マスンさんの映画レビュー・感想・評価

マスン

マスン

映画が大好きで、いろいろなジャンルで楽しんでいます。

映画(1024)
ドラマ(0)

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

3.8

1も2もなかなか面白かった。
流れを逆に見せていき、なるほどに至る。

インドの俳優がよく似た顔立ちで、間違えそうになる。
兄弟の骨肉の争い、姫を愛してしまったバーフバリーに、手違いで弟の嫁にしようと
>>続きを読む

ザ・ボルト(2017年製作の映画)

2.8

ホラーになるのかなあ。
五人の強盗が銀行を襲った。
いわくつきの銀行だった、昔地下室で起きた銀行強盗の惨殺。

ジェームズ・フランコ、静かな雰囲気の行員役。
でも出番が少なかった?

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.8

ジェニファー・ローレンスが全裸になり体当たりの役を演じている。

バレーを踊るシーンがあるけど、美しく上手い。本当に彼女ですよね。
叔父の思惑通りにスパイに仕込まれていく
あたり、でもそれを上手く利用
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.0

キアヌ・リーブス、ヒゲ面の殺し屋。
百発百中、アクションもなかなか。
終わるとヘロヘロになって疲れを見せるところがまたいい。

愛犬をとても可愛いがり、いつもそばにいる。殺し屋に似合わないところもいい
>>続きを読む

ブリムストーン(2016年製作の映画)

3.8

結構衝撃的な映画だった。
ガイ・ピアースが憎たらしい最低の役だった。
時系列を第1章第2章と切っていて、流れを見せていく。

牧師である父親が、今で言う変態。
その一家で起きる事態に、娘は逃亡。
彼女
>>続きを読む

ドント・イット(2016年製作の映画)

2.3

よく分からない映画だった。
亡くなった息子と話したい謝りたいと、魔術師と同居する。

儀式ばかりの毎日、 時には拷問らしき。
二人の関係性が薄気味悪い。

いつまで続く儀式なんだろうと。

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(2017年製作の映画)

3.5

ハラハラドキドキ、気分爽快。
五人のメンバー、みんなカッコいい。

J・K・シモンズが合い間合い間に登場して、変わらずの毒舌を。
毒舌の後にニタリと笑わせる。

海中に沈んでいる金塊を、引き上げるのに
>>続きを読む

警視ヴィスコンティ 黒の失踪(2018年製作の映画)

3.0

息子が帰ってこないと母親が警察にきたことから捜査が始まる。

警視ヴィスコンティがアル中で、捜査中にその母親に迫っていくシーンが気持ち悪い
でもそこが名優。

捜査を邪魔していく教師も気持ち悪い。
>>続きを読む

ベルリン・シンドローム(2017年製作の映画)

2.9

テリーサ・パーマーが魅力的。
旅行中に知り合った男性に惹かれ、彼の家へ。
閉ざされたような異様なアパート。
優しい彼ではあったが、そのまま監禁された状態になってしまう。

時々首を傾げたくなるのもある
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.2

久々に一気に見てしまった。
見終わった後の強烈な余韻。いい感じの余韻。
すごい数々の受賞。

フランシス・マクドーマント、大好きな女優で、怒りを現す過激な役をやらせたら彼女の右に出る人はいないかも。
>>続きを読む

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

3.5

アメリカンフットボール、マイケル・オアーの実話。
サンドラ・ブロックが好演。

スキップ・トレース(2015年製作の映画)

3.2

ジャッキー・チェン、まだまだ健在。
刑事役。
海辺の家が将棋倒しに倒れていくシーンは
驚き。

セブン・サイコパス(2012年製作の映画)

3.0

個性派名優のキャラか出ていて、流石だなあと見ていった。

脚本作りに現実を利用しながらやっていく。
コリン・ファレルの眉毛の動きに笑う。

レイヤー・ケーキ(2004年製作の映画)

3.2

若いダニエル・クレイグ。
青い瞳が美しい。

内容が二転三転して分かりづらかった。
トム・ハーディも目立たず、カッコいい
レイヤーケーキ 断層階級

足を洗うはずが、次第に巻き込まれていく

ブラックブック(2006年製作の映画)

3.5

第二次世界大戦時にユダヤ人であることを隠し、ドイツ軍に潜り込み大尉の秘書としてスパイ活動をやっていった、女性エリスが体当たりの人生をする。

結構残酷なシーンや辛いシーンも多く、ハラハラしながら見てい
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.8

シャーリーズ・セロンのスパイものは初めて。もうあのスタイル、足の長さ、かっこよさを含めて満点のセロン。

あそこまでアクションをやってのけ、素敵なドレスを着てさっそうと歩く姿、何着ものロングコートが見
>>続きを読む

ペット・セメタリー(1989年製作の映画)

3.2

ペット・セメタリー ペットの墓地
ホラーほどではないけど、また家族になにかあると分かる家族愛を思わせる。

そもそもあの隣人の爺さんがその場所に連れて行くのが、結果恐ろしくなることも分かってるの
>>続きを読む

ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡(2017年製作の映画)

3.5

ジャングルでの壮絶なサバイバルを見せてくれる。
実話であること。ボリビアの旅で知り合ったバックパッカー、旅も終わりの時、声をかけられた男の話にとりこになり、仲間二人を誘う。
秘宝や部族や秘境の地を探す
>>続きを読む

ブラッド・リベンジ(2017年製作の映画)

2.9

監督脚本主演のルーク・ゴス。
彼の出る作品はスコアはいつも低いけど、
途中で見るのをやめるとかは全くなかった。
よくある内容の妻と子供を誘拐される。
手段を選ばず、父親が決死の覚悟で探し出していく。
>>続きを読む

ダブル/フェイス(2017年製作の映画)

3.0

ニコラス・ケイジがおとなし目の夫役だった。
子連れで泊まり込み、次第にベビーシッターと近づいていく執念が怖い。
たまたま公園で知り合ったのに、ドナーが同じだったとか、首をかしげながら見た

レジェンダリー・ストーン 巨神ゴーレムと魔法の石(2017年製作の映画)

2.8

ウクライナの映画とは知らなくて。

ところどころ笑ってしまうシーンもあったけど、千年も昔にタイムスリップしたことから、勇気に知恵に愛をもらいと、高校生ビーチャが頼もしくなっていく。

岩石の巨神ゴーレ
>>続きを読む

プロメテウス(2012年製作の映画)

3.2

監督リドリー・スコット。出だしに同監督のエイリアン・コヴェナントを思い出した

洞窟の壁画から突然宇宙探索船〝プロメテウス号〝乗組員17名と変わる。

映像も美しい、 エイリアンの登場も惑星人も宇宙船
>>続きを読む

フラットライナーズ(2017年製作の映画)

3.0

死後の世界を見る、五人の医学生が一時的に心臓を止め、1分後に蘇生するという実験。

成功し、驚くほどの頭脳明晰な人間に生まれ変わる。
一人づつ心配停止をしては、新たな自分になっていた。
しかし心の底に
>>続きを読む

ハーフネルソン(2006年製作の映画)

3.5

ライアン・ゴズリング主演。
彼のいろいろな作品を見てきた。
今回は人間愛をほのぼのと思わせる、なかなかの映画だった。

歴史を教える教師、反面ドラッグにのめり込む自分、何もかも投げ出したくなる時に生徒
>>続きを読む

ヴェンジェンス(2017年製作の映画)

3.0

ニコラス・ケイジが刑事役に。
復讐制裁もあっという間にやってのけた。

レイプされた女性に違和感があり、あまりはいりこめなかった。
チンピラのレイプ事件。娘の目の前で母親が瀕死の状態に。

裁判で辱め
>>続きを読む

パブリック・エネミーズ(2009年製作の映画)

3.3

大恐慌時代のアメリカ。
大胆不敵な手口で銀行強盗をやってのけるジョン・デリンジャー。
ジョニー・デップがカッコよく名演技。
愛した彼女にだけ見せるニヒルな笑みを思い出す。

パブリック・エネミー、公共
>>続きを読む

ロスト・シティZ 失われた黄金都市(2016年製作の映画)

3.5

イギリスの探検家パーシー・フォセット
何度もアマゾンのジャングルの奥地に踏み込み、過酷な想像を絶する辛さを受ける。

彼の体験を史実通り映画で映し出している
主演チャリー・パナムが熱演。
アマゾンに消
>>続きを読む

ロンドン・ペイバック(2014年製作の映画)

2.8

仕事を解雇され、恋人との別れ、一度に起きてしまった絶望の事態。

主役がおっとりした性格なのか、楽天的で
淡々とした内容だった。

盗み聞きで、いとも簡単に大金を奪い、
助けた女性を一日で好きになり、
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

子供達のゴースト退治。
弟が悲しかった。もしかして蘇ってくれたらと見てたが。

仲良しグループだけに現れるピエロ。
それを見たらミッシング。

ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男(2016年製作の映画)

3.5

戦争、差別、迫害。
ニュートン・ナイト、マシュー・マコノヒーが名演を見せる。

南北戦争の時代、荒れ狂う戦争で14歳の甥がそばで撃たれて命を落としてしまう。
悲しみのなか、脱獄兵でもかまわないと甥を母
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.2

宇宙、惑星、未確認生命体、未知の世の宇宙映画は引き込まれてしまう。
映像がとても美しかった。

ジェームズ・フランコの登場を楽しみにしていたら一瞬でガッカリした。

二千人の入植者をのせたコヴェナント
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.7

「ラ・ラ・ランド」からのライアン・ゴズリング。
ピアノをタッチするシーンには思い出してしまった。
近未来の世界、ブレードランナー、人造人間レプリカントを処分する捜査官役。

落ち着いた雰囲気、やっぱり
>>続きを読む

バウンド(1996年製作の映画)

3.7

息つく間ないくらい、緊迫感が続いていく

甘ったるい声のジェニファー・ティリー
くちびるが特徴のジーナ・ガーション
二人のレズのシーンは美しい。

今の生活から逃げ出そうと、マフィアの金
200万ドル
>>続きを読む

クリミナル 2人の記憶を持つ男(2015年製作の映画)

3.6

なかなかグッとくる映画だった。
まだまだ現役のケビン・コスナー、彼の久しぶりの作品を見た。

ライアン・レイノルズにはじまり、ゲイリー・オールドマン他豪華キャストが出演。

囚人サイコマンのジェリコに
>>続きを読む

エンドレス・マーダー(2015年製作の映画)

3.3

オープニングから、いきなり惨殺が始まり
おとなし目の顔立ちからは考えられない殺し屋。

巡り巡って、蒔いた種が降りかかるという運命の恐ろしさを見る。
妊婦の妻がひき逃げされる。
悲しみの毎日に生きるス
>>続きを読む

>|