どどこさんの映画レビュー・感想・評価

どどこ

どどこ

映画(290)
ドラマ(0)
  • 290Marks
  • 12Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

つまらなくはないけど、自分にはハマらなかった。やっぱり好きな役者さんが出ているかどうかって大きいのかなぁ。
いや、ストーリーなのかな‥?
映画館に観に行こうとは当時も思ってなかったからな‥

でも続編
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.6

前情報全くなく、あらすじさえも知らないまま視聴。ほほぅ、こういうストーリーだったのね。ノンフィクションて訳ではないのかもしれないけれど、これに近いようなことは多分起こっていたのだろうと想像。私の知らな>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます


〈ネタバレ〉
私の苦手な(嫌い という意味ではなくハラハラしちゃって見てられないの意味)主人公が追いつめられていく系の映画だったけれど面白かった。映像も美しい。

あんなに凄い努力が出来る人は、もう
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール【S】(2019年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ヘンタ、、いや、究極のフェチを演じる松田翔太さんを楽しむ映画。「トレビアーン!」は笑っていいとこ‥だよね。
そして窪田正孝くん、痛そうな叫び声がいいね、というか上手い。レビューの評価が結構低いイメージ
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

4.0

普通にエンターテイメントとして楽しめたので映画館で観れたのは良かったけど、民法のテレビ21:00~ぐらいでこれを放送出来たらいいのにと思った。映画自体はフィクションと謳っていることだし、どう思うか、何>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.5

最初の15分くらいは‘わかるわー 家到着してても ちょっと無理してでも会いにいっちゃうわー’とテルコに共感していたけど、そこから先は、好きになったら毎日その人のことでいっぱいになっちゃう。ってとこ以外>>続きを読む

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

やっぱり映画になるとこうなるよねぇ (前半死んだふりの部分) 私の中ではR.I.P.の墓石は立派な感じじゃなくて発泡スチロールなんだよなー(笑) で、旦那さんは基本死んだふりをスルー(無視ではない)、>>続きを読む

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.1

まず映像がキレイ。DVDより映画館で観るべき映画のような気がする。
そこまで沢山のセリフがある訳でもなく物語も淡々と進んでいくので、外村を演じるのは難しそうだな、、と思いながら見ていましたが、山崎賢人
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

最後の崖のシーン、月末の手を掴み崖から飛び降りる時、宮腰はどんなことを思っていたのだろう?

全体的な映像の雰囲気は嫌いじゃないのだけれど、映像的に最後 ちょっとコメディか?的になってしまった気がして
>>続きを読む

無伴奏(2016年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

1969~1970年にかけてのお話。
色々結末が簡単すぎたので、その辺りがもう少しじっくり描かれていたらもっと好きな映画になっていたような。個人的には響子が渉を思う気持ちがもっともっと強烈に伝わってき
>>続きを読む

贅沢な骨(2001年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

側に誰か居るのに
孤独なのは淋しいね。

新谷さんのことが一番解りにくかったけれど、やっぱり彼もすごく孤独だったのかな。

そして、
ジョジョはやっぱりカッコいい‥

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

2.6

こういう状況に少しでも近い人は見るのをあまり薦められないなあ。落ちてしまいそう😖 (既に仕事を辞めることを決めているなら良いかもだけど)
嘘みたいだけど、あーいう上司いるからね、、よく考えたらあんなこ
>>続きを読む

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

伊坂さんらしいストーリー。正直、小説は『ポテチ』のほうが物凄く印象に残っているのだれど、この映画を見て小説を再読したくなった。色んなことが繋がって繋がって今がある。その時はたいしたことに思えなくても後>>続きを読む

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

原作は未読。

*ちょいネタバレ?

子供たちの演技が自然で良かった。浅野さん演じるお父さん、充分良いお父さんに見えていたけれど、やっぱり人間同士って難しい。良かれと思ってのことでもやはり変に隠さず話
>>続きを読む

まほろ駅前狂騒曲(2014年製作の映画)

3.6

小説を思い出しながら視聴。このシリーズ、瑛太さんの多田、松田龍平さんの行天 共に配役に文句なしっ

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

途中まで『だから、白岩みたいな人が、優しいけどこういう人に半端に優しくされるのが聡みたいな子にとっては後々死ぬほど辛いことになるんだよー』みたいな気持ちで観ていたけれど、最後のほうで白岩が聡に電話で語>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

2.9

何かを、何処かを少しずつ変えたら面白い映画になりそうなのだけどなぁ。
映画というより、2時間ドラマを観た後のような余韻だった。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます


わりと生々しい感じのお話。
こういう恋愛も世の中にはあるだろう。ツチダみたいな女の子、意外と優しい子多いから私は嫌いじゃないけど、ダメた人はトコトン ダメだろな。
良かれと思ってしてることが、結果
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.0

拓人的なとこ、自分にもあるかもなー。

自分がこれくらいの年齢の時、SNSなんてものが世の中に溢れていなくて本当に良かったと思う。

>|