みやじーさんの映画レビュー・感想・評価

みやじー

みやじー

宮嶋風花 映像作家 映画監督
4.5以上はおすすめ。

映画(324)
ドラマ(0)

アンチクライスト(2009年製作の映画)

4.0

最悪だったー!人間に生まれてきてしまったこと、この世の仕組み全てに絶望。こんなに生きたい気持ちが無く、ただひたすら死にたいを描いた作品は他に無いな〜と思いました。始まりと終わりが特に美しい。美しいとい>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.8

ちょっとありえないくらい泣いた。私も大切な人が出来たらまずは抱きしめてあげたいなぁと思った。原作の小説はもっとすごいらしいので読みたい。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

めちゃめちゃ映画館で声出して笑った。映画の現場を描く映画で、しかもかなりの低予算でこんなに面白いもの作れるとはね…

聖☆おにいさん(2013年製作の映画)

4.3

星野源と森山未來の掛け合いが面白かった。モテキネタ出してきたり主題歌が星野源なのも一人称が私なのもいいね。ほっこりした気持ちになれた笑

グロリア(1980年製作の映画)

3.7

やっと初代グロリアを。グロリアかっこよかったけど、それ以上に子どもが印象に残ったな〜〜最初から2人にしか焦点合ってないのが良い。始まり方と終わり方もかっこよかったなあ

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

4.4

笑いどころ満載だったし出演者が豪華。ロックのミュージカルみたいな感じで、無理な急展開もワクワクしながら観れたし、泣けるところは本当に泣けた。

汚れた血(1986年製作の映画)

5.0

時代を感じさせないほど強烈な画、+恐ろしいほどロマンチック。かっこいい

グロリア(1999年製作の映画)

2.9

かっこよかったけど、オリジナルじゃなかったみたい。オリジナルの方みたい…どこに置いてあるんだ

恋のエチュード(1971年製作の映画)

2.7

画は絵画みたいでずっと綺麗だった。内容は…主人公をあまり好きになれなかった。男性向きの映画かも

花とアリス(2004年製作の映画)

4.0

蒼井優がお父さんと先輩を重ねているところにぐっときた。

恋しくて(2007年製作の映画)

3.8

青春映画で少しむず痒くなったけど、小さい頃のくだらないノリとかを自然にやってのけてる感じが好きだった。バンドの曲が心地良かった。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.8

会話にパワーがある映画だなと思った。現代の庶民の思考がすごくリアルだった。SNS等でよく見る(恐らく)この映画を観ていない人達のマイナスな意見は、この映画でいう報道陣や検察側のセリフと同じくらい空虚な>>続きを読む

ナビィの恋(1999年製作の映画)

4.0

ナビィばあちゃんがかわいかった。映画全体は突然歌い出したり踊ったりして陽気なんだけど、切ない悲しい雰囲気が常に漂っていて良かった。

ホテル・ハイビスカス(2002年製作の映画)

3.8

かなりリアルだった。リアルすぎて半分何言ってるか聞き取れなかったけど、雰囲気で伝わってきた。沖縄また行きたくなったー。沖縄料理食べながら観たい。仕事終わりに観ると癒される映画。

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.8

嘘っぽいところも含めて妙にリアルだった。2人のキャラがよい。

ひそひそ星(2015年製作の映画)

4.7

世界観がめちゃくちゃ好き。ひそひそしてた。機械の子どもの声が可愛いけど、なんとなく悲しい気持ちになった。

園子温という生きもの(2016年製作の映画)

3.5

その名の通り園子温という生き物を知るには良い映画だった。個展行きたかった。やっぱりチンポムのエリィと仲良いのね。

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.2

星野源の声のマッチ具合に笑った。四畳半神話大系を観た後だともっと楽しめるし、個人的には四畳半の話よりも面白かった。

百円の恋(2014年製作の映画)

5.0

めちゃめちゃ好き。細部のこだわりがすごくてめちゃめちゃ笑った。し、めちゃめちゃ泣いた。安藤サクラすごい

愛の渦(2013年製作の映画)

3.3

普通に良い話だった。笑
笑いどころもあるし、考えさせられたし、特にメインの2人がリアルで程よい裏切りもあってよかった。

ピンク・フラミンゴ(1972年製作の映画)

4.7

最悪過ぎて終始大爆笑。ツッコミどころ多すぎるけど、特にラストそれもってくるか笑笑
ふざけてるように見えて、ちゃんと意味のあることが描かれていたのが良かった。

NANA(2005年製作の映画)

3.7

結構好きだったし、ナナかっこよかったしナナ可愛かった。蓮もかっこいい。原作は多分もっといいんだろな。
だから、NANA2のディスクを入れた時の衝撃がヤバかった。2は最初の3分くらいしか観れなかったな。
>>続きを読む

渇いた花 four by four equal one(2004年製作の映画)

4.3

観たい映画が無くて、その近くにあって、なんとなく気になって借りた。めちゃくちゃ良い。質感が好き。青や緑の画面に映える赤や橙。ありえないのに昔どこかで見たことがあるような風景。全部女性。音もすごく良い。

ハルフウェイ(2008年製作の映画)

4.0

質感がめちゃくちゃ良い。主演の2人がこれでもかってくらい真っ直ぐで魅力的だった。ほぼアドリブというのがオツです。
キスシーンどころかハグも無いのに正真正銘の恋愛映画だと分かるのはすごい。
画も、人の顔
>>続きを読む

つみきのいえ(2008年製作の映画)

4.2

めちゃくちゃ泣けた。単純な構造だけど奥が深い

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

4.2

強い愛がある映画だと思った。函館が舞台で北海道弁が使われているところも道民としては気持ちが良かったし、北海道の地方の雰囲気や人の生き方をよく分かってるなと思った

ピースオブケイク(2015年製作の映画)

3.5

良かったけど綾野剛が好きなのにタイプじゃない男で辛かった。笑
そういうことを言いたい映画ではないと思うけどやっぱり男はクソだなと思ってしまった。
松坂桃李のおかま役はめちゃくちゃしっくり来てたし良い役
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.9

内容はありきたりな少女漫画原作という風。でも作り上げられている雰囲気が良かったのと、小松菜奈と菅田将暉のキャラが強くて印象に残った。菅田将暉かっこいい

渇き。(2013年製作の映画)

3.0

音楽で魅せる映画って感じだったけど私はあまり好きではなかった…ただひたすらに痛々しいのと、気持ち悪いのと、ムカつく。そこにグッとくるドラマはあまり、感じられなかった。笑

聖なるもの(2017年製作の映画)

4.5

バラバラのように見える要素が全て繋がっていて、繋がっているようなものが全てバラバラだった。日本盤ホーリーマウンテン?力をすごく感じるとんでもない映画でした

最期の星(2017年製作の映画)

3.5

1回目観たときは正直よく分からなかったけど、2回目は凄く良かった。多分観れば観るほど理解が深まる面白い映画だと思う

>|