minoriさんの映画レビュー・感想・評価

minori

minori

アイコン変えました〜。
カマロなバンブルビーとNESTのロゴ at USSです。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.8

サイケデリック・アクション版『裏切りのサーカス』という感じ。
あと、ソダーバーグの『エージェント・マロリー』っぽさもあった。

同日に『女神の見えざる手』も鑑賞して、2つの良作のお陰で超満腹感を味わえ
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.4

観終わってから、すぐもう一度観たいと思わされました。

「銃規制法案」「ロビー活動」「ロビイスト」など、聞き慣れない用語や政治的内容に自分の頭が追い付かない事が多々あったけれど、それでも直感的に面白い
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.6

記録。
ちょっと長いけど、最近のVFXは本当に凄いんだなぁ〜と、しみじみ。
ただ、オチの「全部まとめました」感が微妙(苦笑)

Mr.&Mrs. スパイ(2016年製作の映画)

3.4

記録。
ガル・ガドット姐様とアイラ・フィッシャー嬢のビューティー&キューティーコンビが超どストライクだった〜

バッドガイズ!!(2016年製作の映画)

3.1

記録。
頭空っぽで観られるかなーと思ったら、なんか名前や格言が沢山出てきて、割りと途中で訳わかんなくなった。

イマイチ盛り上がりに欠けるけれど、時々出てくるお笑いシーンは面白かった。

スカルスガル
>>続きを読む

フォース・プラネット(2016年製作の映画)

3.1

記録。
マーク・ストロング氏による教育宇宙番組・・・ってところでしょうか。

色々とトラブルは起きるけれど、割りと常に静かな作品。
眠い時に観たら一発でアウト系だと思われます。(笑)

ただ、一人ぼっ
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.0

やっぱり自分は戦争映画が本当に苦手なんだなぁ・・・と、再認識してしまった作品でした。

戦争映画って大概が史実を元に作られているわけで、実際に起きた事を映像化しているんですよね。

しかも、極論だけど
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2017 「誰もいない国」(2016年製作の映画)

3.7

イアン・マッケラン&パトリック・スチュワートというWサー共演作品ということで、是非観ておかねば!と思い急遽鑑賞。

ただ、台詞が戯曲本をベースに翻訳されているため難解&重度の寝不足で、中盤とラスト寝て
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.5

記録。
映像は凄かった。
リドスコは本当にエイリアンとファスベンダーが好きなんだなぁ(苦笑)
てか突然のフランコw

ザ・ブラザーズ・グリムズビー(原題)(2016年製作の映画)

3.5

サシャ・バロン・コーエンお得意の超ド級下品映画で、つよしさんことマーク・ストロング氏が全てを投げ捨てて頑張ってた・・・
なんでこの映画出たんだつよしさんwww

ファンだから一度は観ねばと思ってたんだ
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.6

予想と全然違い、めちゃめちゃシュール(笑)
ダニエルズという監督コンビによる初の長編作品ということで、凄く実験的な映像が盛り沢山な作品でした。

主人公ハンクと、もう1人の主人公メニー君(遺体)。
>>続きを読む

スクランブル(2017年製作の映画)

2.9

なんか、全体的にぬるっとした展開だった・・・

出てくる車がクラシックカーばかりで、好きな人には堪らないんだろうけれど、クラシックなだけあってカーチェイスで大破させるわけにもいかず、イマイチ盛り上がり
>>続きを読む

ソウ(2004年製作の映画)

3.8

記録。
公開当時から気になりつつ、ちゃんと観たのは実は初めて。
個人的にビビりなもので、今まで観る勇気が起きなかったという(笑)
でも観て良かった〜。

勝手にホラー映画だと思い込んでたけど、どちらか
>>続きを読む

アイデンティティー(2003年製作の映画)

3.7

記録。
オチを知っていても、どんな展開になるか
かなりハラハラドキドキさせられた。

エアフォース・ワン(1997年製作の映画)

3.4

やっぱりゲイリー・オールドマンは1人だけ演技がズバ抜けてるなぁ。
他が霞んでしまう。(笑)

でもハリソン・フォードも、無茶苦茶強い大統領を違和感無く演じていたから、これはこれでバランスが良かったと思
>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.6

お誘いいただき試写会で鑑賞。

もう普通に何度も爆笑してしまった(笑)

OP部分は、なんか邦ドラマのダイジェスト版みたいな感じで「うーん」って思ったんだけど、いざ始まってみたら笑いの嵐!

俳優陣が
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

良かった。本当に。

主人公3人の性格・行動・ファッションなど全てがカッコよくて、同じ女性として非常に元気付けられました。

前半部分は、黒人女性に対する差別の応酬で物凄く複雑な気持ちになったけれど、
>>続きを読む

バイオハザード ダムネーション(2012年製作の映画)

3.0

早々T-ウィルス関係ないし、ゾンビというより『エイリアン』の幼虫に寄生されたままの人間が沢山出てくる・・・って感じ。

観る前にwikiである程度調べておいたから何となくついていけたけど、レオンの男前
>>続きを読む

バイオハザード ディジェネレーション(2008年製作の映画)

3.0

記録。
レオンは実写版よりカッコ良かった。
でも、なんかクレアがヌけてる感じのキャラで「?」って思った。
こんな鈍感キャラだったっけ??

素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店(2015年製作の映画)

3.8

初オランダ映画!
色んな原語が出てきて聞いてて興味深かった。
主要登場人物たちが、1人につき2ヶ国語以上は話してて皆凄いなーと思いつつ、自分もオリンピックまでにはもっと勉強しなきゃなとも思いつつ(笑)
>>続きを読む

ダミー(2001年製作の映画)

3.9

究極のジャケット詐欺作品。(笑)

日本版のジャケットが完全にサスペンス仕様(しかも駄作臭しかしないパターンのやつ)なので、殆ど知られていないという代物。

だがしかし眠らせておくには勿体無い作品なの
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

1.0

イザベル・ユペールは凄い。
作品はクソ。

これが大きな印象かなぁ・・・。
何故わりかし高評価なのか理解できないし、私の中のベクトルとは余りにも違いすぎて、判断しかねる。
なのでスコア1。
まあ、0っ
>>続きを読む

ニュースの真相(2016年製作の映画)

3.6

この世の中、一体何を信じれば良いのか。

最後は、何故だか自然に涙が出てしまった。
この作品を観た今の日本の報道関係者及び政府関係者は、何を思っただろう。

俺たち ポップスター(2016年製作の映画)

3.7

随所随所で思わず吹いてしまったw
とにかく大物セレブが沢山出演しててヤバイwww

なんかもう本当、関係各所に怒られなかったのか、なんでセレブたちは皆フツーに出演OKしたのか、このセレブ絶対出演許可取
>>続きを読む

奇人たちの晩餐会(1998年製作の映画)

3.4

記録。
舞台で観てみたい。
あと、吹替声優陣の芸達者さが感じられる作品。

ぼくの大切なともだち(2006年製作の映画)

3.3

記録。
親友の在り方について改めて考えさせられた。
だがしかし主人公がろくでもない性格してて観ていてしんどくなった。

キス★キス★バン★バン(2000年製作の映画)

3.5

記録。
オシャレなコメディサスペンスもので、特に音楽が良かった。
ラストのステラン・スカルスガルドは凄くクールだったなぁ。

バイオハザード:ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.4

ストーリーの端折り方ハンパなかったけど、安定のド派手アクションだったので気兼ねなく観られました。
短いけどローラが銃撃ってるトコも観れて良かったです。

あの戦闘予測システム的なのは、本当にゲームっぽ
>>続きを読む

やさしい嘘と贈り物(2008年製作の映画)

3.8

脚本・映像、共に捻りが効いている。
ありがちな内容ではあるけれども、観ていて飽きなかった。

なにより、主人公のおじいちゃんとおばあちゃんのデートシーンが凄く可愛らしくて、観ていてほっこりさせられまし
>>続きを読む

>|