しろまじゅつのつかいてさんの映画レビュー・感想・評価

しろまじゅつのつかいて

しろまじゅつのつかいて

映画(99)
ドラマ(0)

メイジーの瞳(2012年製作の映画)

3.3

親の事情を、大人の事情を子供に聞かせるな。
大人になればわかるけど、子供心にはわからない事が沢山ある。理解できないから大人が配慮しなきゃいけない。
大人にだってどうしようもない事はあるけど、それは子供
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.2

AIこわい。
表情の機微を敏感に感じ取り、最適な方法で対応する。こわすぎる。
でも感情に流されないAIの活用法はあるんでしょうね。
あーAIこわいーあーーー

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.8

ベイリーやばい。
いや、犬にだって心はあるよね絶対。
猫だって。
でも人間とは違う、それを人間が理解しなきゃいけない。
でも人間は怒ったら伝わると思ってる、感情論でどうにかなると思ってる。
そんなのは
>>続きを読む

あの日のように抱きしめて(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

最初にバーで「ジョニー」と声をかけて気づいてもらえなかったショック、ジョニーの家に連れてきて妻に似てるみたいに言われたり、筆跡同じじゃん、てなっても気づかれないショック、気づいてもらえそうで気づいても>>続きを読む

ジャッジ 裁かれる判事(2014年製作の映画)

3.8

これからの裁判の戦い方が変わるだろうなぁ、ずっと嫌われていると思っていた父親から一番の弁護士なんて言われたら。
都会暮らしのやり手の弁護士が見せる家族への感情とか、優しさとか、孫との初対面とか、なんか
>>続きを読む

無伴奏(2016年製作の映画)

3.2

祐一郎の目が結構良かった。狂気に近いような嫉妬の目、怖かった。

渉は、どっちも好き、なんて実際都合よすぎるよなぁ。結局渉は誰に対しても依存しがちなんじゃないかと…お姉さんにも

初恋があれじゃあその
>>続きを読む

at Home アットホーム(2015年製作の映画)

3.0

何の前知識もなく見始めて、最初の幸せそうなふつうの家族って雰囲気からの、掛軸、ってあたりでん?ていう。
みんなが家族になった経緯がだんだん明かされていって、こちらの最初の軽蔑の感情がなくなって感情移入
>>続きを読む

葛城事件(2016年製作の映画)

3.0

家族はコンビニ弁当ばかり食べていて、それでも牛乳は常にちゃんと冷蔵庫にある、弟が父親に首を絞められても止めない兄、息子のお通夜でヘラヘラ酔っ払う母親、行きつけの中華料理屋で麻婆豆腐が辛すぎるとネチネチ>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.8

2人ともとても良い。好きだ。
作品の時間も短いし事件も起こらないし、でも2人の空気感がとても良い。
12個のチョコより、たった1個のあの子からもらったチョコが勝つ(笑)
私も、内海くんの方がタイプ(笑
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.2

サルーの子供時代が素直で健気でかわいすぎて辛かった。あんな大変な経験をしたのに、インドの家族もオーストラリアの家族も、深い愛情をもって育ててくれたから、大人になっても故郷を思える青年に成長したんだろう>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.5

つっら。
お年を召してからの初恋であの展開はさぞ辛いかと。

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

2.0

でてるのは本当に好きな俳優さんばっかりだけど、本当無理だ。

ヒミズ(2011年製作の映画)

2.5

ちょっとなんかなんてゆうか、二階堂ふみの役がイタすぎる。。
あと主人公平気で女の子に暴力振るうなや。
現実にある問題を問うてるようで、非現実的な描写も多い、なんか終始イライラした。
みる必要はなかった
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.2

クズ対クズでどっちもどっちな気が…
ロビンと生まれてきた子供が気の毒すぎる。
なんだか物語の進行するスピード感が終始一定すぎて、それが話の展開さえも、大した事が起こってないような感覚になった。

マジカル・ガール(2014年製作の映画)

2.0

なんで観てみようと思ったんだったっけ?
と思うくらいつまらなかった。

オープン・ユア・アイズ(1997年製作の映画)

2.0

ペネロペ可愛すぎて。
その他はイライラしすぎて無理だった。主人公がウザすぎる。それと私は友達の方がイケメンだと思う。

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

2.0

ミュージカル版は好きだし、CDも聴きまくってたから曲も好き。
1997あたりにアメリカ?でつくられたレミゼラブルも好き。原作も読んだ。
この作品は、正直違和感しかなかった。
絶賛されてるのが?すぎて。
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.0

ヒトラーのものと思われた絵が偽物でオークション中止みたいなヤフーニュースでコメントされてた方が、この映画について書かれていて、気になって鑑賞。

面白かった。
扱ってる人物はめちゃくちゃデリケートな対
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.2

安藤サクラはそこにいそうな感じ(笑)
新井浩文もSでチャラくて、でもなんか人間味があって嫌いになれない感じが良かった。
タイミング的に、借りた後に例の事件があって、、あまりにまんまで書きにくいけど…
>>続きを読む

あん(2015年製作の映画)

3.7

樹木希林がすごい。
お店から最後に帰る日、自分の運命を受け入れているのが表情だけでわかる。過剰でなく、そこに本当に存在している。だからこそ徳江さんがどんな人で、どうやって生きてきたのか、ハンセン病がど
>>続きを読む

BeRLiN(1995年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

映像くっらいし見難いけど、話の展開は嫌いじゃない。起承転結がそんなにしっかりある訳じゃないけど、劇中で探してる男どもと一緒に行方が気になってしまう。
中谷美紀はかわいいし、側から見てると魅力的だから男
>>続きを読む

バーレスク(2010年製作の映画)

4.0

アギレラのひたむきさとか人懐っこさ、可愛さも好きだけど、やっぱり歌の力がすごすぎる、響く。
あと単純に曲が良いからサントラもめっちゃ聴いてる。

>|