みっちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

みっちゃん

みっちゃん

映画(134)
ドラマ(0)

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.5

クリストファー・ノーラン監督、天才!!!
脚本も自分で書いたって、凄い!!
頭の中どうなってるの?!
インセプションを観たときの衝撃そのまま。
けれど、インセプションより分かりやすい。

もちろん、ワ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

3.8

これは観ていなかった。
シリーズ4作目のこれを観ないで、
5作目の「ローグネイション」を観たんだった。

「アルカトラズからの脱出」の緊張感に耐えられなくて、
箸休め的にこの映画を観ていたわけです。
>>続きを読む

探偵物語(1983年製作の映画)

3.1

通して観たのは、久しぶりなのか、
初めてなのか。
見覚えのあるシーンも多い。
事件は、なんだか陳腐で、
えええ、とツッコみたくなるような。
そんな事情だったのかと。
そこまでするか?と。
ヤクザさんた
>>続きを読む

アルカトラズからの脱出(1979年製作の映画)

4.0

ものすごい緊迫感。
途中耐えられなくて、何度も止めた。

アルカトラズ刑務所内の日々と、脱獄の過程という、地味な映像なのだが、心臓がバクバク。
クリント・イーストウッド演じるフランク・モリスが、智恵と
>>続きを読む

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

3.6

映画好きオジサマ方の評判が良かったのと、
先日観た「アバウト・タイム」が
道具として使われているらしいので、
確かめてみようと思った。
高校生の恋バナ映画なんて、
初めて観たなー。
悪くなかったよ。
>>続きを読む

JFK(1991年製作の映画)

3.8

オリバー・ストーン監督渾身の、執念の!
と言える力作だった。
加えて、監督に応えた俳優たちの好演。
特にケヴィン・コスナー、お見それした。
錚々たる面子。
ゲイリー・オールドマン、
トミー・リー・ジョ
>>続きを読む

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

4.5

なんて良い映画を見逃がしていたんだろう。
徹底的に悲しくて切なくて、それなのになぜかすがすがしいような、、、
なぜタイトルが「パーフェクト・ワールド」なのか、
わからないけれど、そうとしか言えないよう
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.3

心に沁みる良い映画だった。
今は、こういう映画を観たい。

21歳のティムは父から、自分たちの家系の長男がタイムトラベルの能力を持つと知らされる。
しかしSFではない。
タイムパラドックスなどは気にし
>>続きを読む

緋牡丹博徒(1968年製作の映画)

3.2

小学校低学年の頃かなあ、憧れていた、緋牡丹のお龍。
映画は観たことなかった、テレビかな。
仁義を切る真似とかして。
あ、学校ではおとなしかったんですけどね、
家族や一部の友だちの前でだけね。
超超内弁
>>続きを読む

陽暉楼(1983年製作の映画)

3.5

松田優作が出ていたのは「陽炎座」。
漢字三文字のうち一字が同じだから、勘違いしていた。
なんてことはどうでもよくて、観始めたら最後までノンストップで観てしまった。

女性を美しく撮るという五社監督。
>>続きを読む

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

4.5

おぉもしろかったー!
久しぶりのスクリーンでの鑑賞は、
ほかに観たいのがないという消去法で、
旧作のリバイバル上映だったのだけれど、
笑って笑って、大満足だった。

監督のエドガー・ライト、聞き覚えが
>>続きを読む

天使と悪魔(2009年製作の映画)

3.7

しっかり腰を据えて観たのは初めて。
何度も地上波で放送されていたけれど、まじめに観てなかった。
ユアン・マクレガーがヘリに乗り込んだシーン以降は観た記憶がなかったから、どんでん返しが新鮮。笑

「ダヴ
>>続きを読む

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(2018年製作の映画)

4.0

スマホの機種変更をしたおかげで、1年間Amazonプライムの会員料金が無料になり、実家にネット環境が整ったこともあって、ようやくネットで映画を観るという選択肢が増えた。

記念すべき最初の鑑賞作品がこ
>>続きを読む

グラン・ブルー完全版 -デジタル・レストア・バージョン-(1988年製作の映画)

3.8

当時、スクリーンで観たかったんだよね。
けれど機会を逸して、今まで来てしまった。

タイトル通り、海の青がすばらしい。
音楽がまた映像にふさわしく、海に吸い込まれる気分を味わわせてくれる。
そして、イ
>>続きを読む

スペースボール(1987年製作の映画)

3.2

七夕の夜に、バカバカしいコメディを観た。
「羊たちの沈黙」の恐怖を払拭するべく。

バカバカしかった、まあまあ笑った。
クスッ、アハ、くらい。

「スターウォーズ」のパロディ映画。
ハン・ソロ的な、レ
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.0

サイコ・ホラーの傑作と言われる、この作品を初めて観た。
怖いので一人で観るのはムリと判断し、母が家にいる間にやっつけようと思い、覚悟して観た。
(母が隣の部屋で寝てからだが)

前半は、観るの止めよう
>>続きを読む

ロビン・フッド(2010年製作の映画)

3.6

昨年、タロン・エガートンの「フッド・ザ・ビギニング」を観て、確か前にもロビン・フッドの映画を観たなとググったら、私が観たのは、1991年のケヴィン・コスナー主演作。
このリドリー・スコット&ラッセル・
>>続きを読む

ダンス・ウィズ・ウルブズ(1990年製作の映画)

4.0

どうしてこの映画を観ていなかったかというと、たぶんネイティブ・アメリカンが白人に滅ぼされるのを観たくなかったからだと思う。

大河ドラマもそうだけれど、歴史ものは、戦争、戦争、また戦争、そして滅びの物
>>続きを読む

L.A.コンフィデンシャル(1997年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

食わず嫌いはいけませんな。
犯罪組織と警察の抗争ものでしょ、
助演女優賞キム・ベイシンガーも、
どうせヤクザの情婦役なんでしょ、
なんて無視していたけれど、
良かったー、これ!!!
早く寝たいのに、止
>>続きを読む

藍色少年少女~Indigo Children~(2015年製作の映画)

3.8

You Tubeの無料配信期間中ということで、
知り合いからお勧めいただき、鑑賞した。

郷愁あふれる、しみじみと感じる映画だった。
『僕は僕だけでできているんじゃないよ。
 ウルフさんも僕を作ってく
>>続きを読む

ノウイング(2009年製作の映画)

3.2

「ゴッドファーザーⅢ」の余韻に浸って、
なかなか次の映画に行けなかったが、
軽く流そうと思って選んでみた。
SFサスペンス・ディザスター・ムービー。
1990年代あたりにさんざん観た、
けっこう好物な
>>続きを読む

ゴッドファーザーPART III(1990年製作の映画)

4.3

大河ドラマの終わり。
こんな悲劇で終わらせたのか。
三作でいちばん泣きました。

本作の評価が今一つらしいけれど、私は良かったと思うなあ。
この映画を愛します。

マイケル・コルレオーネの人生は、何だ
>>続きを読む

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

3.6

初めてのグザビエ・ドラン作品がこれ、
というのは、良かったんだろうか。
悪くはない。
自身を投影したらしい二人の人物のドラマが、、
物語の中の物語の手法で、
巧みに描かれていたと思う。

11歳のルパ
>>続きを読む

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

4.3

これは、もう、大河ドラマ。
みなさまのお勧め、もっともでございました。
3時間半近くダレることなく、
緊張感を持ったまま、
切なく切なく観終えました。

2代目ゴッドファーザー、マイケル・コルレオーネ
>>続きを読む

ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方(2018年製作の映画)

3.6

前の映画のお口直し。

サイトからの引用。
『自然を愛する夫婦が究極のオーガニック農場を作り上げるまでの8年間を追ったドキュメンタリー』
その夫のほうが映像制作の経歴を持っているらしく、監督を務めてい
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2019年製作の映画)

4.0

「#レミゼではないレミゼ」

つらい、苦しい、恐ろしい、容赦ない映画だった。
いい話に好転する期待もむなしく。

エンディングに引用されるヴィクトル・ユゴーの
「レ・ミゼラブル」の中の言葉、
『悪い草
>>続きを読む

ダーティハリー5(1988年製作の映画)

3.5

シリーズ4作目を録画しそこなっての、5作目鑑賞。

冒頭からWELCOME TO THE JUNGLE🎶🎸
そして、このイケメンは?
ジム・キャリー?!やはり顔が良い!
で、リーアム・ニーソン!あまり
>>続きを読む

スケアクロウ(1973年製作の映画)

4.0

まったく予想もできない物語だった。
なんて切ない。

刑務所上がりでけんかっ早いマックス(ジーン・ハックマン)と、
5年の船旅から帰る、陽気でどこかネジが外れているようにも見えるライオン(アル・パチー
>>続きを読む

終電車(1980年製作の映画)

3.7

トリュフォー監督作品、初めてちゃんと観たかも。
「大人はわかってくれない」とか「思春期」とか、
ヌーベルバーグっていうの?
何か特徴的なムードがあるのかな?と臨んだが、
意外にオーソドックスな感じに受
>>続きを読む

ダーティハリー3(1976年製作の映画)

3.5

1を観逃して、2を観てのシリーズ三作目。
テレビの刑事ものの風情をより強く感じる。
そんなに観たわけではないけれど、日本の刑事もののお手本なのかしらん。
組織からはみ出し、独自に事件に挑む、暴力熱血刑
>>続きを読む

チャップリンの黄金狂時代(1925年製作の映画)

3.4

チャップリンの映画を初めて真面目に観た。
コント55号とかクレイジーキャッツとか、ドリフも、
このお方が原点だったのでしょうね。
当時は斬新だったのでしょう。
しかし、靴を煮て食べるシーンなんか、私の
>>続きを読む

ダーティハリー2(1973年製作の映画)

3.5

このシリーズ作品を、初めてまともに観た。

クリント・イーストウッドって真面目。
1980年代~1990年代の娯楽刑事ものを観てきた身にとっては、ユーモアが足りないなあ、なんて思う。
しかし、刑事もの
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.8

問題作、なのかな。
映画好きの方々があげていた感想が、微妙に核心を避けていて、
しかし評価は高く、何なんだ、この映画は?と、
興味を抱いていた。
なんとなく「楢山節考」みたいなものを想像していた。
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

劇場で観たかった。
IMAXで観たらご機嫌だったろうな。
曲に合わせた動作の演出がいかしてる。
銃撃戦さえもリズミカル。
特に主人公ベイビーが曲に当てぶりで歌ったりリズムを取ったりするシーンが楽しい。
>>続きを読む

がんばれ!ベアーズ(1976年製作の映画)

3.5

懐かしの映画。
全編に流れるビゼーのカルメン組曲が、場面に合っている。

ポンコツ少年野球チームが強豪を破って快進撃をする、
お決まりの、安心して観られる作品です。

テイタム・オニールをはじめ、子役
>>続きを読む

スティング(1973年製作の映画)

3.8

何度も観て、結末も知っているのに、ワクワクドキドキ。
聴きなれた軽快な音楽に乗って、テンポよく。

詐欺師仲間を殺されたフッカー(ロバート・レッドフォード)が、
ゴンドルフ(ポール・ニューマン)の助け
>>続きを読む

>|