pralineさんの映画レビュー・感想・評価

praline

praline

アンテベラム(2020年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

これはしてやられた!
マリグナントに近い感覚でウワー!となったけど、アレとはまた方向が真逆。澤村伊智の『ずうのめ人形』のような感覚。

トンデモSF風に行くのかと思いきや、こう来たかと。
実際この現代
>>続きを読む

ほんとうのピノッキオ(2019年製作の映画)

3.5

ガローネ監督のこだわりといい意味で悪趣味なキャラクター造形が爆発していて好きだなぁ。
ストーリーはピノッキオ準拠であまり強い脚色は無さそう。残酷すぎた原作にちなんだ箇所もあって、でも子どもにも見せられ
>>続きを読む

ビヨンド 4K レストア版(1981年製作の映画)

3.0

顔面破壊と虫。
イヤな感じの演出オンパレードなのに下品じゃないんだよね。
個人的にはもっとゲスい方が好きなんですが、この世界観にどっぷりな人がいるのもわかる。
もう少しフルチを勉強したい。

ザ・トリップ(2021年製作の映画)

3.5

ケツゥ〜!!!いてぇ!!!
ブラックコメディだし血の気多めで、サクッと見られる良作でしたわ!
さすがウィルコラ監督!

ビルド・ア・ガール(2019年製作の映画)

3.6

自分に何もないと思えば作ればいいし、失敗してもそこで終わりなわけじゃない。
当たり前なんだけど、大人になればなるほど身動き出来なくなって縛られていたことから解放してくれる作品。

ブックスマートや他作
>>続きを読む

べネシアフレニア(2021年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

仮面男の無慈悲な殺しっぷりから、めちゃくちゃカッコいいジャッロな色づかいのオープニングでテンションMAX。

オーバーツーリズムという、日本も他人事ではない社会問題をはらみつつ、サスペンススリラーとし
>>続きを読む

マリグナント 狂暴な悪夢(2021年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

とにもかくにも最高。
ジャッロな雰囲気とビジュアルとカメラワークから入って、ベタベタなオカルトホラーかと思いきや、何転もするこの展開、なかなか予測できない。
ジェームズ・ワンがやってくれたな!!って感
>>続きを読む

レッド・ノーティス(2021年製作の映画)

3.7

これだよコレ!ロック様にはこのくらい強く在ってほしい。
ナンセンスな冗談をかまし早口でしゃべるレイノルズも最高だし、その二人を出し抜く流麗なガル様も最高。
アクションもストーリーもテンポ良くて見やすく
>>続きを読む

ジャングル・クルーズ(2020年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

ジャウム・コレット=セラ×ロック様ってことで期待してたんだけどてんでハマれない。
自立した女性像を履き違えていて、わがまま放題振る舞ってワーワー喚き散らす「嫌な女像」No.1を見せられた感じ。
そんで
>>続きを読む

ザ・ファブル 殺さない殺し屋(2021年製作の映画)

3.6

前作よりもハード&ダーク目な感じで楽しめた。
それにしても岡田くんのアクション凄すぎるなぁ。演出も兼ねているなんて、もはやアクション俳優の域。

平手ちゃんの体当たりな芝居、堤さんの安定の悪役もよかっ
>>続きを読む

エターナルズ(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

言うほどハマらなかった…かも。
良いところもたくさんあるものの、ギルガメッシュを死なす必要あったか…?とか、考えてしまう。
ヒーローモノというよりは、人間味が強くて、サークル内のゴタゴタを見てるような
>>続きを読む

映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ(2021年製作の映画)

3.9

切なくて泣ける前作よりは、すみっコの日常にフィーチャーした感じ。
とかげがスポット当たっていて、またこれが可愛い。
泣けるところはないか〜と安心していたけど、じわじわと来る。
また、前作を観ているとわ
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.6

騙し合いバトル的な触れ込みとはいい意味で違って、真摯に本や雑誌というものに向き合うプロフェッショナルな人々の物語。
これほど自分の仕事に情熱…とまでいかなくとも、責任をきちんと持てる人に囲まれていたら
>>続きを読む

ハロウィン KILLS(2021年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

試写から2回目。
前作のバチバチなバトルから一点、ローリーはほぼ動けないし、ローリー以外はみんな動きが悪いしで三部作の真ん中でちょっと谷になる感じではある。
けれど78年版での生き残りキャストが出てき
>>続きを読む

アミューズメント・パーク(1973年製作の映画)

3.5

この作品から数十年経ってもなお解決されない、それどころか悪化してゆく高齢者問題。
僕がそこに差し掛かる頃にはどうなっているんだろう?
今より酷くなるのなら、この作品を笑うことなんてできない世界になって
>>続きを読む

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

3.6

眠気との戦い、とまではならなくてよかった。
ドゥニ監督作品は不勉強なのでブレランのイメージが強いのだが、本作も通ずるイメージの世界観だったな。
これが原作勢からするとイメージ通りなのか、ドゥニワールド
>>続きを読む

アーミー・オブ・シーブズ(2021年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

シュヴァイクホファーくんやっぱいいなぁと思っていたらのスピンオフなのでありがてぇ。
本編よりこっちのが面白いのでは…?ってくらいは楽しめた。まぁベタな展開ではあるんだけど、安心感あってね。

でもさ、
>>続きを読む

屋敷女 ノーカット 完全版(2007年製作の映画)

4.0

チェックしそびれ。

スクリーンであの迫力を観られて大満足です。

CUBE 一度入ったら、最後(2021年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

オリジナルシリーズは2まで鑑賞済み。
何故今日本でCUBEなのか?
年齢制限掛けずにやる意味があるのか(年齢問わず広く見てもらい興行収入上げるためだけど)?
考えても答えは見つからんのでハードルはかな
>>続きを読む

最後の決闘裁判(2021年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

科学的見て、とトンデモ理論が当たり前に展開されるような時代。
少し前の日本だって、「女は三歩下がって」だの「三つ指ついて」だのそんなのが日常だったわけだが、この時代は比べ物にはならない。
女は物。妻を
>>続きを読む

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

3.8

ガイ・リッチー感が濃すぎず、ステイサム映画としてはステイサム感抑えめ。
静か〜な重低音のような、まさに劇伴のコントラバスの音色みたいな映画だった。
その渋さ、抑えめな感じはオリジナルに寄せてるのかな?
>>続きを読む

クライモリ(2021年製作の映画)

3.7

これまでのシリーズから随分舵を切った感。
でも理屈の通じない奇形人間相手じゃないからこそ、厄介になった感じはする。
自分達のルールで社会を築いた凶悪ミッドサマー、ホルガ村。
むしろそういう奇形の人を出
>>続きを読む

キャンディマン(2021年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

隠したい歴史は闇に葬って綺麗さっぱりはい再出発!としたって、上辺だけ綺麗でも、そのシミは永遠に残るし忘れさせない。
そんな意地でも風化させない強い意志の込められた差別ダメダメスラッシャーにアップグレー
>>続きを読む

キャンディマン(1992年製作の映画)

3.5

ハンニバルのときのレクター博士みのあるストーカーやんけ…とか思ったとか思わないとか。

まあ冗談はさておき、差別が生んだ悲しい都市伝説が、忘れられ消え掛ける中で、風化させてはいけないのだと現れる…とい
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2021年製作の映画)

3.4

オリジナル版も観ていたのだが、準拠していて特に変わりはない。
ただ、整えられた環境とあのトイレの妙な清廉潔白な雰囲気、そして神経質そうで目力のあるギレンホール。
この辺の要素が物語の見せたい部分を際立
>>続きを読む

PITY ある不幸な男(2018年製作の映画)

3.5

静かなる狂気。

なぜこんなことを?幸せな暮らししてんのに?って人は思いがちだけど、心が満たされてるかどうかってわかんないよね。
満たされるってのは金や家族がいるとかじゃなくて、その人が「満たされた」
>>続きを読む

死霊館 悪魔のせいなら、無罪。(2021年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ウォーレン夫妻しか勝たん。
彼らの馴れ初めとシリーズの積み重ねもあって、互いをどれほど大切に思っているのかが伝わってくるロマンスドラマだった。
そしてその愛を利用された、愛なき呪いとの戦いもよかった。
>>続きを読む

地獄の花園(2021年製作の映画)

3.6

ゲラゲラ笑いながら観た!
出演者は実力派ばっかだし、みんな真剣にやってて良かった。
突拍子もない設定の中で、完全にヤンキー漫画のノリを真面目にやって面白くなった成功例って感じだ。
ハイアンドローみたい
>>続きを読む

空白(2021年製作の映画)

3.5

様々な人々の押し付け、正当化、不寛容さが入り混じる群像劇。
人は人に傷つけられるし、人に救われる。
各々のバックボーンが描かれないからこそ、もしかしたら育て方が悪かったとか色んな理由はあるかもしれない
>>続きを読む

ダーク・アンド・ウィケッド(2020年製作の映画)

-

雰囲気はとてもいいし、家族の老後などへの不安、罪悪感などの重さがホラーに繋がるのはとてもわかるからこそ怖い。
けど、最近このテイストのものがちょっと増えてきてお腹いっぱい感はあるかな…。

プリズナーズ・オブ・ゴーストランド(2021年製作の映画)

1.5

世界観は良いのだけれど、小劇場みたいな演出と役者へのリスペクトの無さが好きではない。

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

3.7

鈴木亮平という役者の凄まじさを改めて見せつけられた。
それに食らいつく松坂桃李。
続編となって、役所広司が不在ということでどうなんだろうと思っていたけれど、そんな心配は必要なかった。
イカレっぷりが過
>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

3.9

人生の酸いも甘いも、まるで飲酒量の加減のように表情を変える。
確かにお酒をちょっと飲んで人と対するとうまく話せたり、大胆になれたり、良い要素もあるんだよな。
でももちろん飲みすぎたら正体を失うわけで。
>>続きを読む

クリスマス・ ウォーズ(2020年製作の映画)

-

もうちょっと振り切ってほしいってか、やるならドカンといってほしかった。
人物描写、アクション、どっちにも重きをおこうとした結果地味にまとまった感じ。
スノー・ロワイヤルみたいになるかと思いきや、そこま
>>続きを読む

整形水(2020年製作の映画)

3.6

少女マンガ的なビジュアルとエグい演出は、まさにかつての日本のホラー漫画を彷彿とさせる!
けれどルッキズムの闇だったり、性格がひん曲がったキャラクターたちだったり、韓国映画のどろんとしたダークさはきちん
>>続きを読む

>|