Misoraさんの映画レビュー・感想・評価

Misora

Misora

映画(140)
ドラマ(2)
  • List view
  • Grid view

ブラック・スキャンダル(2015年製作の映画)

3.0

出てきては殺されるので、誰が誰なのか把握するのが追いつかなかった。
ベネディクト・カンバーバッチの出番が思ってたより少なくてちょっと残念。

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.6

素敵な街並みと音楽に心ときめく。
夜のさんぽしたくなった。
自分の「今」以外への憧れってきりがない。

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.2

ちょっと久々のミュージカル作品。
女性陣がすごいパワフル。
頭も心も消耗せずに、単純に音楽と映像を楽しめた。エンドロールも良い。

恋とニュースのつくり方(2010年製作の映画)

3.1

マイクは傲慢だけどそんなに悪い人じゃなさそうだし、あんまり責めないであげてー!という気持ちにさせるハリソンフォードの瞳…
恋人の彼はなんか最近観たことあると思ったらインシディアスのパパさんだった。

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.1

ある1人の役を大勢の人が演じることも大変だろうけど、別人を一貫して同じ男性として見て演技するのもすごく難しかっただろうな。
イス氏の横顔に惚れる。
実際に顔が変わらずとも、人の内面をちゃんと見るって難
>>続きを読む

OCD 〜メンタル・クリニックは大騒ぎ〜(2017年製作の映画)

3.8

とても良かった!
全然暗くないしスペイン語がいいリズムになってて真面目に楽しく見終わった。
患者さんの病気による生きづらさも描かれてた上でのポップさで不快感もなく。
みんなお芝居上手だなーと単純に思っ
>>続きを読む

マリリン 7日間の恋(2011年製作の映画)

3.0

今作ではエマ・ワトソンがごく普通の女性に見え、マリリンの人を魅了するスター性が表現されていたと思う。
チヤホヤされてても孤独で不安を抱えてて可哀想。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.0

妻の死後のデイヴィスは子供っぽく見えた。
思い切った破壊シーンはちょっとワクワクした。あんな風にすべてを壊してしまいたくなる時もある。
彼は気づいてなかっただけで愛も哀しみもあったと私は思う。大事な人
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

3.1

期待していた割には…もうちょっと深掘りしてほしかった。
対照的な2人の息があってきたな、と思ったところでの、ラスト。

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.5

最恐にサイコパス。
望んだ展開・結末には全くならず、観終わった後も気持ち悪さが残る。
とても面白い作品。

バッド・チューニング(1993年製作の映画)

2.8

青春を描く映画は好きだけどこれはあまりハマらなかった。
ロン毛に時代を感じる。
高校生ってなんで無敵オーラがあるのか。

メメント(2000年製作の映画)

3.0

かなり頭使いながら観ていた。
復讐は誰も幸せにしない。

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.2

ヴァージルと一緒に絶望。あんまりだ…
ぽっかりと穴があいて塞がらない気持ち。
観るまではもっとミステリーかと思ってたけど、思ってたよりラブストーリーかもしれない。
ラストの映像が良い。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.6

人に伝える時に「観たら分かるよ」としか言えない映画。
予告を観たイメージより全然怖くないし、話の展開もスムーズ。
おもしろかったけど良くも悪くも想像と違った。
ギジョン役の女優さんになんだか目を惹かれ
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.1

あー!ダディー!と何度か声に出た。親子にはただただ、悲劇だった。
ジェーン・ドウはなんだったのか真相は謎のまま終わったのでそこはうーん?という感じ。
普通に怖かった。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

3.1

リーガンも、観てる私も、何が現実で何がフィクションか分からなくなっていった。
望んでいた通り再び注目されたのに嬉しそうではなくて、人生の成功や幸せとはなんだろう…

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.4

ストーリーについていけてない部分もあったけど自分がしっかり騙されてたことだけはよく分かった。やられた。
もう一回観てこよう…!

イカとクジラ(2005年製作の映画)

3.1

どっちが良い、悪いではないけど
今回は母親の方がちょっとだけ酷いように見えた。数年後に見返したらきっと変わるんだろうけど。
これから親子の関係はどうなっていくのか…

エスター(2009年製作の映画)

3.8

マックスが天使すぎる可愛さ。
演出もサイコパスな演技も良かった。
目の前で力を見せつけられて脅されると逆らえなくなっちゃうな…

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.3

観てる間ほとんど泣いてた。
オスカーが自分を乗り越えていく姿が痛々しくて苦しくて、抱きしめてあげたくなる。
見知らぬ沢山の人達との繋がり、母親との絆と愛が深まって、彼は強くなったはず。
登場シーンは多
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

オギーだけじゃなくて、その周りにいる色んな人の視点もあってすごく良かった。
誰しも寂しさを持っている。でも頑張ってる。
ジャックとの友情は微笑ましくも胸が熱くなった。
「みんなが称賛されるべき」は本当
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.0

ホラーすごく苦手だけどなんかいける気がして鑑賞。
思ってたほど怖くなかった(所々くすっときた)けど、撮り方が不気味でしわじわ怖い感じ。
よくわからないまま進んで、そのまま終わった。
超能力とか料理長と
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.5

悲しくて温かい話。
不器用だけど本当は愛をたくさん持っているオーヴェだから、その分、周りの人達からも愛されたんだと思う。
最初は不快に思ってた隣人もよき友人になっていって最後は家族のようだった。

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

3.2

ずっと観たいと思いつつ、鬱映画だから…となかなか観られずにいた作品。
なんとなくの展開は知っていたためか、想像の鬱度が重かったせいか、思っていたよりは気持ちが沈まなくてよかった。
ただ本当にセルマが救
>>続きを読む

>|