hatthiさんの映画レビュー・感想・評価

hatthi

hatthi

映画(259)
ドラマ(0)

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.9

音がよかった!!!
クライマックスの1時間は世界観に入りすぎて途中苦しくなった。このような映画は好んでみないけれど、この映画は面白かった!

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.7

光が印象的だった。

クライマックスのトイレのシーンはカメラワークが素晴らしかった。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.1

退屈させない、つまらないところがなかった。
シーンとシーンの繋げ方が素晴らしかった。
一番好きなのはベッドのきしむ音が機械音に変わると同時にシーンが変わるところ。

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.5

通常下手から上手に向かっているように撮られていて、何が悪いことが起きる時は上手から下手に向かうように撮られていたのが印象的だった。

かぞくへ(2016年製作の映画)

3.0

物語は良かったけれど音と映像と特に編集がキツかった!!!

アイスと雨音(2017年製作の映画)

4.0

わからない感情。言葉にできない感情。伝えられない感情。気付かぬふりをしていた感情。わからない感情すべてを映画にしてくれていた。ああ感じたことあるぞこの感情。ああ見ぬ振りしていたなこの感覚。
絡まってい
>>続きを読む

エンディングノート(2011年製作の映画)

5.0

好きすぎてDVDを買ってしまった。
「死」について考える。

砂田監督の父がステージ4のガンになり生涯を終えるまでのドキュメント。

映画を観て初めて声を上げて泣いた。

「死」というものを受け止め、
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.0

愛の渦の方が好きだなあ
地名をいちいち文字で表示することに意味があるのかと思って注目して観ていたけど特に意味はなかった。
桃李は素晴らしい。体張りすぎ。

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.7

映画のスクリーン自体を舞台に置き換えているような人のはけ方が新鮮で面白かった。一人一人なにかアクションをしてからはけていくのは演劇ならではのように思った。
とにかく私の大好きな井上真央ちゃんの演技は素
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.5

人は二度死ぬ
命が尽きた時と人に忘れられてしまった時

このセリフは野田秀樹さんの足跡姫でも使われていた。
役者は人に忘れられてしまった時が本当の死だと。

亡くなってしまった大切な人を忘れず心の中で
>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.0

人の動きカメラの動きで展開が分かりすぎて飽きてしまった。

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.8

愛おしい!私の学生時代にはない部活に没頭する熱量。少し味わえた!

羅生門(1950年製作の映画)

3.7

この映画では芥川龍之介の「藪の中」を元にした物語の中に「羅生門」の要素を取り入れながらも、小説にはない総合芸術である映画ならではの魅力が最大限に発揮された作品で、今もなお世界中の映画に影響を与え続けて>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

オープニングからゾクゾクしてバイト終わりで疲れてテンション落ちてたのに無理矢理テンション上げられて、でもその上げ方が心地よくて、悩んでる時に観たい映画だった。

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.8

話は面白かったけど映画というよりは東野圭吾感を出したいがために文字に頼った映画みたいに感じた笑笑
ほら?東野圭吾だよ?良いでしょ?みたいな。

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.5

はじめの方でオチが分かっちゃって少し退屈だった。
同じ映画監督目指す者として始まりの方のシーンは続々した。

>|