sobayuさんの映画レビュー・感想・評価

sobayu

sobayu

映画の思い出

銀河ヒッチハイク・ガイド(2005年製作の映画)

3.0

ああこれ観たことなかったなと思ってレンタルする⇒観たことあるじゃん、を数年ごとに繰り返している。どうして観たことを忘れてしまうのか‥。

圧倒的に原作が好きなんだけど、イルカの歌が最高なので映画も悪く
>>続きを読む

ローン・レンジャー(2013年製作の映画)

4.0

結構好きなんだけどな。長すぎて途中ボーっとしてしまうけど。何だかんだ陽性のジャックスパロウとは対照的に、トントは陰性というか悲惨すぎるキャラクターだけど、やっぱり可哀想と面白いのバランスが最高だと思う>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

4.0

ストーリーをすっかり忘れてたので普通に驚いた。いや~映像が豪華。こういう絢爛豪華さって最近あんまり見なかったので新鮮だった。厭世感のある探偵、事件は未然に防げない、犯行に至る理由など多分に横溝正史的な>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

4.0

面白かったな~。シリーズ3作目なのに変な感じになってないの凄い。毎回ちゃんと面白さが増してる。そして何より大泉洋という最強のコンテンツ力よ...!

映画版の探偵と高田は年齢差があるから、高田はいつか
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

2.5

少年というモチーフに思い入れがないもんであんまりピンと来なかったなあ。でも人によってはグサッと刺さるんだろうというのはよく分かる。なんかゴンドリーの色んな要素が少しずつ入ってるお話だった。

マイプラ
>>続きを読む

ダブル・ミッション(2010年製作の映画)

3.0

子供向け映画で楽しい。ニコニコしてるだけの冴えないアジア人のおじさんが急にすごい動きをするのを、アメリカのキッズ達が見てビックリしてくれたならそれでOKと思う。

せっかくジャッキーに「過去作のあのア
>>続きを読む

グレートウォール(2016年製作の映画)

2.5

聞きしに勝るとんちきさ。これはダメでマッドマックスはアリなのは何故だろうか‥とか思いながら見ていた。太鼓叩いて紐付けて飛んで~とか同じようなことしてるはずなんですけど。

エディポンちょい役。アンディ
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.0

なぜか公開中は見そびれてたんだけど凄く面白かった。こういう白黒はっきりしない曖昧な映画を面白く撮るって力量が要るんだろうなあ。

ジェイクもナオミワッツも息子役の子も素晴らしかったけど、やっぱクリスク
>>続きを読む

ドラゴン・コップス 微笑捜査線(2013年製作の映画)

4.0

ジェットリーのアクションもすごいし、ウージンも出てるし、ウェンジャンも楽しい。適当にコメディで見やすいし、刑事の傍ら副業で株やってるジェットリーなんて最高でしかないぜ。

この頃にはもうお体的には絶好
>>続きを読む

兄弟仁義 逆縁の盃(1968年製作の映画)

3.0

えっそこで終わるの?!(そういう終わり方するの?!)って驚くという意味では塚本晋也の悪夢探偵2みたいであった。

サブちゃんが若山富三郎に対して男惚れしてゆくシーンは何というかルンルンしてて面白かった
>>続きを読む

ダニー・ザ・ドッグ(2005年製作の映画)

3.5

今見るとこの全体的なユルさも味なのかもな~。リュックベッソンが監督までやってたらもっとよかったはずって散々言われてるし、わたしもそう思っていたけどこれはこれで‥。でもこんな神設定の映画、全アクション俳>>続きを読む

黒猫・白猫(1998年製作の映画)

4.0

年上の彼女の健康的な美しさが素敵だな~。マフィアのボスの電動車いすやら電動ゆりかごやらも笑っちゃう可愛さ。電柱に水を掛けると電波がよくなるというのは本当だろうか。若者は恋をし旅立って行き、年寄りはカサ>>続きを読む

1984(1984年製作の映画)

4.0

原作のラストを忘れてたので、最後までどうなるかドキドキした。あ~そうだそうだこういう話だった。最悪だ。

原作を読んでる時はビッグブラザーってイラスト化されたポスターだと想像してた。写真の方が圧があっ
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.0

アクアマンとフラッシュが新しい風を吹き入れて、ワンダーウーマンが魅せる。その部分は楽しかったけど全体的には何のこっちゃ...って感じだったなあ。ベンアフもヘンリーカヴィルも好きだけど、このふたりが演じ>>続きを読む

新兄弟仁義(1970年製作の映画)

4.0

ちょう面白いんですけど!サブちゃんて弟キャラだったんだな‥。血よりも色恋よりも濃く熱い義兄弟の絆に対して萌えまくっているとしか思えない映画だった。こういうのを男が作って男が観る文化だったんですよね、面>>続きを読む

密偵(2016年製作の映画)

4.5

堂々たる韓国版スパイ映画だった。誰が密偵だったのか‥というのは中盤兵士の手に握られているもので分かるのだけど、どんな信念に基づいた密偵だったのかというのは最後に明かされる。私が他に例えを知らないので何>>続きを読む

ラースと、その彼女(2007年製作の映画)

3.5

すっかり忘れてたけどゴズリングが裏声で笑わせるのこの映画でもやってたんだな~。ビアンカが郵送されて来た日、開封前から身支度を整えてドキドキしているのが印象的だった。実物を見て恋に落ちたんじゃないんだね>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.0

前後編で分けるより、全6話のドラマの方がぴったりハマっていた。DVDはどの体裁になるのかな。

すごく面白かったというのが大前提なのだけど、同時にどうにも飲み込みづらい部分もあるドラマだった。癖が強い
>>続きを読む

ジェーン(2014年製作の映画)

3.0

逆にどうしてこのキャストとストーリーで映画が面白くならなかったのかギャヴィンオコナーに聞きたい。兄弟の話じゃなかったから?じゃあ元彼と今旦那を兄弟の設定にすりゃよかったじゃん?

ハッ...そしたらち
>>続きを読む

ブラック・ファイル 野心の代償(2016年製作の映画)

3.0

評判が散々だったので期待値をかなり下げて観たらば意外と面白かったです。全体のトーンはゾディアックっぽくていかにも重厚な映画が始まりそうな雰囲気。訳ありそうな夫婦も、イビョンホンの謎の男もよかった。ファ>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.0

リアルなスリラーものを想像してたので、ああソレがありえる世界観なのね?!と鑑賞途中で路線変更。確かにすごく面白かった。これを日本に置き換えたら居心地悪くて笑えないと思うから、アメリカって国は良くも悪く>>続きを読む

戦狼 ウルフ・オブ・ウォー(2017年製作の映画)

3.5

ウージンのインフレが凄すぎた。最高。冒頭の海に飛び込むポーズの面白さ(格好良さ)からノンストップで迸るウージン無双。ある意味ドニーさんを超えたのでは‥と思わせる俺俺俺の嵐。バラード歌い始めた時はわが耳>>続きを読む

詩人の恋(2017年製作の映画)

4.0

パターソンは理想の姿、こっちの詩人は浮世の人。最初はコミカルで可愛い話になるのかと思っていたのに後半は色んなことが辛かった。三人誰も嫌いになれない。でもやっぱり奥さんの心情を慮ってしまった。同じ女から>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.5

全員元気ない。誰も幸せそうじゃない。人間もどきって言われる男がもっと実存の危ういOSの女の子と恋をしているの、ちょう切ない。女の子が心を込めて付けてくれた名前が、場末の広告に使われるようなありふれた名>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.5

全体的にバカな人たちの強盗計画っぽい楽しさに充ちていた。相変わらずのソダーバーグ節。そしてこれがハイテンションにギュッと縮めて90分になったら最高なのにナァと夢想してしまうところもソダーバーグ節。>>続きを読む

MR.LONG/ミスター・ロン(2017年製作の映画)

4.0

自分が見たSABU監督作の中で一番好き。今までは監督が興味ないだろう部分は急にファンタジーになるのがイマイチ...と思ってたのですが、それこそが作家性なんだと初めて肯定的に思えた。今回で言うなら警察の>>続きを読む

ホワイト・バレット(2016年製作の映画)

3.0

悪趣味!ここまで徹頭徹尾そうだと清々しい。毎回好き嫌いが分かれるけど、これはハズレの方だな~とか思ってたけど最後まで見たらまたも好きになってしまったよジョニートー。わたしも銃撃戦のモブとして宙に浮きた>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.0

マイティーソーでGotGをやった感じ。このシリーズに今更シリアスな問題をぶつけても微妙だったと思うので、コメディに振り切ったの大正解だと思う。

それにしてもアスガルドの王家、子育てヘタ過ぎではなかろ
>>続きを読む

グッド・タイム(2017年製作の映画)

5.0

兄弟もの、ザ・コンサルタント、ウォーリアー、クライングフィストの系譜。銀行強盗からたった一晩の話。具体的な説明や心情描写は一切ないのに、兄弟の境遇がはっきり浮かび上がってくる。知的障害の弟は語る術を持>>続きを読む

ショックウェーブ(2017年製作の映画)

3.5

アドベンチャーズとは違う意味でちょう面白かった‥過剰に次ぐ過剰。弟のストレッチャーが右往左往するのとか無情なんだけど笑っちゃう。

しかしアンディラウが恋に落ちる描写いるかねw。あの口説き方気持ち悪い
>>続きを読む

The Adventurers(英題)(2017年製作の映画)

4.5

面白かった~。香港のM:Iだな。ちょっと前までの頑張ってハリウッド映画をマネしました!ツッコミどころはあるけれど勢いだけは負けません!みたいなノリじゃなくて、もう本当に普通に面白い。続編ガンガン作って>>続きを読む

猫が教えてくれたこと(2016年製作の映画)

3.5

イスタンブールで暮らす猫たちをいい距離感で覗き見る感じ。多くは野良か半野良だから面構えもなかなかワイルドで素敵だった。

人間は猫たちにそれぞれの何かを仮託するけど、猫には神の概念はないし、恩義を感じ
>>続きを読む

人生、サイコー!(2013年製作の映画)

3.0

主人公の成長物語だと思えば素直によかったねと思うけど、彼に都合のよい一面しか描かれないから何ともはや。育ての親たちをオミットするってどうなんだろ。シングルマザーも夫婦も居ただろう。スターバックの子供た>>続きを読む

ぼくの伯父さんの休暇(1952年製作の映画)

3.0

子供が両手にアイスクリーム持ってヨタヨタ歩いてるのに落とさない、無事友達に一個あげてふたりで美味しく食べている、という品の良さよ。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

5.0

ちょう面白かった!本当に新しい007だった。ダニエルクレイグ版のボンドを女性でアップデートした感じ。気骨があって媚びずタフでセクシー、そして内面にギリギリの脆さがある。セロンは衣装や髪型をクルクル変え>>続きを読む

ブルーム・オブ・イエスタディ(2016年製作の映画)

3.0

まずガチで好感を持てない男女を主役に据えてやりきったのが凄い。半端に憎めない部分とか出して逃げないんだもん。ヒロインに犬を投げさせるって普通躊躇うよな。

というかザジのアイデンティティである"ナチ犠
>>続きを読む

>|