑑賞でのレビュー。

1回目は10年以上前だったのですが、その時は「なんか面白かった」と記憶してたので、ちょっと期待して鑑賞。

その結果、期待しないで観ると意外と面白い映画だということが判明
>>続きを読む

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

5.0

何回観ても面白い傑作。

レビューいらない領域だと思うんだけどどうなんでしょうか?

平成生まれの子にはないたくましさが、今の子達が観る時にギャップにならなければ良いんだけどね。

おじさんの心配はそ
>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

4.2

何度も観てますが、観る度に面白いと思う作品。

独創性も、設定も面白いし、観ていて毎回のめり込んじゃう。

表現として正しいのか分かりませんが、全盛期のジブリっぽい、数年間隔で観たくなるアニメの一つ。
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.5

今回も限界ギリギリミッションに挑戦。

ネタ切れ感が否めませんが、相変わらずハラハラドキドキする展開に引き込まれますね。

1人の女性を思い続けるハントは007のボンドとの差別化なんでしょうが、特に本
>>続きを読む

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

3.5

緊張感の中にユーモアもあって、なかなか面白い。

例えるなら踊る大捜査線っぽい。

ツッコミどころがないわけでは無いが、最後まで飽きさせない演出がよかった。

生存者に水を分け与えるシーンとか凄い共感
>>続きを読む

ザ・ゲスト(2014年製作の映画)

3.0

B級ホラーですね。

なに?なにがもくてきなのぉ〜ん!?!?っとラストまで引き込まれましたが、やっぱちょっと弱いのよね。

ボーンアイデンティティー的、人間殺戮兵器のサイコ君。君はどんな開発をされたん
>>続きを読む

ある戦争(2015年製作の映画)

4.0

非常にリアルな戦争映画。

過剰な演出はなく、お世辞にも強そうには見えない兵士達。

戦闘シーンはほぼ無いですが、後半の裁判シーンでは感情移入してしまいました。

こんな裁判が現実にはあるのでしょうか
>>続きを読む

ポンペイ(2014年製作の映画)

2.7

トミーリージョーンズのボルケーノ的映画だと思って観ましたが、剣闘士の話だった。

ラッセルクロウのグラディエーターとトミーリージョーンズボルケーノとディープインパクトを混ぜこぜにし感じ。

ヒロインの
>>続きを読む

ロキシー(2016年製作の映画)

2.4

点と点が繋がんなくてチョット焦った。

最後に無事繋がったけど、だからと言って感動とかはない。

個人的にはThe XXの曲が使われていたのがプラス評価です。

全体的に広く浅ーーーい印象。

ヴァイ
>>続きを読む

バッドガール 最狂の女子高生(2017年製作の映画)

1.0

間違えて鑑賞してしまったようです。
つまんな過ぎて半分も見れず終了。

ブラック・スネーク・モーン(2006年製作の映画)

2.6

タランティーノのパクリ感が凄いけどキャストがサミュエルL.J.だからなのか?

内容が結構ぶっ飛んでるが故に、極めて個性的なお話です。

現実的ではないけど、世界の片隅でこうゆう事起きてるかもなぁ〜。
>>続きを読む

プロジェクト・アルマナック(2014年製作の映画)

2.5

なんかこの感じ見たことある。

子供たちが宇宙人を宇宙に返す的な?(E.T.ではない。)

なんだっけな〜???
なんて映画かなぁ〜。。。

って考えながら鑑賞。

ずーーとハンディカムの画ですが、こ
>>続きを読む

13時間 ベンガジの秘密の兵士(2016年製作の映画)

3.5

ブラックホークダウンやローンサバイバー的、少数精鋭vs圧倒的数の戦い。

これまたTHEアメリカって感じの内容で、イスラム教を虫ケラのごとく蹴散らします。

メッセージ性や政治的な背景は、あってない様
>>続きを読む

SAFE セイフ(2012年製作の映画)

3.2

ジェイソンさん。
なんであの子に感情移入したの?
最後まで分かんない。教えて!

トリプルX:再起動(2017年製作の映画)

2.3

う~ん。面白くはないね。(ファンの方ごめんなさい。)

内容は少年〇ャンプとか少年〇ガジンですね。

最初は敵だったのに最後友達的な!
ワイスピよりさらに子供っぽいかなぁ。

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

3.9

とにかくディカプリオがすごい。

この演技で助演男優賞獲れないのが逆に謎。
若年のディカプリオですが、この時すでに彼の役者魂は確固たるものだったっと証明される映画。
ジョニーデップも負けてないけどね。
>>続きを読む

さよなら、人類(2014年製作の映画)

3.0

鬼シュール。
ヤンシュバンクマイエルンかそれよりもシュールレアリスムですね。

↑これ系好きじゃない人にとっては正直きついと思う。

起承転結もないし何を伝えたいのか?極東の日本からだと距離があり過ぎ
>>続きを読む

英雄の証明(2011年製作の映画)

2.9

シェイクスピアがどうのこうのらしいけど、そうゆう予備知識なしで鑑賞。

とはいえ、妙に舞台じみてるセリフに「なんだ?なんでこんな喋り方なんだ?」と思わずにはいられず、慣れるまで時間を要します。

母親
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

2.3

ダイハード(パート1)です。

ハイテクビルじゃない方が面白いと思う。
ハイテク=なんでもあり的な仕上がりになってるけど、それが本家ビルで大暴れするシリーズと一線を画す。

どっちもハゲてるし、どっち
>>続きを読む

>|