mitchel1218さんの映画レビュー・感想・評価

mitchel1218

mitchel1218

映画(172)
ドラマ(1)

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年製作の映画)

3.5

よくこれで打ち切りにならなかったな!と思う出来だった。

高校生が授業でパソコンを使っていたり、この頃はまだ日本が最先端テクノロジーの国だと思われていたんだなあということが感慨深い。

アウトブレイク(1995年製作の映画)

3.8

クラシック。

90年代映画ってあまりリアリティを追求してなくて、映画らしさのある映画という感じがする。

抱きたいカンケイ(2011年製作の映画)

4.0

ナタリーポートマンもラブコメやるのかあ。結末は見えてるけど、ヤキモキしながら見れてよかった。当て馬みたいにされたプロデューサーがなんかかわいそうな気がする。

白竜 シノギの報酬(2006年製作の映画)

3.0

ワイルドスピード見てたらおすすめに上がってきたから、間違って見た。何をどう思っていいのやら。ガリガリの画像に、本気なのかネタなのかわからない編集。どういう層が見るのか。

ワイルド・スピードX2(2003年製作の映画)

3.6

4作目から面白くなると聞いてがんばって観てる。

一作目より全体の整合性取れてる感じだけど、演技もストーリーもVシネマみたい。車!やくざ!おんな!!!!

あたま使わないでみられるのでジムで運動してる
>>続きを読む

ワイルド・スピード(2001年製作の映画)

3.8

クルマとケンカと女。少年チャンピオンと同じ要素で構成されている。

警官なのに正義感もクソもないし、目利きが甘すぎるし、事態悪化させるだけだし、仲間生きてるか死んでるかわからないし、殺すほどのことじゃ
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.2

これ系の映画だと、デニーロ側が一回何かやらかすけど、それ以上に価値ある行動をして挽回するパターンかと思ったけど、デニーロは最初から最後まで神だった。こんな爺さんならモテるやろ!

アンハサウェイの唯一
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

4.1

アメリカンのキムタクことトム・クルーズがかっこいい。こういうドキュメンタリータッチの映画でも、カットをかっこよく繋いで行くとテンポよく見れて楽しい。

コンテイジョン(2011年製作の映画)

4.0

ウイルス感染ものだけど、静かにことは進んで行きリアルな感じ。

最後のシーンはネタバラシであると同時に今後も起こりうるパンデミックの暗示。

しかし、これ見ちゃうと人に触れたくなくなるんだけど…。

トランスフォーマー(2007年製作の映画)

3.8

トランスフォーマーが、日本のおもちゃ由来ということは、レッドツェッペリンがアメリカのバンドと思われてるくらいに忘れられてそう。アメリカに行った時はストーンズでさえアメリカのバンドという認識の人がいてび>>続きを読む

イントゥ・ザ・ストーム(2014年製作の映画)

3.6

個人撮影の映像をつないで物語に見せる構成は面白い。なんやかんやで「辞めたい」って言ったのに炎の竜巻にまきこまれたカメラマンのアシスタントが一番かわいそうな気がする。

レフト・ビハインド(2014年製作の映画)

3.0

まぎれもないクソ映画。

最初の30分で人間関係描いて、弟が消えた瞬間には、おおっ!と思ったけど、繰り返し繰り返しキリスト教の話が出てきて、おお…となり、何の伏線も回収しないまましょぼいCGのラストシ
>>続きを読む

世界侵略:ロサンゼルス決戦(2011年製作の映画)

3.5

宇宙人がこちらの都合で攻撃を待ってくれたり、ラスボスがしょぼかったりで、なんか日本映画みたいだった。トムクルーズが主演だったらヒットしたのでは。

THE WAVE ザ・ウェイブ(2015年製作の映画)

3.6

出演者が欧米人なだけで画面が映えるのは洋物かぶれだからそう見えるのだろうか。邦画だったらショボく見えそうな展開も、何故か説得力あり。

フィフス・ウェイブ(2016年製作の映画)

3.5

設定よし。世界観よし。前半いい感じ。後半あれ?っていう感じ。

アザーズは大人の象徴で、その支配に反抗する人間は子供たちの象徴。ティーンの葛藤をSFに置き換えたもの。

ところどころお金がかかっていて
>>続きを読む

カリフォルニア・ダウン(2015年製作の映画)

3.8

日本人的には地震、津波ものはエンタメとして見られないところもあると思った。

それこそ映画にすぎないと言えば、すぎないけど、アメリカ人というか、欧米人は最後は公ではなく私(ファミリー)を取るというのも
>>続きを読む

ポセイドン(2006年製作の映画)

3.8

この手の映画で映像とかCGがちゃちいと興醒めだけど、音楽も重厚で映像もちゃんとお金かかってる感じでよかった。

主人公っぽい人が助かるところがオリジナルと違うのかな。酒飲みのひとはもっと活躍しそうな感
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.1

個人的にはこれでMCU映画コンプリート。

なんであんなにキャプテンマーベルはスーパーマンみたいなのか、ポケベルの経緯とか、やっと理解できた。

サミュエルL・ジャクソンの若返り加工はほとんど違和感を
>>続きを読む

LEGO(R) ジュラシック・ワールド :インドミナス大脱走!(2016年製作の映画)

3.2

ジュラシックワールドを5倍くらい薄めだ感じ。子供向けとしては楽しい。

きかんしゃトーマス トーマスのはじめて物語(2015年製作の映画)

3.5

トーマスの番号がなぜ1なのかということと、ジェームスがなぜ赤いのかわかった。

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.9

ゾンビものでコメディ寄りなパターン。

ガソリンが切れる不安とか、ロサンゼルスなのにゾンビ少なすぎたり、リアリティはなかった。ウォーキングデッドからゾンビものに入ってしまうとそういうのが気になってしま
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

4.3

まず制作年が2012年だったのに焦った。そんな前だっけ。。

オープニングの映像の興奮がマックスな気がする。実質的に何も起きてないけど、これがエヴァだというだけでもう価値があるものに感じる。

それに
>>続きを読む

ヒックとドラゴン(2010年製作の映画)

4.1

無駄なシーン一切なしの名作。ヒックがギークのままヒーローになるところがよい。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

2.5

好きな人には申し訳ないけど、正直しんどかった…。ただのドラマとして見ればまあこういうのあるよなと思うけど。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.9

オープニングがちょっと入り込めなくて、あれ?っと思ったけど、気がついたらきっちり物語に入りこめてよかった。

ハン・ソロがいい人扱いだけどスターウォーズ始まった最初ってそうでもなかったよね?という感じ
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.3

四畳半神話体系の「私」の少年時代はこうだったのかという感じ。この映画ではピュアだったけど、憧れのマドンナがいたため、童貞をこじらせ非モテのまま大人になり「私」になったのかと想像するとおかしくなる。

6アンダーグラウンド(2019年製作の映画)

4.0

昔の荒唐無稽で映像はオシャレなアクション物みたいな感じの映画。

キャラの個性が大事だと思うけど、イマイチそれぞれのキャラが立って来なかった。

続編が作れそうだけどどうなるのかな。

この世界の(さらにいくつもの)片隅に(2019年製作の映画)

4.4

りんさんエピソードが加わったため、前作よりも原作のようは複線的な物語になった。

ただ、思い入れない人にとっては映画として少し長いかなあ。ニューシネマパラダイスの劇場版に対する完全版みたいな位置づけに
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.1

クレイマー、クレイマーもそうだけどこのタイプの離婚もの映画は微妙に、女性側がムカつく感じに描かれるのはなぜかなと思った。

でも、たぶん男性側がムカつく感じに描かれてたら、ただただ不快な映画になるだろ
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(1984年製作の映画)

4.0

古き良き80sムービー!!

アラフォーのぼくにとってはこれぞ映画。意味もないし、特撮しょぼいし、ストーリーも荒々しいけど、何か特別なものがある。

映画としてこの映画よりよいとおもったもの、優れてい
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.3

設定からして泣かせること間違いなし、と思って見たけど見事に狙い通り撃ち抜かれた。

確実に明日は人に優しくできる笑。

それぞれの登場人物にそれぞれの物語があり、必ずしもワンダーだけが主人公の映画では
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

4.0

豪華なキャスティングでこじんまりした作りの映画だけど、よかった。

それぞれ傷を抱えた人たちが最後にはハッピーになっていくのがよい。

ただ、現実だったらティファニーは結構地雷だと思うけど…。

白鯨との闘い(2015年製作の映画)

3.9

以前見たときは良いMCU見てなかったので何も思わなかったけど、主人公ソーだったのか。

白鯨との戦いというよりは、自然との戦い。最後には人間も自然の一部に過ぎないと思い知らされる。

人間は神に似せて
>>続きを読む