pppeさんの映画レビュー・感想・評価

pppe

pppe

愛、アムール(2012年製作の映画)

-

苦と美の交錯
愛の現実

観て良かったけれど、しばらく引き摺りそう

カミーユ、恋はふたたび(2012年製作の映画)

3.8

40歳の姿のままで16歳を演じているのがシュールで面白かった

離婚することがわかってても、また同じ人に恋してしまうなんて‥
きゅんとしてしまった

素敵なお話。

パターソン(2016年製作の映画)

4.8

お互いが一番大切にしていることを理解し、尊重し、信頼しているパターソンと奥さんの関係が素敵
パターソンが奥さんの手料理を食べているときの微妙な表情が愛しかった


日々を生きる中で、何かを見たり聞いた
>>続きを読む

ニキータ(1990年製作の映画)

3.4

ニキータがメイクを教わるシーンと、終盤のマルコの告白?シーンが良かった
音楽と色彩の感じも好き

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.5

レイチェル・マクアダムスが本当に本当にキュートでチャーミング。笑顔にとろけそうになる
それだけで満足。

海辺の景色も綺麗で良かった

セールスマン(2016年製作の映画)

3.8

リアリティがすごい
なんとも言えない
胸糞悪い感じ、嫌いではない

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.2

小さい頃によく観ていた美女と野獣の世界が、そのままのイメージで再現されていて感動した!
ベルはもちろん、ルフゥが可愛かった

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.6

笑って泣ける、爽やかな映画。

キャストの演技がとても良くて、登場人物のキャラクターが引き立っていた。

オマール・シー演じるサミュエルがスタントの仕事をするシーンが派手でかっこよかった。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.6

思いっきり感情を揺さぶられてしまい、もう一度観ないと感想をまとめられないけれど、
今までに観た邦画の中で一番か二番目に良かった

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

4.3

作品には重くて深いメッセージが込められているのだけど、綺麗な映像と楽しい音楽のおかげで暗くなりすぎなくて観やすくて、良いエンターテイメント作品だと思った
コミックやアニメに比べて、面白さよりもメッセー
>>続きを読む

ぼくのバラ色の人生(1997年製作の映画)

3.9

好きではなかったけど、良い映画

性的マイノリティと呼ばれる人がいることは知っているし、理解したいと思っている。偏見なんて持ちたくないし、ありのままを認めたいと思っている。
でも、もしも家族だったら‥
>>続きを読む

>|