KINOさんの映画レビュー・感想・評価

KINO

KINO

アジアやヨーロッパの映画が好きです。

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.9

続編にそなえて、復習。すっかり忘れていたけど、世界観がとても良かったし、ちょっとロマンチック。日本人は、つい看板の文字を読んでしまうな。

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

4.0

アウトレイジシリーズが好き。今回は、笑いは少なめ。いつものように男ばかり、それもオヤジばかり。完結して残念なような、潔いような。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.6

ご本人(猫?)が出演しているが、猫のボブは、頭良さそう。人の気持ちや、言葉までわかるのではないかな。主人公ジェームズの救世主。

ポルト(2016年製作の映画)

3.5

疲れていたら、意識が遠のいてしまいそうだけど、風景も色合いも、私は好き。昨年亡くなったアントン・イェルチンだと思うだけで、せつない。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.3

小気味好い音楽にのって、テンポよかった。元気をもらえる映画。

エタニティ 永遠の花たちへ(2016年製作の映画)

4.4

トラン・アン・ユン監督、大好き。絵画を見るように、うっとりと鑑賞できた。女優さんも好きな人ばかりで、美しかった。

ジュリーと恋と靴工場(2016年製作の映画)

2.9

フレンチ・ミュージカルで、こんなに歌って踊る映画だとは思っていなかったので、驚いた。でも、ちょっと古めかしいかな。

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.2

昭和の風景がなつかしい不思議な時空ファンタジー。原作好きだけど、映画もよくできていた。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.1

どの犬も単純で純粋。かわいい、泣けるけど、笑えるとこもある。良い話だった。

50年後のボクたちは(2016年製作の映画)

3.7

14歳の夏、王道青春ロード・ムービー。鬱屈した毎日から飛び出して、無鉄砲なドライブ。ありきたりながら、主人公2人が、個性的で良かった。

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

4.2

久しぶりのエミール・クストリッツァ監督。出演もしていて大活躍。騒々しい音楽、動物もいっぱい、こういう作風が大好き。

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.5

一瞬にして、戦場にいる気分になる。息苦しいけど、空や海、海岸が美しい。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.8

笑い、感動、下ネタ、ホラー等盛りだくさん。驚きに満ちた展開。いろいろ解釈できそうだけど、小難しくなく楽しめる映画。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

音楽と超絶運転テクニックが、融合していて、面白かった。エドガー・ライト監督の他の作品よりも、若い人が中心なので、フレッシュさを感じた。ひろいもの映画。

パターソン(2016年製作の映画)

4.2

ありふれた日常の中にある幸福感。出会いや事件や発見があり、愛しい妻と愛犬がいる。好きな映画。

エル ELLE(2016年製作の映画)

4.3

主人公も、周囲の人の気持ちも、理解できないけど、次はどうなるの?と、ザワザワして面白かった。

きみの声をとどけたい(2017年製作の映画)

3.3

大感動はないけど、若い女の子たちの爽やかな友情を見ることができた。舞台が鎌倉や江ノ島、湘南方面なのも良かった。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.0

スタイルは良いし、顔も美しく、強いし、完璧なんだけど、純粋。初めて外の世界を知るギャップが面白い。

心が叫びたがってるんだ。(2017年製作の映画)

3.8

アニメを見ていたから、内容は同じなんだけど、わかっていても、面白かった。ミュージカルも、ちゃんと長めに見せてくれたのも良かった。

フェリシーと夢のトウシューズ(2016年製作の映画)

4.1

元気いっぱいのフェリシーが良かった。エッフェル塔の建つ前のパリもステキだった。もっと舞台を見ていたかった。

少女ファニーと運命の旅(2016年製作の映画)

4.1

悲惨過ぎないで、元気な子どもらしさもあって、良かった。ハラハラしながら、見守った。

ブレンダンとケルズの秘密(2009年製作の映画)

4.0

ケルトっぽい音楽が良かった。全然、子ども向けではないような気がした。比較しちゃうと「ソング・オブ・シー」の方が好き。

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.8

正義の味方とスクールライフのバランスが良かった。敵役マイケル・キートンだからこそ、しまって見えた。

ロスト・イン・パリ(2016年製作の映画)

3.6

パリが好きな人は、楽しいかも。
色彩がきれいだった。独特のノリがあるから、のれるかのれないかで、印象が変わってくるかも。
エマニュエル・リヴァは、「愛、アムール」とは、全然違っていた。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.4

ガン・アクションと格闘技?の連続。残るものはないけど、楽しめる。

夜明けの祈り(2016年製作の映画)

3.8

主人公の女医も、尼僧の人達も、美しかったし、良かった。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.4

泣けた。意外な展開もあった。でも、こそばゆかったな。

ブランカとギター弾き(2015年製作の映画)

4.1

孤児で家がない女の子の話だけど、どこかファンタジーぽさがあった。盲目のギター弾きピーターのあたたかい人柄が良かった。

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.4

このシリーズは、どれも似たような映画。今回は、ジャック・スパロウの若かりし頃が、良かった。

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

4.1

震災の被害にあった人々の気持ちに寄り添って、映画ができている気がする。良かった。

忍びの国(2017年製作の映画)

3.6

コミカルで楽しかった。大野くんが、ハマっていた。

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.2

つまらないわけではないけど、「ハムナプトラ」を期待すると、物足りない。トム・クルーズのアクションとしても、物足りない。

>|