joeさんの映画レビュー・感想・評価

joe

joe

映画(138)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.5

脚本が良いと思った。英語そんなにわかんないけど。
なんだかんだ冒頭のシーンが一番好きだったかな。
若かりし監督とブルースウィルスの彼女かわいい。

SOMEWHERE(2010年製作の映画)

3.3

エル・ファニングはかわいい。エッグベネディクト食べたい。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.6

詐欺師になっちゃう父親思いの天才の話。
はなしのテンポも良く、追っかけるトム・ハンクスのキャラもいい。

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.8

最近、若い人が出てくる映画が面白い。
あなた、ユアン・マクレガーだったのね。ぴちぴちのTシャツおしゃれ。

シャイニング(1980年製作の映画)

3.8

色鮮やかなキューブリックワールド。

まだこういう映画に慣れてない。

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.6

演技がすごいと思った、特にクズで情けないお父さんとサイコな殺人鬼。

潜水服は蝶の夢を見る(2007年製作の映画)

3.7

この話が自伝だということに驚き。主人公と父親の関係が良いなと思った。
あそこまでの不自由に立ち向かった主人公と協力者たちに脱帽。

イントゥ・ザ・ワイルド(2007年製作の映画)

3.9

主人公的なものの考え方は良くわかる。それをうまく実行していける賢さと行動力となにより勇気がすごいと思う。
アラスカの荒野で死んでも見つかるなんて、人間が人知れず死ぬって結構難しい事なのかな。

“Ha
>>続きを読む

ブエノスアイレス(1997年製作の映画)

3.5

同性愛ものといえばそうなんだけど、そこがテーマの話ではなかったかな。
チャンが登場してちょっとハラハラしたけど、最終的にはチャンいいやつだったなぁ。最後までウィンはロクなやつじゃなかったなぁ。
ファイ
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.6

夢見がちな若い子にはちょっと痛いところをつかれるような話だった。ニューヨークの生活とか憧れる。行ったこともないけど。

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

4.1

タイムリープものの宿命だけど、これだけ行ったり来たりするとパラドクスが生じますよね。序盤ちょっとダメかなと思ったけど、けっこう持ちこたえた。

運び屋(2018年製作の映画)

4.1

イーストウッドの肝の据わった自由なおじいちゃんのキャラが良かった。経験の差は大きい、特に戦争ともなると、現代の若者にはどうしたってわからない。
また、アメリカのハイウェイのスケールのでかいこと。運転下
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.9

ガガの歌に鳥肌。
アリーの話というより、あの夫婦の話って感じ。
私としては、旦那の方に感情移入しちゃったけど。

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.5

面白い!さすが、フィンチャー。
結婚しようと思ってる人にはぜひ見ていただきたい。どうとらえるかはその人次第。

バスケットボール・ダイアリーズ(1995年製作の映画)

3.4

若かりしレオ様目当てに見るならいいのかな?
日本にいるとあまり実感はないけど、アメリカの薬物問題って結構深刻なんだろうか。

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.2

見たことないタイプの映画だった。実験的と言われるだけある...
。から、一般受けはしないよね。面白い部分も確かにあるけど、眠くなってしまった...。

影武者(1980年製作の映画)

3.5

歴史好きでもない一般人が知ってる武将って、実際すごい人だったんだろうと思った。従者とかが来てる着物がポップでかわいかった。

未知との遭遇(1977年製作の映画)

3.7

調査チームの熱気が良いなと思った。未知の存在とコンタクトが取れるってなったらテンションあがるよなぁ。でも、ロイお父さん、好奇心旺盛すぎるでしょう。

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

3.5

いちいち映像がかっこいい。
勝手にもっとドラマがある作品だと思っていた。宇宙旅行というより、人類とか宇宙とか機械とかの壮大な話って感じ。邦題があってない。オデッセイのままが良いと思う。

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

4.4

ドラッグ、セックスオンパレードの刺激的な映画観たいときにぜひ。'fuck'3秒に一回くらい言ってる気がする。
やっぱりディカプリオいい。

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.0

基本的には男の子4人が歩いているだけの映画なのに、面白かった。

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

4.3

悲劇と分かっていても期待してしまう。
若きディカプリオかっこいいー。

菊とギロチン(2016年製作の映画)

4.1

万歳するシーンと海で踊ってるシーンが好き。場面場面が良かった。

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.4

ポスターのイメージとストーリー、主人公のキャラが全然違っかった、そして、いい方に裏切られた。(前情報全くなしで)
ストーリーにそんな驚きの展開みたいなものはないけれど、面白かった。
あの家族をまとめる
>>続きを読む

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

3.8

ジョバンナいい子だわ。私も一緒にプールサイドで寝っ転がりたいです。
なんだかいじめっ子が憎めなかった。

ゴッズ・オウン・カントリー(2017年製作の映画)

3.4

イギリスって聞くと曇りの風景がそれっぽくきれいに感じられる不思議。田舎町でそんなにぽんぽん相手見るかるかなぁ。ノーマルだって厳しいだろ。

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.7

主役二人の関係だけ見てたら、いい映画だ夫思うけど、結局社会に社会の闇は深くいい話ではないと思った。

大統領の陰謀(1976年製作の映画)

3.3

日本語の映画として見ても難しそう。ダスティン・ホフマンロン毛も似合うなあ。

狼たちの午後(1975年製作の映画)

3.5

アルパチーノの目つきが好き。
お姉様方肝座ってらっしゃる。

七人の侍(1954年製作の映画)

4.5

最高のジャパニーズエンタメムービー!60年以上前なのかこれ...
役者さんもほんと素晴らしい、カッコいい......特に宮口さん
でも、求めて泣くだけのしのは現代っ子的にはちょっとなあというキャラ。

>|