mittskoさんの映画レビュー・感想・評価

mittsko

mittsko

映画(214)
ドラマ(0)

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

-

【書きかけ】とても面白かった!(*´ω`*) 派手ではないけど、一つひとつの小さな人生のドラマを俯瞰しているような気持ちになった

何故舞台を1977年のままに? もの凄いお金がかかっちゃってんじ
>>続きを読む

修道士は沈黙する(2016年製作の映画)

-

【書きかけ】とても興味ぶかく観ました、面白かったです。メッセージは大変「欧州的」、ないしは「キリスト教的」なものです。日本の観客がこれをどう受け止めるのか、他の方の感想が聞いてみたいです(*´ω`*)>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~(2018年製作の映画)

-

【書きかけ】非常に満足 クライマックスで涙ぐんだ(ΦωΦ) そして、作画の凄まじい巧さに、なんだかもう頭が下がる思いがした

ただ… 正義と正義はどっちもどっち、というメッセージには首をかしげるばか
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

-

【書きかけ】悪い意味でなく、いたって「ふつう」(*'▽') ハリウッド映画技術の教科書をしっかり踏まえて作られた一品、という印象 前作にあふれてた、Kaijus やら巨大ロボットやらに対する、ねじ曲が>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

-

【書きかけ】スカン!と面白くて、よかった(*´ω`*) 上映後五、六歳の女の子が立ち上がって拍手してた。それが答え!

娼年(2018年製作の映画)

-

【書きかけ】映画作品としての出来がすごく良い、高水準! 演者陣はもちろん、脚本監督をはじめとする制作陣の実力が しっかりと発揮されていた(*´ω`*) 素晴らしい!

ただし、原作由来のオチ
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

-

【書きかけ】ひたすらサイコー! だった(*´ω`*) 素晴らしい! 今年の劇場鑑賞作品のなかでも、まちがいなくベスト級!!

ライフ(2017年製作の映画)

-

【書きかけ】劇場で観れなかったやつ、やっと観れた(*´ω`*)

ダークネス(2016年製作の映画)

-

【書きかけ】ジャンルホラーはお決まりのお約束で一向にかまわない… ただ必要なのはパッションだ くだらない、バカバカしい物語に 制作者自身が取り憑かれていることが 作品に命をあたえる>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

-

【書きかけ】とても好かった(*´ω`*) 美意識がしっかりしてる作品は観てて充実感がある

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

-

【書きかけ】あんまり面白くなかった(・ω・`) 出来は決して!わるくないのだから、結局ボク個人が、冒険活劇のこういう作り方にもう興味が持てなくなってる、ってことなんだろう

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

-

【書きかけ】性技の乱れ撃ちのような作品かと思ったら、非常にオーソドックスなスパイ物だった(*´ω`*) 詰め込みすぎかも、ちょっと退屈した

レオン(2018年製作の映画)

-

とても素敵な小品(*´ω`*) 期待どおりのことを、お約束どおりにきちんとやってくれるので、ほっこりした気分になりました。個性は竹中さんのお芝居で十二分なわけですからね、心地よいバランスで組み上げ>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

-

予告篇を超えるところがなく、また予告篇の内容を描くのにすごく長い時間がかけられるので、すっかり退屈してしまいました(・ω・`)

また、予告篇で「全員だまされる」なんて言われるもんだから、完全に身構え
>>続きを読む

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

-

これは大当り! 今年劇場で観た作品の中でトップ級! 大オチがあるので、一切の前情報なしで鑑賞されたし! (だからボクも、あえて細かいことは書きません(*´ω`*)

前半が想像の範囲を一切超えることな
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

-

【書きかけ】上手い映画だなぁ…! 派手なところがないのに、一切退屈しなかったもんなぁ… 上手いよ、舌を巻く

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

-

【書きかけ】ちょっと期待しすぎたかな、面白かったけど、まぁふつうかな(*´ω`*) 徹底的にアフリカを舞台にしているところは良かった!素晴らしかった!

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

-

【書きかけ】好かった、大人のファンタジー。なんか宮崎アニメを観てるような気がしてきました

オオカミは嘘をつく(2013年製作の映画)

-

【書きかけ】これ、以前観たよなーたしか… と思いながらの鑑賞開始

エターナル(2016年製作の映画)

-

ヒッジョーーーに、面白かった!(*´ω`*) 一切の情報なし、ゼロ情報で、ボクを信じて観に行ってください! 少しの前情報も入れちゃダメです!

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

-

[鑑賞前]正直、ほとんど期待してない。ドン・シーゲル先生の『白い肌の異常な夜』はとても好きな作品だが、ソフィア・コッポラとボクはどうにも反りが合わないのだ…(・ω・`)

[鑑賞後]これでカン
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

-

若者よ、ぜひ劇場で観ておくれ!

とても良い映画でした。原作は随分前に読んだきりなので印象論だけど、小さな物語を繊細につなげる独自な「文学性」(文学少女の中編を読んでいるかのような脚本)において、あの
>>続きを読む

BRICK ブリック/消された暗号 BRICK ブリック(2005年製作の映画)

-

【書きかけ】ボクは好きな作品だわコレ!(*´ω`*) ノワールを現代米国の高校を舞台にやってみる、というのは凄くおもしろいアイディアだと思う。ノワールの真逆にあえて明るい画面に徹したところも気合を感>>続きを読む

ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄(2015年製作の映画)

-

非常に丁寧に、繊細に作られた映画だなぁ。ジャンルホラーとしては凡庸だが、映画作品としては上質(*´ω`*) 惜しむらくは、その二つが上手く融合していないこと。これはおそらく、脚本段階の問題だ。

獣は月夜に夢を見る(2014年製作の映画)

-

面白かった。美意識が明確な作品は、やっぱり観てて充実感があるなぁ…(*´ω`*)

NO EXIT/ノー・イグジット(2015年製作の映画)

-

見事なクソ映画!(*´ω`*) 制作陣に撮りたいものがしっかりあり、どういう経緯か、それをある程度は実現できる予算をゲットできて、作ってみたのが、ハイこれですよ、という作品。この感じ、ボクは心底愛>>続きを読む

ザ・ウォード/監禁病棟(2010年製作の映画)

-

記録をみたら3度目の鑑賞(初回は劇場)。これまで二回、どうしてもカーペンターの演出(ガキっぽさ皆無の、端正な演出)にばかり気を取られていたけれど、3度目になると、ギッスギスに痩せこけたアンバー・ハード>>続きを読む

セル(2015年製作の映画)

-

うん、好い、と思いました。好みは分かれそうだけど、ボクは好きだなぁ(*´ω`*)

キング原作脚本、広義のゾンビ物。まぁどうしても、こすり尽くされたギミックばかりになっちゃうが、スタジアムのシーンのア
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

-

佳作ミステリ小品。人間ドラマの厚っこいのを予想してたが、そういうのとは違った。最初の登場人物が「二人の刑事」というところで、トーンははっきり定まっている。

ボクには、かなり早い段階でミステリのネタは
>>続きを読む

チェリーボーイズ(2018年製作の映画)

-

かなり良かった(*´ω`*) すごく面白かった! ド下ネタ満載なんで、誰にでもおススメするわけにはいかないけど、よく出来てました。

田舎の童貞こじらせ、非リアの権化三人衆、しかも25歳…
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

-

良かった(*´ω`*) サーカスの皆でガーーッと歌い踊るシーンが何度かあるが、うち三度、涙ぐんだ。ヒュー・ジャックマン演じる主人公の人生よりも、名もなきフリークたちの人生が、ボクには突き刺さってき>>続きを読む

セブンス・サン 魔使いの弟子(2015年製作の映画)

-

良くもなければ悪すぎでもない、見事なほど中途半端な、そういう意味で愛すべき作品(*´ω`*) ハイファンタジーとしてあまりに凡庸だが(女性性のフィーチャーが個性かな)、これはきっと原作を読んで確認>>続きを読む

霊的ボリシェヴィキ(2017年製作の映画)

-

【書きかけ】これから観る(*´ω`*) クラウドファンディングでゲットした鑑賞券で。 ⇒ すっきり覚悟していたように、思う存分、高橋洋監督作品だった! 楽しんだ、わけわからん、楽しんだ

>|