mltさんの映画レビュー・感想・評価

mlt

mlt

映画(158)
ドラマ(1)

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

4.0

音楽と画面の見せ方が素敵で、両陣営の抱えた痛みとか葛藤が試合によってぶつかり合う様がドラマチックでした。
めっちゃ泣いた…

ロックンローラ(2008年製作の映画)

2.8

映像と音楽の使い方がスタイリッシュ〜
見せ方のうまさはまさにガイリッチー!って感じ。話の収束のさせ方がうまいのに合わせて物語の流れにドロドロ感ないのと、全体としてのキャラクターたちのやりとりが軽妙なの
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.5

ブラッドリー・クーパーが、自分の演技力を最大限発揮してる映画だった。パフォーマンスシーンはかっこよく、それでいて繊細だったり、壊れそうな表情もばっちりなの、本当すごい。レディー・ガガのライブシーンはど>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.2

とんでもないものを見てしまった感…後半一気に引き込まれていった。すべて見た後の後味の悪さがすごいが、結末を知った上でもう一度見返してみたくなる力がある気がする。個人的には全編見終わったのち、先入観の恐>>続きを読む

エヴォリューション(2015年製作の映画)

2.8

淡々と描かれるほんのりとエロスを含んだ不思議な世界。グロテスクな部分もあるんだけど、色遣いや水中撮影の画面の作りが美しい。物語としてはかなり行間読ませるタイプですが、底知れない不気味さをずっと感じさせ>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

ラストのライブシーンが最高に熱い。そこに至るまでの過程も、やや淡々と描いてる印象はあるけれどクイーンというバンドを知らない私みたいな人にとってもわかりやすく、なおかつ最後の彼らのパフォーマンスにがっつ>>続きを読む

トロピック・サンダー/史上最低の作戦(2008年製作の映画)

3.0

笑える部分もあるんだけど、ギャグの方向的にこれ、今は作れないだろうな…っていう際どいネタも色々あるので手放しで楽しめる作品ではないなあという印象。トムクル演じるグロスマンがあらゆる方向で凄すぎて、その>>続きを読む

ノー・ワン・リヴズ(2012年製作の映画)

3.5

倫理観的に色々アウトな部分はあるんだけど、小気味よくえげつなくターゲットを仕留めてくれる系として気持ちがいいので好きです。ルクエヴァのセクシーさ爆発。

めまい(1958年製作の映画)

3.8

映像の端々にこだわりを感じて非常に美しく、それでいて不穏な感じが伝わってきてとても良かった。真相としてはシンプルだけど、思いもよらない方向と結末だったため物語としても純粋に楽しみました。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

2.5

時代感を反映したビジュアル、魔法生物たちの作り込みは素敵。しかし…それ以外は個人的にあまりグッとくるところがない作品だった…。
あまり個人的に得意じゃない種類の展開だったのもあるんだけど、それよりも全
>>続きを読む

サプライズ(2011年製作の映画)

2.2

斧とナタとミキサーは良かった。
しかし前半がとにかくキャーキャー騒ぐあたりが退屈だった……斧とかナタとかミキサー的な部分をもりもり増やして欲しかったなー

バーフバリ 伝説誕生<完全版>(2017年製作の映画)

5.0

見るたびに感動が深まる作品だなあと改めて実感できる作品ですねほんとに…
ノーカット版、iTunesで購入して既に見たことはあったのですが大きい画面で見ることができて感無量でした。
全カットになっていた
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.8

トレーラーからイメージしてた物語とは全然違ったけど、めちゃくちゃ楽しくて、ヴェノムもトムハの演じるエディも大好きになりました。
前評判には聞いてたけど、なんともハートフル。ストーリーやキャラクターたち
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.5

捜査パートで途中ちょっとダレる部分はありつつも、マッコールさんの立ち回りシーンは最高に上がったし、少年との交流の仕方がよかったな〜。期待通りキレキレのアクションを楽しめた映画でした。

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

2.6

ステイサムvs鮫シーンは全部楽しかった。ステイサムは全力でステイサムしてたし、鮫もめっちゃ強かった。それ以外の部分は……うーん、少女とステイサムのやりとりは楽しくて好きだったけど、人間ドラマがらみのパ>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.6

めっちゃ楽しい!!!
前作とは製作陣の体制が変わって、どうなるのかなあと思っていたけど全く杞憂。
前作の良さを生かしつつ、今作も各キャライキイキと、ギャグも楽しく、ワクワクしながら見られた一作。ルイス
>>続きを読む

夜のとばりの物語 醒めない夢(2012年製作の映画)

4.0

ひねりの効いた物語作りと美しい造形が楽しめる素敵な作品集。
今までと違って一話ごとにスタッフロールが入るようになったのが若干残念だけど、アナログからデジタルに切り替わった前回の「夜のとばりの物語」と比
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.5

ロック様がかっこよくてかわいい!
終始気を張らずに楽しめるバディアクションもので気に入りました。

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.5

人の痛みを描くことが大変巧みな映画。
撮り方や音楽の使い方も非常にうまい。
目を背けたくなるようなシーンも込みで、すごくうまく作られた作品であり、ジェレミーとオルセンのキャスティングがピッタリはまる。
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.0

かわいいクリプラを堪能するには良い映画だと思う。あと、オーウェンとクレアの関係の書き方は今作の方が好きかな。
全体としては、なんかこう…すごい色々都合よく話が流れてるな…って感じが随所に見られて、ざっ
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

5.0

音楽もキレッキレ、映画ネタてんこ盛り、ギャグ満載、メタネタ盛り盛り…!!超楽しかった。もう一回見たい〜〜〜!!!

LEGO(R) ムービー(2014年製作の映画)

4.5

前半部分はエメットの立ち位置がちょっとつらくて、面白おかしくはかいてるけど割とシリアスな話だな…と感じましたが、後半部分のメッセージ性の練りこみ方が素晴らしく涙が止まらなく…「スペシャル」であることと>>続きを読む

タイピスト!(2012年製作の映画)

3.0

衣装、色彩がすごくおしゃれで目に楽しい映画だった。映画全編通して、ローズと保険屋の彼の精神面での成長が見られ、見終わった後は爽快感あり。一部言動に女性に関する当時の価値観反映したものがあるけど、物語と>>続きを読む

夜のとばりの物語(2011年製作の映画)

3.9

3Dになって人物たちの動きがより多様に。
色使い・装飾ともに美しいのも、主人公たちのパーソナリティが独特かつしっかり芯を持って描かれておりどの話も面白い(最初の狼の話が一番好きかも。喋る馬の話はきつか
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.9

色彩や画面構成素敵で、二人の恋は初々しくて可愛らしいんだけどお話全体としてはビターな要素も入ってくる、大人の童話といった感じ。最後はほっこり。

フォックスキャッチャー(2014年製作の映画)

4.0

調べてみたところ実際に起こった事件からはかなり脚色しているとのことだが、それを抜きにして考えると各登場人物の葛藤、苦悩を淡々とながら効果的に描き出した作品であると感じた。テイタム、最近自分で見たものだ>>続きを読む

危険なメソッド(2011年製作の映画)

2.3

ファスと不倫相手の女性のビジュアル・演技は良かったものの、全体としては淡々と物語が進行しすぎててイマイチどこに力点を置きたい話なのかわからなかった…

マイ・マザー(2009年製作の映画)

3.8

映像として音楽とのマッチング含め美しく作られているけど書かれているのはどろっとした親子間の感情。
母親のパーソナリティが無理すぎる。しかし、子供が自分の母親に対してこういう風に「感じる」という意味では
>>続きを読む

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

4.0

喜劇さえも感じさせる一人の男に恋してしまって、お互いの関係もぎくしゃくするだけでなく彼ら自体どんどんおかしくなってしまう親友二人の物語。フェムファッタールでオムファッタールなニコラが謎めいてまず美しい>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.8

選曲、ぎゅっと詰め込んだ各種キャラクター、そして映画ネタ等、滅茶苦茶楽しくて、それでいて物語の帰着先の取り方のバランスがよくとっても面白い映画でした!大好き!細かく仕込まれたネタがあちこちツボに入って>>続きを読む

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

あれだけの登場人物たちを登場させ、ストーリーラインをいくつも並行してるというのにしっかりどのキャラも立っていて、やりとりも面白く、話の筋も理解しやすくさすがルッソ兄弟…!
今回がはじめての各キャラの絡
>>続きを読む

プリンス&プリンセス(1999年製作の映画)

3.8

導入部分がとてもユニーク。一体ここからどうなるの…と思ったら、なるほどちょっと捻った構成の短編仕立て。一癖二癖ある物語を彩る、ステレオタイプにハマらないプリンセスとプリンス(王女でも王子でもないパター>>続きを読む

アズールとアスマール(2006年製作の映画)

4.0

色彩・装飾の美しさにうっとりとさせられるアニメーションだった。お話の結末も「そうなって欲しかった」が叶えられ心から祝福できる内容に。素敵だったなあ。

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.8

色彩感覚、画面作りが素敵で物語の穏やかな起伏もとても良かった。
OSとの恋ということで、最近読んだライフメーカーの掟のタロイドたちのことを思い出したり、はたまた、ブレードランナー2049のKの持ってい
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

5.0

ずっと楽しい映画!
オタクもジョックもインスタ女子も真面目女子も、それぞれのキャラクターがいい味を出してるし過度に貶められて不快に感じるまではいかない絶妙なバランスで連発されるギャグにずっと笑わされっ
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.5

試合描写が本当に胸熱!!固唾を飲んで見守り、勝った時には思わずガッツポーズを取りたくなってしまう。親娘の交流の積み重ねと葛藤、そして娘たちの成長を素敵に描いてくれた作品。 真面目なだけではなくて、クス>>続きを読む