味噌のカツオさんの映画レビュー・感想・評価

味噌のカツオ

味噌のカツオ

  • List view
  • Grid view

ビジランテ(2017年製作の映画)

-

長男・一郎、次男・二郎、三男・三郎って役名は超わかりやすい設定ね(笑)

でも親父が息子にそんな名前付けるって…
裏を返せば「こんな風に育ってほしい」とかの思い入が全く無い、愛情のカケラも無い証でもあ
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

-

何度も予告編を目にしていたので、クオリティの高い冒険ファンタジーであることは予想つきました。
んで実際、とても楽しめました。

やはり山崎監督の持ち味といえばVFX映像ということになるのですが。
その
>>続きを読む

猫が教えてくれたこと(2016年製作の映画)

-

撮影は全編トルコなのかな。
ドローン映像と思われる空撮の導入部がとてもキレイで。
やがてイスタンブールに暮らす猫の姿を捉えるわけですが。

これは決して猫のドキュメンタリーという風でも無くて。
猫と共
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

-

正直 あまりよくわからない映画だったです。
パンク好きで内気な少年が ちょっと不思議な女の子に惚れちゃって。

でも実は彼女は異星人であったと。
そしてボチボチこの星を離れなくてはいけないと。

意外
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

-

物語のアウトラインはぼんやりわかるけど、駆け引き込みの会話が、字幕を読んでいても何だかわからない。
飲み込んでる感じはするけど、味が、味わいが全くわからない。

その辺りが理解できると、もっと粋で洒落
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

-

ファーストカットが いきなり「おっ!」と思わせてくれるものだとか、そういうことはさておき。
それ以外でも 所々で絵の見せ方や音楽の使い方がカッコよかったりして。

そんな引っ掛かり、取っ掛かりはありつ
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

-

本来は 主人公である女性の成長物語なんだけど、見ようによっては 男のバカさ加減にも気付ける映画だね。

確かに子供の頃、砂場で山とか川とか橋なんか作っては、怪獣になったつもりで踏みつぶして、壊して遊ん
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

-

原作が出版されたときには「花火じゃなくて火花なの?」みたいなことも耳にしたりしましたが、この映画版を見たらそれはそれで納得できました。

冒頭の 打ち上がっていく花火の2本の光の筋。その光の筋こそ彼ら
>>続きを読む

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

-

我々の日常生活でも仕事でも娯楽でも。いくらも新しいテクノロジーが入ってきてるけど、お葬式はずっと変わらないというか。

今どきの若者でも、いっぱしの引きこもりでも、キャリアウーマンでも。いざとなれば
>>続きを読む

ポンチョに夜明けの風はらませて(2017年製作の映画)

-

一応原作はあるそうですが。あまり事前情報を入れずに見に行ったんだけど。そんなにストーリーとか気にせず、コイツらと同乗した感覚で見て正解なのかな。

タイトルの「ポンチョに夜明けの風はらませて」って、な
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

-

冒頭の戦闘シーン。
森の中で 猿たちの砦に奇襲をかける人間たちの姿を、一般的な兵士の視点ではなく、ドローン映像といいますか、上空から捉える視点はなかなか斬新。

“グレート・ウォー”というだけあって、
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

-

蒼井優演じる楊さんの態度が素晴らしくて。
あのしゃべり方、麻婆豆腐の置き方には泣けましたね。オモロ過ぎて。

今作の瑛太さんを見て。
ロバート秋山を8頭身にするとこんな雰囲気になるかなと。ぼんやりと思
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

アカデミーでも評価を得て、日本での見た観客の満足度も高水準。

ただし。
わたくし的には、それほどでもなかったというのが正直なところ。
目を奪われるような描写も、グッとくるシーンも、いくらか弱かったか
>>続きを読む

HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話(2016年製作の映画)

-

良く言えば『別離』や『セールスマン』などのアスガー・ファルハディ監督のスタイルにも通じるところがあるような。
「あなたなら どう行動しますか?どう考えますか?」と試されるような。

ただ 今作に於いて
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

-

あのダニエル・ラドクリフが、冷たくなった死体役をこれほどまでに熱演するとは。それだけでも見ものです。

ところで 本編の多くの場面で「プープー」「ブリブリ」とオナラが鳴り続けるのですが。
その音もサン
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

-

ネット上でも実際の映画の冒頭部が公開されてまして。あらためて見直してみましたが、セリフの無いまま 展開される約6分のシークエンス。
カーアクションが素晴らしく、それを見るだけでも引き込まれるし。なんな
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

-

わたくし的に、ちょっと前にテレビで冤罪の死刑囚のドキュメンタリーなんかも見ていたので、ここで扱われるストーリーも ずいぶんとヒリヒリと見たわけですがね。
多くの人からすると そういうことよりも、実際は
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

-

さすがにノーランの作品だけあって、映像の迫力に圧倒され、体に響いてくる銃撃音には恐怖すら覚えました。

ですが、海岸、船、戦闘機と様々な状況での危機を、時間軸を違えて(106分で)見せるので、人間ドラ
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

-

ゆくゆくは地球を侵略するべく、人間の体を借りて 地球人について調査している宇宙人。

そうか、宇宙人が人間の体に入り込んでいるんだね。
それ すなわちウルトラマンと一緒やね。
って本質、全然違うけど。
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

-

正直、ダメでしたね。
わたくしには合わない代物でした。

物語が進むにつれて増えていく登場人物。
それらの名前、人間関係が追えない。というか全員がクセがあり過ぎで。

この人が元ダンナで、それでいてこ
>>続きを読む

きみの声をとどけたい(2017年製作の映画)

-

ラジオ好きなので その設定も面白かったし。
ピュアな青春ストーリーとして素晴らしい仲間がいて。そして家族も、街にも伝播していく感じがまたよかったです。

隕石が落ちなくても、時間を飛び越えなくても。
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

-

1932年公開の作品「ミイラ再生」がトム・クルーズ主演で“再生”されました。
必ず及第点以上の作品を届けてくれる。トムの作品にハズレなし。
そんな期待感を持たせてくれる冒頭でしたが。

恐ろしいことに
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2017年製作の映画)

-

アニメ版を見たうえでの鑑賞。
熊澤監督は若い役者さんを中心とした作品を多く撮ってるので、ある意味 良い人選かな。
そして中心となる4人も素晴らしいと思います。

アニメ作品の実写化ということで“再現フ
>>続きを読む

ひだまりが聴こえる(2017年製作の映画)

-

“難聴の大学生と明るい同級生との温かな関係を描写したBLコミック”が原作とのこと。
どうしてもBLというワードの先入観込みで見てしまうわけですが、実際にはそれほどベッタリな風でもなくって。

その筋の
>>続きを読む

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

-

震災のあった福島を起点にした物語。市役所勤めのみゆきが主人公ではありますが。
福島だけでなく、東京の今も描かれるし、群像劇というべきか、みゆき以外の登場人物 それぞれにも何かを感じずにはいられず。
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

-

映画ってアクションやらラブロマンスやらいろんなジャンルがあって。
楽しい映画はコメディとカテゴライズされるもんでしょうが。

このスタイルをコメディと言うのは また違うような気がするね。
あえて言うな
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

-

米林監督が“独立”を果たしたというよりも、前の会社がそうなってしまったので、新たな場所で製作せざるを得なかった…なんてのは意地悪な言い方かな。
もちろん これまで携わってきた作品、影響を受けた作品とい
>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

-

笑えないセールスマン

なんてことはさておき。

ファルハディの作品は小学校の時に見た“道徳”の授業のVTRみたいで。

このような場合、あなたならどうする、あなたはどう考える、と。

今作も それを
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

-

原題は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol. 2」なんだけど、確かに「Vol. 2」なんだよね。何も リミックスじゃねぇし。

洋画ではチョイチョイ意味不明な邦題への変換がなされますが「誰トク
>>続きを読む

STOP(2017年製作の映画)

-

別のスタッフのいない中、監督・脚本・撮影・録音・編集 そして配給まで、ギドク氏が一人で行ったとか。
つまり役者は日本人だけど、あとはギドクただひとり…ということで。

そのせいもあってか、わたくしが思
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

-

そもそも主人公はマフィアの裏取引にも関わるゴロツキもので。
守るべき彼女は ちょっとイタめな「鋼鉄ジーグ」マニア。
敵役は そこそこイケメンだけど、かなりイッちゃってるアイツ。

ぶっちゃけ登場人物、
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

-

映画の中には希望があってほしいという美佐子の思い。
それら希望を“光”に例えることはありますが。

そもそも暗闇の中で 光によって映し出されるものが映画じゃないですか。
つまり、映画には必ず希望が宿っ
>>続きを読む

笑う招き猫(2017年製作の映画)

-

「ボクたちの交換日記」「ベイブルース ~25歳と364日~」「漫才ギャング」古くは「二人が喋ってる。」など。漫才をテーマにした作品って、チョイチョイあるんよね。
そもそも“漫才”という芸自体が日本特有
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

-

兄を亡くした男リーと、甥であるパトリックの物語。
とても静かで。とても丁寧で。ある意味で現代的な作品だと思いました。

とても寒々しいマンチェスターの街並みから始まり。
リーが なぜその街を離れ、なぜ
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

-

ボウリングでピンが両端に残った時に「スプリット」とは言いますが。
直訳すると「分裂すること」の意味なんですね。

この映画に登場するのは 自身の中に23の人格を擁する男。
潔癖症の冷徹な男。優雅で品の
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

-

「夜は短し歩けよ乙女」に続く湯浅監督の最新作。
前作では中村佑介作のキャラクター造形も大きな見どころのひとつでした。
一方の今作、ねむようこさんが担当されたそれはまた、やはり独特な存在感を醸しておりま
>>続きを読む

>|