miyakkaiさんの映画レビュー・感想・評価

miyakkai

miyakkai

満身創痍絶体絶命。
音楽と日本酒が好き。
映像武者修行中。

映画(230)
ドラマ(0)

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.5

期待してなかったし、あんまりプレデター熱高くないから普通に面白かった。
落ち目の軍人たちは小粋なギャグかましちゃうめちゃ粋なナイスガイズだったし、プレデターも戦闘が格好いいし、プレデ犬もでるし。
物語
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

2.6

サメ映画だっていうのに、全国のスクリーンで公開され、さらに超巨大サメのCGはとても素晴らしくワンカットもサメCGを使い回す事もなかった!サメ映画なのに!!

ハイライトは、中国のビーチにやってきたメガ
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

2.5

台風帰宅困難者につき、銀魂2観賞。
コスプレだけど、コスプレじゃない。2次元から3次元への転換は大成功しているし、ギャグもキャラクターも含めて原作が大好きな女子も大方満足できるんじゃないだろうか。
>>続きを読む

デビルシャーク(2015年製作の映画)

1.1

最強のゲロサメムービー爆誕。
あちこちに飛び火する難解すぎるストーリーにノッペリとした粘土のようなCGサメが時々インサートされます。

ゴダールがあえてモンタージュを崩してストーリーを繋いでいたけれど
>>続きを読む

ワイルドカード(2014年製作の映画)

1.4

ジェイソンステイサムのプロモ。
ストーリーは3%くらいで、ステイサムが92%、ラスベガス5%です。

ギャングはそんなに賢くも強くもないからふーんって感じだし、これはただ単に渋くウォッカを飲んでギャン
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.0

なんと表現したらいいのかわかんないけど、松岡茉優は完全にヨシカなんだけどヨシカが松岡茉優を乗っ取ってるわけでなく、また逆も然別でヨシカと松岡茉優のヒュージョン感が素晴らしかった。

きっと何年もかけて
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.5

ただ歩いて追いかけてくるitは、日常に潜んでて怖いし、面白いし、なかなか良かった。
ただ最終的にitに追っかけられるとかやっつけるとかは、どうでも良くなった。地味メンの彼が、色んな男とやってしまうけど
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

2.5

スーパーバイオレンス映画かと思ったけど、登場人物が全員なんか間抜けで、
これ笑って良いんすかね?すっごい不謹慎だけど笑っていいの?え?どっちなの?という状態になった。

大体悪いことするやつは、悪いと
>>続きを読む

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

3.6

最新型のスピード自動調整機能を搭載した車で家族旅行に出掛けたら、ポンコツ過ぎて高速道路を大暴走。
マッドマックス怒りのデスロードばりに次々と危険が迫るが車は全く止まりそうにないし、家族喧嘩は絶えないし
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

良いと聞いてたから観たけどやっぱり良かった!
ゾンビ映画におけるヒューマンドラマが山盛りで、これはもう実質ヒューマンドラマでした。もはやゾンビはホラーというジャンルじゃなくて要素だよ。
ドンソク兄さん
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.6

賢い女は最強で最恐。

最初メンタリストのDAIGOかと思うくらい早口で専門用語をペラペラ話すから、全然内容が頭に入ってこなくて困ったけど、話が進むにつれて内容に引き込まれた。

パッと見が悪役っぽい
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.0

アン・ハサウェイの高飛車セレブクソ女っぷりが最高!

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

3.6

いちいち鳥肌!!
もっと映画が見たくなる映画。
映画って素晴らしい

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

2.6

悪役が良い。
夫婦の会話とか全体的な視点が子供向けというよりも大人向けだと思う。
いやぁ家族っていいですね。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

-

スーパーハッピーストーリー

飼い主のために犬は何度も生まれ変わる。飼い主の幸せのためならめちゃくちゃ頑張っちゃう。
動物のピュアでまっすぐにな感じは、反則的に泣ける。私は昼休みにごはん食べながら見て
>>続きを読む

ポゼッション(2012年製作の映画)

3.0

恐ろしいユダヤの悪魔が閉じ込められた呪いの箱を開いてしまった少女は、大人たちの知らぬ間にどんどんと侵食されていって体を乗っ取られる話。

少女の口の中から悪魔の手が出てきたり、なかなかいい感じ。悪魔と
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

そうそう、映画ってそういうのが楽しいんだよねーーーーー!!と監督とハイタッチしたい。

サメやゾンビとかB級映画だってさ、B級映画にしようと思って作ってるんじゃないんだよ。でも、なーんか変な事になっち
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.0

頭突きくんが凄い良かった!あいつは何?兎に角、頭突きしちゃうそういう生き物なの?何食べて生きてるの??
ラプトルよりもあの子がとにかく気になって仕方なかった。

今回は前回の「恐☆竜☆最☆強」感はあま
>>続きを読む

恋のクレイジーロード(2018年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

一見してヤバい殺人鬼の宇野祥平が只の狂人なのかと思いきや最後涙を流したとき、あぁホントにこの人は恋をしていたのかとキュンとしてしまった。

これは恋愛映画です。
赤信号でもレッツらゴーや!!

大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE(2009年製作の映画)

4.3

怪獣無双たっのしーーーー!!
ウルトラマンかっこえええーーー!!
ゼロさん、つえええええ!!
ヒーロー大集合しただけでなく、ヴィランのベリアルが本当に強くて奮闘する様もカッコいい。
ほんとヒーローもの
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.3

大筋は絵本ベースのほんわかした動物たちと人間の愛の話。

そこに、メタ表現や戦争映画パロディなどの大人にしかわからんだろう小ネタだ散り散りに入っているから、最終的な後味が「ウサギvs人間の戦争映画だっ
>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

3.3

悪の描写がエグい。
極悪人二人が本当に怖すぎて、今後まともに直視出来ない。こういう事実の事件は、思想が真っ直ぐに暴力的だから太刀打ちできない感じがして戦慄する。

危険な考え方だけど、ある一面を取った
>>続きを読む

セレステ∞ジェシー(2012年製作の映画)

2.5

妙に色々思い出しちゃうし、セレステの傲慢さは私でしかないし、もっと成長しなあかんなと思う一作でした。

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

3.4

会話のテンポもめちゃくちゃよかった。
やっぱりハルクだね。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

3.0

ヒーロー対ヒーローの戦いは面白いに決まってる。
キャプテンアメリカはキャプテンだね。

トラスト・ミー(1990年製作の映画)

3.4

可愛い。
高校生くらいの頃にこの作品観てたら、滅茶苦茶はまったと思う。
全体的に少女漫画っぽさある。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

これも後半にかけてスピッてました。
オタクであればあるほどに、情報量の多い映画。
オタクによるオタクのための物語なのに、エンターテイメントに仕上げるスピルバーグすごいです。

パディントン(2014年製作の映画)

3.2

パディントンはフワフワのモコモコですんごいかわいいんだけど、ドジっ子加減が酷いから観ててひたすらヒヤヒヤする…。
最後の家族愛、チーム感が良かった。

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.6

アベンジャーズてアイアンマンにサーファー君呼ばわりされてたソーが気になって見た。
筋肉がすごいし、めっちゃいい男に見えてきた。しかも、破壊的強さ。
ロキも根は悪いやつじゃない感じいいぞ。

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.0

建物がガシャンガシャン組変わっていくところとか、ストレンジがトリップさせられちゃうとこのサイケな描写とかカッコいい。
魔導師っていいよね。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.3

色々ありすぎて後半30分くらいしか記憶がないよ。
どうやって脚本作ってるんだろうか…。
アクションモリモリのてんこ盛りで登場人物も沢山出てきて設定やそれぞれの能力やら物語が複雑だと思うんだけど、綻んで
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

3.8

ジョーカーは超格別にヤベーやつだと噂に聞いてたけど
ホントに凄い非道なのにド正論を言うどうしようもないやつだった。まさに完全悪!でも、ジョーカーの言うことも理解できてしまうのは私も悪い心を持っているか
>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.1

日曜日の午前中にこれを見始めてしまったのが間違いだった。お陰で貴重な日曜日をゴッサムシティです過ごすことになりました。

そもそもバットマンがなんでダークヒーローなのかがものすごくしっくりきた。バット
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.0

ビルをガッシャンガッシャン壊しまくりで楽しかったし、大きな怪獣良いですね。
イェーガーはスクラッパー以外はあんまり個性が無くて少し残念だけど、量産型の使途みたいなやつとかハリウッドの人らが日本のオタク
>>続きを読む

ローサは密告された(2016年製作の映画)

3.5

「デトロイト」のように観ていて悪いやつに善人が服従させられるという感じではなくて、この映画の世界全体的に良くないことが蔓延していた。

悪いことをしているとわかりつつも、生きるためにそうするしかなくて
>>続きを読む

>|