まちさんの映画レビュー・感想・評価

まち

まち

映画(75)
ドラマ(0)

悪人(2010年製作の映画)

3.5

最後の妻夫木のとった行動が切ないなー愛してたんだなーと思った

柄本明をはじめ皆さん素晴らしい演技で引き込まれる

検察側の罪人(2018年製作の映画)

4.4

総じて演技力が高くてとても見入ることができた。
そしてキムタクの座禅は様になりすぎですか?立ち振舞いとかも一流だと感じた。
松倉と沖野の掛け合い、松倉の怪演、弓岡を殺すときの切迫感のある最上と弓岡の死
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.8

ギャグ要素あって笑いながらみつつも少し重い内容で考えてしまう部分や感動もありgood!
ペンパイナッポー300回みても笑う太賀面白い
長澤まさみ可愛すぎる。

インセプション(2010年製作の映画)

4.8

ラスト(?)1時間半くらいずっとハラハラしながら観てた興奮!!!
本当に面白い!
夢の中に潜り込むとか、一層下(夢の中の夢)にいくと時間が十倍になるとか、設定が本当によく思い付くな、この監督の頭のなか
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9

安藤サクラやっぱり好きだーー
樹木希林さんの演技はじめて観ました
リリー・フランキーもはまり役だなあー
子役もうまいし俳優たちが凄すぎる違和感ぜろですっと見ることが出来た
正しいことってなんだろう?わ
>>続きを読む

最高殊勲夫人(1959年製作の映画)

5.0

昭和って間違いなく最高の時代! 
当時の人たちのストレートな表現も、品のある言葉遣いも、時代の流れに取り残されまいと時間を一粒も無駄にしないよう楽しんで生きているところも、意地っ張りな二人も
ぜーんぶ
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

4.0

学生時代って本当にキラキラしてるー
台湾が随所に感じられてやすっぽい演出とか雰囲気がわたしは好きだった~
この頃って、素直になれなかったり、上手く伝えられずにすれ違うよね、そんなちょっとしたことで結ば
>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

3.9

恒夫がジョゼを海の底から引っ張り出してくれた
花や猫をみなきゃいけないから散歩するってとても可愛いけど障害によって簡単に出歩けないひとにとって、そういうものは本当に癒しになるんだろうな、自分もそんなセ
>>続きを読む

おみおくりの作法(2013年製作の映画)

4.0

良い映画だった。
終わりかたには涙出てしまいました。
無駄と言われようと誰かに成果を評価されるわけでなくとも、妥協せず他人のために尽力すること。
その難しさと誠意であることの大事さに気付かされる物語で
>>続きを読む

ピースオブケイク(2015年製作の映画)

3.0

安い邦画感(笑)
最後の、あー人を好きになるってサイアク!とか、恭ちゃんなんてだいっきらいて言いながらめちゃくちゃキスする演出とかださいし、多部未華子が綾野剛と菅田将暉からモテるとこもなんか腑に落ちな
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.5

歌やダンスは素晴らしかったけど、内容がどうもすんなりと受け入れることが出来ませんでした。
ものめずらしい人たちを見世物にしているかんじがどうも好きではないです。
本人たちはそれで居場所を見つけることが
>>続きを読む

ノルウェイの森(2010年製作の映画)

3.0

難しいです、この話の何割をわたしは理解できたんだろう、、

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

面白かった
伏線回収系はなるほどなるほどって脳が言うので楽しい

苦役列車(2012年製作の映画)

3.0

どうしようもなくクズで救いようのない主人公。ほんと何度も腹立ちました。何度も言いますけどほんとしょうもなすぎて、そこまで思わせられる森山未來凄いなって思います。
好きな感じの映画ではないけど、ただ一つ
>>続きを読む

まほろ駅前狂騒曲(2014年製作の映画)

3.5

瑛太の会いたかったって練習してるところを、みられているくだり笑った
キャストが最高です。瑛太、松田龍平、高良健吾。

ムード・インディゴ うたかたの日々(2013年製作の映画)

3.0

優勝者への贈り物として、最期の言葉が世界中の言葉に翻訳されますとか
カクテルピアノとか、世界観がふしぎでシュールでふわふわしている感じの映画です。
どことなく暗くてずっとじめっとしている印象。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

夢を応援しているからこそ離れることを選ぶってかっこよすぎるな

ムーラン・ルージュ(2001年製作の映画)

3.4

愛についてのお話大好き。運命を信じないサーティだけど、夢よりも何よりも愛するクリスチャンを最後には選ぶ💞
愛し合っているのに離れないといけなくて苦しむふたりを見てると泣きそうになった。
それにしても美
>>続きを読む

マイ・ルーム(1996年製作の映画)

2.6

他人からみると恵まれている人生には思えなくても、“愛のある人生だった。愛されたのではなく、わたしが愛したの。”何て言えてしまう叔母が優しすぎて苦しくなってしまう。
しつけを厳しくすることは子のためを思
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

2.6

これが名作なんだなぁ。
19歳最後の一本に何を観るか考え抜いてスタンドバイミーを選びました。
けど、うーん、わたしにこういう子供時代がなかったからなのかな、何年後かにみるとまた違った見方が出来るのかな
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.0

なんだろう、、好きな人を裏切って罪悪感も感じないまま抱き合って再開を喜んでいた。わからない、わたしには。でも生きていれば心が揺らいだりよそ見してしまうことって誰にでもあると思うから、そんな現実味が良い>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

好き
可愛い。心優しくて人を喜ばせることが好きで感受性豊かで魅力的な女性❤︎
わたしもこうなりたいと憧れる。
クリームブリュレを割ることが好きなんて真似したくなるかわいさ

ガラス男の「お前の骨はガラ
>>続きを読む

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

4.0

面白い!
かなり序盤で伏線には気付きましたが、予想とは少し違う展開!
伏線回収系、どんでん返し系が好きなので◎
松田翔太かっこいいです。

ツォツィ(2005年製作の映画)

3.6

考えさせられる。教育を受けられないひとがいるという事実が悲しい。生まれたときから辛い人生が待ち受けているって可哀想すぎてでも何も出来ない。貧困がなくなれば良いのに。

主人公が赤ちゃんを拾ったことで親
>>続きを読む

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

1.5

わたしには合わず退屈映画だった…
最後まで観てなくてこの点数ですお許しください

セブン(1995年製作の映画)

3.7

悪い意味ではなくて後味の悪いラスト
ブラピの最後の演技が表情が苦しすぎて凄かった

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

4.5

共感した……
サマーはドライ…そうじゃなくて傷付くのが怖いんじゃないかなと思った
mpdgってどうしてこう魅力的なんでしょう?なりたいな。
ぱあっと明るくなるおしゃれな終わりかた

>|