みはなだいろさんの映画レビュー・感想・評価

みはなだいろ

みはなだいろ

映画(245)
ドラマ(52)

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

3.7

なんと!面白かった!
意外に…!
と失礼すぎるけど、あまりに期待せずに、もはや流し見する勢いで見始めたので、良い意味で裏切られた。

GReeeeNは学生時代大流行していて、少し思い出深いバンドでもあ
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.7

久しぶりの雨の日だったので、タイトルに雨が入っているこの映画を。

まるで小松菜奈のPVを見ているような、小松菜奈の魅力爆発映画だった。

初夏らしい真っ青な空に、柔らかな日差しが降り注ぐ教室、薄暗い
>>続きを読む

ポテチ(2012年製作の映画)

3.8

同じ年、同じ日に生まれた
2人の青年。

一人はプロ野球の人気選手、もう一人は空き巣と、まったく異なる人生を歩んでいるという…
この設定が既に面白い。

のーんびりとした空気から、一転ドキッとさせら
>>続きを読む

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

3.6

最初から最後まで、とにかくダコタ・ジョンソンがひたすらに可愛かった。

可愛すぎて、どんなに突拍子の無い展開になっても、この子可愛いなー!が先に来て、気にならなくなる程。

たくさんの個性的な女子が出
>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

4.0

コリン・ファースがまた好きになった!

一癖ある英国王と一癖ある言語療法士。
2人が広い部屋を贅沢に使って繰り広げる掛け合いが面白すぎる。

少しずつ、ぶつかり合いながらも確かに紡がれていく2人の友情
>>続きを読む

バッファロー’66(1998年製作の映画)

3.9

独特なストーリー、褪せた空気感、全てが個性的すぎる映画!

プライドが高い上に、
衝動を抑えられず、見ていて歯痒くなる程不器用なビリー。

そんなビリーに、最初は嫌々ながら、でも、段々と積極的に好意を
>>続きを読む

ライフ・イズ・ビューティフル(1997年製作の映画)

4.3

名作だと観る前から評価されている映画は、失望してしまうのが怖くて、中々見辛い。
かつ戦争ものとなると、私にはより手が出しにくい…。

今回勇気を出し、えいや!と借りてみた。

そして、観終える頃には、
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.4

映像が綺麗で、ファンタジー好きならみんなが大好きな雰囲気間違いなし。

ファンタジーって楽しい。

…けど、宮崎駿の創作したジブリ作品の偉大さを痛感してしまった一作。

大統領の料理人(2012年製作の映画)

3.5

ずっと気になりつつも、後回しにしてしまっていた映画。
とにかく出てくる料理がどれもこれも凄く美味しそう!

大統領が食べる料理なのだから、きっと小綺麗なフランス料理がいっぱい出てくるんだろうなぁ〜と勝
>>続きを読む

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.7

オープニングの音楽が映像にばしっとハマっていて、とても好み!

そして街並みに洋服、部屋のインテリア、いろいろな部分がお洒落でセンス抜群なのは、流石フランス映画。

映画の始まりは、ロマンチックな一本
>>続きを読む

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

3.9

平日休み、朝一番に映画館へ。

ぱらぱらと席が埋まる中、年齢層高めのお客さんが多く、なんだかほっと一息。。 

今作でまず良いなぁと感じたのは、石田ゆり子と福山雅治の組み合わせ。

舞台になっているフ
>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

4.1

自分が当たり前に生きている何気ない日常が、決して当たり前では無いということ。

それは自分の大切な人も同じで、いつまでも当たり前のように会える訳では無いこと。

分かってるけど、分かってないこと。
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.7

久々の映画館での映画鑑賞は、
予告から気になっていたこちらを。

誰もが知るエルトン・ジョンの半生の物語。
普段あまり意識して聞いていないのに、知っている曲がたくさん出てきてびっくり。

恥ずかしなが
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.9

大好きな監督の新作、遅ればせながら鑑賞。

はじめは、生田斗真というザ・ジャニーズの人はこの監督の作風にどうなんだろうか…と少し疑っていた…。

けれどいざ見てみると、最初こそ違和感が少しあったものの
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.6

昨年のドラマ終了から、待ちに待った今作。
ドラマシリーズが大好きだったので、映画館のスクリーンでコンフィデンスマンの世界を味わえたことがもう満足…!

ただ今回は三浦春馬と長澤まさみの謎のムード感満載
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.1

ブリー・ラーソンがとてつもなく強く、男前で、カッコよすぎて、観終える頃には大好きになってた。

謎ばかりで始まる物語。
少しずつ、そのシーンはそうなるのかー!
と、見ている側にも分かりやすく伏線が回収
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

3.3

わくわくして、笑えて、何も考えずにサラッと観れる。

流れで超能力がついちゃって、友達とこれでもかとはしゃいで、敵にボコボコにされて。
終盤、そうくるか!なラストもあり、思っていたより楽しめた。

>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.4

マークウェブ監督の、「500日のサマー」「さよなら、僕のマンハッタン」が大好きで鑑賞。
予備知識無しで見たので、てっきり上2つと似たテイストかと思いきや…。
良い意味で裏切られた。

一つひとつの言葉
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

正直、予告で見ていた時はプーさんのぬいぐるみ感が強くてチープに感じてしまっていた…。

でも実際見てみると、ファンタジーさと現実が絶妙〜〜なバランスで成り立っていてびっくり。

プーさんはじめ、他の動
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.5

もしも水の中に王国があるなら、、

私が想像するイメージそのもの、まさしく!な世界が出来上がっていた。

見ていると、海の中に入り込んだかのような、美しい水の世界に浸れ、アトラクションに乗りこんだよう
>>続きを読む

ジ、エクストリーム、スキヤキ(2013年製作の映画)

3.6

大好きな「ピンポン」コンビ再来。
ゆる〜り、だら〜り。。

会話のテンポや歩く風景など、日常に近く、見ていてホッとする。

メインの二人に、脇を固める 市川実日子、倉科カナもとても良かった。

それぞ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.9


オープニングからいきなりの格好良さ…。

ベイビーがひとたび車に乗って、音楽がかかれば、キレッキレのハンドルさばきで車を飛ばす姿に一瞬でベタ惚れ。

あどけない笑顔や
周りの人を守ろうとする心優しい
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

3.6

ロンドンの可愛い街並みや装飾がふんだんに詰め込まれていて、可愛さてんこ盛り映画。

ストーリーはふわふわ〜っと進みながらも、
歌とダンスのシーンはまるで舞台を見ているかのような躍動感で、思っていたより
>>続きを読む

ワン・デイ 23年のラブストーリー(2011年製作の映画)

4.9

再鑑賞。
何回見ても、毎回泣いてしまうのは中々無い。
この映画は、本当に、気付けば泣いてる。

ストーリーだけでなく、映画の纏う空気感や寒色系で統一された映像や音楽、全てが好み。
作り手のセンスの良さ
>>続きを読む

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

4.0

上映時、友人がみんなが観に行ってきて 
「めっちゃ泣けた!」
「感動した、良かった!」
という感想を聞きすぎて、中々観る気になれなかった映画。

こういう所ひねくれてるな〜自分…
と思いつつ、手が伸び
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.9

映像の迫力には流石の一言。
CGの綺麗さとダイナミックさに、終始圧倒された…。

そしてハリーポッターシリーズよりも、日常で使われる魔法がより自然に、リアルに表現されていて、それだけでファンタジー好き
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.8

とても美しい映画だった。
今年観た中では、「君の名前で僕を呼んで」に次ぐ美しさ。

キスシーンは、ドキドキしたのは勿論、綺麗すぎて見とれてしまう程。

そしてファッションもとても素敵だった…

テレー
>>続きを読む

二ツ星の料理人(2015年製作の映画)

3.7

ブラッドリー・クーパーのまた一癖ある役柄を見ることができた。

癖のある主人公に、癖のある仲間が織り成す調理場は、母が立つ家のキッチンとは訳が違う、プロたちの戦場。

普段見ることのできない、料理人の
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.7

良かっっった…!!!!
予備知識無しでふらっと行ったので余計に良かった…!!
この秋はファンタスティックビーストしか楽しみにしてた映画が無く、こんな面白い映画にふいうちで出会えた事が単純に嬉しい…。
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.4

主演の二人の、今まで見たことのないような役柄に、最初はとてもドギマギした。

衝動的で大胆、でもとても繊細な二人。
惹かれたり、罵り合ったり、嘘をついたり。

そんな中で微かに、でも確実に前に向かって
>>続きを読む

ニライカナイからの手紙(2005年製作の映画)

3.5

もう秋も終盤に入りつつある今、ふと夏を味わいたくなり鑑賞。

望んでいた沖縄の景色をたくさん味わうことができて、とても良い気分転換になった。

そして何より、蒼井優に引き込まれた。
この若さで本当に凄
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.3

期待通り、いや、それを超えてくるぐらい爽快で気持ちのいい映画!

1よりテンポ良く自然なミュージカルになっていて、何も考えずに楽しめる。

そして、なんといってもマンマミーアは音楽がどれも素敵。
新し
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.4

字幕鑑賞。
映像が素晴らしかった!
映画館に観に行かなかったことを、激しく後悔…!!

ここまで映像に見惚れたのはアナ雪以来。
家で見てもこんなに良いと思えるのだから、余計に悔やまれる。

そしてミゲ
>>続きを読む

>|