sobayuさんの映画レビュー・感想・評価

sobayu

sobayu

映画の思い出

映画(998)
ドラマ(0)

天命の城(2017年製作の映画)

4.0

とても面白かった。公開規模が小さいので微妙なのかと思ったら、正攻法で見応えのある時代劇だった。一見地味な朝廷劇で、大臣たちは全員頭を垂れた姿勢だから画面に動きがない。なのにちゃんとサスペンスフルになっ>>続きを読む

ALONE/アローン(2016年製作の映画)

3.0

シチュエーションスリラーだと思ってたら、ゴドーを待ちながら的な自分との対話の物語だった。地雷は足止めの象徴に過ぎない。一人芝居やサバイバル要素はそんなになかったな‥。私は彼の元へやってくる人も動物も幻>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.0

スイスアーミーマン、僕らのミライへ逆回転を思い出しつつ、けれどベアのキュートさとか「夢を諦めない」「やりたいことをやる」という甘言を取り除くと、どうしたってブリグズビーはカルトの経典ですよね。それでも>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

3.0

なんとなく観そびれてたけど良い瞬間のたくさんある映画だった。特に長澤まさみが最高だった。原作だと幸ねえはもう少し年上なイメージだったけど、綾瀬はるかもよかったな。大竹しのぶとのシーンが特に。

すずは
>>続きを読む

リミット・オブ・アサシン(2017年製作の映画)

4.0

面白かった。そりゃICPOの女性との唐突なワンナイトラブ展開とかいらねえ~と思うし、幻覚を見る度にイーサンホークの演技力が火を噴くせいでアクション映画としてはバランスが崩れてるかもしれない。でも逆に普>>続きを読む

V.I.P. 修羅の獣たち(2017年製作の映画)

3.0

不愉快。胸くそ悪い。そういう意図で撮られた映画だろうからそういう感想です。男が受ける暴力はボカして遠くから撮ってるくせに、少女をレイプし殺すシーンだけあんなに克明に撮る必要性があるのか。少女は全裸、男>>続きを読む

マイ・ビューティフル・ランドレット(1985年製作の映画)

4.0


「君の名前で僕を呼んで」で思い出し再鑑賞。ゲイであることを特別に描かない、自然に恋に落ちるし、偏見の視線もない…でも差別の無い世界が描かれているわけじゃない(言い方が難しい)という点で似てる気がする
>>続きを読む

パス・オーバー(2018年製作の映画)

3.0

タイトルはモーゼが海を割ってユダヤ人を導いた日=その祝日との事。その前提を知ってないと意味分からなかっただろうな。

64Th St king Drという通りも実際にあるんですね。ゴドーを待ちながらを
>>続きを読む

LUCK-KEY/ラッキー(2016年製作の映画)

2.5

もっとバディものかと思ってたけど、それぞれが交わることなく進むパートが全体の2/3で、しかもなかなかユルいコメディなので正直言えばタルかった‥。TVドラマだったらそれでいいけど。

ラストでちょっとア
>>続きを読む

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

3.0

犬が島が面白かったので再見。目に楽しい映画だけど、やっぱお父さんFOX、サイコパスじゃね?という気がする。特に息子に対しての態度(謝り方もサイコだと思う)。きっと監督は本気でよい父親、よい家族像と思っ>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

4.0

孤独な殺し屋がアンニュイな美少女を物理的に救い、同じように孤独な美少女によって精神的に癒されるみたいな話もう腹一杯なんだよと思いつつそういう映画じゃないという噂を聞いて観に行ったのだけど普通にそういう>>続きを読む

修羅の華(2017年製作の映画)

3.0

話の前置きが長い。なんか青年漫画の映画化っぽい雰囲気。キムヘスは格好良かったけれど、あの髪型とファッションは話から浮いてた気がする。

イ・ソンギュンは不憫でよかった。付き合ってもない女の名前を勝手に
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

冒頭のオルゴールすごい欲しい~。どれだけ愉快な振る舞いをしていても”辛苦のあまり狂ってしまった人”という哀れさや恐ろしさが常にあるというデッドプールの魅力は健在だった。ゲラゲラ笑いながら観たけど要所々>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.0

子ども達、全くお芝居してるように見えないんだけどどうなっているんだ。本職はデザイナーだというママ役の人も素晴らしかった。あの笑顔!演技力とは監督が引き出すものでもあるんだなあ。ムーニーはクソガキかも知>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.0

ハラショー!と見終わってまず言いたくなるような映画だったけど、描かれない裏側は相当ヘビーだろうとも思う。インタビュー形式で虚実ないまぜにするのって結局は誠実なのかもな。

あの母は強烈だけど、成人後の
>>続きを読む

スマート・チェイス(2017年製作の映画)

3.0

ああいう美術品配送業が生業として成立するのか疑問というか、オーランドブルームの職業、別に警察か泥棒でよくない?もしくは扱う美術品は盗品で正規ルートを使えないとか何か理由がないと、なんであんな保険も入っ>>続きを読む

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ(2014年製作の映画)

3.0

この高校生たちのリアルさは、3年B組なのかザ・ノンフィクションなのか、どう受け止めようかちょっと迷う。

生徒たちの諸問題のその先、急にやる気になった切欠もなにも描かれないので『問題児たち』というカキ
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.5

東映ヤクザ映画の新作なのだから仁義~とか県警対組織暴力っぽいと言うべきなんだけど、やっぱ今だと率直に韓国映画みたいだと思った。韓国映画みたいに面白いというのは褒め言葉です。ベテラン俳優陣はやっぱり凄い>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

ティモシーシャラメすごい。本当に人を好きになっているように見える。オリヴァーはずるい大人だな~と思うけど、最後の電話で言った言葉の中に彼の人生が見えて切なかった。避暑地で生きることのできない人が殆どな>>続きを読む

名もなき野良犬の輪舞(2017年製作の映画)

4.0

ヤクザものの醍醐味が男同士の絆なら、その粋を集める意気で作った映画なんだと思う。監督が例に挙げていたけどまさに「ヤクザ版キャロル」だった。ヤクザな男同士のメロとしての一つの到達点ってやつなんだろうなあ>>続きを読む

サバービコン 仮面を被った街(2017年製作の映画)

2.5

エデンより彼方にを意識してのジュリアンムーアなのだろうか。人種差別問題とコーエン兄弟的不幸のピタゴラスイッチが最後まで生かし合わないので逆に驚く。

とにかく話のテンポが遅い。こういうのって監督と編集
>>続きを読む

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

3.0

冒頭、インスタ的に色を弄った処刑シーンがカットバックされる演出に、は?と思っていたら、それはISのプロパガンダ映像とのこと。ドキュメンタリーを見る度に思うけど、演出と現実の区別は本当に難しいな。状況と>>続きを読む

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

3.5

8mileとプレシャスを足したロッキーみたいな映画を想像してたら、よい意味でティーンムービー的な可愛い青春映画だった。(でもバトルでイケメンにプレシャスって言われてたね)

意外と皆パティに優しいのと
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

全編サビだけで構成されたヒットメドレーみたいだった。アベンジャーズは流れで見てるけどハマれてないので、いつも勝手に中だるみしちゃうような客だったのですが、初めて最後までずーっと面白かった。

石を巡っ
>>続きを読む

ファイナル・プロジェクト(1996年製作の映画)

3.0

ジャッキーを流氷の割れ目に落として極寒の中泳がせるとか、そういう意味での限界アクションが見たいわけじゃないんですけど・・というお気持ちにならざるをえないのを打ち砕くように、後半挟み込まれるジャッキーア>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

ウゴウゴルーガみたいで楽しかった。画面の情報量が多くあちこち見たいので吹替でもう一回見たい。和太鼓を使ったテーマ曲が格好良かった。

アタリの犬たちに対する態度が時々、え??って感じなのとかウェスアン
>>続きを読む

犯罪都市(2017年製作の映画)

5.0

多分私の今年度韓国映画No.1になるような気がする。悪役を演じたユン・ゲサン、完全に新しいスター誕生!と思った。どちらかといえばロバート秋山似のほほんとした顔立ちなのにあの怖さ。

悪役を「狂犬」と表
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.5

光州事件て韓国映画を見てると時々出てくるけど、こんな天安門事件みたいなことが起きてたなんて...。主人公の最初のスタンスがまさに現代の私たちに重なって、ある種自分があの日の光州にタイムスリップしたよう>>続きを読む

ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン(2011年製作の映画)

3.0

すごく期待してたんだけど、ハングオーバーの女性版以上のものではなかった。私の中にも”女だと笑えない”がまだまだあるんだな。いや”男がやると面白い”だけが面白さじゃないので単純に比べてもしょうがないんだ>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.5

よいジュブナイル映画だった。定型ならいじめっ子といじめられっ子になるところをちょっとズラした人間関係にしているところが今っぽい。今回はジュマンジの中に入っちゃうんですね。アランの名前が出てきたところで>>続きを読む

グッバイ・シングル(2016年製作の映画)

3.5

キムヘスとマドンソクのラブコメだと思って観に行ったら、とてもよいシスターフッド映画だった。韓国は本当に時流に敏感な映画を作るなあ。グッときました。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

懐かしい正統派ジュブナイル。掘ればいくらでもマニアが喜ぶ小ネタが入っているんだろうけど、普通に皆がピンとくる塩梅のネタも多くて誰もが楽しめる感じで嬉しい。

悪党がどっか抜けてるのも、IOI社の研究施
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.5

ソ連じゃなくて今のロシアの話なの?驚く。アメリカ映画でこんな風に描かれてよく怒らないな~。

ハニートラップとは言うけどドミニカとネイトは最初から身分を明かし合っているのが新鮮だった。嘘がばれて愁嘆場
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.0

いやー普通に面白かった。日本の政治家にもこの言葉を聞かせてやりてえ‥!みたいな気持ちになるけれど、当て擦るワードすらハリウッドから借りるしかないのかと思うと情けないな。

ウォーターゲート事件をスクー
>>続きを読む

潜入捜査/ミッション:アンダーカバー(2017年製作の映画)

3.0

インファナルアフェアシリーズ全部をぎゅっとまとめてウージンが主演したみたいな映画だった(ウージンは出てませんが)。過剰で面白かったな~。

あれだけ恨んでるのに10年受け身で待ち続けてるボス気が長すぎ
>>続きを読む

切り裂き魔ゴーレム(2016年製作の映画)

4.0

切り裂きジャックじゃないけど新説切り裂きジャックとして楽しんだ。てっきりダン・リーノとヒロインの愛憎劇かと思ったら違ったな。むしろそういうステレオタイプさこそを犯人は憎んだんだろう。

ラストはシャー
>>続きを読む

>|