ミヤシキブさんの映画レビュー・感想・評価

ミヤシキブ

ミヤシキブ

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

-

最後のお祈り文で僕はイエス様が嫌いって言うと思ったし、雪の上の足跡でfinって書くと思ったのにスカされた
スカしてくれてありがとう

轢かれる所誤魔化してなくてびっくりした

引き画の長回しがよすぎる
>>続きを読む

うみべの女の子(2021年製作の映画)

-

期待値は上回ってた!毒気は抜けてた!
作品全体が持つ死の匂いみたいなのがかなり薄くなってるな〜と

小梅ちゃん役の方よかったな〜
ケイコ役の子かわいかったな〜

磯辺のモノローグは漫画の演出の方が迫っ
>>続きを読む

浅草キッド(2021年製作の映画)

-

良くも悪くも、昭和の男の話だなぁ

柳楽の佇まいがビートたけしだった
喋りのテンポはさすがに大泉洋強い〜
指、蛸の下りがいちばん熱かった

フランス座の楽屋のごちゃごちゃ感とか浅草のレトロな街並みが良
>>続きを読む

ONCE ダブリンの街角で(2007年製作の映画)

4.1

掃除機引き連れてるの愛おしすぎる

押し付けがましくないせつなさじわじわ残る
同監督の中ではいちばん好き

家族の描写が温かくてよかった

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.8

灰になるチョイださチープ演出実写でスコセッシがやってるなんて...とちょっと思っちゃいました10年以上前の映画だからそんなもんなんかね

ディカプリオはこういう役が似合う似合う

ネズミ怖かったな波の
>>続きを読む

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001年製作の映画)

-

見たってよりほとんど聞いてた
やることあると映画もゆっくり観られない
それはそれとして、聞いてるだけでも楽しめた

ファッションメイクヘア可愛かったですヘドウィグの顔面の造形美ありがとう〜〜!!!
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

-

背伸びして悪ぶってる男の子の話

最後のフィルムが良かった
横並びで兄弟でファミコンしてる画がいい横並びになるのが肝
レイ役の俳優さんの目がとても良かった

特殊カルチャー色が強くてこの映画の醍醐味を
>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

-

女優さんの首〜肩のラインをすごいきれいに撮ってるなと思った

何回巻き戻しても絵が描きたくなって画面を注視出来なかった、進捗が捗る映画かもしれない
ただもうこれが大失敗
重要な伏線を見逃していることに
>>続きを読む

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

-

雨の日のシーンが良かった

1995年まわりの日本を舞台に
人間の嫌な所をひたすらみるのでしんどい

クライマックス入ったかな〜?からだらだら続くばか長い!
キャストがすごくいい名バイプレイヤー集結
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

-

人生折り返しの折り返しに差し掛かったばかりの若輩には難しかった... ファーンの心情の1/5も理解出来てない
30年後にまた観たい

とにかく背景が綺麗、ぜひスクリーンで観たかった
音楽も馴染んでて
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.5

予想外のアプローチだった
認知症患者の困惑と支える家族の苦悩をたった97分で両立させてる凄い

アンソニーホプキンスこの役どころを全編通して破綻させずに馴染ませてるのめちゃくちゃすごいと思った。

僕と頭の中の落書きたち(2020年製作の映画)

3.5

幻覚も幻聴も辛いどれくらい再現出来てるのかは分からないけど映像になるとより実感できる
生活音が響くだけで考えることそのものが億劫になってイライラするもんね

母親も彼女も常に親身で理解しようとしてる、
>>続きを読む

人生、ここにあり!(2008年製作の映画)

4.0

ノンフィクションものなのに驚いた
ファンタジーだ〜と思いながら観てたので

普通ではないと自分でわかっていたとしても、ひとから突き付けられる苦しみ。その先がつらかった。

テーマの重さの割にコメディ要
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

5.0

家庭内のいざこざって中から見たら地獄なんだけど、外から見たらすげー笑える!ってことが往々にしてあるんだよね
機嫌取りに召喚される女児もあるある

キャラクターが魅力的でまた会いたくなる
好きだな〜愛す
>>続きを読む

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

-

オールスター!!!
視覚がたのしい

各組織力を合わせて大黒幕に立ち向かう系は本編でやると思ってたナ〜、スモーカーそうじゃないともう活躍しないよねつらい

完全にファン向けだから中身は無い!
ラストに
>>続きを読む

海獣の子供(2018年製作の映画)

-

一言で言うなればあざとい
性的な匂いはずっとする。生命をテーマにしていること前提の表現なんだと思うけど、個人的には直感的になんか気持ち悪いなと思ってしまった。好みの問題。

ひさしぶりにプロジェクター
>>続きを読む

マイ・フレンド・フォーエバー(1995年製作の映画)

5.0

名作
理想的な伏線回収、見事。
俳優陣がとても良かったな。メインキャスト3人共素敵でした。

エリックが少年と大人の狭間にいる描写がうますぎて溜息出る。

目が覚めた時に怖くなる感覚は成る程なと思った
>>続きを読む

プリシラ(1994年製作の映画)

3.7

ドラァグクイーンの光も闇も救い、私にとっては
襟巻きトカゲの衣装いいこれぞドラァグはちゃめちゃマイクロバスの装飾も最高の自己顕示!

ショーとメイクアップシーンをもうちょっと見たかった気もする!でもロ
>>続きを読む

ヤング・アダルト・ニューヨーク(2014年製作の映画)

-

ノアバームバックらしいリズムは心地いいけどもっとカオスになって欲しかった

いつか老いへの恐怖から若さへの恐怖に変わる日が来るんだな、でもその方が幸福な気がする

心と体と(2017年製作の映画)

4.0

小道具の使い方がいい、生活音も
何故かずっと自然で心地いい








マーリアが死にかけて(自殺未遂)必死で生き返ろうとしてるシーンにグッとくるんだけど、屠殺シーンがよぎる。人と牛と鹿。なんだろ
>>続きを読む

岬の兄妹(2018年製作の映画)

-

共感のラインも同情のラインも越えてる
脚本抜きにしても演出がつまんなかった


(妹がやりたいと思ってそうだからいいんじゃないかって、正気か??いいわけないだろ)

マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)(2017年製作の映画)

4.0

父娘連弾だいすきだ...!
もこもこわんこもふりてえ

親子も兄弟もいろいろある
ひとつでも何か決定的に許せないことがあったらよかったのに、でも実際は些細なことの積み重ねで距離が出来るんだけれど離れら
>>続きを読む

花とアリス(2004年製作の映画)

5.0

花の世界に迷い込んでいく形で始まって、アリスを挟んで、最後ちゃんと花が現実に帰ってきてて良かった。

女子高生×落語はそこそこ見るけど、バレエレオタード少女×落語にフェチズムを感じましたね

蒼井優の
>>続きを読む

ラスベガスをやっつけろ(1998年製作の映画)

4.0

俺のすきな🦑れ💊系映画
メイン二人の画になることよ
ゲロ恐怖症なんでゲロだけカットしたDVD欲しいんだ

馬鹿映画の落とし方は終盤グッとボリュームが下がる調子(脚本的にも映像的にも)がいいなーって思っ
>>続きを読む

ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島(2005年製作の映画)

4.5

これめちゃくちゃすき、愛と悲哀の物語
細田守してるな〜ゴリゴリに思想漏れちゃってるな〜 細田版ビューティフルドリーマーの再来ってかんじ(脚本改変はどれくらい行われてるんだろうな?)
一味のキャラデザほ
>>続きを読む

ONE PIECE ワンピース THE MOVIE デッドエンドの冒険(2003年製作の映画)

3.0

ゴロツキ街の酒場のジャジーな音楽好き
小ネタが多くて結構好きな雰囲気だな
演出もオリキャラも良い、描写は結構直接的でダークだしルフィがシビア

この頃の作画好き
サンジのブシェミ感つよつよ

ONE PIECE FILM STRONG WORLD/ワンピース フィルム ストロングワールド(2009年製作の映画)

-

こういうのがいいんだよと思った☺️

脳死で主人公サイドを応援出来ていいと思います少年漫画してる
覇気習得前にシキに勝っちゃうのは確かに今見ると違和感はあるね笑

ONE PIECE FILM GOLD(2016年製作の映画)

-

衣装デザインがいい!
満島ひかりいい声カリーナかわいい!!
海賊してていいと思う下衆ギラギラバトルシーン映画映えしそう。

スパンダムいっちょがみしてるのじわる

ちょっと長くて終盤もちゃっとしてる気
>>続きを読む

ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット(2012年製作の映画)

-

すっきりはしない、もやっとぼーる
一味もワンピースも大好きですが、
これは感動ではなく、Zが不憫すぎて泣いた

チョッパーだけ戦闘シーンダサくて泣けるカンフーポイント嫌いじゃぁ初期チョパ戦闘フォームが
>>続きを読む

イカとクジラ(2005年製作の映画)

-

とっ散らかっとるなぁと
マリッジストーリーはよくブラッシュアップされとる!

this is how it is.
のとこ、
ノアバームバックだぁ〜!!(ウキウキ)となった

バニラ・スカイ(2001年製作の映画)

4.5

脳の変なところこじ開けられた気分になった物理的に震えがとまらん

タツキ先生web作家?時代の作品が仮死状態の子の脳内のお話だったので、バニラスカイはデビュー以前に観ていた作品なのかな?

南極物語(1983年製作の映画)

-

人生で初めて泣いた創作物だと思う

父と(姉もいたかも?)こたつの隣で観てたけど、泣くのが後ろめたくてもう寝たよ〜風装ってうつ伏せになって泣いてたなあ

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

4.0

パパがイカしてたMVP

続編に期待!三世代共闘あるかな?
たのしい映画だ!

テルマ&ルイーズ(1991年製作の映画)

5.0

テキサスが生んだ悲劇の結末

ラストシーンがよすぎる。約束された舞台で、分かっててもこれが観たかった!!!となりましたね。泣けるんだけど、サッパリしてる。
あと、ルイーズがトイレの鏡で顔擦るところめち
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

4.5

音楽がイイ最高
どうしてこのプロットをこの構成に仕上げたの??訳分からん天才か??
一歩間違えたらめちゃくちゃつまらないじゃん不安じゃんなんだこのバランス感覚は??天才コワ〜

ギャグとシリアスの狭間
>>続きを読む

>|