しまうまさんの映画レビュー・感想・評価

しまうま

しまうま

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

差別や偏見は、周りの人間はその苦しみに気づくことすらしない。
当たり前だった風習を文字通りぶっ壊すケビン・コスナーがめちゃかっこいい。

三人がいろんな苦難を苦しみながらも前向きに乗り越えていく姿が観
>>続きを読む

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.3

言葉のない静けさの空気感は結構リアルで好きなかんじだったけど、個人的には感情が動かなかったなあ。

駒木根さんの高校生役がハマりすぎてて最高だった!こういう高校生いるいるってかんじで。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.5

きこちゃんのかわいさを楽しむ映画。

色味とか演出もポップで楽しかった。

妻夫木くんはあんなに二枚目なのに、三枚目の役が本当にうまいなあ。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

4.0

五臓六腑にズンとくる映画。

重い〜重いわ〜全然共感できないわ〜
だけど、涙が出ちゃう〜なんだこれ〜

とにかく主演の御三方が素晴らしかった。
吉高ちゃん怖い美し〜
松ケン渋かっこい〜
桃李くん落ち着
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.5

全く共感できなかったなあ。

ミシェルが強いとか恐いとかは思わなかったし、そんなに強烈でもなかった。

隣の奥さんが一番恐いよ… あの台詞…

パターソン(2016年製作の映画)

4.1

何かが起こりそうで終始ざわざわするのなんでだろう。音かな。

画面上に全く隙のない映画。全てにきっと意味があるんだろうと思ってしまう。

アダム・ドライバーの鼻筋をなぞりたい人生だった。

春なれや(2016年製作の映画)

3.6

3作連続の上映だったので、この前の「わさび」の感情を引きずってしまってあんまり入り込めなかった。すみません。
施設の描き方は結構はっとさせられた。
エンディングのCoccoの歌もよかった。

わさび(2016年製作の映画)

3.9

噂には聞いていたが、芳根京子すげえ。ドラマなどで何度も見たことあったけど、この映画が一番よかった。
セリフは少ないのに、心の動きや葛藤が痛いほど伝わってくる。
ラストの言葉からはいろんな感情がどばぁと
>>続きを読む

此の岸のこと(2010年製作の映画)

3.7

老々介護の厳しさがドキュメンタリーのようで、息ができなくて苦しくなる。
目を背けようとしている自分と、目を背けられない現実との狭間で、いろんな感情が…つらい。

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.8

原作未読。
歴史の知識はそこそこあるつもりだったけど、それでも結構わからないとこあった。これは原作読んでから観ることを強くおすすめする!

大まかな流れはわかったけど、細かい小ネタの意味がわからず…で
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

観終わった後の自分の感情がうまく言葉にできない。なんだろうこの感じ。いろいろと考えを巡らせて止まらなくなる。なんだか不思議なものを観た。

SFなのに日常の延長のようなかんじで、じわじわとした感情の動
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.7

主演の浜辺美波ちゃんと北村匠海くんがとってもよかった。
書き文字っぽい台詞を言ってもギリギリ違和感ないかんじの絶妙さがよかった。美波ちゃんのあの瑞々しいキラキラ感はなんなんだ。声もすてきじゃないか。
>>続きを読む

裁き(2014年製作の映画)

4.0

外から見ると信じられないようなことも、その空気にどっぷり浸かってしまうと、それが当たり前の日常になってしまう。

そんな空気に引きずりこまれるような
不思議な時間だった。

映画を観たというより、夢の
>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

3.9

人間ってここまでいくと
こんなに神々しい動きができるのか。

バレエは全く詳しくないけど、
なんだこのダンスは。
ずっと観てられる。

そしてまだ20代とは!
倍速で人生を経験したんだなぁ。

生い立
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.8

このタイトルが怒りの訴えであることに気づいたとき、鳥肌が立った。

どん底を経験した人にしかわからないリアルな感情がそのまま描かれてて、すごい。

涙と嗚咽が止まらないまま映画館を出たのは久しぶりだっ
>>続きを読む

秘密 THE TOP SECRET(2016年製作の映画)

3.0

期待してただけ、
いまいち物足りなかった感。

細かいこだわりはよかったけど、大きな感情の勢いみたいのが個人的にはあんまり感じられなかった。

映画館で観たら違ったのかな。

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.3

絵は綺麗だった!
特に背景はもう、さすがです。

ストーリーはあんまり目新しさはなかったかな。個人的にはジブリのダイジェストみたいな印象を受けた。それはそれで贅沢なんだけど。

ファミリーで楽しめるか
>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

3.1

大衆向けのエンタメ映画。
思ったよりコメディタッチだった。
個人的にはもっとドロッとした闇の部分の表現を期待してただけに、うーん。

後半の川のシーンはよかった。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.3

原作は観てないので、事前情報全くなしで観たら、めちゃくちゃ面白かった。

構成も俳優陣も完璧。どんどん展開されるストーリーにのめり込んでしまい、あっという間だった。被害者遺族に感情移入して怒りの感情が
>>続きを読む

映画 山田孝之3D(2017年製作の映画)

3.3

山田孝之ファンではないが、「カンヌ」が面白かったので、舞台挨拶付きで鑑賞。

東宝で、しかも3Dでやっちゃうところがめちゃくちゃ面白いし、大好きだ。

劇場で観るからこそ、逃げ場がないので、山田孝之と
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.9

嫌悪と執着、不安と期待、光と闇、相反するものが混ざり合ったような、東京に生きるということを映像にするとなるほどこうなるのかと思った。

観たときはそんなにしっくりこなかったけど、仕事の合間にふと印象的
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.8

エンタテインメント作品としてかなりクオリティが高い。原作の空気感を見事に映画に落とし込んでいる。

こだわりは随所に感じられるけど、なりより菅田将暉の振り切り方がすごい。

エンドロールのクリープパイ
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

4.1

光と言葉がきれいな映画。
台詞が詩のようにも聞こえる。
ラスト、エンドロール導入前の間合いといい、曲の入り方といい素晴らしかった。
樹木希林が最後に全て持って行った感。すげえ。

追憶(2017年製作の映画)

3.9

評価があまり高くなかったので期待しないで観たけど、なんだ普通に面白いじゃないか。

確かにザ・邦画という感じで照明や台詞なんかも昭和感漂いまくっているので、最近の自然体な演出が好きな人には合わないかも
>>続きを読む

聖の青春(2016年製作の映画)

3.9

松ケンすごい。
もう誰?ってぐらい。
見た目も言動も別人にしか見えない。
すごいなぁ。

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.3

青がきれい。

全く情報を得ずに観たのでこんなストーリーだとはびっくりした。

独特な手ぶれと彩度高めの光が印象的。
最後のカットはかっこよくて特に好き。

ザ・ムーン(2007年製作の映画)

3.8

月に行ったじいさんたちの語りがやたらとかっこいい。映像もきれいでいい。

ー偶然の産物にしては地球は美しすぎる。

確かに!と思った。
月に行ったからこそ感じる地球の素晴らしさが語られてたところがグッ
>>続きを読む

プリティ・プリンセス(2001年製作の映画)

3.1

アン・ハサウェイかわいい。
かわいいは正義。
細かいことは気にしない。

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.2

原作の再現度は文句なし!
だけど、やっぱり前編後編わけるのはどうなの。
前編観ただけだとまだ何とも言えない。

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

3.9

構図がビシッバシッといちいち決まっていて気持ちがいい。
光と闇の描き方が美しく、
特に暗闇での乱闘シーンは今観ても斬新でかっこよかった。

4時間は体力的にかなりキツかったけれど、
あの衝撃的な結末が
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.7

予想以上に変態映画だった。ただ、中途半端にならず、完全に振り切っているので、一周まわってもはや清々しい余韻。

ストーリーの展開も面白く、屋敷のセットのこだわりもすごいので、最後まで飽きずに観れた。
>>続きを読む

人類遺産(2016年製作の映画)

3.8

スクリーンに映し出される何かが、かつて何だったのかを脳内でひたすら探す。
SF映画に出てきそうな信じられないような風景もあって、思考が停止する。

たまたまだけど、今日観れてよかった。
廃墟という言葉
>>続きを読む

あなた、その川を渡らないで(2014年製作の映画)

3.6

お二人がおしゃれでペアルックの服がかわいい。
先月観た日本のドキュメンタリー「ふたりの桃源郷」を思い出した。
必ず来るそのときをどう迎えるのか、考えさせられる。

二郎は鮨の夢を見る(2011年製作の映画)

3.4

鮨のシズル感すごい。
赤身がキラキラ透き通って、宝石みたい。
見た目だけでもう美味しそう。
一体どんな味がするんだろう。

偉大な父を持った二代目の苦悩、乱獲の問題、長男と次男の生き方など、様々な事
>>続きを読む

>|