サトコさんの映画レビュー・感想・評価

サトコ

サトコ

魂の百作品を選んでます。憧れのホームシアターを作ったとき、テレビの下に並ぶやつです。生きてるうちに100個に届くかなー

映画(385)
ドラマ(0)

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.8

ゾンビが平気な人は、アクションやファンタジーが見たい気分の時に見るといい!
コメディ調の、かなりグロ〜イ映画ですが、楽しめます(*^^*)

ゾンビ映画は、やっぱりシリアスよりもアクションコメディテイ
>>続きを読む

トランスフォーマー/ロストエイジ(2014年製作の映画)

1.5

ひどい!これはひどい!トランスフォーマー大好きだったのに…
・サムが主人公ではない(コミカルな彼の動きも魅力の一つだった)
・バンブルビーが子供返りしてる(少年のようなキャラではあったが、地団駄を踏ん
>>続きを読む

マイアミ・バイス(2006年製作の映画)

3.0

外国人の見分けがつかない
銃撃戦の時、どっちが敵でどっちが味方か見分けがつかない

メン・イン・キャット(2016年製作の映画)

2.7

猫が荒ぶる映画

動きが猫とかけはれてるから、可愛いなあ〜ともならない

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.5

先に言わせてください。安室さん、何処が人気なのか全然分からぬ(^^)

今回は司法の仕組みの説明がくどくてわかりづらく、ちびっこには向かない印象。イメージするなら、シンゴジラ。
犯人役の動機とか、クラ
>>続きを読む

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

4.8

実は、映画で歌って踊ったりして、歌が良いだけで映画自体も評価される、みたいな近年のディズニー映画やミュージカル支持の風潮に疑問(反感)を抱いていました……

すみません。私が間違ってました。
ミュージ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.2

相変わらずテンポはいいけど、、
1作目に出会えた時の感動はそんなに無かったです。
選曲も良かったけど…なんか違う!
やっぱり威風堂々のあの爽快感は敵の数の差でしょうか。敵ボスがあっさり死んでしまったか
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.9

映画見たあとにパッケージ見るともうダメですね。あのシーンね。結末知ってからぜひもう一周して頂きたい。1度目よりもずっと、毎秒を大切に鑑賞することが出来るはずです。デモ録音してるときのあのホームビデオは>>続きを読む

フルートベール駅で(2013年製作の映画)

4.0

最後に亡くなることが分かっている中で鑑賞したので、もう娘とのかけっこから涙がボロボロ。打たれてから救急車で運ばれるまでの数十秒は映画としてはちょっとくどいかな。
最後の日を描いた作品ですが、その日には
>>続きを読む

エコール(2004年製作の映画)

2.2

またニッチな映画を…笑笑
フランス映画ってほんと世界観に入り込めないやつ多いな〜と思ったらベルギー!?

ロリコンだったり足フェチだったりするならもう文句なしの二時間でしょうが、もっとスリラーやサスペ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.7

最初表だけ見てギャングものだと思い込んでいた自分です。
ビルボードが広告の立て看板のことだと気づいた序盤、ギャング映画ではないことを悟りました。十五の夜でした。(嘘)

疑わしいから、嫌いだから、とい
>>続きを読む

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

4.3

いいねぇいいねぇ
友達が最高だね
不器用だけど、ガンの友達の正しい慰め方なんて知るわけないもんね
何人か友達思い浮かべても自分の内側を直接触ってくれる友達なんて1人も居なかったね

ノウイング(2009年製作の映画)

4.0

むかーし見て、こええええええと思った印象だけありましたがタイトルを覚えておらず、、やっと再会できました(^^)/

そのへんのホラーより全然怖いです。背筋がゾッとします。発想が斬新なので、映画見まくっ
>>続きを読む

GO(2001年製作の映画)

3.6

うーん、内容はちょっと、、
メッセージは分かるんですけどね、、
直接的というか、深みがないというか、万人ウケというか。さすがは日本アカデミー賞といったところです
こちらの映画は、一言で言えば窪塚洋介さ
>>続きを読む

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

3.7

これは…いい映画!!なんだろうけど、、
まだ学生身分の自分としては、なんとも理解しきれない点が多くて残念でした。あそこでなんでふっと笑ったのか、あそこでなんで渋い顔をしたのか、私には人生経験が足りない
>>続きを読む

Shall We ダンス?(1996年製作の映画)

3.1

ダンス教室の先生はまだしも、あの子役が演技ど素人なのは何故

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.0

楽しい瞬間を切り取った場面の色使いは好きでした。セオドアには愛してくれる人がたくさんいて羨ましいなーとも思いました。

ただ、もしPCが人間のように感情や価値観を持つと、おそらく人は完全なプライベート
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

4.6

またひとつ、素晴らしい映画に出会ってしまいました……

内容や見どころの解説はこの映画には要りません。序盤、?と思っても見続けて下さい。中盤から終わりまで怒涛の展開が待っています。引き込まれます。
>>続きを読む

私の頭の中の消しゴム(2004年製作の映画)

1.6

韓国で良しとされる男って、頭にくるとすぐ人を殴りがち

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.4

父親に勧められて鑑賞。

娯楽としては面白い作品でした。クスリとするシーンもほろりとくるシーンもありました。
福山雅治は、モテ男で仕事が出来てどうしようもない奴っていう主人公キャラには似合わない気がし
>>続きを読む

イヴの時間 劇場版(2009年製作の映画)

2.8

演出がうるさい
動きがしつこくて大袈裟

だいぶ冒頭からカメラワークやキャラの表情の変化や挙動に???と思ってましたが、最後までうざかったです。何故これがアニメ映画として評価されているのか。アニメ映画
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.2

すごい!惹き込まれました。
でも新海誠監督のSFチックな映画って私の肌には合わなくて…彗星が落ちたり人が入れ替わったり時空がズレたり、、そういうの、へぇ〜って感じ笑

でもでも、惹き込まれました!(2
>>続きを読む

奇跡のシンフォニー(2007年製作の映画)

3.7

モーツァルトに次ぐ天才少年の登場。
遠く離れた1度しかあったことのない恋人の再会。そして素晴らしい(かどうかは私には分からない)音楽。ちょっと上手く行きすぎなところがありますね。

いい映画だな〜とは
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

2.2

わけわからんでした。
この独特な世界観、SF感…
バイクライダーなのでバイク映画と聞いて見ましたが、バイク関係なくね?
途中で耐えられず休憩しました。

なんかもう、、気持ち悪い

いやいや、2200
>>続きを読む

シンプル・プラン(1998年製作の映画)

3.4

お気に入りの映画フライトプランと間違えて録画しましたが、なかなか面白かったです。
普通の人だったはずなのに、どんどん意外な方向に行ってしまい……面白いというのは不謹慎ですかね。
知名度低いし駄作かな?
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.7

なんだこれーー(T ^ T)
もう泣いた!めちゃくちゃ泣いた!
突然の事故で四肢麻痺になった元エリート×天真爛漫な田舎娘のラブストーリー

いや実際そう。そういう終わり方する。突然彼がスーパーマンにな
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.0

ずーっと見たかった作品!素敵☆
それぞれがそれぞれの時代を羨ましがるのですが、私からしたら現代のパリに生きる人々も、もちろん過去の人々も羨ましいですよ。綺麗な街ですね〜。

私はフランスの絵画も文学も
>>続きを読む

ネイビーシールズ(2012年製作の映画)

3.5

〝死の恐怖におかされない人生を送れ〟

戦争映画の結末としては皮肉的ですね。前線で人を殺してる人がこの言葉を胸に宿しているなんて。戦争なんてもう誰を責めたら良いのやら。誰が終わらせてくれるんでしょうね
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.0

ギフテッドのマークウェブ監督作品と知り、ギフテッド大好きだったため鑑賞。
最初にこれはラブストーリーではありませんというナレーションがありますが、ラブストーリーです(断言)

ラブストーリーは共感しづ
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.2

うーん、、期待してた程ではない、、
リップヴァンウィンクル=西洋版浦島太郎なのですが、そのタイトルは惹かれました。なるほど最後は見事に現実に引き戻されていきましたね。

しかしやはり、主人公を好きにな
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.1

くぅぅ〜かっちょいいぃぃ!!
なんて素晴らしい映画なのか!
なんて完璧なバランスなのか!
なんて素敵な音楽なのか!

主演キーラ・ナイトレイの魅力が爆発してますね。本当に彼女だからこそこの作品が最高の
>>続きを読む

マイPSパートナー(2012年製作の映画)

1.2

なんだこれ、イライラするな〜

女の子はまだしも、男側は最悪
器が小さ過ぎて、気が立ったら周りに当たり散らし殴り合いになるし、女の子にひどい事言うし。最後に謝ればいいってもんじゃねーだろ。
結婚式もラ
>>続きを読む

モールス(2010年製作の映画)

2.1

年齢が12歳前後だということもあり恋愛要素が薄いですね。しかし、ヴァンパイアという設定も掘り下げず、彼女の苦悩や恐ろしさ、共存の難しさなどが伝わってきません。どちらも中途半端。
最後どうなったんでしょ
>>続きを読む

>|