さゆさんの映画レビュー・感想・評価

さゆ

さゆ

映画大好き。グロいのから感動系、アニメまでジャンルはいろいろ好き。好きな映画を選ぶのが難しいくらい好きな映画がたくさんあります。
少しずつ観た映画をレビューしていきます。
映画好きな人に悪い人いない気がしてます笑

映画(992)
ドラマ(153)

L♡DK(2014年製作の映画)

3.5

2014年、、、5年前なのですね。
山崎賢人くんも剛力彩芽ちゃんも若い!

私が好きな漫画のひとつ。
だから観ないようにしてたけど、、、山崎賢人くんだったので我慢できなかった〜笑。
なんだろ笑。
初々
>>続きを読む

白雪姫(1937年製作の映画)

-

過去鑑賞。
7人の小人さん達みんな可愛かった。

累 かさね(2018年製作の映画)

4.0

もう観ててどっちが性格悪いのか分からなくなった笑。
なんかどっちも可愛そうだし気持ち伝わるし、、、それだけ2人の演技が凄かった。

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.8

スマホ落としただけでこんな恐怖に駆られるとかやばいです。
だってスマホないと困るもん。
人との繋がりが簡単な現代だからこそ恐さを感じた。

うる星やつら オンリー・ユー(1983年製作の映画)

3.9

あんまりソワソワしないで〜
あなたはいつでもキョロキョロ〜
よそ見をするのはやめてよ〜
私が誰より一番
好きよ、、好きよ、、好きよ、、


過去鑑賞。(笑)

猿の惑星(1968年製作の映画)

4.0

過去鑑賞。
昔、某飲料メーカーのペットボトルのキャップ、猿の惑星をひたすら買いあさっていた。炭酸ジュースの飲み過ぎで太ったし笑。
あの頃は病気だった笑。

マシニスト(2004年製作の映画)

3.5

過去鑑賞。
何がなんだかよく分からなくなったような記憶。
ただただ痩せ細った男、幻覚と共に。

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

-

自由黒人、、、その言葉にまず胸が苦しくなった。
奴隷制度があった時代、実話である。
主人公は自由黒人の証明書を持っていたのに騙され拉致され白人のお屋敷で奴隷として働く。
鞭で何度も何度も躾をする。
>>続きを読む

アフタースクール(2008年製作の映画)

3.9

昨日に引き続き内田けんじさんの作品。

完全に騙されたーってなりました。
何?何?どういうこと?って。
結果面白かったー!

大泉洋さんは勿論好きなのだけど他の方たちも良かったー。
佐々木蔵之介さんが
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

3.8

ー1人はみんなのために
みんなは1人のためにー
私は音痴なんだけどこういうの好き。
音楽はやっぱり元気になります。
いろんな人がいるから楽しいし、いろんな色が出る。

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.6

面白かったー!
銭湯で豪快にこけちゃってからの記憶喪失からの人生の入れ替わりからの、、、。
テンポよく物語が進んでシリアス、コメディありで凄く楽しく観れました。

何より香川照之さん堺雅人さん良かった
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.1

「北の国から」よりワイルド〜!
やばい!どっかのアスリートよりすごいんじゃないのかな!
大自然と共に生きるにも程がある生活!
自給自足の生活!?
鹿?狩り?
やばいよ〜!

お兄ちゃん頭良すぎ笑。
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

4.0

ギャー1人で観るもんじゃなかった!
恐い!恐い!恐すぎたー!
恐すぎて涙出たー!
1人でギャーギャー言ってました(泣)。

「ジェーン・ドウ」ー身元不明の女性ー
白く美しい裸体。
とても美しい。
見た
>>続きを読む

トガニ 幼き瞳の告発(2011年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

聴覚障害者の学校で教職員が幼い子供たちに性的暴行や暴力を長年にわたり行っていた実際の事件。
おぞましい。
鳥肌が立った。
加害者は逮捕され、裁判にかけられたが不当に軽い判決。
悔しくて涙が止まらなかっ
>>続きを読む

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.6

ー海よりもまだ深くー

別れた妻に未練タラタラ。
世間で言うダメ男なのだけど私はどこか嫌いじゃない。
養育費も滞納してるけどそれでも子供に逢いたい。
見栄を張ってスパイクを買ってあげるけど店員さんに値
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.5

内面から出る美しさ。
トランスジェンダーの彼女を隠さず生きている彼もカッコいい。
育児放棄というか母である前に女である親を持つ女の子。

性とは何か。
普通とは何か。
異常とは何か。

小学生の女の子
>>続きを読む

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

-

ユダヤ人迫害
収容所の中の悲劇、おぞましさ。

子供は無邪気だ、、、それが更に切なくて苦しい。

観なきゃよかったと映画を観て初めて感じたかもしれない。
残酷だ。
人間が一番残酷。

青天の霹靂(2013年製作の映画)

4.0

"生きるって難しいなぁ"
大泉洋さん演じる主人公晴夫。
人生のどん底。
警察からホームレスになっていた父の訃報の電話がくる。

ータイムスリップー
晴夫のルーツ。
どうして生まれてきたのか、何故母親は
>>続きを読む

>|