KINOさんの映画レビュー・感想・評価

KINO

KINO

アジアやヨーロッパの映画が好きです。

映画(460)
ドラマ(0)

29歳問題(2017年製作の映画)

4.1

80年代90年代の香港映画の話題が多くて良かった。好みの映画でした。29歳の頃に仕事と結婚に悩むのは、女性なら共感する人も多いと思う。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.7

ウサギがもふもふで可愛かった。話の結末に持っていくところが、無理矢理だったかな。

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.9

ところどころに笑いが散りばめてあって、青春もあるし、面白かった。

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.8

厳しい話だけど、見て良かった。ダイアン・クルーガー熱演。

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

3.3

勝手に想像していた内容とは違い、繊細な少女たちの世界だった。イジメや仲間はずれとかが出てくると思ってたら、違かった。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.4

美男対美男の美しい映画だった。イタリアの田舎の夏が良かった。常に短パンをはいているんだなぁと思った。

ボックストロール(2014年製作の映画)

4.1

細かい所まで凝っていて、芸術的で良かった。ピートと秘密の友達や、バケモノの子みたいな設定と思った。

コララインとボタンの魔女(2009年製作の映画)

3.5

スタジオライカ特別上映で見た。小さな子どもには、怖いかもしれないけど、私は良かった。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.8

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが好きだから、見に行った。みんなに活躍の場所を与えていて良かったけど、結末は複雑な気分。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.2

映画好きには、たまらなく面白い。映画も音楽も懐かしい。

心と体と(2017年製作の映画)

4.0

同じ夢を見ているという不思議な話ながら、もどかしい男女の恋愛を見守っている気分。ハラハラした。

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ(2018年製作の映画)

3.5

安心して見れて、笑えるし、ホロっともする、みんなが楽しめる映画。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.9

だんだん太鼓の音が心地よくなってきた。独特の世界観で、結構面白かった。子供向けアニメじゃない。

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

4.8

もっとドロドロしそうな内容なのに、むしろ清々しくて、私はすごく好き。

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.2

監督が変わったせいもあり、1作目のマニアックさや芸術性は、薄くなった。トランスフォーマーに近くなった気がする。

ロンドン、人生はじめます(2017年製作の映画)

3.9

ダイアン・キートン、ベレー帽が似合う。うわべだけの付き合いはやめて、自分に正直に生きたいと思わせる映画だった。

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

3.3

はじめは、どうなるかわからなかったし、やや退屈。クライマックスでじんわり感動もあった。

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.1

王道スポ根もので、インド映画感は薄め。レスリングシーンは、力が入ってしまう。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.7

カラフルでキテレツな世界だった。主役の2人が魅力的で良かった。

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

4.0

子ども時代の想像力の素晴らしさや、大人社会の風刺があって、大人も子どもも楽しめる映画

フェリーニに恋して(2016年製作の映画)

3.9

世間知らずで、純真な女の子がイタリアを一人旅、心配しながら見た。主人公かわいい。イタリアも美しく撮っていて良かった。

恋するシェフの最強レシピ(2017年製作の映画)

3.6

最近は少ないベタなラブコメ。気楽に見れて楽しい映画。金城武、久しぶりに見れて嬉しい。

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.4

アリシア・ヴィキャンデルもともと好きだけど、かわいいしきれい。体を鍛えて、頑張ってた。

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

3.8

いつも向かい風に立ち向かっているのが彼女の人生。強い意志で頑張る姿に応援したくなる。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.4

中心人物2人は、ほとんどセリフがないのに、気持ちが伝わってくるのがすごい。

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.0

知らなかった画家ですが、良かった。イーサン・ホークは、おじいさん役になってもカッコいい。

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

4.3

物語は王道の流れですが、出演者のキャラクターが良かった。泣けた。アマンダ・セイフライドかわいい。

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

3.2

ちょっと肝心なところを寝てしまったけど、嫌いじゃない。もっと空海の半生的な映画かと思ったら、中国の推理時代もの。

ウイスキーと2人の花嫁(2016年製作の映画)

3.4

ユーモアたっぷりドタバタ喜劇。ウイスキーが美味しそうに見えてきた。

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

3.5

ロールプレイングゲームのような世界。絵がきれいで、親子愛にグッときた。

マンハント(2018年製作の映画)

3.2

日本が舞台の中国映画、微妙な違和感を感じるところはあった。楽しめるけど、ジョン・ウー監督だと思うと物足りない。

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

3.8

子どもたちの境遇が重くて、どちらかというと大人向けなストップモーションアニメだと思った。

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

4.2

飽きるヒマがない怒涛のアクション、面白かった。冒頭は、シューティングゲームみたい。

長江 愛の詩(2016年製作の映画)

4.5

貨物船の若き船長が主人公だけど、本当は長江という大河がメインに感じた。水墨画のような風景、観光地ではない中国、エンジン音、どれも心に残り、神秘的だった。好きな映画。

>|