みほダルスさんの映画レビュー・感想・評価

みほダルス

みほダルス

社会派とホラーが好き。Jホラーに飢えてる。食わず嫌いするけど、突如食いつく時もあり。感想は感情的。構成とか知識を固めた感想を書く人は苦手。自由気ままに観ています。心を洗われる作品や心をエグられる作品が好き♫

映画(1113)
ドラマ(92)

俺たちダンクシューター(2008年製作の映画)

3.0

俺たちスーパーポリティシャン めざせ下院議員!にどハマりした時期があったので、俺たちシリーズを開拓しようと期待しちゃったパターンだけど、全然入れなかった。

曲は耳に残るから 最高だった!!
今回のウ
>>続きを読む

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.8

この地獄の苦しみは ファンタジーですら拭えない。最後の方はただひたすら辛かった。心が割れるような傷みに加えて、ファンタジーが故の希望や願い、それを打ち砕く現実との対比に 苦しみ打ちひしがれた。

現実
>>続きを読む

マンディ 地獄のロード・ウォリアー(2018年製作の映画)

3.0

Mark👁 1111本目。
渋谷ユーロライブ、
Filmarks 試写会にて✳︎✳︎

突拍子もなくカルト集団のトップに目をつけられたニコラス・ケイジの奥さんが、カルト集団によって殺され復讐に燃える夫
>>続きを読む

国際市場で逢いましょう(2014年製作の映画)

4.4

激動の時代に生まれ、父との約束を胸に、家族を守り続けた男の物語。

この作品を観る前と後とでは、すぐに怒鳴る年配の方への感じ方や、価値観までもが変わってしまいそうなくらい震えた。映画を通して人の人生を
>>続きを読む

チェイサー(2008年製作の映画)

4.3

THE 韓国映画!!って感じだけど、他とは格別な面白さを誇りアドレナリン全開。最後まで目が離せなかった。

サイコパスって言葉が多用される現代、本当のサイコパスはこいつだ。文句なし。

馬鹿警察!無能
>>続きを読む

13ゴースト(2001年製作の映画)

3.3

度々タイトルを目にしてきたけど、いつも棚に戻してた作品。失敗しそうで怖かったんだけど、新しい切り口で だいぶ見応えがあった。発想が真新しく感じたので新鮮だったし、ストーリーが独創的なので 観入ってた。>>続きを読む

死霊のはらわた(2012年製作の映画)

3.3

サム・ライミ版の死霊のはらわたと比較してみると、新しい切り口で面白い。

だが、多様化する現代の洋画ホラーで考えてみるとそこまでではなかったかな。

薬物依存や 家庭問題の傷を入れてきたのが現代的だけ
>>続きを読む

死霊のはらわた(1981年製作の映画)

3.5

所々既視感があって、記憶もうっすらあるんだけど、借りたって言う確証がない。と思ったら途中離脱していた過去があった。

今、映画に没頭している時期に再見してみると 死霊に変貌した仲間たちのおぞましさに口
>>続きを読む

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

4.2

あ〜満たされた。素晴らしい!としか言いようのない傑作であった。割と長めなのに飽きさせず、終始気が抜けない。かと思えば、ふいに笑わせてくるセンスが絶妙。

事故が起きた直後に、人命よりもネタを優先し、身
>>続きを読む

セル(2015年製作の映画)

2.5

スティーヴン・キング原作の映画化……最近ハズレ多くない?? 恐らく期待値が異様に高過ぎて、凄いものを観せてもらおうって思ってしまう自分がいる事もまた事実なんだけど、にしても期待を裏切られ過ぎてもはや観>>続きを読む

JSA(2000年製作の映画)

3.8

最後の一枚の写真がじっとりと重く、心に切ない余韻を残した。やるせない気持ちと苦しさが 一気に込み上げてくる。

歴史を描いた戦争映画は多々あれど、現在進行形で起きる事柄を背景に 生々しく描かれると、こ
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.7

誰かとの出逢いによって、自分の人生が、一瞬にして意味のなるものに変わる瞬間がある。
自分の存在が無意味に思えて、誰からも必要とされない孤独さから消えたいと思ったり、破滅的な生活を送ってしまうのが人間。
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.8

予告編が謎過ぎたので あんまり期待はしてなかったけど、面白かったし良かった!!

そこには人間の陰謀と欲望が絡まっていて、猛威を振るう自然災害以上に恐ろしいドラマも見れたので大満足。
(ますます24が
>>続きを読む

劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし(2013年製作の映画)

2.8

ミッフィーちゃんが映画になるってどんな感じなんだろう?と興味本位で観てみたけど、実にシュールだった。歩き方や後ろ姿は勿論、宝探しの歌は 途中から病みつきになってしまうコミカルさがある。木の周りをぐるぐ>>続きを読む

トム・ホランドの世にも恐怖な物語(2014年製作の映画)

2.3

2014年制作でこのクオリティ…逆に凄い。かなりの低予算なのかな?安っぽ〜いCGに冷めた。CS放送でやってるミステリー枠なら納得だけど、これが何故 映画扱いになるのか謎で仕方がない。

オムニバスは大
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.9

いい意味で期待を裏切られ、不意を突かれて動揺した。最初と最後でこんなに印象が変わる映画もそうそう無いと思う。

いつもレンタルショップでこの作品を気になっては、ジャケットから連想するイメージと自分が観
>>続きを読む

親切なクムジャさん(2005年製作の映画)

3.6

意味深で気味が悪くて、ずっとタイトルが気になってた作品。話の内容やジャンルは知らなかったから陽気なコメディかと思っていたが… 蓋を開けてみると 静かながらにドロついてて不気味だった。

豚の肉欲シーン
>>続きを読む

俺たちスーパー・ポリティシャン めざせ下院議員!(2012年製作の映画)

3.6

好みの分かれる下品さを持ったアメリカンドリームを感じさせてくれる楽しい作品。期待以上に良かったので、びっくりした。

Mr.ダマーのように下品さにタブーが絡んでこないので、単純に私は好き。何度も声を出
>>続きを読む

ザ・コア(2003年製作の映画)

2.9

劇中の緊迫感に入りきれなかった。
過去に 地球の中心まで穴を掘ったらどうなるのだろう?裏側に辿り着くのかな?って気になって仕方がなくなり調べた事があり、どういう終末を迎えるかは勉強済みなので、この映画
>>続きを読む

スプライス(2008年製作の映画)

3.3

気持ち悪いマニア必見!!!観るなら自己責任で。精神的にも視覚的にも、かなり胃にくる気持ち悪さだった。科学者カップルが実験に息詰まり、女の強引な行動から新たなクリーチャーを誕生させてしまうのだが…
そこ
>>続きを読む

チリ33人 希望の軌跡(2015年製作の映画)

4.0

当時のニュースを固唾を飲んで見守っており、あまりにも知名度の高い事故だった為、この映画が作られたと知ってからずっと観てみたかった作品。

当時はニュースを見る度に、もっと早く救出できないものかと心苦し
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.0

是枝監督の作品は何作か観てるけど、淡々としていて 核に辿り着くまでに飽きてしまう事が多くて あまり得意ではない。
結局は真実すらも曖昧にして 空気と余韻でじんわりと考えさせるよね。今作もそんな空気を持
>>続きを読む

第9地区(2009年製作の映画)

3.3

うーん…微妙。私の嫌いな権力主義アメリカが詰まっていたような感じがして、観てていい気持ちはしなかった。第9地区にエイリアンが住み始めて移住計画なんやかんや言っているが、立ち退きの話をしに行く過程で 相>>続きを読む

クネクネ(2010年製作の映画)

2.0

あまりの評判の悪さに、一周回って興味をそそられてしまった作品。へ?途中からゾンビ映画?笑

役者達(特に父親)が刑事ドラマさながらのオーバーな 芝居をするのがかなり浮いていたのだが、あまりに酷いなら
>>続きを読む

インシディアス 第2章(2013年製作の映画)

3.8

エリーズぅぅ……(;‸;)辛い。どうにか繋がると思っていたがそう甘くなかった。近年の洋画ホラーの中では一番好きです。今作は前作との繋がりがじっくり噛み締められたので、ただ怖いだけでなく凄く良かった。い>>続きを読む

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

3.8

自分がガンと宣告されたら、どんな反応をするだろう?
私ならきっと信じられないと思う。主人公がガンと宣告され、病院で他の患者の実情を見ながら何故か笑いが込み上げてくるシーンで私なりの答えが見えた。多分
>>続きを読む

クライムダウン(2011年製作の映画)

2.8

アリソン最強映画。山から落ちても川に流されても、アリソンだけは死なない。
他は面白いくらいに死ぬし、皆さん仰る通り、途中から山関係なし。

予告観て 面白そうだから手つけてみたけど、面白くなりそうなの
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.2

圧巻のクオリティ。素晴らしかった!!
現代社会を風刺した辛辣な内容に絶句しながらも、二転三転とめまぐるしく展開するスリリングさは至福。父の強い執念はお見事としか言いようがない。父親版 チェンジリングと
>>続きを読む

心霊ドクターと消された記憶(2015年製作の映画)

3.6

こういう類のホラーは久しぶりだった。静かなので心拍数が上がるような事はなかったが、ミステリーとサスペンスが融合していて、そこにホラーが少し乗っていて、じんわりと突き詰めていくので、真相が分かる度に面白>>続きを読む

バチカン・テープ(2015年製作の映画)

3.3

想像してた感じとは違ったけど、全体的にはなかなか良い作り。終わり方は うーん…なんとも言えないけど、神も悪魔も信じてないので 普通にホラー映画として楽しめたし、いかにこの悪魔の力が強いか知らしめて終わ>>続きを読む

ファンハウス(2015年製作の映画)

2.7

最初のシリアスな空気が気に入って見始めたけど、途中から 悪趣味変態娯楽バカ映画に変貌した。笑ってしまう箇所も多々あり、呆気なく人が死ぬタイプ。もう引き返せないところまで観ていたので、頑張って最後まで観>>続きを読む

インシディアス(2010年製作の映画)

3.7

ようやく観れた一作目!!
インシディアスとの出逢いは、順番が前後してしまい、何故か序章からのスタート。まぁ序章は普通に単体でも面白いし、特別話が分からなくなるような事もないので問題はないが、ようやく一
>>続きを読む

スーパー・マグナム(1985年製作の映画)

2.8

ブルース・ウィリス版のデス・ウィッシュがあまりにも良かったので、興味本位で観る事にした3作目。

うーん…つまらないわけじゃないけど、これと言っては特筆すべき点がない。
なんか、、あ、あ、浅い。午後ロ
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

4.0

15年越しの思いを経て、ようやく観る事ができた。当時から気になっていたが、パッケージを見る度に一抹の不安が込み上げ、通り過ぎてきてしまった一本。ずっと恐れていたこのハンマーを持つ男のパッケージ、映画を>>続きを読む

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

3.8

アル・パチーノの顔面への苦手意識を完全克服した映画。前作に比べて色気がパワーアップしてた。そこにはドンになった彼の責任もそうだが、目で物を語る表情、洞察力、冷酷かつ冷静に、したたかに確実に行動を起こし>>続きを読む

>|