マスンさんの映画レビュー・感想・評価

マスン

マスン

映画(1785)
ドラマ(1)

知りすぎていた男(1956年製作の映画)

3.7

ジェームズ・スチュワートとドリス・デイの演技が光る「知りすぎていた男」。
休暇を過ごしていたマッケンナ夫妻の息子が誘拐され、イギリスへつれて行かれた。
Amazonprimeレビュー

ドリス・デイが
>>続きを読む

レインマン(1988年製作の映画)

4.0

アカデミー賞4部門受賞。兄弟の絆が徐々に育まれていく感動のロードムービー。
ダスティン・ホフマンの演技、バリー・レヴィンソン監督の力量、絶妙なシナリオががっちりかみ合い、珠玉の感動作となった。ラスベガ
>>続きを読む

タイガーランド(2000年製作の映画)

3.6

コリン・ファレルが熱演。20年も前の映画なので、さすがに若い。
ベトナム戦線へ行くための、戦闘訓練の辛く苦しい過酷な状態を見せていく。

ボズ、彼は厄介者として、やってくる。上官からも狙われ、仲間に妬
>>続きを読む

山羊座のもとに(1949年製作の映画)

3.0

「サスペンス」ヒッチコックの唯一となるコスチュームドラマ。
ヒッチコックの独立後第一昨となるメロドラマ。19世紀のオーストラリアを舞台に、身分の違いに悩む男女の純愛と、謎めいた人間の内部を長回しを多用
>>続きを読む

ラストエンペラー(1987年製作の映画)

4.0

巨匠、ベルナルド・ベルトルッチが清朝最後の皇帝・愛新覚羅・溥儀の人生を描いた歴史大作。
アカデミー賞作品賞ほか9部門を受賞した名作。ヴィットリオ・ストラーロの映像美、坂本龍一らが手掛けた壮厳な音楽など
>>続きを読む

マーシュランド(2014年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

少女連続殺人事件と、明かされる町の秘密。ゴヤ賞10部門受賞の衝撃ミステリー。
スペインの南部、ブランコ独裁体制の爪痕をいまだ残した湿地帯の町が、えも言われぬ不穏なムードを醸し出す。惨殺事件の顛末を、息
>>続きを読む

引き裂かれたカーテン(1966年製作の映画)

3.5

ポール・ニューマン、「サウンド・オブ・ミュージック」のジュリー・アンドリュース、世界的に有名な原子物理学者と婚約者の設定。
まさかベルリンへ。

後半にかけてヒヤヒヤしてしまった。
出国する際の臨時バ
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.5

M・ナイト・シャマランによる「アンブレイカブル」の続編となるサスペンススリラー
3部作の前2作で登場した役柄をそれぞれの俳優が続投。ヒーローもののアンチテーゼをシャマラン流に描出。
予想通りの結末にな
>>続きを読む

サボタージュ(1936年製作の映画)

3.3

ジョセフ・コンラッドの小説をアルフレッド・ヒッチコックが映画化した傑作サスペンス。
タイトル画面の表現や小道具へのクローズアップなどを挿入し、刻一刻と近づくクライマックスへの緊迫感を巧みに描く。さえた
>>続きを読む

プラトーン(1986年製作の映画)

3.8

巨匠、オリバー・ストーン監督が自らの体験を元にベトナム戦争を描いた衝撃作。
1986年度第59回、アカデミー賞で作品ほか4部門を受賞した戦争映画。臨場感と緊迫感に満ちた戦場、隊内部の対立、兵士たちの日
>>続きを読む

プリズン・ランペイジ(2017年製作の映画)

3.0

実在した犯罪者一家の脱獄劇と虐殺の逃避行を描くクライムエンターテイメント。
「BONES-骨は語る」の監督が実際に起きた戦慄の事件をもとに描くサスペンス。
ロバート・パトリックやヘザー・グラハムなど豪
>>続きを読む

(1963年製作の映画)

3.7

「鳥」はアルフレッド・ヒッチコックのサスペンスドラマの最高傑作。
なかなか緊張感あって、見応えがあった。
何千羽の鳥が群れをなして、突然攻撃してくる。

家の中にいても、ドアも窓も割って入ってくる。人
>>続きを読む

愛と哀しみの果て(1985年製作の映画)

3.6

アフリカの大地に魅せられた女性の波乱に満ちた半生を描いたドラマ。
20世紀初頭の西欧社会で、男主体の中を懸命に生き、挫折し、再び立ち上がる女性の姿に胸を打たれる。メリル・ストリープ、ロバート・レッドフ
>>続きを読む

アマデウス(1984年製作の映画)

4.0

第57回アカデミー作品賞。8部門受賞
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト。ベートーベンと並ぶ古典派音楽。
35才の若さで病死。もっと長生きしていたら、どれほどの作曲が生まれていただろう。

父親
>>続きを読む

インサニティ(2016年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

閉じ込められた世界で残虐非道なサバイバルホラーが開幕。
フレッシュな若手俳優陣をキャスティングし、離島、ウイルス、カニバリズムとゾンビ映画の真髄を凝縮。若者たちがそのみずみずしい肌を互いに食いちぎる残
>>続きを読む

サイコ(1960年製作の映画)

3.8

アルフレッド・ヒッチコック監督による画期的なホラー映画の傑作。
アンソニー・バーキンスが精神を病んだ青年ノーマン・ベイツを主演。
青年の住む古い屋敷と隣接するモーテル。
Amazonprimeレビュー
>>続きを読む

愛と追憶の日々(1983年製作の映画)

3.6

母娘の強い絆を、シャーリー・マクレーンとデブラ・ウィンガー主演で描いた感動ドラマ。
監督は本作がデビューとなるジェームズ・L・ブルックス。娘の結婚や隣人への恋など、さまざまなエピソードを描かれる母娘の
>>続きを読む

ザ・フォーリナー/復讐者(2017年製作の映画)

3.6

ジャッキー・チェン✖️ピアース・ブロスナン、2大スター共演のサスペンスアクション。ジャッキーがコミカルなアクションを封印し、痛みを感じさせるリアルなバトルシーンに挑戦。実年齢以上に見えるオールドメイク>>続きを読む

暗殺者の家(1934年製作の映画)

3.4

危険な秘密を知った男の運命は。アルフレッド・ヒッチコック監督によるサスペンス。
ヒッチコック自身が後に「知りすぎていた男」としてリメイクする作品の原型で、サスペンスの第一人者として名声を築いた一作。P
>>続きを読む

ガンジー(1982年製作の映画)

4.0

第55回アカデミー作品賞。8部門受賞、ガンジー、インド出身の弁護士、宗教家、政治指導者。マハトマ・ガンジーとして知られるインド独立の父。

ベン・キングズレー主演、あまりにもガンジー本人にそっくりで驚
>>続きを読む

アウトランダー(2008年製作の映画)

3.3

遥かなる銀河の惑星から飛び立った宇宙船が、時空を越えて8世紀の地球に墜落した。唯一の生存者である乗組員ケイナンがバイキングの一族に捕らわれるなか、船内に潜んでいた、殺戮生命体が次々と人間を襲い始める。>>続きを読む

舞台恐怖症(1950年製作の映画)

3.5

ヒッチコックが英サスペンスの醍醐味を凝縮、独自のエッセンスで味付けしたサスペンス。
殺人事件に巻き込まれた友人を救うべく、ジェーン・ワイマン演じる演劇学院生が大奮闘。スリリングな展開の中にも要所にヒッ
>>続きを読む

炎のランナー(1981年製作の映画)

3.7

1924年のパリ・オリンピックに出場した2人のイギリス青年の実話を映画化。
第一次世界大戦後のイギリスを舞台に、人種・宗教の壁を越えて夢を追い続ける青年の闘志と友情を描き出す。物語を彩ったヴァンゲリス
>>続きを読む

アダム 潜む男(2016年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

記憶喪失の男が不気味な家で恐怖に見舞われるホラーサスペンス。
男が体験する恐怖の数々と、ラストに明かされる衝撃の事実に驚がくすること間違いなし。物語終盤からの畳み掛けるような展開が実にスリリングなスリ
>>続きを読む

裏窓(1954年製作の映画)

3.9

アルフレッド・ヒッチコックが名人芸を発揮した傑作サスペンス。
アパートの一室を舞台に、ヒッチコックが映画技法の限りを尽くした屈指の人気作,伝説のハリウッド女優、グレス・ケリーの
類いまれな美貌も存分に
>>続きを読む

普通の人々(1980年製作の映画)

3.7

平凡に暮らす一家が、長男の死をきっかけに崩壊していくさまを描くヒューマンドラマ。
アカデミー賞を受賞したロバート・レッドフォードの監督デビュー作。長男の事故死と次男の自殺未遂をきっかけに、歯車が崩れて
>>続きを読む

インベージョン(2007年製作の映画)

3.3

同僚が、友人が、家族が。人々が"なにか"に乗っ取られていく恐怖を描くSF。
SF文学の古典として知られる、ジャック・フィニィの「盗まれた街」を映画化。ウイルスパニック風となっており、じわじわと人々が変
>>続きを読む

泥棒成金(1954年製作の映画)

3.5

これぞ軽妙酒脱。名匠アルフレッド・ヒッチコックによるラブ・サスペンス。
自分の偽者を追う天才宝石泥棒の恋と冒険を描く。容姿端麗を地でゆくケーリー・グラントとグレス・ケリーに溜息必至。
U-NEXTレビ
>>続きを読む

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

4.0

第52回アカデミー作品賞。
この映画でのダスティン・ホフマンが好きで。
仕事一筋で、いつの間にか妻との間に亀裂が生じてしまっていたことも気付かす。突然出ていく妻に驚く夫。
妻にメリル・ストリープ。一人
>>続きを読む

ハングマン(2017年製作の映画)

3.0

それは殺人鬼が仕掛ける絞首刑ゲーム。アル・パチーノ主演のサイコスリラー。
名優アル・パチーノが引退後カムバックする刑事役を、さすがの貫禄と迫力で演じる。70年代後半のパチーノと、カール・アーバン演じる
>>続きを読む

疑惑の影(1942年製作の映画)

3.5

カリフォルニアで平穏な毎日を送る少女チャーリーの家に、敬愛する叔父のチャーリーがやって来ることになり、喜び迎え入れる家族たち。やがて彼女は未亡人の殺人容疑がかかっていることを知る。
Amazonpri
>>続きを読む

ディア・ハンター(1978年製作の映画)

4.1

第51回アカデミー作品賞。5部門受賞。
ベトナム戦争中を舞台にした忘れがたい友情と勇気の物語。Amazonprimeレビュー

ディアハンターの名曲、切ない哀愁が漂うメロディーが心に残る。
ロバート・
>>続きを読む

タイムマシン(2002年製作の映画)

3.0

愛する人を救うため、過去へ未来へと奔走する男を描いたSFアドベンチャー。
悲恋のストーリーをベースにしつつ、80万年にわたる文明の推移を描いた展開は、見応えあり。現代の技術で形にした映像美、ドラマチッ
>>続きを読む

私は告白する(1953年製作の映画)

3.7

ヒッチコックが「宗教の戒律」を背景に描く異色のサスペンス。
殺人を犯したと告白された神父が、真実を語ることができずに悩む姿を緊張感たっぷりに描出。端正なマスクのモンゴメリー・クリフトが怯え、苦悩する神
>>続きを読む

アニー・ホール(1977年製作の映画)

3.5

1977年アカデミー賞主要4部門に輝く、ウディ・アレンの最高傑作。
ウディ・アレンとダイアン・キートンの恋愛関係から生まれたラブコメデイ。神経症的なキャラクター、シニカルな語り口など、その後のスタイル
>>続きを読む

>|