Takoさんの映画レビュー・感想・評価

Tako

Tako

映画(168)
ドラマ(26)
アニメ(0)

空白(2021年製作の映画)

-

なんだかなあって映画だった
少しだけ救いのある終わり方だったけど、なんだかなあ。。。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

-

ルビーローズ出てたの!?最高

登場人物多くて、どういう意図でその流れになったのか分からない部分が多かった。

ピットブルか〜〜〜思ってたのと違ったなあ

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

-

前情報で犬が死ぬっていうのと、ピンチになるとキアヌがびしょ濡れになるって聞いてたけどほんとにそうだった。
でも思ったほどピンチじゃなかった。割と苦労なく殺していくし、復讐相手へも、もっと痛めつけたりし
>>続きを読む

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

-

元々原作ファンで、和山先生の作品が大好きだったから、映画化は最初嬉しいようななんか違うような...という気持ちだった。
あの独特な絵のタッチや、気の抜けたようなギャグをいい感じに残してくれ〜と期待して
>>続きを読む

リトル・マーメイド(2023年製作の映画)

-

ディズニー100周年の入りだけでも感動してしまった。。。

トリトン王がサラザールなの!?嬉しい!
アリエル役のハリーも可愛い、所作と表情が女の子✨

水中の髪の毛ふわふわと、砂を触るシーンがちゃんと
>>続きを読む

バビロン(2021年製作の映画)

-

映画業界の歴史や闇を、割と直接的に、でもとっつきやすく表した映画だった
音楽と構図が上手く噛み合ってたし俳優さんも豪華

ネリーのメイドの撮影シーンとカメラを探しに行くところが好きだった。
あとネリー
>>続きを読む

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

-

現実的ではないけど映画はこのくらい優しくてずっとキラキラしているほうがいいな

悲しいことや大変なことを乗り越える時、こういう物語が救いになってくれると思うし、それが物語の役割の一つだと思う。
瀬尾さ
>>続きを読む

BAD LANDS バッド・ランズ(2023年製作の映画)

-

俳優さん豪華すぎてびっくりした!

話は複雑だった。

ネリの過去のイメージがつきにくかった。
過去描写が少なくて、会話でこんなことがあったあんなことがあった、って話が進むから点と点を繋げにくいと感じ
>>続きを読む

ある夜、彼女は明け方を想う(2022年製作の映画)

-

実は「明け方〜」より先に観てしまった。

この映画をおすすめしてくれた人と話してた時に、「彼女」のあの性格だから明け方〜のような行動になったんだろうなって
優柔不断というかその時大事なことや楽しいこと
>>続きを読む

⻤太郎誕生 ゲゲゲの謎(2023年製作の映画)

-

話は難しく感じて、グロめのシーンも多くて全体的に大人向けだなあと思った。田舎の権力者が、子孫繁栄や力の継承のために近親交配を強いるような、気持ち悪かったな。

あと薬の名前(M)が近代的すぎて、おぉん
>>続きを読む

ビリーバーズ(2022年製作の映画)

-

かいばしらさんが言ってたな〜と思いながら観た

最後カオスで、これはホラー映画なのかな
個人的にはそんなに...うーん

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)

-

昔の映画だったけどあんまり昔な感じしなかった。音質とか雰囲気とかは、まあ昭和だなと思ったけど、核爆弾を作るっていうテーマ自体が映画として珍しいから新鮮で面白かった!
主人公の生と自由への執着が狂気的で
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

-

嫉妬とか焦りとか、就活ってほんとに気持ち落ち込むよね〜それを吐き出したくなるのもわかるし、ぶつけたりしてしまうのも仕方ないと思う。

コロナ禍を経て就活も大きく変わった

就活の時観なくてよかった

最後まで行く(2023年製作の映画)

-

柄本さんやっぱすごいわ〜とても合ってました!
主演の2人も良かったけど、綾野剛さん不死身だな〜って思った。2回、もう死んだなって思った。
岡田さん鍛えてるからかアクションも上手い!

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(2013年製作の映画)

-

大きなアクションも特になく
予想してたバンパイア映画とは違った

俳優さんがみんな綺麗だったから観れた

土を喰らう十二ヵ月(2022年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

自然の変化と日本の料理を楽しめる映画

ツトムさんとマチコさんは、最初恋人になるのかなと思ってた。
ツトムさんは1人で亡くなることを決めたのかマチコさんから離れていったようだった。きっと1人にさせちゃ
>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

-

2-3人の会話劇が楽しかった。
会話もユーモアがあって好き、
登場人物が少ない分、一人一人のことを知れたし魅力的だった

雰囲気の映画って感じだった

クレイジークルーズ(2023年製作の映画)

-

坂元さんっぽい言い回しはあったものの
音楽と映像が微妙で入り込めなかった。

いい意味で気楽に観れた

世田谷ラブストーリー(2015年製作の映画)

-

恋愛はときめきのピークがあるって言うけど、まさにそんなお話だった

きらきらきらきら

四月物語(1998年製作の映画)

-

やらかい雰囲気の優しい映画だった

主人公が
隣人を部屋に入れた時、犯罪に巻き込まれないかヒヤヒヤした

MEN 同じ顔の男たち(2022年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

男女で感じ方が違いそうだな〜

初めの方は画面の端を暗くすることで閉鎖感や画面の中心に目をやりやすくするような撮り方をしているならと感じた。
ライトや音楽の使い方が上手く、少しずつ恐怖を感じたが、最後
>>続きを読む

ブルー・マインド(2017年製作の映画)

-

どこの国のティーンも
同じようなことするんだなあ

生理始まるぐらいの歳なのに
タバコ吸って車も運転するなんてどういうこと〜

魔女がいっぱい(2020年製作の映画)

-

アンハサウェイの話し方
すごく妖艶でまじ魔女だった〜!!

CGが少しぬるっとしてるなとは思った