マスンさんの映画レビュー・感想・評価

マスン

マスン

映画が大好きで、いろいろなジャンルで楽しんでいます。

映画(1002)
ドラマ(0)

プロメテウス(2012年製作の映画)

-

監督リドリー・スコット。出だしに同監督のエイリアン・コヴェナントを思い出した

洞窟の壁画から突然宇宙探索船〝プロメテウス号〝乗組員17名と変わる。

ハーフネルソン(2006年製作の映画)

3.5

ライアン・ゴズリング主演。
彼のいろいろな作品を見てきた。
今回は人間愛をほのぼのと思わせる、なかなかの映画だった。

歴史を教える教師、反面ドラッグにのめり込む自分、何もかも投げ出したくなる時に生徒
>>続きを読む

ヴェンジェンス(2017年製作の映画)

3.0

ニコラス・ケイジが刑事役に。
復讐制裁もあっという間にやってのけた。

レイプされた女性に違和感があり、あまりはいりこめなかった。
チンピラのレイプ事件。娘の目の前で母親が瀕死の状態に。

裁判で辱め
>>続きを読む

パブリック・エネミーズ(2009年製作の映画)

3.3

大恐慌時代のアメリカ。
大胆不敵な手口で銀行強盗をやってのけるジョン・デリンジャー。
ジョニー・デップがカッコよく名演技。
愛した彼女にだけ見せるニヒルな笑みを思い出す。

パブリック・エネミー、公共
>>続きを読む

ロスト・シティZ 失われた黄金都市(2016年製作の映画)

3.5

イギリスの探検家パーシー・フォセット
何度もアマゾンのジャングルの奥地に踏み込み、過酷な想像を絶する辛さを受ける。

彼の体験を史実通り映画で映し出している
主演チャリー・パナムが熱演。
アマゾンに消
>>続きを読む

ロンドン・ペイバック(2014年製作の映画)

2.8

仕事を解雇され、恋人との別れ、一度に起きてしまった絶望の事態。

主役がおっとりした性格なのか、楽天的で
淡々とした内容だった。

盗み聞きで、いとも簡単に大金を奪い、
助けた女性を一日で好きになり、
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

子供達のゴースト退治。
弟が悲しかった。もしかして蘇ってくれたらと見てたが。

仲良しグループだけに現れるピエロ。
それを見たらミッシング。

ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男(2016年製作の映画)

3.5

戦争、差別、迫害。
ニュートン・ナイト、マシュー・マコノヒーが名演を見せる。

南北戦争の時代、荒れ狂う戦争で14歳の甥がそばで撃たれて命を落としてしまう。
悲しみのなか、脱獄兵でもかまわないと甥を母
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.2

宇宙、惑星、未確認生命体、未知の世の宇宙映画は引き込まれてしまう。
映像がとても美しかった。

ジェームズ・フランコの登場を楽しみにしていたら一瞬でガッカリした。

二千人の入植者をのせたコヴェナント
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.7

「ラ・ラ・ランド」からのライアン・ゴズリング。
ピアノをタッチするシーンには思い出してしまった。
近未来の世界、ブレードランナー、人造人間レプリカントを処分する捜査官役。

落ち着いた雰囲気、やっぱり
>>続きを読む

バウンド(1996年製作の映画)

3.7

息つく間ないくらい、緊迫感が続いていく

甘ったるい声のジェニファー・ティリー
くちびるが特徴のジーナ・ガーション
二人のレズのシーンは美しい。

今の生活から逃げ出そうと、マフィアの金
200万ドル
>>続きを読む

クリミナル 2人の記憶を持つ男(2015年製作の映画)

3.6

なかなかグッとくる映画だった。
まだまだ現役のケビン・コスナー、彼の久しぶりの作品を見た。

ライアン・レイノルズにはじまり、ゲイリー・オールドマン他豪華キャストが出演。

囚人サイコマンのジェリコに
>>続きを読む

エンドレス・マーダー(2015年製作の映画)

3.3

オープニングから、いきなり惨殺が始まり
おとなし目の顔立ちからは考えられない殺し屋。

巡り巡って、蒔いた種が降りかかるという運命の恐ろしさを見る。
妊婦の妻がひき逃げされる。
悲しみの毎日に生きるス
>>続きを読む

アンノウン(2011年製作の映画)

3.5

リーアム・ニーソン主演のサスペンス映画
仲睦まじい夫婦を見せる。
ベルリン空港からタクシーに乗りホテルへ向かうが、大事なトランクを積み忘れたことに気づく。

記憶が断片するほどの事故にあう。
妻を探し
>>続きを読む

白い帽子の女(2015年製作の映画)

2.8

アンジェリーナ・ジョリーが監督脚本を兼ねた作品で興味があった。
アンジェリーナ・ジョリー・ピットと名前が流れ、夫婦共演。

以前のトム・クルーズとニコール・キッドマンの映画を思い出した。

タイトルが
>>続きを読む

チェンジリング(2008年製作の映画)

3.8

アンジェリーナ・ジョリー、行方不明の息子に生きているという希望を持ち続け、強い女性を演じている。
いてもたってもいられない、泣いているシーンが多く、身につまされる映画だった。

あの時息子と約束してい
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.3

「メメント」ラテン語で「思い出せ」。
時系列が頻繁で、見ていて分からなくなってしまう。
事後から始まるし、同じ場面に何度も遭遇するし、難解な映画だった。

ガイ・ピアースの痩せた身体に入れたtatto
>>続きを読む

グレースフィールド・インシデント(2017年製作の映画)

2.5

宇宙人との遭遇。
グレースフィールドの別荘にやってきた
六人のカップル。
夜、光とともに何かが落ちるのを目撃。
森の中で隕石を発見する。
別荘に持ち帰った。

オープニングで車の事故が起き、主役の男性
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.7

戦争の恐ろしさとはいえ、どれだけの若者たちが犠牲になり、生死の明暗を見せてくれた。
ダンケルクで英仏の兵士たち40万人の救出
を故国の商船までが、助けにくるシーンは圧巻。

パイロットにトム・ハーディ
>>続きを読む

デス・ライナーズ(2016年製作の映画)

2.8

内容も理解しにくいものではあったけど
ビルから逃げられない、殺人鬼が追ってくる、そこそこ面白かった。

ある製薬会社、新薬の臨床実験で多数の若者たちが参加した。
しかし副作用で未来におきる死、仲間たち
>>続きを読む

デイライト(1996年製作の映画)

3.4

迫力満点だった。
最後の最後まで諦めないこと。

シルヴェスタ・スターロン大活躍。
通過していたトンネルが大爆破。
中で生き残った人の救助にあたった彼は、
何とか入り込むが、次々に押し寄せる難事
にぶ
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.7

タイトルに惹かれて、またジェイク・ギレンホールとナオミ・ワッツの名優の共演は
珍しい。

妻を事故で亡くし、悲しいはずが何故か涙が出ない。
悲壮な両親から罵倒されても、冷静な態度でいられる、喪失と虚し
>>続きを読む

ハンティング・ナンバー1(2017年製作の映画)

2.8

町ぐるみの人間狩り。

たまたま立ち寄った町で、狩祭りのチラシが目に入る。
アル中の主人公、酒が止まると手が震えてしまう、そのうち幻覚がくると。
知り合った男から食事を誘われ自宅へ。
親切な接待を受け
>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

3.5

タイトルがセールスマン、舞台の戯曲が「セールスマンの死」

教師をしている夫、舞台劇に出ている夫婦
ある日、夫の留守中に妻が何者かに襲われた。かなりのひどい傷。
隣人が発見したため、噂はつのる。

>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.4

モーガン・フリーマンをはじめ、名優三人のコンビが笑いを交えながら、ウォーミングな映画を見せてくれた。
ありえない銀行強盗を平然とやってのけた。
老体を演じるあたりも上手い。

長年勤めた会社の合併によ
>>続きを読む

ネイルズ 悪霊病棟(2017年製作の映画)

2.8

古い病院に取り憑いている悪霊が現れる。

ジョギング中に車にはねられ、重傷をおい
のどに呼吸器をつけなくてはならないほどの痛々しい状態。

ネイルズと呼ばれる妖怪が毎晩のように襲いかかる。
病院の歴史
>>続きを読む

キュア ~禁断の隔離病棟~(2016年製作の映画)

3.4

主役のデイン・デハーン、ディカプリオとかぶってしまうくらい似てると思った。

療養所の不気味さ、周りの人間の不気味さ
次第に彼まで病気ではないかと洗脳されていく不気味さがあった。
歯が抜けるシーンはリ
>>続きを読む

キリング・グラウンド(2016年製作の映画)

2.7

思っていた以上に残酷で驚いた。
そこまでするか、をムカつかせるくらい
腹立たしい。

二人の悪人がうってつけといいたいくらい
の人相風体で、犬まで悪そうな顔をしていた。

婚約したてのカップルがキャン
>>続きを読む

幸せの1ページ(2008年製作の映画)

3.3

ファンタジーのアドベンチャー、大自然と美しい海と無人島。

ペリカンのガリレオやアザラシ、トカゲ
もうニムの最高の友達。

ジェラルド・バトラー、ジョディ・フォスター、二人とも遭難しながらニムのところ
>>続きを読む

フォロイング(2017年製作の映画)

2.6

タイ、バンコクに訪れたカップルが、悪霊に取り憑かれてしまう映画。

ワタベと呼ばれている悪霊。
貞子を思い出してしまった、よく似たシーンが出てくる。

若い女性に取り憑いてしまうワタベ。
三日以内でな
>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

4.0

なんとも壮絶な余韻。
キリアン・マーフィーの大きな青い目が胸に残る。

最高位のナチ党員のハイドリヒの暗殺命令を受けたパラシュート隊員。
暗殺してもその後の仕打ちがわかっていても、やり遂げた七人の若者
>>続きを読む

侵入者 逃げ場のない家(2015年製作の映画)

2.8

家の中が迷路のようになっていたり、仕組まれたような地下室があったりで、家が不気味さをつくっている。

主人公の女性がイマイチ、素人っぽくて あまり入り込めなかった。
三人の強盗が突然現れ、脅かされてい
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.7

なかなか見応えあり、引き込まれてしまった。
リーダーらしいシーザーの知性と行動力。

今回は口の聞けない女の子が出てくる。
彼女から救われるシーンも。
バッド エイプもいい存在。

人間よりも情がある
>>続きを読む

チェイサー(2017年製作の映画)

3.4

ハル・ベリー、最強の母親を見せる。

一瞬目を離したすきに起きた、息子の誘拐
車に乗せられているところを目撃。
必死で後を追い続ける。
見失ったら終わり。

途中犯人と話せるほど近づくが。
こういう状
>>続きを読む

>|