みやしゅんさんの映画レビュー・感想・評価

みやしゅん

みやしゅん

映画(541)
ドラマ(10)

6アンダーグラウンド(2019年製作の映画)

4.0

マイケル・ベイ監督はトランスフォーマーのイメージしかなかったので、期待してなかったんですが、オープニングからド派手なアクションで心掴まれました!!映画館で観たかった!

個人的に4と6がキャラクター的
>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

4.0

はじめは「となりのトトロ」みたいなほんわかではじまったけど、がっつりえぐられました。

この物語を観てるうちは「オクジャかわいそう」って思うんだけど、普段、人間ってこういうことしてるんだよな…と我に返
>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

3.5

約15年前の作品で、警察のグレーな部分をここまでリアルに描いていたのが、評価が高いポイントなのか…。

"ずーん"とするラストシーンは、この時期からすでに完成されていたんですね。ポン・ジュノあっぱれ!
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

2.5

町山さんの映画紹介を聞いてから観たので、観ていて置いて行かれることはなくて済んだ…でも、2時間半何を観させられているのか理解に苦しむ。伏線も前作ほどないし、こんなに高い評価がついていることも理解できな>>続きを読む

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.6

日本版を観てからオリジナル視聴!

日本版のギャグ要素は、オリジナル版からあったんですね。日本版がいかに忠実に再現していたかがわかりました…!

全然関係ないんですけど、エンドロール7分半もあるんです
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

3.8

ワンカット風の映像、どこで切れているのか本当に分からなくて長回しのワンカットに見える不思議さ…この映像技術は凄まじい。

ドキュメンタリーを観ているようなリアルさがあるので、緊迫感もすごかった。いまい
>>続きを読む

8番目の男(2018年製作の映画)

3.8

陪審制を学ぶための教科書のような作品でした。

「疑わしきは被告人の利益に」を軸に、陪審員が"考える"ようになっていく様子が丁寧。

陪審制導入時のことをモチーフにしているみたいだから、どこまでもリア
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

3.8

アクションのスタイリッシュさが『キングスマン』を彷彿させる良質な映画!

最近多い"AIもの"の中でもかなり面白いと個人的に思う。

結末も自分好みの結末で、ぐっと掴まれました!

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

3.6

だいぶ前に観たのを思い出したので…。

杉原千畝のような偉業を成し遂げた女性の実話を、静かに丁寧に描いていました。こうした人たちって本当にすごい。

勉強になりました!

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

5.0

展開が読めなかったのは久々!途中までは想像できるのに、二転三転してくる…くぅー、これだから韓国映画はたまらない!一年ぶりの個人的評価★5.0!!

韓国の社会を痛烈に風刺してるからこそ、一つ一つの展開
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.4

ジャンル分けのできない映画…笑えたと思った次の瞬間、泣きそうな場面やシリアスな場面が来て、感情の振れ幅がすごかった。

『帰ってきたヒトラー』『ウェイブ』と同じ全体主義を扱っているのに、子どもの視点か
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

3.6

若者の鑑賞マナーがよく話題にあがるけど、中高年の鑑賞マナーもどうにかしてほしい…普通に夫婦で会話するし、着信音鳴らすし、で全然集中できなかった。

無理のある設定がちらほらあるのと、庵野さんの大根演技
>>続きを読む

Love Letter(1995年製作の映画)

4.0

『ラストレター』の予習とし観ました!もっぱら2000年代以降の映画を観るので、この年代は個人的にはなかなかの挑戦。

手紙のやりとりで展開されていく物語に引き込まれて、あっという間に終わりました。ラス
>>続きを読む

殺人者の記憶法(2017年製作の映画)

3.6

随分前に観たやつを思い出したので。

アルツハイマーの殺人鬼のお話。どこまでが現実で、どこからが想像なのか、なかなかわからなくて難しい…最後の最後まで"?"が残る映画でした。

『新しい記憶』の方も最
>>続きを読む

アンダー・ユア・ベッド(2019年製作の映画)

3.5

高良健吾の何というかあの虚無感あふれる語り口調が、耳に残る映画。

「もう一度名前を呼んでほしい」という純粋な気持ちだけで物語は進んでいくからすごい。

けど、個人的にはあんまりハマらなかった。

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

3.9

はじまるまで気がつかなかった…イ・ン・ド・映・画!!!!

上映時間もしっかり3時間近くあって、疲れました…。でも、みなさんのイメージとは違う踊らないインド映画!ここ重要!!

ラップが好きになりそう
>>続きを読む

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

3.7

ティモシー作品ということで鑑賞。今更なんですけど、ティモシーって『インターステラー』出てたんですね。

ティモシーをはじめ、やけに色気ある出演者人に拍手…!危険でホットな夏にぴったりあてはまるキャステ
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

3.9

映画館初めは、無難に韓国映画から!噂通りの面白さでした!

ダメダメな警察官たちに、場内が常にクスクスと笑ってる状態で、まさに笑う角には福来たる!個人的に一番笑ったのは、クライマックスでのキャラ設定の
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.6

今年の映画初めはDVDでしたー。

不信感満載で見始めたピカチュウでしたが、意外と面白かった!ポケモンの質感はリザードンが気持ち悪かったけど(笑)

声がおっさんである理由もちゃんとあって、すっきり終
>>続きを読む

神と共に 第一章:罪と罰(2018年製作の映画)

3.5

だいぶ前に視聴。

『新感染』を超えた!というのでハードル上げすぎて、そこまでのめり込めませんでした…。あと韓国のSF?ファンタジー?ものが久しぶりだったので、構えすぎたかも。

また気分がのってると
>>続きを読む

モンスター・フェスティバル(2018年製作の映画)

2.8

だいぶ前に、ながら視聴。

こういう系は『キャビン』以降、自分の中でしっくりくるやつがなくて少し物足りず…。

自分が意外とホラー映画に詳しくないことが発覚しました(笑)

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

3.8

そういえば、書いていなかったので…久々のお一人様映画はこの作品でした!

前作の続きってことで、変わらず笑えて面白かった!キャラクターが入れ替わってしまうあたりも面白さを引き立てていて、よかった。
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

3.0

ホラー映画なのに笑ってしまうシーンが多くて、なんだか複雑な気持ち。

初めてみた『チャイルド・プレイ』…これが最初でよかったのでしょうか?(笑)

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

3.8

テレビシリーズから感じていたけど、冒頭とラストに語られる台詞がすごく効果的だし、好き。劇場版もあってよかった。

10年も続いていたとは改めてびっくりしたけど、見続けてよかったと思える作品でした!
>>続きを読む

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

4.0

先日観た『殺さない彼と死なない彼女』が若者向けの映画なら、こっちは大人な映画。こっちもとても好きです。

"幸福の硬貨"が流れるとなぜだか鳥肌が立つ。綺麗で美しい曲にのせて描かれる主人公2人のすれ違い
>>続きを読む

殺さない彼と死なない彼女(2019年製作の映画)

4.0

待ちに待ったグランベリーパークオープン!家から近くにある映画館はありがたい!!んで、記念すべき一本目は東京国際映画祭のときから気になってたこの作品!

オープニングから大好きな映画「ハルフウェイ」に通
>>続きを読む

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

3.6

父と子の物語、って感じでよかったです。

主人公のこともフューチャーされている歌手のこと(名前を何度聞いても覚えられない)も知らなかったけど、シンプルで王道のストーリーに安心感がありました。

表題曲
>>続きを読む

フォークロア:母の愛(2018年製作の映画)

3.5

ホラーの基本が詰め込まれてて好感の持てる作品でした!あと、監督も人柄が良さそうな方でほのぼのしました。

終わり方も捉え方次第で変わるところが面白い。

フォークロア TATAMI(2018年製作の映画)

2.5

途中まですごくいい感じだったのに、謎の結末に笑いがこみあげてきてしまって残念(笑)

ラストシーンをああした理由を是非とも斎藤工に聞いてみたかった人生であった。

死神の来ない村(2019年製作の映画)

3.3

久しぶりの東京国際映画祭!一本目はゆむたりムードの映画でした。

おじいちゃんたちが可愛らしくて、途中から死んだらどうしよう…死ぬのかな…とか一人でハラハラしてました。笑

楽園(2019年製作の映画)

3.4

『怒り』が本当に衝撃的なくらい心に突き刺さる映画だったので、期待値あがりまくりで鑑賞へ!

観終わった感想は「監督が違えば、変わるのもしょうがないか」という印象…突き刺さるメッセージが自分の中で探すこ
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.0

親愛なるリチャード・カーティスの脚本…相変わらず愛に満ち溢れてました!

ビートルズ以外も消えることが結構笑えるし、ライトな気持ちで鑑賞できてスッキリ終わるから最高でした!!

また観たい!

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.8

とてつもなく心が痛くなる…アーサーの世界がガラッと変わるあの瞬間に、ドンっと突き放されて虚無感に苛まれる感じ。寂しくなる。

バッドマンとかそういう類は全然観たことないんですけど、それでもバッドマンが
>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

4.0

前半はなかなか物語も進まず正直退屈だったんですが、やはり見せ場はピアコン…プロコフィエフあんまり好きじゃなかったんですが、プロコのピアコン素敵ですね!!!!

プロコの3番流れたシーンは鳥肌止まりませ
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.0

『インターステラー』『メッセージ』以来SF映画の当たりくじを引いた記憶がなく、今回も嫌な予感を持ちながら鑑賞…はずれでした(泣)

考察すれば深い映画なのかもしれないけど、父と息子の物語も薄すぎて切な
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.9

今までの監督作品の中では一番笑ったかも…!相変わらずの豪華キャストの雑な使い方はあっぱれ!(笑)

色々と書くとネタバレになってしまうので書けませんが、面白いです!!

>|